METROCK OSAKA 2018

今年も行って参りました!
METROPOLITAN ROCK!略してMETROCK!

大阪2日目に参戦して参りました!

去年もとても良い気候の中で、とっても印象良かったけど、今年も天気は良いけど風は涼しめという、夏フェスとは明らかに違う快適さ!最高!春フェス最高!

おかげで夏フェスとは違ってお腹すくすく!食欲湧く湧く!
もう胃袋が求めるままにご飯食ったしビール飲んだしデザート食ったし。
この日たぶん一日4~5食くらい食った。
おかげで夏フェス行くと1kgくらいなら平気で落ちるけど、逆に肥える可能性もあるのが春フェスの罪なところ。恐ろしくて体重計には乗っていない。

さてさて、今年チェックしたアクトたちの個人的感想を。

雨のパレード

念願の雨パレ!
良かった~~~
午前中のピクニックエリアでほろ酔いで聴く雨パレの心地よさったら!
露天風呂ばりに気持ち良かったです。
また是非ともフェスで巡り合いたい。


緑黄色社会

テレビで取り上げられたりで名前は知ってたけど、ちゃんと聴いたのは初めてだった。
ボーカルちゃんが儚げで可愛かった。
ただ、音楽的にはあまり好みじゃなかったので、数曲で撤収。


Creepy Nuts

この日最大の収穫。
お噂はかねがねだったけど、正直、ハマるタイプじゃないと思ってたのに、しっかりばっちりハマってしまって、メトロック以降、今月は彼らの曲を狂ったように聴いているし、毎日彼らの曲しか聴いていない。


ゲスの極み乙女。

去年、初めて生で観たときが予想以上によくて、スキャンダルのイメージだけで苦手意識あったけど、音楽的にはドンピシャ好みだな!と、一気に印象アップしてたのが、今回を経て普通レベルに落ち着いたかな~と。
音楽は相変わらず好みだけど、歌声はそない好みでもないな~と。


Neighbors Complain

目当てがいない時にフォトスポットの列に並んでいたら聴こえてきたご機嫌なファンキーソング。
写真撮り終えてそのまま合流。
すっごく楽しくて良かった。
名前が覚えにくいけど(笑)、また見たい!

レキシ
去年のperfumeフェス出演は、稲リズムきっかけだったのか!という事実に驚き。
そして今年は稲リズムに代わり、手稲(丁寧)新宝島!
相変わらずの楽しさであった。


ヤバイTシャツ屋さん

RADIO CRAZYの時は規制かかる中、何とかインするも姿は全く見えないという状況だったので、今回が正式な初ヤバTと言ってよいだろう。
sumikaが待っていたので数曲しか聴けなかったので、次こそは3度目の正直でフルで観たい。
とりあえず次はもっと大きいステージでやってくれ。

sumika
ヤバT切り上げて途中から。
ヤバTとsumikaは、この日一番残酷なバッティングだったと思う。
前に機会を逃していたので、初めてのsumikaだったけど、やっぱイイ声。
MCはイマイチだったけど(笑)、サマーバケーションも聴けたし、概ね満足!


サカナクション

登場からして他のアクトとは一線を画す存在感!
やっぱすげーな、と。
新宝島では山口さんの手にまさかの稲穂!
この日一番、センセーショナルな瞬間でした。



こんな感じで、never young beach以外は、予定通り観たいまま観れた。
ネバヤンだけは残念ながら、日陰スペースの椅子に座ってビール飲んでたら終わってしまってたんだよ。
日陰と椅子とビールのトリプルコンボが成せるマジックであった。

恐れずに進め!

新しい部署に異動して、1年が経ちました。
昨日のことのように鮮明に思い出せるのに、もう3年くらい前のことのようにも思える。
本当に濃い1年だった。
こんな歳になってもこんなに色々な経験をして、充実感ある一年を過ごすことが出来るんだなぁ。

振り返ると、想像してた以上に大変ではあった。
でも1年前、一番不安に思っていたこと…そう、人間関係は想像以上に素晴らしい場所だった。
上司にも同僚にも本当に恵まれて、この巡り合わせには心底、感謝している。

仕事の内容も、以前は自分には向いていないなと思ってる業務をメインでやっていたけど、今年度から少しずつやりたかった業務をメインで任せて貰えるようになってきて、とてもやり甲斐を感じている!

そして明日はこの1年で一番の大仕事!
完璧じゃなくていいから、とんでもない失態をやらかさないことだけを祈ってる。

よく異動して良かったかどうかという質問を、今でも仲良くしてもらってる前部署の面々にも、迎え入れてくださった現部署の面々にも尋ねられることがあるんだけど。
異動して本当に良かったと思ってる!
何の未練もないし、後悔はゼロ!!
こんな風に言い切れちゃう日々を送れているということを、誰よりも1年前の私に教えてあげたいよ!!

お前の行こうとしてる道は間違っていない!
恐れずに進め!

バウムクーヘンパーティー

先日、そごうでやっていたバウムクーヘン博覧会に行ってきました。

バウムクーヘンbarでは友人と合わせて10種のバウムクーヘンを堪能。
一口にバウムクーヘンと言っても本当に様々な種類のバウムがあるよね。
戦利品はこちら。

バウムクーヘンは日もちするから安心して買えるのが罪でもある。

そしてこれでついに念願のクラブハリエvs治一郎vs ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベの食べ比べ対決を敢行できるときがやってきたー!と思っていたら、翌日幼馴染がコヤマとグマイナーのバウムクーヘンを買ったとのことで、それらも持ち寄って我が家でバウムクーヘン王者決定戦も兼ねたバウムクーヘンパーティーを開催することに。

ジャッジは私、幼馴染、私の母の3人。
エントリー選手はこちら。


お皿に切り分けて、順番に食べ比べ。

そして、王者は…
幼馴染と母の票により、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベに決定!

ただし、私は治一郎に一票でしたがね。笑
このへんはもう本当に好みの問題。
ホレンの方が正統派なバウムクーヘンだと思う。正統に美味いし、万人に受け入れられるのはこっちだと思う。

ただね、私、そもそもバウムクーヘン自体はそないに好きじゃないのよ。
バウムクーヘン博覧会行っといてなんですが。
バウムクーヘンパーティー開催しといてなんですが。
でも、近年のトレンドでもある、しっとりタイプのバウムクーヘンを食べたときに、このタイプのバウムクーヘンなら好きかも…!と思ったんですよ。
本来の少しパサっとしているバウムクーヘンはあんまりだけど、しっとりタイプは好きとなった舌には、治一郎が一番美味しかった。
味も卵が効いた甘みで、もはやバウムクーヘンというよりたまご蒸しパンに近い味わい。
ちなみにたまご蒸しパンも好きである。

ちゃんとした王道のバウムクーヘンを望む人にはホレンが良いと思うし、バウムクーヘン自体はそんなに好きじゃない人なら、治一郎を食べたらバウムクーヘンの印象が変わるんじゃないかと思うのでオススメしたい。

ちなみに一番がっかりだったのは、今回の催事で一番目玉でもあったグマイナー。
正直、ダントツで微妙だった。
ホレンと同じドイツのバウムクーヘンということで期待してただけに残念。
パッケージが可愛いだけ。

意外だったのはコヤマ。
ロールケーキの印象が強いからバウムクーヘンはイマイチかなと思いきや。
糖衣がちょっと甘すぎたけど、そこを除けば生地自体は美味かったです。

今回、第3回だったバウムクーヘン博覧会。
出店店舗や企画は毎年少しずつ変わっているので、また第4回に期待しよーっと。

貯金と経験

最近ネットで見かけて凄く唸った考え方があった。

「お金は余計なことをしなければ貯まっていく。
仕事終わって、まっすぐ帰って寝るだけの生活なら、自然と支出より収入が上回って貯まっていく。
でもそうすると、未来の広がりは出ない。
逆に、お金をどんどん使えば広がりが出て、結果的に自分に返ってくる」

「若いうちから貯金するな。貯金する分を経験に使え。」

うおおおお!と思いました。
特に大した貯蓄のない身としては、素晴らしい考え方だなと思いました。

そうなんだよ。
そのとおりなんだよ。
ま、私の場合、貯蓄のない言い訳にもなるけどさ。笑

周囲は割と保守派が多いので、こうゆう考え方する人があまりいなくて。
でも、今死んだらその貯金、意味ないよ?って思うわけなのよ。
楽しいこと我慢して作ったその貯金、結局使い道ないかもよ?って思うわけなのよ。

でも同時に矛盾してるんだけど、安心を貯めておきたいという気持ちもすっげー分かるのよ。
だって今働けなくなったら、経験とかどーでもよくて今日明日食ってく銭が必要になるのに、それがないとか不安しかない。

じゃあどうすればよいのか。

私はついに編み出しました。

経験に繋がらない余分なお金は貯金しろ。ですね。

例えば食事。

人と食べる食事。
これはお金かけていいと思うんです。
誰かと何か美味しいものを食べに行くとか、惜しみなくつぎ込んでいいと思うんです。

家で一人で食べる飯。
これは質素にしてよいと思うんです。
今日は頑張ったからご褒美のスイーツ買って帰るか!みたいなプチ贅沢は一番無駄。
だったらプチ贅沢を5回我慢して、誰かと1回贅沢会を開けばいい。

記憶と同時にスケジュール帳や写真に残る思い出には、お金使いましょう。
日々のルーティンに組み込まれるような、明日になったら忘れちゃうような、ちょっとした無駄遣いは極力控えましょう。
ちょっとしたお菓子とか、電車やバスで賄えるちょっとした距離のタクシーとか、あと世界で一番無駄なものはタバコね。

嗜好品による、日々のちょっとした喜びが人生を潤すという考え方もあるかと思いますが、そんなちょっとした喜びなんて、3年後記憶にも残りませんからね!ええ。

思い出として残るものにお金を落としましょう。
そう、ライブとかライブとか旅行とか。
つまりは自分の金の使い道の肯定である。(1月にライブ遠征した人)


2017年女の子市民ブログ年間TOP30

遅ればせながら。
2017年の年間ベスト30を。
チャートウォッチャーじゃないので知らないヒット曲も多々あるし、出会ってたら絶対好きになったろうけど出会えなかった曲もあるとは思う。
でも人も音楽も巡り合わせが全てだと思っているので、ご縁がなかったもんは仕方ないよね。

てなわけで、行ってみよー!

1:イト/クリープハイプ
2:Heatstroke/Calvin Harris
3:Jam&Jam/韻シスト
4:feels/Calvin Harris
5:Lost in your light/Dua lupa
6:That’s What I Like/Bruno Mars
7:There's Nothing Holdin' Me Back/Shawn Mendes
8:Slide/Calvin Harris
9:Green Light/Lorde
10:ONE/Aimer
11:Future is born/ライムスター
12:Don't leave me/韻シスト
13:sorry not sorry/Demi Lovato
14:Shape of you/Ed sheeran
15:No Promises/Cheat Codes
16:If you wanna/Perfume
17:Feel It Still/Portugal. The Man
18:What Lovers Do/Maroon 5
19:ユメマカセ/SOIL&"PIMP"SESSIONS
20:HARD TIMES/Paramore
21:who we are/Nulbarich
22:UP ALL NIGHT/BECK
23:SHOWTIME/安室奈美恵
24:Tokyo Rendez-Vous/King Gnu
25:Summer vacation/sumika
26:Thunder/Imagine Dragons
27:Way BACK/TLC
28:Redbone/Childish Gambino
29:DIE meets HARD/凛として時雨
30:Wild Thoughts/DJ Khaled

邦楽、洋楽まずまずなバランスで選出させて頂きました。
2017年の一位は、迷う余地なくクリープハイプの『イト』。
並びに2017年のマイ漢字は『糸』。
イトでクリープハイプを好きになり、そこから糸で繋がるかの様に沢山の交流が生まれたし、人生で一番邦ロックを聴いた年だったし、この曲との出会いで自分の世界が新たに紡がれた感覚がとてもありました。
近年滅多に出会えない革命ソングだと思ってる。
本当に出会えて良かった。
既存の自分をアップデートさせてくれた気がするよ。
ちなみに今回のランキングは一応2017年リリース縛りなんだけど、その縛りがなければ上位はほぼクリープハイプが占めたと思われる。笑
代わりに上位を占めたのはCalvin Harrisでしたね。洋楽じゃダントツ聴いたな。
あとはDua lupaのこの曲もめちゃくちゃハマった。
大健闘したのはBruno MarsのThat’s What I Like。
ミディアムナンバーの分際で私のランキングでこの位置についたのは相当なことです!(何様)

邦楽ではクリープの次に聴いたのは安定の韻シスト兄さんら。
ランクインした二曲は勿論、アルバムも実に良かった。

ニューカマーではKing Gnuがじわったかな。
CHAIと共に2018年一番注目しているし、何を隠そう2018年生でライブ観れたら嬉しいと思っているのベスト3は、椎名林檎と三浦大知とKing Gnuというラインナップとなっております。

ちなみに今回アイドルソングは敢えて除外したので、最後におまけとして2017年のアイドルソングBEST5も挙げておきますね。

‪①欅坂46の風に吹かれても‬
‪②亀と山Pの背中越しのチャンス‬
‪③TWICEのTT‬
‪④関ジャニ∞の今‬
‪⑤嵐のツナグ‬


願わくは今年もより多くの心弾む音楽に出会えますように…!

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: