うるうびにうるうる!

うわーん!涙
ディカプリオ、おめでとーーー!涙
閏日なだけに、うるうるです!

毎年このオスカーシーズンになると、ディカプリオがノミネートされているかどうか・(されていれば)受賞できたかどうかが最重要チェック事項だった身としては、本気で嬉しいよーーう!

別にレオナルドディカプリオの大ファンという訳ではないし、ディカプリオより好きな俳優だって幾人もいるけど、アカデミー賞に関してはもう長年ずっとディカプリオを一番応援していた。
よーやく獲るべき人が獲った!って感じだね。
こんな才能ある俳優が今まで獲っていなかったのもおかしな話だよ。

初ノミネートのギルバート・グレイプが94年。
あれも受賞してもおかしくないくらい素晴らしい演技だった。
しかしまさか獲得に22年もかかろうとは!
でも長年の不運が、余計に今回の受賞を感動的なものにしたね。
満を持してとか悲願とか念願とか、気軽に使いがちだけど(特に念願)、これくらいの年月をかけてこその、満を持してであり、悲願であり、念願であるよね。

もう嬉しさのあまりディカプリオ関連のニュースを読み漁っていたら、こんな微笑ましいショットに巡りあったよ。

タイタニックで共演した、ケイトウィンスレットとのハグ!
うわーん!涙
ディカプリオーー!ケイトーー!良かったねーーー!涙
うるうるです、閏日なだけに!

しかしまぁタイタニックに出てあんなアイドル的人気を博さなければ、彼の実力を持ってすれば受賞はもっと早かったかもしれないけどね。
でも急がば回れと言いますし。
このオスカー受賞までの苦節の道のりが、彼をより高めたかもしれないしね。

今回の受賞で一旦わたしの応援は終了するけども、今後も願わくは、これに満足することなく益々の活躍を期待したい。
しかし、心配なのは来年以降のオスカーに対するわたしのモチベーションよね。
まぁ毎年全然モチベーション高くはないが、ディカプリオを応援するという1つのスタンスがここで一区切りしたので、どうゆう心持ちで臨めばよいのかわからなくなるよね~(どうでもよい)

4年に一度の閏日。
ディカプリオのおかげで印象的な日になったぜ!
(いや、自身のちょっとしたびっくりニュースもあったんだけど、ディカプリオのオスカー受賞に比べたら何てことない平凡な1日だったわ)

ペットに夢中!

前回宣言した今年のルールの第一項目を早速違反するという事態が起こった言い訳をするならば。
モモにハマりすぎているということでしょうね!
もう今わたしは、寝ても覚めてもモモのことばかり想っています。
これは最早、恋といっても良いんじゃないかというレベルでハマり過ぎています。
モモが可愛い。モモがかっこいい。モモが最高。
愛してる。
こんなにハマったのは誰以来だろう…
風早くん?
いやいや、大友だな!

さて、暴走が過ぎました。
何のこっちゃかと思いますが。
でももしここまでで、何のこと言ってるかピーンときた人がいたら、親友になれるよ、わたしたち!笑

大友はズバリ「溺れるナイフ」の大友で。
風早くんは言わずと知れた「きみに届け」の風早くんで。

そして、肝心のモモは…
またの名を、合田武志。
フローム、「きみはペット」!

過去にドラマ化もされた人気作品なので存在は知っていたけど、実は今まで読んだことなくて、それを友達に言ったら、面白いから読み!と貸してくれたので、どれどれと読んでみたら、見事にモモにハマってしまった。
タイトル的に勝手に調教系エロス漫画(笑)かと思ってましたが、全然違った。
展開は全体的にのんびりしてるというか、割とダラダラ同じようなパターンの繰り返しだけど、ほんわか楽しめる内容だと思う。
ただ、若くして立派に自立していたような、いわゆるモラトリアムがなかった人にはあまり共感できないかもなー。
ま、モラトリアムこじらせてるよーな人生送ってるわたしでも、正直、序盤はそこまで話に入っていけなかったから、もともとの漫画の好みも勿論大きいけどね(笑)
ゆるっとしてるので、なかなかエンジンかからなかったんだけど、1~3巻くらいを抜けたら、そのまま一気に最後まで読みきった。全14巻!
で、そっこー読み返して、現在リピート2回目である。
正直これのせいで、Facebookの更新もサボったし、何ならSMAP解散騒動も全然知らなかった!
でも、モモに夢中だから、もう何でもいいんです。

ただ、こんなにモモへの愛で盛り上がってる割に、話自体は実はそんなにストライクでもない。
因縁の話とか、時々むちゃくちゃ良い回もあるし、名台詞もちょこちょこ出てきたりはするけど、
全体的にちょっとコメディ色強いし(わたし、恋愛漫画にコメディは求めていない派)、
やや強引な展開だったり(ハスミ先輩と福島さんはちょっと都合よくまとめ過ぎな気が)、
現実離れしすぎな、ぶっとんだ話があったり(記憶喪失とか、最終回一個前の話もちょっとやり過ぎ…でも意外と幽霊おじさんの話はシリアスで好き!)、
主役の人格が最初と最後じゃ別人だったり(最初はすぐ赤面したりするような女じゃなかった)…
と、漫画自体で言うならば、溺れるナイフの方がよっぽど読み応えあって好きなんだけどね。
あと、肝心のモモとスミレの恋愛はほんのちょこっとで、スミレは殆どハスミ先輩と恋愛しているっつーのも不満だったりする。
しかもやっと結ばれたと思ったら、終わるというね…
物足りない!物足りないわああああ!
空気ちゃぶ台ひっくり返す勢いで、物足りぬ。
でもその物足りなさでさえ相殺してしまう、モモの存在。
しかしモモが好きゆえに感じる物足りなさ→しかし、相殺→しかし、物足りない…
魔のループだぜ!

でもこのモモのキャラって、似たようなキャラが他の漫画でもいたような気がするんだけど、全然思い出せない。
ついでに、自分がハマった漫画のキャラを色々思い起こそうとしてるんだけど、これも昔のやつは全然思い出せぬ。
好きなキャラならいっぱいいるんだけど、恋するくらいにハマったキャラとなるとね…
しかもこのパターンはほぼ少女漫画に出てくるキャラなはず。
というわけで、今、友達に課せられた映画のランキング作りという大きな課題があって、ゆるゆる作ってる最中なんだけど、同時進行で恋した漫画のキャラランキングも作ろうと思っているぜ!
とりあえずこのモチベーションのまま取りかかったら、ランキング作る前からモモのベスト3入りは当確だけどね!
もうシード枠的扱い。

しかしこれをかつて松潤が演じたのか…
正直、イメージちゃうな…
じゃあ誰がええねんと言われると難しいけど。
可愛いくて甘え上手で癒しで、でも物事を冷静に見ていて周りを俯瞰してるような立場でもあり…
うーん、これ!という人がいないな。

大体、スミレも難しいよね。
ちなみにこのスミレちゃん。
漢字で澄麗と書くのだけれど、実はこれ、わたしの憧れの名前ベスト3に入る名前だったりする。
澄麗と書いて、スミレ。
漢字は華やかなのに、音にすると可憐で、絶妙なバランスの名前だと思う!
特に「澄」という字は、音の響きも字面も個人的に凄く好きで惹かれる。

そうそう、漫画をリピートしてみて思ったけど、もう一話目からモモはスミレちゃんに恋してるよね。
終盤でスミレに「ずっと好きだった」とかいうけど、「うそやん、一体いつから!?」と、まるでスミレの立場になって謎に思ってしまったけど、改めてリピートしたら、もう最初からですわ。
彼、自覚はないかもだけど、恋に落ちてますわ。
俯瞰キャラだし、終盤になるまでハッキリとした想いを言葉にすることがなかったので、一回読んだだけじゃ気づかなかったけど、もうこの漫画自体が読み方変えたら、ペットが如何にご主人様を落とすのか…という奮闘記にさえ見えてくるもの…
よってリピートに入ってからはもう、サブキャラの言動はすっとばして、モモとスミレちゃんのシーンをメインにしか読んでないというね(笑)
そしたらやっぱ、2人のラブな感じは少ないので、物足りなさに陥るのよね~
でも、モモの魅力で相殺されるのよね~
でも…って、もうこのくだり、十分ですか?笑

さ、今夜もきみはペットを読み耽るぜ!

グランドイリュージョン

これ、むちゃくちゃ面白かったーーー!
久しぶりにマイフェイバリット映画ランキングが更新されました!
昔、ロックストック&トゥースモーキングバレルズを観たときに感じた爽快感に近い。
とってもエキサイティングな映画であーる。
とにかくストーリーが個人的にツボ!
凄腕のマジシャンたちが集まり開催された大掛かりなマジックショーの中で、銀行強盗をやってのける。
各地で開催される彼らのマジックショー。
交差していく凄腕のマジシャン集団、それを追う警官たち、捜査に協力するマジックの見破り屋という人間模様。
派手なアクションも交えつつ、全ては凄腕マジシャンたちを操る謎の人物による壮大な計画だったことが紐解かれてく。
この計画の壮大さに唸った。
そして最終的には全てが一本に繋がる。

出てる俳優陣もなかなかの豪華さ!
マークラファエロが怒り出したら、ハルクに変身しないか妙にドキドキしてしまったけどね…笑

しかし、こんなに面白いのに、公開時は全く存在を知らなかったのが悔やまれる。
動画漁って見た予告編だけではあまり惹かれる要素がなかったし、タイトルもあんまインパクトのない平凡なカタカナだし、普通に全国ロードショーしてたっぽいので、もしかしたらテレビ告知とかで目にしてたけど、全く琴線に触れなかった可能性はあるな。
今ロードショー当時に戻れたら、絶対映画館で観る!

たまたま父がテレビで観ていたのを横からながら見してたら、完全にハマって途中から夢中になって、最終むちゃくちゃ面白かったという、不本意なパターンではあったけど、出会えて良かった!
タイトルも知らずに観てたから、見終えた途端に検索した。
ただ、最初はながら見だったので、今一度腰を据えて頭からちゃんと観たいと思っている。
あと色々検索してて、実はエンドロールのあとにも映像があったことを知り、父が本編終了ででテレビを止めたので見てなくて結構ショックを受けているので、やはりもう一度ちゃんと観るべきだと思ってる。






「マイインターン」&「コードネーム U.N.C.L.E.」

今年は文句なしで@映画館映画は「ベイマックス」がぶっちぎりで良かったなー!って思っていたら、ここにに来て2作品ものすげー刺客と続けざまに出会ってしまった!
それが「マイインターン」と「コードネーム U.N.C.L.E.」。
ダントツ1位と思われたベイマックスが、まさか終盤にその座を脅かされようとは。
という訳で今年のベスト映画は、「ベイマックス」と「コードネーム U.N.C.L.E.」が同率1位で、その次が「マイインターン」に落ち着きそうです。


「マイインターン」については、もともとは実写化映画にしては割と好評の「バクマン」を観たかったのだけど、大好きな新妻エイジ(染谷将太演じる主人公らのライバル)がただの嫌な奴だった!という感想を聞いて、急遽「マイインターン」に変更。
アンハサウェイが苦手なので、あんまり期待してなかったのが功を奏したのか、なかなかどうして、いい映画だった!
デニーロはとってもチャーミングだったし、劇中のオーシャンズ11ごっこは思わず大笑いしたし、それでいて観終えた後は、胸の奥をじんわりと温かくしてくれる爽やかな感動が。
寒い日に飲むホットミルクティーみたいな、ほっこり映画でした。
でもそう感じたのは、直前に「ほっこり」とは対極なところにあるナタリーポートマンのブラックスワンを観たことも、大きく作用したかもしれないけどね。笑


「コードネーム U.N.C.L.E.」については、ついにガイリッチーが完全復活を遂げたな!という、喜びいっぱいの作品になったので、ベイマックスと同率1位決定。
何せ美男美女が活躍する痛快なスパイ映画ってだけで最強なのに、映像も音楽もファッションも笑いどころも、何もかもがスタイリッシュっつー、無敵ぶりときた。
個人的には、ヒロインのお洒落な60年代スタイルが一番最高だった♡
ガイリッチー作品といえば、2作目までが最高で、マドンナとの結婚で迷走しまくった3、4作目を経て、離婚後の5作目から少しずつ回復に向かってる…って感じだったけど、「コードネーム U.N.C.L.E.」をもってようやく、本来のハイセンスなガイリッチー節が炸裂してた。
カメラワークや時間軸遊びもエッジが効いていて、とにかく華麗な映画だった!
もともとガイリッチー監督の初期作品の大ファンなので、この返り咲きぶりは本気で嬉しいです。

May The Force Be With You


昔はビックリマンチョコなんて全く興味なかったし、
何なら「そんなシール集めてどうするん?」くらいのスタンスやったし、
もっと言うとビックリマンと聖闘士星矢の違いがよく分かんねーよ!
くらいのレベルやったのに…。

ウン十年の時を経て、まさか自分がこんなに本気でビックリマンチョコを買い漁る日が来ようとは!
お目当てのオビワンが出ないまま、グリーバス将軍とダースモールのシスダブりを連発で喰らい、「これがビックリマンシール洗礼か…!」と、うなだれる日が来ようとは!

現在、ダブりシール6~7枚保有中。
まじで交換会したい。
メイスをゲットできぬままエピソード4~6バージョンに切り替わってしまって、大変凹んでおる。

しかし昔はシール目当てで買ってる友達にお菓子だけ貰ったりしてて、
あの頃は「ビックリマンチョコまじ美味い!」って思ってたのに、
大人になって食べると全然美味しくない。
ウン十年の時を経て、知らぬ間に舌が肥えたに違いない。
味覚は変わってない自信あったけど、色々美味しいもん食べてきた証拠ですな。ひひひ。

そして、スターウォーズの新作公開が楽しみで楽しみでしょーがない今日この頃。
久しぶりにスターウォーズ全作復習しました!
よく考えたら10年ぶりくらいに観た気がするけど、色々自分の中の記憶から抜けてる部分も多かった。
まさかレイアがジャバをやっつけていたとは!(しかも絞首…勇ましい!)

あと、ちゃんとエピソード1から6にかけて時間軸順に観たのは実は初めてなことにも気付いた。
たぶん昔はエピソード1と4~6を同時期に観て、そっから2、3の順で、その後それぞれ単発でバラバラに何回か観た感じだった気がする。
時間軸順に観たら、エピソード4で色々矛盾点あったのねー(笑)
復習しといて良かった。
ただ、この復習が新作を楽しむに当たってどこまで生かされるのかは謎やけど。

これまで動画サイトや、スターウォーズ反乱者たちの合間に流れるコマーシャルで何十回と観た新作の予告編を今日は映画館のスクリーンで観た。
やっぱ改めて大画面で観ると、迫力が違う!
しかも心なしかロングバージョン!
益々スターウォーズ熱が増して、チラシもゲットしてきた!(残り一枚やった。びびる)


果たしてフォースは覚醒するのか!?
12月18日(金)18時30分全国一斉公開!
刮目して待て!

May The Force Be With You
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: