FC2ブログ

東京ブラリ旅~下町編③~

DSC01304_convert_20080623230140.jpg
花やしきの近くにはこんなのもありました。
いいね~

DSC00152.jpg
花やしきの後はココ!浅草寺!雷門!

「そーせんじ」と、何故かよく言い間違ってしまう浅草寺。
一度誤って覚えるとなかなか脱せないね。
なので、私が「そーせんじ」って言ったら
暗黙の了解で浅草寺だと思ってください・・・。

浅草の後は、肌に突き刺さるような西日を受けながら上野へバック。
宿にチェックインし、朝からの疲れが一気に身を襲う・・・!
このまま眠りに落ちそうな状態をグっとこらえ、向かったは秋葉原。

ここでは、我らがミラクルガールyuxyのお兄ちゃんとのご飯会。
興味津々だったアキバを軽く案内してもらって、飲み屋さんへ。

金曜ということで歩行者天国は観れず、
「土日に来ればよかったねー」なーんて言っていた愚かな私たち。
まさかその2日後、この場所が惨劇の舞台になろうとは夢にも思いませんでした。

事件当日に秋葉原に行く可能性もゼロではなかったことを思うと、
何事もなく帰ってこれたのは決して当たり前なことではない。
とても幸運なこと。そう、痛感しました。


さて。
話は逸れましたが。
私は初対面だったyuxy'sブラザー。

すっごく・すっごく親切で、人見知りな私でも構えることなく話せる、
和やかでやさしい空気を持ったお兄ちゃんでした。
yuxyは幸せ者やね、あんなお兄ちゃんがいて!すっごく妹想い!

よく「お兄ちゃんがいそう!」と言われる私ですが、
実は姉妹間はおろか、親戚の中でも一番のお姉ちゃんで、
父方母方どちらの祖父母にとっても初孫という
兄・姉の類に縁のない特殊な環境で育ったので本当に羨ましかったです。

特に歳を重ねれば重ねるほど、兄という存在への憧れが募ってるしね。
昔は断然、お姉ちゃんが欲しかったけどー。

繋がりの要である肝心のyuxyを欠いての集いってのが変な感じしたけど、
逆にそれが本人の噂を気兼ねなくできて楽しかったり。

兄の目線で語るyuxy。
友達の目線で語るyuxy。
同じ人物なのに、別の人のようでした。

05 | 2008/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: