ジェンダー問題2017

なんか数日前から何人かの友人らと何故かジェンダー問題についてSNSで熱く意見交換し合ってて。
わたし自身特にこの問題について熱い思いを灯してきたわけでもないし、深く研究したわけでもないから、そないな知識もないんだけども。
それでもまぁ自分なりにこう思うみたいな意見は一応持ってたりはするので、ちょうど友人らと語り合ったことで気持ちがヒートしてるということもあるので、ここらで思いの丈をまとめておこうかと思う。

でもまず注意事項として最初に述べておきますが、わたしは若干、保守的…要するに右め思考です。
それを念頭に置いておいて欲しい。
つまり、考え方が左に属する方々には腹立たしい内容かもしれないのであしからず。
でも昔はどっちかというと左めだったんだけどね。
だから靖国神社問題でいくと、昔は参拝反対だったけど、今は賛成派です。
って、今回はジェンダー問題だ。

もしかしたら誤った知識で語ってる部分もあるかもしれないので、同意見でも反対意見でもどちらでもなくても、それは間違ってるよって部分があれば遠慮なくご指摘ください。
ただし、お手柔らかに(笑)

昨今、ジェンダーフリーが叫ばれて久しいですが、個人的にはズバリ、行き過ぎたジェンダーフリーはどうかと思っている派です。

もちろん、男尊女卑は排除するべき。
でも、男らしいとか女らしいまで問題とされるのはちょっと行き過ぎてるかなぁ…と。
男らしいとか女らしいって、普通に大事にすべきことだと思っている。
日本という国の秩序や文化を守るためにも、大切なことだと思う。
らしいって何?どうゆう定義?
ってなる人もいると思う。
でもそれって、可愛いって何?かっこいいって何?
美味しいとか不味いって何?
って言ってるのと同等レベルの質問に思えるんだよね。
いや厳密にいうと同等ではないかもしれないんだけど、浅さが一緒。
男らしいは男らしい。
女らしいは女らしい。
それぞれの性の魅力のひとつ。
可愛いは可愛いだし。
かっこいいはかっこいいだし。
美味しいは美味しい。
不味いは不味い。
明確な決まりはないし、人それぞれ微妙に感覚も違うし。
でも万人が共通してる部分もあるような。
どれもそうゆうキチっとした答えのないぼんやりしたものなのに、ジェンダー絡んだ途端、男らしいとか女らしいが気軽に使えないとかどうかしてる。

わたしに言わせれば『今時、男らしい女らしいとかナンセンス』って言われる風潮こそナンセンス。
世がジェンダーに敏感になり過ぎていて、どうにも使っちゃいけない言葉みたいな扱いになってることが違和感。
男と女に違いはあるものだし、互いに男らしさ女らしさに惹かれるって普通に人間の本能として自然なこと。
それに対して否定的って凄く不自然に感じる。
本来なら褒め言葉でポジティブな言葉であっていいはずなのに、強要や!って世間が目くじら立てて積極的にネガティヴにしてる気がする。
男らしくて素敵。
女らしくて素敵。
って、一種の魅力でいいやん。
感覚的に使う言葉やのにそれが駄目とか、逆に息苦しい。

あとはあれですね。
男女平等を唱える女ほど、女性専用車両やレディースデーに積極的説…笑
個人的には男と女に違いがある限り、真の男女平等は無理だと思っているので、男女の違いは認めた上で、お互いに尊敬し合える社会が一番理想だと思っています。

ただ、わたしが今、一番関心のあるジェンダー関連は、夫婦別姓問題。
結局、将来もし選択制夫婦別姓が認められたところで『女性は当然のように男性姓になるものだ』っていう固定観念は根深いと思うけど、同世代の女性がどう思っているかはとても興味深くはある。

というのも、わたし自身は元々、別姓反対派で。
やはり日本という国はそうやって成り立ってきたし、別姓が認められたら家族崩壊に拍車がかかるようになるんじゃないかと思ってて。
離婚しやすくなるし、不倫しやすくなるし(笑)
別姓にしてまで結婚するって何?
別姓にするなら事実婚でいいんじゃないの?
何か結婚に重みがなくなるというか…多分、結婚や家族が凄くカジュアルになる気がして、きっと良い部分もあるだろうけど、総合的には悪い方に向かう気がする!冗談抜きで将来は日本崩壊に繋がる!って一時期は結構過激に思ってた。

ただ、同世代の既婚女性で、会社はもちろん旧姓で通し、旧姓併記のパスポート&銀行口座を持ち、身分証明が必要なこと以外は頑なに旧姓を使い続けている人がいて、結婚式とかも当然のように旧姓で出席して、人に新住所を教える時も、旧姓のままで伝えてるらしくって。
その人が『だって元々の友達とは元々の名字で付き合い続けたい!』と言っていたのに、とても共感して以来、意見が変わった。

というのもSNSやLINEとかで、結婚したあと登録を新姓に変える派と変えない派がいるけど、実際変える派の名前見た時ちょっと悲しくなる時あるもんね。
きっと画面上の文字だからそう感じるんだろうけど、何か全然知らない人みたいに思える時ある。
いやいや、わたしが友達になった彼女は、そんな名ではない!おぬし何者!?ってなる時がある。

そんなわけで、旧姓を選びたいけど選べなくて、でも可能な限り旧姓を使っている女性がいるという実情を知って、夫婦別姓については反対派ではなくなった。
何も絶対ってわけではないんだから、せめて別姓にする選択肢はあげてもいいんじゃないかなぁと。
一時期は相当過激だったけど、まぁ結婚って家の為にするもんじゃないしね。って思えるようになりました。


いやー、それにしても久々に何か真面目に社会派な問題取扱っちゃったね。
次はアホみたいな内容にしよ。

絶望を迎えるまで

夏頃は先の見通しが全く立たない毎日に、今年は割と長いな…なんて思っていたのに、 気がつけば今年も残り数日。
今年はニュージーランド行ったり、球場巡礼したり、転職もしたし、トピックスを並べるとそれなりに濃い年なはずなんだけど、何だろう、この心に空いたポッカリ感。

色々と大切なものを失ったような喪失感と虚無感。
いや、実際失ってる。

今、踏ん張っているこの地点に辿り着くまで無数の枝分かれした道を経てきて、
それをいざ振り返ってみたとき、
もしも春前のあの日、全く逆の答えを口にしていたら…とか、
もしも去年のあの日、あのLINEを送らなかったら…とか、
もしも5年前のあのとき、あのメールに返信をしていたら…とか、
もしも10年前のあのとき、あの約束を破っていれば…とか、
今更そうしようもないことは痛いくらいに分かっているけれど、それでもやっぱり色んな「もしも」がでてくる。
その「もしも」の地点に戻れたとしたら、今のわたしは多分その「もしも」の方を選ぶと思う。
そりゃあそれを選んだことによって、今以上の悲惨な現状が待っている可能性があることだって十分に覚悟しているつもりだけど、それでもここまでの道のりとは違う道を選ぶのは、今のこの地点に満足していないからなんだろう。

ポジティブなときは、わたしの人生、十分幸せだ!と思える時もある。
世界中には色んな境遇の人がいることを思うと、間違えなく幸せな部類だろう。

しかしひとたび気を抜くと、ネガティヴな思考がやってきて、わたしの今迄の人生を一言で表すならば、「情けない」に尽きるなと思う。
まぁつまり平たく言うと、情緒不安定で間違えないな。

毎日、色んな不安と戦っている。
誰かに助けを求めれば、もう少し気持ちがラクになることは知っている。
それでもわたしは誰にも助けを求めない。
だから誰もわたしを助けない。

いじめられて自殺しちゃう子がいる。
誰かに相談できないから自殺を選んだのに、みんなは簡単に「誰かに相談できてたら、何かが違ったのかもしれない」っていう。

闇は深い。
ぶくぶくと闇の中にゆっくりと堕ちてゆく。
自分のこの魂が尽きれば、この闇から解放されるのだろうか。

誰か。
何か。
今はただただ、この底知れぬ闇の中で、光が現れるのを、ただただ息を潜めてじっと待っている。
絶望を迎えるまで。








her

「簡単に羨ましがってはいけない。
勝手に嫉妬してはいけない。
自分と比べて僻むなんてもってのほか。
そんなものに心を掴まれる苦しさを味わう暇があるなら、想像力を広げる努力をした方がいい。
全てを手に入れてる人なんか、いない。
みんな各々のフィールドで各々の悩みがある。
平々凡々に生きていくことすら、実は困難。
でも不幸自慢をする程落ちぶれてはいない。」

最近、感銘を受けた言葉。
向こうはわたしの存在をちっとも知らないけど、わたしが一方的に知っている女の子がいて、その子が発信していたんだけど。
わたしは彼女のことをよく知りもしないで一方的に羨ましい存在だと思っていたので、彼女自身が発信していたこの言葉を受けて、自分自身が凄く恥ずかしくなると共に、よく知らない彼女のことを心底尊敬しました。

この世はSNSやTwitterで簡単に考えや思いを発信できて、だから色んな言葉で溢れかえっていて、その環境にうんざりすることもあるけれど。
便利な世の中は素晴らしいと思うけど、お手軽に繋がるネットの世界に少し寂しさを感じることもあるけれど。
時に、こんなに胸に刺さる言葉に、思いがけず巡り会えることもある。
捨てたもんじゃないな。

そして、もしこれから先、彼女と知り合う機会があれば、感謝の言葉を伝えたい。

行くしかない!このニューワールドに!

どちらも五十代半ばの父と母ですが、母は40代に間違えられたのに、父は60代に疑われた。(むしろ父の方が一つ年下)
母は最近サカナクションとONE OK ROCKがお気に入りで、父は相変わらず昔から大好きなビートルズを聴いている。
ここから分析するに、新しいものに対する探究心、これが若さを保つ上で大事なポイントだと思う。
新しいものを前にした時、面白そう!と駆け寄るか、よく解らん!と、シャットアウトしてしまうか。
新しい世界に順応できる人ほど、いつまでも若々しい気がする。
「昔は良かったな~」と、いつまでも懐古しているだけじゃ、そのまま時の流れに呑まれてしまうだけ。(それに、記憶が美化されているだけで、実は昔も大したことなかったりする。)
つまり若さの秘訣は、「乗るしかない!このビッグウェーブに!」ならぬ、「行くしかない!このニューワールドに!」精神が大切なんだと思う。

…ということで。
これから暫し、旅に出ます♡
「行くしかない!このニューワールドに!」

うずしお

最近、わたしの中で時間に対する新しいイメージがある。
それは、うずしお。
時間のうずしお。

小さい頃はうずしおの上を
渦に巻き込まれることなく、
上手に一生懸命走っているんだけど、
ある時から渦のスピードに足が追い付かなくなって、
徐々に徐々に渦に飲み込まれていく。
油断して足を救われたらジエンドなので、
何とか走ってはいるんだけど、
どんどん元気も無くなっていって、
どんどん渦の下層の方へと追いやられていく。

そして最後は飲み込まれて死ぬのだ。

時間はうずしおだ。
人々は皆それぞれのうずしおを走っている。

そんなイメージ。

さて、それはそうと。
8/31付で突然の創作発表をしてしまいましたが(笑)
別に作家ではないので、拙い文章はご愛嬌ということでよろしくどうぞ。
これね、オフレコなんだけど、わたし自身のことを風刺しました。
別に赤髪でもねーし、鏡好きでもねーし、お人形のような目もしてないけど(笑)
もっと本質的な部分で、リトルアニーはわたし。
最近、心がぐじゃぐじゃって丸めたハンカチ・・
いや、ボロ雑巾のような感覚になったことがあって、
その心のまま書きました。

2日に渡っちゃったけど、時間で言うと1時間もかかってないくらい、
スラスラ・サクサク書けちゃった。
ちょっと児童書風を意識。
肝心なディティールは読む人の想像力に託すようワザと表現してません。

ちなみにわたしの中でこのリトルアニーの世界イメージは、前半は野原、後半は真白の世界。なーーんにもないの。
じゃあ鏡はどこに落ちててん。丸わかりやないか!という話ですが。
実は母がポケットに隠していたのかもね?なんつて。

いやー。
早いもので世間ではもう2013年9月1日。
こんな未来に辿り着いてしまったよ。
わたしはもう5年くらい前からうずしおに足を救われたようで、
かろうじて溺れてないけど、もう身は膝くらいまで
うずしおに飲まれながら、もがいている感覚。
ぐるぐる円を描きながら、うずの真ん中へと流されている最中。
目を回しています。で、気がついたら2013年9月1日まで来ていたよ。

さて、実はわたくし、明日からしばし日本を離れます。
(まぁ離れなくても更新は空いたとは思うけど、)
つぎ会う日まで皆様ごきげんよう。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: