FC2ブログ

とにかく人と話したい

だってシャイだし、
だってオンラインで繋がってまで飲みたいと思わないし、
そもそも友達いないし、
オンライン飲み会するくらいなら家でひとりで飲みながら、映画とか漫画とか音楽を楽しんだ方が性に合う!
…って数日前まで言ったんですけどね。

オンライン飲み会、楽しかったです。
(昨日した)

自分がオンライン飲み会に誘われる世界線にいるとは思わなかったので、
やり方とか全く知らなかったし、まずはzoomをダウンロードするところから始めたんだけど。

我が社では今回のコロナパニックを受けて輪番制のほぼ自宅待機、たぶんこの1ヶ月で9割くらい出勤が減り、有難いことにその9割は全部、特別有給を付与という形をとってもらえたのでそのへんはまぁ一安心なんだけど。(前職なら絶対こんな手厚い処遇は受けれなかったと思うので転職して正解だった)

ただ、そのぶん圧倒的に人に会えない日々。(自宅待機で休みなので、出掛けるわけにはいかない)
たまの輪番出勤日に会社の人に会えるので、出勤してようやく人とコミュニケーションをとれる喜びをかみしめるという異常な日々。(仕事という大義名分万歳!)

そんな中でのオンライン飲み会。
楽しくないわけがなかったです。
私含めて5人でやったんだけど、こんなに一気に人と話すの久々~~!!!と、嬉しかった。
やはり人は1人では生きていけないのだな。
うしろの背景でみんなの家の様子が伺えるのも面白いね。

自宅待機がまた延びてしまったので、またやれたらいいなー
とにかく人と話したい。

ただ、あのミーティングルームIDの作り方とかわからないので、再び誰かから声がかかるのを待機するしかない。
まぁ昨日のメンツとはまたやろーって話にはなったので、期待しよう。

Thankyou,Buddy! Thankyou,Daddy!

早いもので2020年も3ヶ月が経とうとしていますね。
この3ヶ月で激動の日本、いや、地球でしたね。
まさかこんな事になるとは思わなかった。

そう、コロナ問題。

普段、小さな不満や小さな不運に見舞われながらも、健康で普通の生活を送れていることが如何に尊いことなのかを思い知らされた。

更には2月後半から今月にかけて、日に日に事態は深刻化し、次々に少し前には想像もつかなかった事態が起こってるものね。
2月頭にアメリカに旅行してたんだけど、最近周りにもよく言われるけど本当にギリギリのタイミングでラッキーだった。
少しずれてたら旅行どころじゃなかったもんな。とんでもないもんな。
まぁそもそもパスポートの有効期限問題でこのタイミングでは絶対行けなかったんだけどね。笑
個人的に今なお終わりの見えないこのトンネルに「入ったな…」と胸騒ぎがしたのが春の選抜が中止になったあたり。
どっちが先か忘れちゃったけど、ディズニーが休園したのもまぁまぁ衝撃だった。
そしてトドメはやっぱりあれね、Bリーグの中止。
泣いた。生きる活力が完全に奪われ、全俺が泣いた。

でも今やオリンピックの延期が決まり、志村けんが亡くなり…
プロ野球やJリーグもどうなることやら…
音楽フェスも大きいの今んとこ開催予定で進んでるけどどうなるんだろ。
行く予定にしてる、OGVとメトロックも覚悟しといた方がいいんだろうなぁ。
今年はもう旅行も行けないかもしれないなぁ。

さて。
暫く振りというか今年初更新で、やはり触れないわけにはいかないと、コロナについて枕的扱いで綴りましたが。
現時点で本題には全く入っておりません!笑

コロナパニックの中、これまでの当たり前の生活に改めて感謝をしている今日この頃。
同じように心の底から感謝をしている2人の人物について。
それが今日の本題。
この3月は、その2人にとって節目の月なんだよね。

まずは、この2年半ほど、職場で苦楽を共にした大事な大事な自慢のバディ。

私の人生で、こんなに素晴らしい子に出会ったことない!というほど、とてもいい子。
「いい子」や「いい人」という表現って必ずしも良い意味とは限らない場合もあるけど、彼女に対してのは100%良い意味で使っている。
根はとても優しくて気遣い上手なんだけど、ちゃんと毒っ気もあって、そのバランスが絶妙。前者だけだとちょっとつまらないし、後者だけだと性悪だし。

とても穏やかで決して不機嫌になったりとかないし、誰に対しても親切で決して無碍にしないし、でも時々めっちゃ腹黒さ出してきて面白いし、ノリもいいし、でも緊張しいだし、明るく元気ハツラツなキャラでもないし、陽というよりは陰だし、基本的に控えめで我の強さは一切なく和を重んじるし、かと思えば平気で1人で海外行っちゃうし。
本当に今まで会ったことのない不思議なタイプで、とにかく私は彼女のことが大好きなのである。
私だけでなく、曲者揃いの我が現場で誰からも好かれているのは恐らく彼女くらい。笑
愛されキャラとか人たらしとかでもないんだけど、老若男女誰もがきっと彼女に会えば、ひとたび好きになってしまう女神のような子。…まぁ美人だしね。笑

この2年半、彼女とはバディ的な感じで同じ仕事担当していたんだけど、何から何まで頼りっきりで仕事的にも本当に彼女に救われっぱなしだったなと思う。
いい距離感を保ってくれるし、アホな妄想で笑わせてくれるし、何故か知らんが私のことを慕ってくれるし、我ながら難しい性格だなと思う私がとても穏やかな気持ちになれる貴重な存在にして、最高のバディだった。
残念ながらこの春で東京の女になってしまうので、これから私は彼女を頼らずにちゃんと働けるのかまじ心配。でも彼女が都会で擦れた女にならないかもっと心配。笑

思うに、彼女の生まれ育った環境も素晴らしかったんだろうなと思う。
生まれ持った性質もいい子だったとは思うけど、こんな人徳を養えたのはひとえにご両親の子育ての賜物なんだろう。
彼女の親には是非子育てのハウツー本を出して欲しいと思っている。
みんなが彼女みたいに育てば絶対、思いやりとハッピーで溢れた世界になる!

そんな彼女と出会えたことは本当に神様に感謝していることの一つ。
あと、彼女を採用してくれた上司にも感謝せざるを得ないな。笑

そして感謝している大事なもう1人。
今日で定年退職を迎えた我が父。
長い間、本当にお疲れ様でした。

それなりに名の知れた企業で高卒・中途採用というハンデながら全国トップクラスの輝かしい営業成績で、そのハンデで昇進出来得る一番上の地位まで登り詰めた父。
きっとそのハンデゆえ悔しい思いも沢山したことだろう。

昨年、父の還暦祝いに父の会社の人たちにお手紙を送ってメッセージを書いてもらったんだけど、上司からも部下からもその営業能力に厚い信頼を寄せられていることを知り、我が父ながら改めて誇らしく思った。
むちゃくちゃ裕福でもないけど母が専業主婦でずっと家に居てくれたので寂しい思いなんて全く無縁な子供時代だったし、年に二回は家族旅行できる程度の贅沢はできたし。
これは全て我が家の経済を一身で支えてくれた父のおかげ。
最早感謝する以外何があろう!

もともと私が小さい頃はサービス業だったのだけれど、私や妹との時間を作りたいというのを理由に日曜が休める全く違う業界に転職したという経緯を母から聞かされたのは随分大人になってから。
知識も経験も全くない分野に家族の生活を背負って飛び込むには、どれほどの勇気と決断が必要だったのだろうか。
それを聞いたとき、本当に私たちは愛されて育ったんだなぁと実感して泣きそうになった。

私がハタチ前後の頃かな。ストレスでメニエールを患い、一時は働くのが困難なくらいめまいや耳鳴りに悩まされていた。
早退したり急遽休んだり。よくは知らないけど、営業成績にも響いたかもしれない。
一家の主人という立場で、もしかしたら一生治らないかもしれない病気になってしまったのは、未だぬるま湯で生きている私には理解できない程の苦悩だったに違いない。
考えるだけで胸が痛いけど、そんな困難も乗り越え、こうして無事に定年退職を迎えた父を心から尊敬している。
そもそも子どもの頃からまぁまぁハードコアな人生を送ってきた父なので、精神力で私は一生敵わないなと思ってる。背負ってきたものが全然違う。

ちなみに明日からは再雇用で再びシニアの営業マンをやるそうで、このシニア営業マン枠は父の為にできた枠というのが本人談。会社第一号らしい。
定年後はもっと楽な部署に行きたいとか言ってたくせに結局営業やるんだから、なんだかんだで天職だったのかもしれないな。
どうかこれからも無理せず健康で長生きしてください。


そんなわけで2020年3月末日。
私にとって大切な2人に感謝を捧げたいと思います。
春からのこの2人の新たな人生がより素晴らしいものになりますように。

お疲れ令和元年!

年の瀬唐突の更新ラッシュかましましたが。
とりあえず、人生初の一人旅の記録をようやく完結することができたので良かった。満足。
これで心置きなく新年を迎えられるぜ!

というわけで、令和元年も大晦日。
記録を残しておくべく、今年をざっくり振り返っておこうかな。

1月
映画館始めはシュガーラッシュオンライン。
前作も大好きだけど、今作も良かった!
草間彌生展やくっきーランドという個性爆発な展示会にも行きました。

2月
ライブ始めはレキシ@城ホール。相変わらず頰が痛くなる程笑った。

3月
人生初の一人旅!忘れられない誕生日になりました。

4月
韻シストの初主催フェス、その名もOSAKA GOOD VIBES参戦!ずっと韻シスト観たがってた先輩を更に韻シスト好きにすることに成功。

5月
令和の幕開け。
念願のリヴァプール&ロンドン。幼稚園からの思いが募りました。また行きたい~
あと、私のBリーグ熱の集大成で、リーグファイナルを遠征。

6月
なんだか仕事がやたら忙しかったのと、謎にモテキが幕開けたのもこのあたり。

7月
家族でグアム旅行。老後もグアムなら行こうと思いました。
あと、ヘルプで人生初のアパレル店員をやりました。笑

8月
今年のサマソニは、私が何年も第一希望に挙げてきたチャーチズが!
ローレンという名の天使を拝んできたよ。

9月
世間的には今年はラグビーワールドカップだったけど、個人的にはバスケットのワールドカップ!
一時まじで上海乗り込む予定が、富樫負傷で諦めましたが。
まぁ結果、上海まで行かなくて良かったけど。笑
あと、セブ島にも行きました。
ジンベイザメと泳いだのは今旅…いや、今年のハイライト!

10月
韻シストは神戸公演とボノボを迎えたネバフがあり、ジョーカーにイエスタデイという満足度の高い映画に出会え、今シーズン最初のBリーグ観戦(ハンナリーズ vsグラウジーズ)にも行け、音楽・映画・バスケット観戦。
今の私の三大フェイバリットがどの項目も最高点で、今年一番充実した1ヶ月だったと思う。
あ、地味にバレーボールの西田くんにハマったな。彼はいい。

11月
TRANS KOBEに下町芸術祭に六甲芸術散歩。
高野山に二条城。
芸術と紅葉の秋。

12月
父の還暦祝いでサプライズで父の会社の人や友人に手紙を書いてメッセージを送ってもらい、アルバム作ってサプライズプレゼントという一年くらい前から温めていたスペシャル企画が大成功したのと、平均週一でBリーグ観に行った以外は大体情緒不安定な1ヶ月。


こんな感じかな。
濃かったし、浮き沈みが激しかった。
ただ、12月までは、下がったけど結果上がった…みたいな、例えるなら探すのをやめた途端失くし物が見つかった…みたいな運気だったので、年の瀬は落ちるとこまで落ちたけど、このルーティンでいくと、来年はもう爆上がりすると睨んでおります。ええ。

2020年。
こないだ友達とも話してたんだけど、三十代になってからは漠然と2020年を目標というかゴールというか、指針的な年にしていた節があるので、いよいよやってきたなという感じ!

三十路入りした年、旅行で行ってたニューヨークから帰ってきたら、チームこどもの皆が私がニューヨークに行っている間の二大ニュースとして、ドコモからiPhone発売と、東京五輪のことを教えて貰ったの、今でも鮮明に覚える。笑
2020年、どこで何してるんやろなぁ!とか言うてたよな。
今思えば、あのやり取りをした時から2020年が漠然と指針になった気がするな。

転職してる(し、異動もあったので現場単位で行けば3回も変わってる)なんて夢にも思わなかった!
今の家にも住んでなかったし…
そう思うと、自分自身は相変わらずだけど、環境は凄い変わってるなー。

そんな2020年がもう目前。
ついに来た。
待ちわびていた年なので、本当はもっと最高の形で迎える予定だったのに、かくかくしかじかで今までで一番残念な気持ちで迎えることになってしまったけど。
本当だったら名古屋なりUSJなり船上なり水族館なりでハッピーな年越しになる予定だったのに、結局は家で黙々と片付けしてるけど。

こんなことになるなんて、違うパラレルワールドに迷い込んだんじゃないかとにわかには信じがたい事態ですが、しょーがないけどこれが現実。

私の人生所詮こんなもんよな…と、悲観的にもなりかけたけど、今は結構冷静です。
現実をしっかり受け止めて、来年はもっとうまくやってみせる!
たぶん今年は来年を素晴らしい年にするための練習だったんだ!と、あとから振り返ったときに思っているはず。いや、思ってみせる!
何てったって、人間万事塞翁が馬。
今は本当に不幸だと思っているけど、これが本当は幸いなことだったのかもしれないもの。

ダイスを振るのはこれからが本番!
さぁ、tipoffまであと1時間!!

円華

彼女についての話はあまり大っぴらにしたことはないのだけれど、私は十代の頃に大好きだった友達を一人亡くした経験がある。
もし彼女が生きていたら…というifは幾度となく想像してきたし、今でも実はどこか遠い所で元気にやってるんじゃないかという気にならないこともない。
本当にいいやつだったし、今も変わらず大切な友達。
今日、掃除をしていたら、
そんな彼女からの手紙が出てきた。
当時のたわいもないことから記憶にも残っていない悩みごとまで色んな話題が綴られているなか、最後の追伸に今の自分の背中まで押してくれるような一言が書かれていた。泣けた。

約20年の時を超えて。まだ16~7歳の彼女にこんな激励を受けるとは。
人生捨てたもんじゃないなと思った。

もし今でも生きていたら、懐かしい手紙が出てきたー!って写メってLINEしてたかもしれないな。もしくはSNSにアップしたり?
どんなスタンプ使ってただろう。たぶん個性的なイラストのスタンプを送ってくる気がするな。Facebookとかインスタとかやってたのかな。しょーもない投稿してただろうな。しょーもなくていいから読みたかったな。

でもスマホすら知ることもなく亡くなってしまった彼女にはLINEもSNSも伝える手段は何もないから、せめてブログで。

ありがとう、円華。
これからも見守っててね。

2019年9月、FIBAワールドカップと私。

1年前、2018年の9月といえば。
このブログでも残しましたが近年稀に見る遊び狂いの日々で、指折りしか働かず、最終的に帯状疱疹になるというオチをつけて終幕した、私の人生においても伝説の月だったわけですが。
そんな去年の9月は厳密に言うと後半が劇的だったんだけど、今年は前半が劇的だった。
そう!
FIBAワールドカップ!!

日本の試合が上海に決まり、ちょうど友人の家が上海にあるということで運命めいたものを感じ、
上海行きを決意したのが今年の3月。

そして急に運命の糸がプツンと切れたのが忘れもしない7月24日。
突然発表された富樫勇樹骨折の悲報。
ワールドカップも出場できないとのことで、私は一体どんなモチベーションで上海に行けば…?と思っていたところに、友人がそのタイミングで上海に居るのが難しくなり、完全に上海行きは白紙に。

上海に行ってたらそれはそれで凄い強烈な思い出として私の中で残ったに違いないけども、行かなかったからこその9月前半ではあったなと、振り返って思っている。
いや、結果的に行かなくて良かった。

というわけで、ワールドカップが終幕となったこのタイミングで、私の9月前半を振り返ってみようと思います。

9/1
いよいよ日本初戦!
トルコ戦はスポーツバーで。
サッカーなら何度も行ったことあるけど、バスケは盛り上がりどうだろ…の心配は何のその!
ほぼ満席で感動。笑
試合は残念だったけど。でもやっぱバスケ観戦は楽しい!

9/3
今年のクミの日はタランティーノ新作『ワンスアポンアタイムインハリウッド』鑑賞。
ラスト、ぞわぞわーってなって、うおーー!と心の中で叫ぶほど、とても心にズドーンときたけど、観る者を選ぶ映画ではあるので、気軽に人に薦められる作品ではないかな。事前予習が必須。
そして、同僚とランチして、夕方には帰宅し、しっかりチェコ戦を自宅観戦。
負けたけどいい試合だった。富樫と辻がいたらな~と、ますます悔やまれたけど。

9/5
アメリカ戦の日に送別会が被るという悲劇。
送別会をパスしようかとも悩んだけど、アメリカ戦は遅めの21時台ティップオフだったので、送別会終わりでスポーツバー駆け込めば…
と、完璧な予定を組み立て、いざ送別会。
そして、二次会。←おい
しまったあああああ!!!!と、二次会終わりでHUBに駆け込んだら、ちょうど試合終了したとこ。
近くにいたお兄さんが『ダブルスコアで負けちゃいましたよ~』と。
色んな意味でせつない夜でした。

9/6
地元の数少ない有志(笑)で結成した独身会で初飲み。
こんなメンバーで飲むことになろうとは…1ヶ月前には想像だにしなかった。笑
また決行できたらいいな~と思えるくらいには楽しかった!

9/7
今年は行けた!
泉大津は最終開催を宣言しているOTODAMA!
念願のCHAIとボノボを観れて大満足でした。
レキシとスカパラも相変わらず最高に楽しかったー!!
来年あるとしたら屋内開催のはず。大歓迎だ、行きます!

9/8
神戸コレクション。
ずっと姪のココナを連れて神戸コレクションに行きたかったのだけど、ようやく。
ライブアクトにDA PUMP、モデルの1人にみちょぱ。
私とココナの観たいがちょうど重なった2019オータム&ウィンター。
無表情でステージを観てるので、あまり楽しくないのかな?と思ったけど、『あ、あの人2回目やで』『あの人4回目』と私に細かく教えてくれて、出てくるモデルをめちゃくちゃ真剣に観ていた。笑
楽しかった?って聞くと楽しかった!というし、もっかい行きたい?って聞くと行きたい!というので、本人的には満足だった模様。
いい刺激になってたらいいな。
個人的にはDA PUMPのごきげんだぜっ!が生で聴けたのが大収穫。笑

9/11
ヨーロッパ企画鑑賞。
第39回『ギョエー!旧校舎77不思議』。
ホラーベースでどうやって笑わせてくれるのかとても楽しみにしてたけど、大いに笑った!
途中でセオリーが見えてくると安心感を覚えながら笑ってた。
これぞヨーロッパ企画!グルーブ感ある展開!
最後の終わり方も直前までむちゃくちゃにしといて、綺麗にオチたの素晴らしかった。

9/15
たとえばボクが踊ったら、

こんな最初から最後まで全部観たい!ってなる、無駄のないラインナップそうそう無いぞ!
最高ラインナップのフェスでした。
個人的には初の七尾旅人が感激だった。
あと、晴れまくったので、舞台うしろの屋根付き指定席のチケット買って大正解だった。



いや~、なかなか濃かったね。
更に言うなら後半は、上海行けなくなった私がこのままおめおめと諦めると思ったか!と、言わんばかりにセブ島に行ってきますからね。(台風まじ勘弁してね♡)
まだまだ9月のお楽しみは続く。

そして、FIBAワールドカップの話に戻りますが、スペイン優勝おめでとう!!
個人的にはアルゼンチン応援してたけど。笑
今大会、私をとことん魅力したのはアルゼンチンのカンパッソでした。
海外の選手は全然知らないけど、唯一覚えたのがカンパッソ。
いつか生で彼のプレーを観たいんだけど、NBAではなくスペインのレアル(バスケチームにもレアルがあるらしい)に所属してるらしいので、これはスペインに行けという神のお導きかもしれないな。

さて、来月からはBリーグがついに開幕するし(長かったー)、来年は五輪だし、私のバスケ観戦ライフの未来は明るい!
05 | 2020/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: