FC2ブログ

洋楽オンラインvol2

最近気になってるアーティストや作品、
待ち遠しい新譜等の洋楽ネタを
独断と偏見いっぱいで紹介する自己満足トピックス第2弾。
今回は前回よりもちょいマイナーめ?でいきやす。

●Frou Frou

マドンナやビョーク、新しいとこではもーすぐ出る
アラニスモリセットの新作(たのしみー♪)なんぞも手がけている
プロデューサー、ガイ・シグスワースと、
昨年のグラミー賞新人賞で個人的にはすごく応援してたんだけど、
惜しくも受賞は逃したイモージェン・ヒープのユニット。

何て読むんだろー!?と思っていたら、「フルフル」だそうで、
frou frouとは、シルクのスカートが立てる、シャッシャッという音、とのこと。
へー

Frou Frou
制作に約1年かけられたというアルバム
「ディテイルズ」は2002年にリリース済。
今のところこのデビューアルバム1枚きりっぽい。
最近になるまで全然知らなかったやー
欲しー


●Remi Nicole
remi.jpg
↑この格好&表情がちょーかわいい。
アコギにスクラッチ音を織り交ぜたシングル
「Rock 'n' Roll 」のキュート感のまんま。

ロンドン出身の女性シンガーソングライター
レミ・ニコールちゃん。
彼女がギターを手にしたのは何と18歳!
それでも運と才能でその5年後にはUKで話題のアーティストに。

一言で表すならば「奔放」。
そんな言葉がしっくりくる彼女は、
オアシスを敬愛し、長年ロックを愛し続けてきたとのことで。

しかし、「歌を歌っている」と自己紹介をすると
黒い肌の女性=R&Bと言う先入観から
度々R&Bアーティストと間違われてきたレミちゃんですが、
「何故R&Bを歌わないの?」との問いにはきっぱりと
「私にリズムやブルース(悲しみ)が無いからよ!私は幸せだもん!!」
とアンサー。
ふむ。
ロックを感じます。

デビューアルバム「My Conscience & I」は
未だ輸入盤しか店頭に並んでおりませーん。
早く国内盤をー!
購入にはそれ待ちゆえ至っておりません。


●Room Eleven
洋楽における紅一点ボーカルのバンドって
基本的に好きなんだけど、彼らも例に漏れず。
前作ってついこの間の気がしますが、既に新作が登場。
ボッサとかジャスとかいわゆるおされ音楽のテイストを
ふんだんに取り入れた雰囲気ある音楽が心地いいです。
room11.jpg
前作のこのジャケットがちょー好きで。
アングル!
文字デザイン!
ヘアスタイル!
カップ!
ネイル!
すべてのバランスが素晴らしく、
でもパっと見はナチュラルなところが、
更に技を感じる1枚だったんだけど。

roomeleven.jpg

今作もセンスは決して悪くない。むしろ良い。
壁の色!
床の色!
黒猫!
赤ワンピース!
なんてかわいーんだー!
でもね。肝心のボーカルちゃんが・・・
ふ、老けてる気がする・・・
たまたまこの写真の写りが悪かったことを願ふ。

03 | 2008/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: