YUKI NEW RHYTHM TOUR 2008

ありゃ★
もうあれから1週間経ってしもーたのね・・・!

YUKIちゃんラーイブ!
その名も「YUKI NEW RHYTHM TOUR 2008」@フェスティバルホール

昨年の城ホールん時よりも若干距離は近づいたけど、
それでもやっぱりまだまだ遠い彼女とのディスタンス・・・的な
2階席でのYUKI鑑賞となりました。

昨年のソロ5周年記念「5star」ライブと比べて明らかに違ったのが。
トークの軽快さ!
今回のYUKIちゃんってば、かなり饒舌!
途中、このままお喋りで終わるんじゃないか!?てなくらい、喋りまくってた。
去年のライブがいいウォーミングアップになったんだろーなー
あと、今回の方が明らかに場数も多いしね。

アルバムがリリースされたワケでもないのに、
突如敢行された今回のツアーは
「とにかくライブがしたかった!」というYUKIんこの思いがいっぱい詰まったライブ。
「NEW RHYTHM」をキーワードに、
今までの音楽を新しいリズムで楽しませてくれました。

度肝を抜かれたのがYUKIのDJプレイ!
もともとライブ前から、DJがテクノ・ハウスをプレイしてホール暖めたりしてたから、
結構ダンス寄りな内容になるのかな!?とは思ってたんだけど、
まさかYUKI自身がターンテーブルブースに立つ展開が待っていようとは!
さすがに予期しませんでした。
DJYUKI!ファンキーな感じでした。

ステージは心なしかちょっとテクノな感じ。
照明のせいかな?
レーザー光線が多用されて、目がチカチカしたよ。
YUKIの衣装もそれ寄り。
光沢のあるテカテカした衣装を身に纏って舞ってました。

そして、特筆すべきはライブ終盤の「JOY」!!
彼女のファンでなくとも、この曲は多分聴き覚えがあるのではないかしら?
「どんなに離れ離れでも ふたりを繋ぐ呪文はJOY」
なーんて、神懸かった詩センスのサビが印象的な
彼女の代表曲のひとつなんですけども。

今回この「JOY」が、「NEW RHYTHM」のキーワードが
ギュっと凝縮されたような正にニューリズムなアレンジで。
ライブ中は勝手にブラン・ニュー・ヘヴィーズ風JOYって呼んでたんだけど。
もしくはインコグニート風でも可。
とにかく、アシッド・ジャズ的な感じのアレンジが施され、
このポップでキュートな曲が、すごく大人なオシャレナンバーになっていました。
いやーアレンジひとつで曲の印象ってこんなに変わるものなのね!

でもまぁ本来があのスタイルだったら、多分あそこまで売れなかっただろうけど(笑)
ライブヴァージョンとして聴く分には新鮮でした。
ただ、踊り曲かつ人気曲だから、
がっつり踊りにきた人には物足りないヴァージョンだったかもしれないなぁ(笑)

さて。
何せ1週間も前のことなんで、記憶に残ってるのはこんなもんかな。
あ、そだ。
ワンダーランド聴けたのが個人的に嬉しかったですー

ROUGH RARE

神戸のおしゃれっこたちが愛して止まない元町のカフェ「ラフレア」
DSC00089.jpg
まず、このロゴが可愛い。
店先の看板です。
DSC00090.jpg
この階段をのぼると入り口が。
中はおしゃれインテリア満載の空間が広がっています。

最近のお気に入りは上の階の窓際、茶色のソファ席。
3連続でそこに座ってます。

そんなわけで。
何だかんだで足を運んでしまうこのラフレアなんですが、
行く度写真を撮るだけ撮って、そのままほったらかしで
写真がたまりにたまってしまったので、そろそろいっときます(笑)

DSC00095.jpg
いつぞやに食べたカレー。
すっげ甘口です。
辛いの苦手な私にはすっごく嬉しかったけど、
スパイシーなのがお好みな方には恐らくかーなり不服なカレーかと(笑)
記憶が正しければ、多すぎて食べ残した気が。

DSC00091.jpg
一番よく食べるオムライス。
小ぶりなくせにボリューミー。
見かけによらないとは正にこのこと。
米の量が多いのか、はたまたふくらまし粉か!?(笑)

DSC00093.jpg
先日初めてチョイスしたバーガーセット。
我侭言って、トマトぬき。
バーガーの嵩もさることながら、ポテトの量が半端なかった。

・・・・つーわけで。
どのセットでも、満腹感だけは保証します。
まじですげえから。
サラダやらスープやらが付いてることを差し引いても、
あの満腹度はすごいと思う。

でも、このボリューム感で1000円弱ってのは
か・な・り、リーズナブルかと。
DSC00094.jpg
ちなみにフリードリンク!
これはポイント高いです。
お茶にホットにジュースにおかわり自由!

夜ご飯も、セットメニューは1000円ちょいで食べれました。
フリードリンクではないものの、セットということでサラダ・スープ・ドリンク付き。

デザートー。
DSC00092.jpg
このパフェは、シネマフェスの嬉しい特典。

「GET FIND YOUR LOVE!~愛を探しにいこう!」をテーマに
先日まで開催されていたこのシネマフェス。

タイアップされていた5つの映画(「ペネロピ」「フローズン・タイム」
ダージリン急行」「アニー・リーボヴィッツ」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」)
を観ると、このパフェチケットが貰えたのです。
つーわけで、ワタクシめは2回、ご馳走になりました。
ありがとう、ラフレア!美味しかったですー

こんな素敵な企画をしてくれるカフェはそうそう無いよね。
映画だけでなく、音楽イベントも定期的に開催されています。
以前、ターンテーボー系イベントは行ったことがあるけど、
どうやらライブ系もやっているみたい。

そんな映画に音楽に漫画本まで充実!という、
私の大好きなカルチャーがめいいっぱい詰まったお店。
もう、貼りたくられたポスターを見てるだけども楽しい!
わくわくカフェ「ラフレア」。おすすめです。


繚乱

●気がつけばついうっかりな話。

「もー次の給料日までは絶対CD買いません!」
と宣言したのが、今日の昼前頃だった気がする。

で、何なんだろう?
この目の前の小山は。

んー・・・
今日の教訓。
CD買わない宣言した日にブックオフに行くべからず。

そーゆう時に限って開催されてるお得キャンペーンが
「ついうっかり」に繋がるのですよ!

でもアラニス・モリセットの「ソー・コールド・カオス」を
200円で手に入れた自分の功績は称えずにいられない。
あとは適当にジャネットジャクソンとか。アシャンティとか。キャシーとか。
エトセトラ・エトセトラ。
3枚ほどは我慢したが、小ぶりな山ができる程度には手に取っていたようで。
しかも全部、女だぜー!


●HMVフリーペーパーの話。

ワイキキが呼んでいたので、HISに立ち寄った後、
ちょっくら顔出しとくか程度にHMVにも行ってみた。
GW中はポイントの羽振りがいいみたい。
平日なのにトリプルポイントやってたよ。

そこで目に入ったのがHMVのフリー冊子。
この冊子の表紙・裏表紙は、毎回CD作品とDVD作品が片面ずつ飾ってて。
(たまにどっちもCD作品とかもあるけど)
例えば、片面がミラ・ジョヴォビッチ(DVD)で
もう一方がジャネットジャクソン(DVD)だったり。
他にも、宮川大輔&千原ジュニア(DVD)と、
ジャックジョンソン(CD)だったり。
その月の一番目玉のリリース作品がカバーを飾るのがお決まりで。

だから中々面白い裏・表を持つ冊子が出来上がるんだけども。
今回は何かねー、異様でした。
何てたって、綾波レイ(DVD)とパフューム(CD)。
なかなかのインパクトだったよ。

そして、「女性ヴォーカル 百花繚乱!」と題して、
キュートでヒップでリアルな女も惚れる女たちの特集が。
何て私好みの企画なんだー!
R&B、ロック、ポップスからジャズ、ボッサまで
広く網羅してくれてるようなので、
これからとくと楽しみたいと思います。
「最新フィメールボーカルファイル2008」
私のアンテナに引っかかるアーティストを見つけたら、
ここでも大々的に取り上げたい次第です。


●サマソニとかの話。

軽い気持ちでホームページにアクセスしてみたの。
最近ちょっと気になってるアーティストの名前を
参戦予定の9日枠に発見してテンション上がったの。
THE TING TINGS
MGMT

と、同時に不参加予定の10日枠にこの名前発見してテンション下がったの。
SANTOGOLD

・・・先週からYOUTUBEで聴き漁ってるサントゴールドたん・・・来るなら見たかった・・・。

それはそうと。
WEEZERは本気で来ないつもりなのか!?
赤アルバム落とし逃げするつもりなのか!?

そんでもって。
カサビアン!
ゴー・チーム!
ケイト・ナッシュ!

フジ改めて、サマソニに来てー!(嘆)

●CD買いません!宣言について。

しばし撤回。
暫定税率みたいなもんだって。



PUNK'd

音楽チャンネルMTVの人気番組「パンクド」
モラルが低いと思われることを承知で言いますが。
か・な・り、好きな番組です。
何てったって、DVDを購入してしまったほど!

同じくMTVの人気番組「ジャッカス」には全く嵌れなかったクチなんだけど、
同じように下劣な番組でも「パンクド」は大好きー

どんな番組かというと、ようはドッキリです。

基本コンセプトは「高飛車なセレブをバカにする!」ってことで。
そのコンセプトに忠実に従って企画された
手の込んだイタズラによって
豪華スターたちがまんまとダマされます。

「皆、血の通った人間だったんだ!」と唸ってしまう、
異世界の住人たちの人間味溢れるリアクションが痛快。

そして、注目すべきは番組MCであり、
積極的に制作にも関わっている悪巧みのボス
アシュトン・カッチャーの存在。

元々はカルバン・クラインだのドルチェ&ガッバーナだの
数々の有名ブランドのモデルをしていて、
現在は俳優としても活躍中の彼なんだが。
あの美形から滲み出る悪ガキっぷりよ。見事。
映画「バタフライ・エフェクト」の後に
この番組見てたら絶対ショック受けたな、私。

あと、「パンクド」というのがわかった瞬間のセレブたちの反応が面白い。
安堵と悔しさと恥ずかしさが入り混じった「やられたー」って表情。
そして、ちきしょーとか言いながらも仕掛け人たちとハグして、
まんまとダマされたよーと、微笑ましく終わる場もピースフルで好きです。
この番組見て私の中で株上がった人数え切れない程いるもん。

むこうの俳優・女優やアーティストの素の部分って
中々拝むことができないので、
海外エンタメファンとしては本当に嬉しい番組。

ちなみにMTVではちょうどラストとなるシーズン8が放映中。
最終回では「第1回 Punk'd アワード」と題して、
“ベスト・リアクション賞”や“ベスト・個人所有物破壊されちゃったで賞”などの、
各カテゴリーにノミネートされた出演者をアシュトンが発表!
ってことらしーんで、楽しみー♪

マイ・ブルーベリー・ナイツ

「そもそも旅に出る必要なかったんじゃねーの?」
って言ってしまえばそれまでの映画
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を、先週みてきましたー。

ザックリと言うと「恋に破れた女の子が傷心の旅に出る話」。

だけども、傷ついてボロボロになったままの勢いで旅に出るワケではなく、
ちゃーんと次の恋の予感がやってきてる中で旅に出ます。
そのへんがさ、別に旅に癒しを求める必要ないじゃん?
って思ってしまうわけ。

でもまぁそれを言ってしまうと映画は成立しないので
そこは置いておくとして(笑)
その根本的なとこさえ目をつむれば、割と好きな映画でした。

あのムードあるポスターのまんまの雰囲気。
ジュード・ロウとノラ・ジョーンズが横になってキスしてるポスター。
あれ大好き!色合いとかもおしゃれよねー
あのポスター見て「観たい!」と思った女子は多いはず。
映画でも見せ場のシーンなんだけど、良かったです。名シーン。

しかし、この映画でのジュード・ロウに対するノラの振る舞いって結構、酷。
予告でもわかる通り、何も告げずに行方くらますんだけども、
そのクセ旅先から手紙送ったりするんだ、この女。
何も想ってない相手に手紙なんて書くはずないという期待を抱かせる上、
手間隙かかる分、電話より重いぜー!
・・・って別に、そうゆう打算的な描写は一切ないけどね(笑)
ひねくれ者にはそう感じた(笑)

そんな清純顔したビッチ(笑)が旅先で最初に関わり合うのが、
別れた妻への愛情が断ち切れないアル中の警察官。
この警察官の元妻を演じてる人が、
「ちょー見たことある!誰だっけー?この人!」と
上映中ずっとモヤモヤしてしょーがなかったんだけども。
今しがた、レイチェル・ワイズと判明しました。
そーだ・そーだ!あースッキリ!
ハムナプトラのヒロインの人ね。
ハムナプトラん時は終始、
あの変な眉毛が気になってしゃーなかったけど、今回は大丈夫でした。
むしろ無造作ヘアがいー感じで見習おうと思ったくらい。
まぁ元々は相当べっぴんだしね。

で、べっぴんと言えばこの人も出てます、ナタリーポートマン!
先日見に行ったダージリン急行にも出てたけど、意図せず今作にも。
ノラ・ジョーンズが旅先で出会う、女ギャンブラーを演じてます。

個人的に、この映画の中ではノラとナタリーのエピソードが好きでした。
不思議な縁で繋がって一緒にロードトリップすることになる2人。
その旅を終えた後の、この2人の別れざまったら!
潔さすぎ!
かっこよかったー
女の子特有のベタベタ感が一切ない友情。清々しい。

そしてこの映画の特筆すべき点はやはり、映像と音楽。
マッチングが半端ない!
例えるなら「ダウンライト」。
そんな雰囲気が漂う映像と音楽は、相性バッチリです。

今の時期より秋の夜長に似合う映画だなー。
なので、レンタル出る頃には多分そのくらいになってそうなので、
今慌てて観なくとも、秋口にDVD鑑賞することをオススメしたい映画です。


5000

パっとブログ開いたら、自分でカウンター5000踏んじった。

つーわけで。
初めましての方も。
毎度の方も。
アクセスありがとうございます。

さてさて。
5000ヒットを記念して(?)、
今日はもー本当に思いつくままに。とりとめもなく。
心に浮かぶよしなしごとを綴っていこうかと。
元々ない起承転結が更に無残なことになりますが。
突然、唐突に話題も変わると思いますが。
もう独り言の域ですのでお気になさらず。

とりあえず。あれについて書いておこう。
お菓子博!
昨日行ってきましたー。

反省点は大きく3つ。

①下調べはしようぜー!
②のんびりしすぎだぜー!
③並ぼうぜー!

まず下調べはね、してなさすぎた、あたし。
何があるのかもよくわからず。
それ以前に、場所もよくわからず姫路に乗り込むことに。
その結果が、「一生行くまい!」と誓っていた動物園に強制入園
というバチに繋がったわけだ。

入り口ゲートが3つくらいあったんだけど、
姫路市の動物園(激しょぼ)経由で入るゲートから意図せず入場。
お菓子博に入場したつもりでゲートをくぐった途端、
熊やらトラやらフラミンゴやらが目に入るあの衝撃ったらないよ。

で、のんびりってのもこれまた問題で。
板宿に待ち合わせたのが13時。
この時点でちっとも危機的なモノを感じてなかったのがこれまた痛い。
10分くらい待った(このへんにも下調べのなさが浮き彫りに)
のちにやってきた特急で姫路に向かったワケだが。
姫路に着くやいなや「腹へったー!」てコトで、
まずはランチの店を探そうと姫路散策。
どこからその余裕っぷりがきたのか、最早、謎。
一応、お菓子博方面に歩みつつも、わき道逸れてみたり。
ようやくランチして、お菓子博辿り着いたときには15時はゆうに回ってた。
何なのか、その悠長ぶり!
そのくせ中に入ったら、1時間やら2時間やらのパビリオンの待ち時間にうんざりして、
人気のパビリオン後回しにしてたら、目玉は何も見れなかったー!
最後ギリギリに入る作戦だったのにー。
列が早めに締め切られ、作戦失敗。

というわけで、5月11日までという前々から宣伝してたわりに
非常に短い開催期間の姫路お菓子博ですが。
これから行く予定のある方へのアドバイスとしては。

下調べはしましょう。
早めに行きましょう。(せめて昼すぎ)
人気のパビリオンは先に並びましょう。

こんなモンかなー。

えーと、会場の写真なんて撮って無えから。
疲れたから。
夜のビールが激うまだったから。
姫路遠いから。

そんな昨日の疲労のせいで(?)
今日は携帯を携帯せず出かけてしまいました。
たまーにやってしまいます。

でも携帯依存症の類は全く患っていないため、
大して気になりませんでした。
そもそも患っていたら、忘れることはないだろう。

幸い待ち合わせとかがなかったから良かったけど、
そーゆーのがある時でも忘れた経験がある人です。
あれはさすがに焦りましたが。

でもね、こーやって携帯を忘れた日って大抵は、
携帯なくても生きていけるな!と思うし、
不便だけど開放感あっていいな!とも思うし。

果てには皆が当たり前のように持っている状態が逆に怖いな、
という発想に行き着く。
なーんか、取り憑かれたたように皆、携帯触ってるんだもん。
あの光景ってハタから見ると何か異常よね。

しかし、こんな日に限って。
何故か結構メールが入ってくるもんなのですね。
海外旅行から帰ってきた時より多くね?みたいな。
ビックリしました。
でもそれよりビックリしたのが。

マライアキャリーの新曲。
最近よく耳にするなーとは思ってたんだけど。
てっきり前作からのシングルカットなのかと。
(冷静に考えれば、何年越しやねん!って話なのだが。)
アレ、新曲やったんや・・・
ようやく認識しました。
前作のカラーと同じすぎて、よもや新譜だとは夢にも思いませんでした。
前のアルバムに入ってた気がする・・・そんな曲。
前のアルバムに入れときゃ良かったんでない?・・・そんな曲。
「Touch my body」
PVではムチムチした体でせくしーさをアピールしてんだけど、
なーんか似合わない・・・・すっげー違和感を感じる・・・・のは、私だけ?
いやいや、あれを見て物申したい奴は沢山いるはず。
そして、一緒に出演してるオタクのような気持ち悪い人が気になります。
むこうでは有名な人なのかな?

そうそう。
最近、TSUTAYAポイントが加算されてない疑惑が。
しっかりチェックしてないからなんともいえないけど。
あれ?前と同じ気が・・・!
と、ポイント表記を見て最近よく思う。怪しい。

では最後に。
今後、ここにじっくり書きたい話。(忘れないよう自分用メモ)

●マイブルーベリーナイツを観たという話
●ラフレアが太っ腹な話
●宇多田ヒカルのアルバムが素晴らしいという話
●リアーナへの個人的な評価が右肩上がりな話
●「ラスト・フレンズ」における上野樹里とエイタと錦戸亮を褒めちぎりたい話
●「デスペラートな妻たち」が面白すぎるんです!って話
●「君に届け」の風早くんが好きすぎる話
●チーム・バチスタの栄光をようやく読破した話
●ライムスターはやっぱりキングオブステージだぜ!って話

この辺は絶対、文章として早いうちに纏めたいんだけどなー。


カフェ会・総評

さて。
あれからちょうど1週間経ってしまいましたが。
カフェ会が無事終了いたしましたので、
簡単に感想も綴っておこうと思います。

とりあえず、記念すべき第一回目となったカフェ会を振り返ってみて。
単刀直入に述べると・・・大・成・功!でした。
1回目からこんなに完成度高くていいの!?てなくらい、完璧な会。

お天気にも恵まれ、ほぼ予定通りの店舗をまわれたし。
どの店も待たされることなくスムーズに巡れて、
全体的に予定時刻よりも30分ほど前倒しで行動できました。

実際のタイムテーブルは大体こんな感じ。
11:00~12:00 あげは
12:20~13:00 Greens Coffee Roaster
14:30~15:30 co-fuque cafe
16:30~17:30 TRITON CAFE
19:00~20:30 E.H.BANK
21:00~23:20 Atelier

いやー。
こーやって改めて並べてみると、すごいよねー
1日で6軒!
でも意外と「もうお腹いっぱいー!無ー理ー」
みたいなピンチには3人とも全く直面しませんでした。

開催前は、満腹でオーダーに支障をきたす状態を想定してたんだけど、
完全に杞憂。
むしろ「まだまだ食えるー!」みたいな。
自分の胃袋は思ってたよりやればできる子でした。やばす。

この日、全6軒まわってみて。
せっかくだし、ランクつけておこーよ!と言うことになり、
3人で選出してみました。
カフェ会メンバーが選んだ今回のベスト3!

★1位 
Atelier
栄えある第一位は全員迷い無くココを選択。
でも実は今回巡った6店舗中で唯一、最初の予定にはなかった店。
当日、最後だけ諸事情で急遽この店に変更になり、
そのピンチヒッター的な位置づけだったこのAtelierがダントツに1位を獲得。
この店がシメだったことも、今回のカフェ会の成功ぶりが顕著に表れてると思う。

★2位
あげは
記念すべきカフェ会、始まりの店。
ここも全員一致で第2位!ということで、
知らなかったとはいえ、最初からハイレベルな店をチョイスしたもんです。
私達って鼻が利くのかも?笑
質にこだわったメニュー、清々しい内装・・・
と、店全体が一貫していて好印象。
夜ご飯も是非、食べてみたーい。

★3位
Greens Coffee Roaster
co-fuque cafe
ここは意見が分かれましたが。
総合した結果、この2つが同率3位ということで。
個人的にはco-fuque cafeに一票かな。
Greens Coffee Roasterでは
お土産にドリップ式コーヒーを買って帰ったんだけど、
美味しいけど好みの味にはもう一歩!だったので、
今度はまた違う種類のを買いに行きたいです。

・・・というワケでランキングはこんな結果になりました。
勿論、また第二回も開催予定です。たのしみー!

ちなみにカフェ会は、一応、ブロガー3人衆の集いなので、
それぞれのブログでも感想・紹介等アップされてます。
いわば連動企画だね。
それぞれの目線を読み比べてみるのも面白いと思うよ。
とりあえず、写真ならnatsukiのを、品評ならmayumiのを推しておきます。
「自分が心地良い語感」
ただそれだけに重きを置くこのブログには、何も求めんな(笑)

Atelier

カフェ会、シメの店は・・・「Atelier」というお店。
国際会館側にあるマクド横の道を南にずーっと歩くとあります。

ポップな内装。オシャレなインテリア。
STIL0005.jpg

BGMも私好みのファンク・ソウルチューンがガンガン。
あまりにも私のツボを突く選曲にびびった。

そして・・・コレ!
STIL0003.jpg
カフェオレにトトロとムーミンのガールフレンド(フローレン?フロンティア??)が。

かーわーいー
こーゆう目でも楽しめるって気の利いたサービスは本当に嬉しいよね!
STIL0004.jpg
マルジョレーヌっていうケーキと一緒に頂きました。
バニラアイス付き!
ここでも嬉しいことしてくれます。

一応23時閉店なんだけど、お喋りに花が咲いてしまって、
気が付いたら23時半前!
全く追い出しモードがなかったのでちっとも気付きませんでした。
何て寛容な店!
店員さんもとっても感じよかったし、
帰りには可愛く包装されたキャンディーをそれぞれにくれました。

もーサービス満点!

この日、6軒のカフェを巡り巡ったわけですが、
メンバー全員が口を揃えて「1番良かった!」と太鼓判を押したカフェ。
オススメよーう。

お気に召すまま

今週初めてパソコン開きました。
ブロガーにあるまじき行為です。反省。
・・・・なーんて(笑)

とりあえずまぁ、
カフェ会のネタもほったらかしのまま。
ipodの充電もほったらかしのまま。
それでも一向にパソコンを立ち上げなかったのは。

花見行って。
ご飯して。
映画行って。
ご飯して。
テニス行って。
ご飯して。

週明けからあれやこれやしてまして。
気が付いたら金曜日だったという始末。

それでも一応、頭の隅っこに「ブログ更新」の文字はあったはず。
しっかり、はっきり、きっちり、あったはず。
・・・・たぶん、水曜日までは。

しかし、昨日は。
諸事情により、パソコンの存在はきれい・さっぱり私の頭から忘れさられ、
「ブログ」の「ブ」の字も念頭から消えてしまっていた次第です。

これはつまり、バチスタ手術の連続術中死が原因でして。
まぁ要するに、読書にどぶハマリしたということでして。
ついでに「ラスト・フレンズ」なんかもうっかりチェックしてしまいまして。
上野樹里の素敵すぎるボーイッシュさに惚れてしまったわけでして。

まぁそのへんのネタはまた追々するとして。
ひとまず。これ。
20080415.jpg
数日前に遡りますが。
免許更新行ってきたよー!
@神戸優良・高齢運転者 運転免許更新センター

神戸市営地下鉄の県庁前駅を下車。
西出口4番を出て目の前の横断歩道をわたり右に少し歩くと・・・
ありました!兵庫県警本部別館!ピカピカ!
そこの6階が更新センターになっています。

正直、かーなーりー空いておりました。
初めて明石で免許更新をしに行った際、
受付に並ぶ長蛇の列に軽く眩暈を覚えたもんですが。

あの建物の外まで延びてた鬼のような列が信じられないくらに、
すいすいすいーっと。
免許更新完了。
とにかく、窓口も視力検査も写真も何もかもが並び知らずでした。
講習もタイミングよく受けれて、本当に拍子抜けなくらいあっちゅうー間。
気に入りました。
今後も必ずやここで更新すべく、
「優良ドライバー」の肩書きは死守しようと固く誓いました。

つーわけで。
ゴールド免許だぜー!


E.H.BANK

カフェ会の夜ご飯の舞台は。
落ち着いた佇まいの建物が並ぶ旧居留地。

博物館を更に南へ歩くと辿り着く「E.H.BANK」
STIL0008.jpg
昔、銀行だった建物をカフェレストランに改装したこのお店。
入り口の回転扉は昔使われていたままのモノで、重厚的な木製の扉。
STIL0009.jpg
この他にも店内は高い天井や分厚い金庫の扉など、随所に昔の銀行の名残が。
フロアの雰囲気も実にクラシカル。
STIL0007.jpg
夜は尚更なのかもしれない。
何てダウンライトが様になる店内なのか!

何だかパブにも似た色調。
カナダで行ったレストランにも似てるし。
お手洗いもまるで海外旅行でのホテルを彷彿させる空間で。
とにかく洋風。
シックな洋風。

今度は一度、お昼に行ってみたい。
この雰囲気が、明るいとどんな感じなのかを見てみたいです。

STIL0006.jpg
きのこと生ハムのペペロンチーノとシャンディガフ。
我ながらナイスなチョイスでした。
ベスト・コンビネーション賞をあげたいくらいにマッチした組み合わせ。
しかも、実は生ハムって得意じゃないんだけど、
そんな私でも食べれる嫌な臭味のない生ハムで。美味しかったです。

でも、残念だったのがねー、オーダーしてから出てくるまですごいかかった!
もう5軒目の店で、めちゃくちゃ空腹だったワケじゃなかったから良かったようなものの、
普通にご飯行った時にあれだけ待たされたらちょっとカチンとくるかもしれない。
確かに客は多かったけど、ちょっと度を越えた遅さでした。

ただ、朝方5時まで営業!
というのは、一目置いてしまう要素ではあるよね。

TRITON CAFE

北野の有名カフェ「トリトンカフェ」
STIL0010.jpg

個人的に北野はあんまし詳しくないので、全く知らなかったんだけど。
実際に行ってみて発覚。
「何だココかー!店の前は昔から何度も通ってんじゃーん!」

ただし、夜中に限り、ですが。
そう。
神戸っこのお馴染み夜遊びスポット「象ビル」のお向かえでした。
先々週も来てたじゃん、あたし。

正直、もっと北にあるのかと。
この辺ならまだわかるや、北野。
でも新神戸の方になると全くわかんなーい。
しかし、明るい時間にこの辺りウロウロしたのは初めてでしたが、
結構カフェありますのねー。
今後はカフェ会でこの辺もどんどん発掘予定です。

さて。
話がズレましたが。

「トリトンカフェ」に入店し、オーダーしたのはコチラ。STIL0011.jpg
アイスカフェオレと、いちごのロールケーキ。
たまごボーロもおまけで付いてた♪

メンバーのひとりが予算の関係で食べれなかった
このロールケーキなのですが。

スポンジのもちもち感もさることながら、
特筆すべきは上に乗っかってたイチゴよ!
今季食ったイチゴの中でピカイチで旨かったー!感激でした。

店内はカフェスペースと併設して雑貨コーナーも。
人気の店なだけあって、タイミングによっては席があいてなかったりもあって。
かわるがわる客が入れ替わる中、席がない時に入店した
タイミングの悪いお客さんなんかは雑貨コーナーで時間潰したりしてました。
私達は運よくすんなり座れましたが。

ただ、カウンター席がフロアを囲う形で配置されてたんだけども。
ちょうど私達の席はそれらに囲まれた中央のテーブル席で、
しかもそのカウンター席との距離感もあまりなかったので、
落ち着き度がちょっと低かった。

あれがソファ席だったらまた違ったのかもしれないけど。
そういや人気店の割にソファ席が少なかったなぁ。
ソファ席に座れてたら印象は違ったかもしんないけど。
そのへんの運はなかったようで・・・まぁしょーがないねー。


co-fuque cafe

コフクカフェ。
STIL0012.jpg
コフク。
漢字にすると「小福」。

みなと元町駅を南へ。
海岸通に位置するこのコフクカフェは、
今回のカフェ会でまわった中で一番小さなカフェでした。
ゆえに最初は席がなかったんだけど、
テーブル席に座っていた1人客の女性が
カウンター席に移ってくれて座ることができました。感謝。

小さな空間で小さな幸せを提供してくれる、ほっこりカフェ。
STIL0015.jpg
田舎の家に遊びに行った時のような、何とも言えない独特の空気感。
ザ・和み。
STIL0014.jpg
アートスペースの壁には可愛いらしいイラストたちが展示中でした。

更に、店内には沢山の本が。
アフリカにエジプト、イタリアといった海外に関する本から塩屋の本まで。
カフェ本からメガネの本、マンガも置いてありました。
ひとりでのんびりするのにはもってこいかもしれません。

STIL0013.jpg
焼き菓子セットとイチゴミルクのジュースを頂きました。
手作り感たっぷりのスイーツに、昭和臭を感じる食器に。
憩いを感じるカフェでした。
のどかな時間を過ごしたい人には是非おすすめ。

Greens Coffee Roaster

かつて、私の友人のコーヒー通がいいました。
「元町の高架下にすごい美味しいコーヒーの店があるよ!」と。

その店では2階がイートインコーナーになっていて。
1階では豆の販売をしていて、いつもその友人は
自宅用の豆をココで買っているとのこと。

その話をきいた時、即座に
「ええー!行きたいー!何て店??」と聞いてはみたんだが。

「名前は知らん。とりあえず元町の高架や。」とだけの情報で。

それから1年程。
ずーっとそのままうやむやなままになってたんだけど。

ようやく辿り着くことができました。

その店の名は「Greens Coffee Roaster」
元町高架下の2番街にありました。
STIL0016.jpg

モトコーにあるという概要から勝手に
薄暗くて汚くて古臭い店なんじゃ・・・と思ってたんだけど。(ちょー失礼)

実際に来店してみたら、こじんまりとはしていたけど全くそんなことなかったです。
STIL0020.jpg
至ってシンプルな造り。
STIL0019.jpg
なかなかレトロキュートでしっかり・ずっしりの椅子。座り心地良し。
STIL0017.jpg
クッキー付けてくれました。わーい!
STIL0018.jpg

ただ残念だったのがノーBGMってとこでしょうか・・・。
ちょっと洒落たジャズなんぞかかっていたら言うことなしでした。
無音の空間が苦手な私にとって、友人と来るのは問題ないけど、
ひとりで滞在するのはちょっと辛いかもしんないなぁ。

でもカフェ会メンバーの話によると、
コーヒーを飲めなかった人がここのコーヒーを飲んで以来、
飲めるようになったって噂があるらしーので、
コーヒー好きな人は勿論、
コーヒーが苦手な人も
一度は行っておいて損のない店だと思います。


あげは

記念すべき第一回「カフェ会」の
記念すべき第一店舗目となったのが。

高架沿いからトアロードを北側にずっと上って右手、
NHKより少し手前にある、
お気軽健康カフェ「あげは」
STIL0021.jpg
あげは蝶型の取っ手が印象的なガラスの扉を開けると
奥へ奥へと続く店内。

カフェ会メンバー全員が「思ってたより広ーい!」
と、口を揃えて唸りました。

白で統一された空間が余計にそう感じさせたのかもしれません。
そして店内に飛び回る飾りのあげは蝶。
ナチュラルな店内において、スパイス的な役割を果たすインテリアでした。
STIL0023.jpg

まるで温室のような造りをした
店内一番奥のエリアに座った私達。
ふわりと差し込む日差しがとてもみずみずしかったです。
気持ちいー

あげはのオープンが11時で、私達が入店したのが11時過ぎ。
にも関わらず、既にお客さんがいました。
1番乗りかと思ってたのにー!
その後、12時になるまでの間に何組ものお客さんが。
カップルに女の子2人組に老夫婦に家族連れにキャリアウーマン的な1人客・・・
と、実に様々な客層にも驚いたけど、
こんな昼前からランチに繰り出す人たちが沢山いることにも驚いた。
皆さん早起きー

しかも、三宮の中心からはやや外れたこのエリアに来るということは、
確実にフラリ来店ではなく、ターゲットをココに絞っての来店だろう。
人気なんだなー、あげは。

さて。
肝心のメニュー。
STIL0022.jpg
日替わりランチをオーダー。
メインのおかずは「豚肉とささがきゴボウのみそ煮」

箸入れは勿論、ナプキンにまで「あげは」の文字。
細部にまでこだわってます。&お金かかってます。
・・・それはともかく(笑)
ここは「お気軽健康カフェ」というだけあって、
活性水や新鮮な野菜など、
そのへんのこだわりがとても嬉しいカフェ。

中でも感激だったのがお米!
玄米か十穀米か選べちゃうのよー。
白米よりもヘルシー。
ちなみに迷ったけど私は玄米を選びました。

「外食したいけど、健康的なのがいーの!」
てな我儘をバッチリ叶えてくれるカフェです。

カフェ会前夜

明日は待ちに待った一大イベント、カフェ会です。
神戸のカフェめぐりツアー。
記念すべき第一回目となります。

最近のブログ更新の怠けっぷりは
この計画が遂行していたからなのです。
その分、日曜は怒涛のアップ予定ですので。勿論カフェネタね。

このカフェ会は、かねてから
「カフェめぐりしたーい!」と言っていた
私の考えに賛同してくれたnatsuki&mayumiと共に3月末に発足。

それから日々、カフェ好き3人衆が
行きたいカフェをピックアップし、
じっくりルートを検討し、カフェ会ノートも誕生。
簡易ではあるが、しおりまで制作したぜー!

実はこの2人の他にも仲よしのメンバーは全部で9人いて。
それを俗に「チーム★こども」と呼ぶのだが。

9人も集まればタイプもそれぞれで。
遊び企画を提案したり、集合かけたり、店予約したり・・・と、
行動派なメンバ-もいる一方、
完全に受身に徹する者もいるし、ドタキャンの常連なんかもいたりする。
(とはいえ、全員が仕切り気質だとぶつかるし、
全員が人任せだと何の企画も挙がらないので、
そのへんの均衡はうまい具合にバランス取れたメンバーなんだけどね。)

そんな多様な人材が集結する「チーム★こども」の中でも
集まりゴトに熱い3人が揃ったカフェ会。

9人の時からは考えられないくらいのスムーズな計画進行に、
正直、会長は感動しました。
あ、ちなみに会長はあたしね。

全員が協力的だと、集まりゴトってこうも違うのか!
人数が少ないからってだけでは片付けられないくらい、
見事なトントン拍子でした。気持ちいい。

3人ともが全てを任せっきりにすることなく、
意欲的に計画に臨んでくれたからでしょう。
あと、3人ともブログをやってることからもわかる通り
発案・発信好きってのも大きかったかなー。

ともかく。
手筈は完璧。
あとは明日を迎えるのみ!

ちゃんと決行できますよーに。
誰も風邪ひきませんよーに。

果たして予定通りのルートをまわることができるのか!?
目標軒数を無事クリアすることができるのか!?

まぁ恐らく何かしらハプニングはあるでしょう。

そして。

間違えなく思い出に残る1日となるでしょう。

あー楽しみすぎる!


マジックソープ

スーパーモデルたちの口コミにより全米で大ブレイク。
今をときめくDr.ブロナー社のマジックソープ。

こーゆー美容系の我が師匠・母が、
長きに渡って水面下でこれに関する口コミを
パソコン開くたびにこそこそリサーチしていたようで。
いよいよ「買う!」と判断を下したようで。(何が決め手になったのかは知らん)

先週末、マジックソープを買うべく、
美容品ショップに引っ張ってかれましたー


何とこれ1つで洗顔料、ボディソープ、クレンジングと、
3つの役割を果たしてしまうという、まさに魔法の石鹸!
全身洗えるー

原料は100%オーガニックオイルの天然ソープ。
だから、洗浄力は強いのに肌にはマイルドだそうで、
毛穴の黒ずみを溶かすのに突っ張らず、
さっぱりしているのにスベスベ美肌に洗い上げます、とのこと。

さらに噂によると、洗濯や食器洗いにまで使えるんだって・・・
イッツ・マジック!

顔からお皿まで・・・
どんだけ手広いんじゃー

リキッドタイプが大々的に取り上げられてるけど、
小さいのでも千円越えちゃうし、試すには高ーい。

そんな考えから、
ママンの狙いはハナから固形タイプ(¥800ちょい)だったようで。
magicsoaps.jpg
ありましたー
買いましたー


アーモンド、ベビーマイルド、ユーカリ、
ペパーミント、ティー・ツリー、レモン、ローズと、
香りはアロマな感じの種類が豊富に揃ってました。
母の意向でローズを購入。


・・・・・「んで、買ってみてどうなのよ?」って?
んー
何かねー

洗面所がローズ臭い。


アニキ

金本が記録まであと1本なようですねー
うーわー
火曜日の甲子園行きたすぎー!
十中八九観れるではないの!
巨人戦で出ても盛り上がったろーけど、
やっぱホームの甲子園で放った方がドラマティックよね。
しかも甲南チケットに売ってたとか何とかという情報をキャッチ。
いーきーたーいー

しかし今日の阪神は、巨人に滅多打ちされてたようねー。
むしろそんな負け試合で記録出なくて良かったかも、金本。
せっかくの事なんだし、やはり勝ち試合で!

滅多打ちと言えば、今日は阪神巨人以上に
広島の結果にビックリした。17点ってね(笑)

デーゲーム

晴れ晴れとした日差しの下。
今日はスカイマークスタジアムに
オリックスvs日ハム戦を観て来ましたー。

1年ぶりのデーゲーム観戦。
コート着ていこうかどうか悩んだのが
とんでもないくらいに暖かかったです。
完全に上着いらずでした。

本日は神戸市民は自由席が¥500だったらしく、
元々はそれ狙いだったんだけど、
チケット手配でお馴染みのムトピアさんが
予定していた観戦メンバーに欠員が発生し
1階指定席のチケットが2枚余ったとのことで
natsukiと共に見事に観戦メンバー入りを果たし、
まんまとベンチ上の席で観戦できました。
ラッキー。
DSC00088.jpg
最近もっぱら2階席からの景色に慣れてしまっていたので、新鮮な距離感。
ライブシート万歳。

いつもは気にも留めない試合開始直後のサインボール投げ入れも
この席では他人事じゃなかったです。
びゅんびゅん飛んできて、
その内の1個が手にしてたたこやきにぶつかったよ。
たこやきがグローブだったらば・・・と思わずにはいられません。
そして、観戦メンバーの1人だったお兄さんが
ちゃっかり大引選手のサインボールを素手でゲットしていました。

今日は日ハムのマスコットBBも来ていて、
ネッピー&リプシーと共にボールパークを盛り上げていました。
DSC00087.jpg
5回。ネッピーvsBBのロデオレース。
可愛い・可愛い。
DSC00086.jpg
7回。ネプリプのダンス。
可愛い・可愛い。

・・・・・なーんか、球団マスコットおたくみたいなのでこの辺でやめとこう(笑)

悪い試合ではなかったけど、
残念ながらオリックスが負けてしまいました。
9回表に取られた1点が余計。
あれがなかったら或いは・・・!
と思える9回裏だっただけに、悔しいなぁ・・・あの1点!


そんな思いを胸に。
夜ご飯まで時間があったから、
natsuki&ムトピアさんと総合運動公園散策。
長い階段上ったり。
長い滑り台滑ったり。
そして行き着いたこの景観。
DSC00084.jpg
やばーい。桜きれーえ。

今日は絶対、花見日和やねー。
今日お花見した人は勝ち組やねー。

こうゆう桜がちょー満開の中、
晴天でポカポカ陽気の下お花見って久しくしてない気がする・・・。
大概、夜桜やしな。
明日は雨のようなので、今年も勝ち組花見は縁なさげ。
来年こそは実現したいわん。


HEROES/ヒーローズ

いやー参った。参った。
はまりました!
今日、完全にはまりました!
海外ドラマ「HEROES」

遅いというなかれ。
2話くらいまでは少し前に見てたのよ。
でもその時は今ひとつはまれなくてねー

とりあえず、登場人物が多すぎ!
インド人と画家が同一人物ではない
という事実に気付くまでえらい時間かかったー
そもそもその誤解のせいで一時、意味不明になったんだよ。
でも、12話まで見進めた今、そんな馬鹿な勘違いは致しません。

つーか、今気付いたけど、今日一日で10話みたんだー
あははー。

しかし、HEROESの存在を知ってから、
この状態(ズブはまり)に持ってくまで
すげー時間はかかりました。

そもそも最初の第1話を見る段階の時も
なかなか触手が伸びなくて。

何せ、惹かれる要素がイマイチなかったんだよねー

いくら全米大ヒットと言われようが、
「超能力者たちが世界を救う!」
なんてドラマ。今ひとつピンとこない。

24やLOSTやプリズンブレイクは
概要聞いただけで、「見たーい!」って思ったもんだけど。
(プリズンブレイクは未だ見てないけど)
HEROESにはその「見たーい!」って気持ちが
概要知っただけじゃ湧き起こってこなかった。
だって超能力者って!
24やLOSTやプリズンブレイク以上に
現実離れしすぎてて、とても見たいとは思えない。
だって、子供だましじゃん!

日本的には日本人が主要キャストにいるから、
取り上げてるんじゃないのー!?
と、全米ではイチローばりに知名度があるという
マシオカの存在で輸入されてきたドラマだと思ってました。
かたじけない。

いやいや。面白いよ。
全米ナンバー1視聴率ドラマってのは伊達じゃなかった。

単純に「超人(ヒーロー)たちが活躍するドラマ」と聞いて
想起させられる内容は完全に裏切られます。

基本的にはSFドラマだけども、
サスペンス色も強くて、スリル満点。

悪者かと思ってたらそうでもないようだったり。
イイ人かと思いきやそうではなかったり。
ただの脇役かと思いきや、立派な超人だったり。

手に汗握る展開の連続に
ああーもーこの先一体どーなるのー!?
という、心の叫びを持ってどんどん見進め、
あ、あと1話だけ!
と、いうのを何回か繰り返してたら、
いつの間にか夜11時になってました。

恐ろしいよね。
海外ドラマチャンネルの一挙放送企画って。
ひとまず録画してる分は全部制覇しちゃったよ。
しかも近日中にこの続きがまた一挙放送されるそう。
多分間違えなく録画して再び
今日のような廃人デイを送ることになるだろう。

洋楽オンラインvol2

最近気になってるアーティストや作品、
待ち遠しい新譜等の洋楽ネタを
独断と偏見いっぱいで紹介する自己満足トピックス第2弾。
今回は前回よりもちょいマイナーめ?でいきやす。

●Frou Frou

マドンナやビョーク、新しいとこではもーすぐ出る
アラニスモリセットの新作(たのしみー♪)なんぞも手がけている
プロデューサー、ガイ・シグスワースと、
昨年のグラミー賞新人賞で個人的にはすごく応援してたんだけど、
惜しくも受賞は逃したイモージェン・ヒープのユニット。

何て読むんだろー!?と思っていたら、「フルフル」だそうで、
frou frouとは、シルクのスカートが立てる、シャッシャッという音、とのこと。
へー

Frou Frou
制作に約1年かけられたというアルバム
「ディテイルズ」は2002年にリリース済。
今のところこのデビューアルバム1枚きりっぽい。
最近になるまで全然知らなかったやー
欲しー


●Remi Nicole
remi.jpg
↑この格好&表情がちょーかわいい。
アコギにスクラッチ音を織り交ぜたシングル
「Rock 'n' Roll 」のキュート感のまんま。

ロンドン出身の女性シンガーソングライター
レミ・ニコールちゃん。
彼女がギターを手にしたのは何と18歳!
それでも運と才能でその5年後にはUKで話題のアーティストに。

一言で表すならば「奔放」。
そんな言葉がしっくりくる彼女は、
オアシスを敬愛し、長年ロックを愛し続けてきたとのことで。

しかし、「歌を歌っている」と自己紹介をすると
黒い肌の女性=R&Bと言う先入観から
度々R&Bアーティストと間違われてきたレミちゃんですが、
「何故R&Bを歌わないの?」との問いにはきっぱりと
「私にリズムやブルース(悲しみ)が無いからよ!私は幸せだもん!!」
とアンサー。
ふむ。
ロックを感じます。

デビューアルバム「My Conscience & I」は
未だ輸入盤しか店頭に並んでおりませーん。
早く国内盤をー!
購入にはそれ待ちゆえ至っておりません。


●Room Eleven
洋楽における紅一点ボーカルのバンドって
基本的に好きなんだけど、彼らも例に漏れず。
前作ってついこの間の気がしますが、既に新作が登場。
ボッサとかジャスとかいわゆるおされ音楽のテイストを
ふんだんに取り入れた雰囲気ある音楽が心地いいです。
room11.jpg
前作のこのジャケットがちょー好きで。
アングル!
文字デザイン!
ヘアスタイル!
カップ!
ネイル!
すべてのバランスが素晴らしく、
でもパっと見はナチュラルなところが、
更に技を感じる1枚だったんだけど。

roomeleven.jpg

今作もセンスは決して悪くない。むしろ良い。
壁の色!
床の色!
黒猫!
赤ワンピース!
なんてかわいーんだー!
でもね。肝心のボーカルちゃんが・・・
ふ、老けてる気がする・・・
たまたまこの写真の写りが悪かったことを願ふ。

テニース!

4月。
少しずつ暖かくなってきて。
桜も咲き始め。
自然と心がほっこりすると共に、
何か始めたくてウズウズするこの季節。

そんなわけで。
テニス、始めました。
いや正確に言うと、「再開しました」ってのが正しいか。
以前通っていたテニススクールに復帰しました。
実に4ヶ月ぶり!
今朝、ラケットがなくて焦りました。
何故か車のトランクに積まれていました。

ナイターは最初少し寒かったけど、
始まって体を動かすと、ちょーど良かった。
なまりまくってた体に渇いれてきました。

思ってたよりサーブもボレーも酷くなってなくて良かった!
むしろサーブなんて調子良すぎた。
「2球連続でサーブ入った人から終了ー!」
って言われて、即行イチ抜けできたくらいに。

驚いたのが、人数の多さ。
曜日が違うとは言え、
ちょうど1年前はナイタークラスは2人だったのに
今日は私入れて6人もいた。
賑やかで楽しかったです。

秋頃から入ってきた同じ年の女の子2人組とも久々に再会。
彼女達は私がサボッてる間もずっと続けてたんだけど、
さすが、うまくなってたぜー
コントロールが以前とは比べ物にならないくらいに良くなってて、
正直びっくりしました。
継続は力なり、って言葉を痛感。

私もこれから暫くは、
夜空の下のテニスを継続して楽しむ予定です。


4月1日

ちびまるこちゃんから、ののちゃんへ。
正平調から、天声人語へ。
サンテレビは下のエリアへ。

4月1日。
名称が変わったり、体制が変わったり。
世間では何かと慌ただしい年度初め。

我が家では、新聞が神戸から朝日に切り替わりました。

昔から、母の主婦技で何年かに1度、
この新聞社の切り替えとやらがやってくるのですが。
今回は何年ぶりだろう?
何回経験しても慣れません。
見にくいー
特にテレビ欄ね!

これから1年間は、朝日新聞とのお付き合い。
どうやら今回は1年契約らしく、
1年後には再び神戸が待ってるらしーので、
ちびまるこちゃんと正平調とは暫しのお別れ。寂しいわ。
そして、どーも斜に構えてみてしまうので、
朝日が取り扱う左が顕著に出るネタは敏感になってしまいそう・・・
つっても、私が目を通すのなんて一面くらいですけど。

4月1日。
ガソリン代は値下がりまくって、
カーステレオからは新DJのトーク。
流れゆく景色のように変化してく世の中を感じた年度初め。

本日予定されていたすっごく楽しみだった花見が延期になり。
来週予定されているすっごく楽しみじゃない花見も延期になり。

お花見の予定変更のメールが
目まぐるしく飛び交いまくった1日でした。
日本人は桜好きやねー。

結果、共に来週・再来週にとりあえず延期。

まだ満開じゃないから別にいいけど、
気がついたらすぐ散ってるからなー
油断なりません。
何て儚い花なんだ!
そこがまた、美しさに加え日本人の心をくすぐるのかも?


それはそうと。
4月1日。
日曜からの風邪が依然、絶好調です。
今晩こそは早く寝ます!

・・・なーんて。

4月1日。
エイプリールフールです。
いや、風邪は本当だよ。


03 | 2008/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: