進化雀

某ラジオ局のサテライトスタジオ近くのベンチで放送聴きつつお弁当を食うのが、
最近の定番ランチコースなのですが。

雀がやってくるのね。

いつもってわけではないのだが、1~3羽くらいがたまに飛んでくる。
何故かベンチに人が混み合ってないときを見計らって飛んでくる。
そう、あたし一人の時に。

これは、完全に、狙われてる。

そう感づいたのが数週間前。
それから幾度か遭遇し、本日、とある事実を確信いたしました。

あいつら、絶対、進化してる。

雀といえば。
ちゅんちゅんちゅんちゅんブリっこしながら近づいてきて、
可愛さアピールで餌を与えてもらう作戦を実行しながらも、
人間との一定の距離感は必ず保ち、危険は絶対におかさないという、
ずる賢さ&ビビリにかけてはピカ一!みたいな鳥で。(個人的主観です)
まぁ言うまでもなく、大嫌いなのですが。
(つーか、雀かわいいとか言う奴の気がしれん。)

雀の代名詞ともいえる、ビビリの部分が薄れて、
更にタチの悪い鳥になっているのではないかと思う。

こっちがちょっと大きな動作をすれば途端に
素早く逃げ去っていくとゆう習性だったはずなのに。

逃げるどころか、むしろ人が座っているベンチに堂々と上り、
あたしに触れるか触れないかくらいの距離感まで攻め寄ってきたんだよ、今日。

あれはあたしに弁当の中身をわけ与えてもらおうという姿勢ではなく、
完全に弁当の中身への特攻体制だったとみた。なんつー度胸。

そもそも、ちゅんちゅんちゅんちゅん近づいてくる間合いも、
なーんか近すぎない?って気はしてたんだよ、最近。
大阪という土地柄ゆえ、雀も厚かましいのか?!とも思ってたんだが。

その距離感にも頑なに素ムシを通してたら。
まさかのダイブスタンバイ。びびる・びびる。こっちがびびる。

きっと雀サイドも、案外ビビリなのは自分らだけじゃないことに
気がついたのかもしれません。いや、まさにその通りなんだけど。

いつか徒党を組んで弁当めがけて集団で特攻されたらどうしよう。絶対、泣く。
この前、ちゅんちゅんちゅんちゅん言って、仲間呼ばれたしなー。恐ろしい。

雀のコミュニケーション能力がこれ以上、進化しないことを祈るばかりです。

#5 Put Your Records On/Corinne Bailey Rae

「こーゆー心地いいメロディを純粋に楽しめる、
のどかな休日まであと何日なんだろう・・・」
と、この曲のボサノヴァ調カヴァーを聴きながら、
ぼーっと思い巡らせてた今日はたぶん、6連勤目。

明日は遅出。明後日は早出。
どうやら世間では、GWなんだってサ。しね。

Put Your Records On/Corinne Bailey Rae

そうそう、だからさー
こんな風にさー
暖かい日差しの下さー
軽装でさー
自転車乗ってさー
爽快な風を感じたいわけよ、あたしは。

なのに寒いし、自転車ないし。
お話になりません。

Comfort Space

神戸は板宿にある「cafe+cycle shop Comfort□

自転車屋さん&カフェという、珍しいスタイルのとってもオシャレなお店。
正直、まさか板宿に!と思ったお店です。

板宿商店街を抜けて、ダイエー前の道を右に少し行くと。
2009041714430000.jpg
ちょうど学校がある手前の角に、目印のこの看板が。

そして左に入る筋へと曲がると・・・・
2009041714420000.jpg
自転車&店先の看板が。
写真でもほのかにわかりますが、向いが学校です。
この方向から行くと、手前が自転車屋さんスペースで、奥にまわるとカフェの入口があります。

自転車屋さんが併設されているということで、この通り。
2009041714060000.jpg
カフェスペースにもバイシクルー!
そして、専門誌らしいのも置いてありました。
きっと自転車好きには堪らないと思います。
あたしが行った時も、そんな風貌のおっちゃんがいた。(グローブとかはめてた)

2009041714350000.jpg
カフェの入口から入ると、こーゆーアングル。
奥がバイシクル・スペース。

でも、自転車屋さん併設とはいえ、決して何ちゃってカフェなんかでなく。
メニューも豊富でしっかりカフェ!

パスタランチ2種類。\800
プレートランチ。\1000
ロコモコランチ。\900
ハヤシライスランチ。\900
が、ランチメニュー。
こんだけ選択肢あれば十分、合格よね。
もっと選択肢の少ないカフェなんて、三宮とかザラにあるぜー。

この中からあたしが選んだのは。
2009041714200000.jpg
ロコモコランチー!
スープとサラダつき。

メニューが嬉しい写真付きで。
その写真でロコモコの中に赤い物体が確認できたので、きいてみるとやはりトマトで。
お願いしたら、快く変えれますよとおっしゃってくれたので、ロコモコに決定。
ブロッコリーに変えてくれてたー♪

スイーツの種類も豊富そうだったので、
またゆったりできる休日にでも行こうと思います。
絶対に穴場カフェと確信したよ。何てったって徒歩圏内だし。

ちなみに自転車屋さんとしても、マイ自転車にこだわる
神戸の自転車好きたちから絶大な支持を得る、有名なお店みたいです。

#4 The Block Party/Lisa ''Left Eye'' Lopez

一日遅れたけど・・・

追悼!
リサ・レフトアイ・ロペス。

The Block Party/Lisa ''Left Eye'' Lopez

このPVのオープニング、可愛いすぎるよね。
ソロアルバム「SUPERNOVA」からのシングルです。

ちなみにこのアルバムタイトル。
誰かさんの諸々のメルアドに関係あるとかないとか・・・。

今は邦楽だな

洋楽の新譜情報が絶好につまんない今日この頃。

ひとたび邦楽情報に目を移してみると。
よっぽど邦楽のがあたしの興味を引くネタをお持ちよね。

まずはリンドバーグ。
再結成につき、これは私、ライブ行く気まんまんまんだったのですが。
渋谷。そして、渋谷。みたいな日程でがくーんとうな垂れたものです、ええ。
つーか、キョードー大阪のサイトに載るっておかしくね!?みたいな。
東京公演を何故、載せる!?みたいな。
でも一応、今年いっぱいなので、
何とか関西(できれば神戸)にも来てくれることを願ふ。

次にカエラちゃーん。

何と!カエラがプーペガールに登場!
ああ、またプーペの誘惑が・・・。そんなことしてる暇ないけど。
そんなカエラは新曲に伴い、ニューアルバムの発売が決定したそうで。
彼女の場合、パッケージからして期待させてくれるので、今から楽しみ!
最新シングルのジャケ、かなり可愛いしな。
何かコンスタントにリリースしてるよなぁ。元気があってよろしいね。

続いてYUIちゃんが活動再開ということで。
思ってたよか随分早かったけど、十分リフレッシュできたのか?
でもまたあの可愛い歌声を聴かせてくれるのは嬉しい限りですが。
音がまた変にロックな風にならないことだけを祈る。
可愛い声で可愛いポップス歌って!
YUIに求めるのはそれだけです。

で、今回の注目度ナンバー1はこちら。

椎名林檎ー
ソロ名義アルバムー
その名も「三文ゴシップ」
5月リリースのシングル「ありあまる富」は収録されないという、
何とも罪作りなアルバムだそうで。
でもアルバムリリース以上に、ライブツアーするのかどうかが気になる。
是非とも一度は観てみたい、林檎ちゃんのステージパフォーマンス。

テレビへのひとりごと。

世間を驚かせた草なぎクンの一連の事件ですが。
事件の翌日(昨日かな?)特ダネの小倉さんがゆった発言にあたしは激しく同意しました。
鳩山さんがえらい怒りを爆発させてかなり厳しい発言をされておりましたが、
そのVTRの後、「以前、官僚が酔っ払いの会見が問題になったことがあったけども、
あの時、これほどまでに怒りを露わにした政治家が一人でもいたかね~」と。

「確かに!!!」
食パンをかじりながら。
ひとり大きく唸りました。

そして、時は一週間前。

毎週録画するくらい楽しみにしていたスリーシアターが残念ながらのゴールデン。
加えて、残念な番組タイトル。
案の定、余計なコーナーが増え、レギュラー外も幅広く出演し、
面白さがぐっと落ちた印象でしたが。
もはや、それは想定内というか。
まぁゴールデンだし、致し方ないというか。
それなりに覚悟は決めてたから、そんなにショックではなかったんだが。

問題はオープニング。
スリーシアターの、バラエティなのにやけにスタイリッシュな
オープニングクレジットが密かに気に入っていたのに。
黒×白の中に赤を利かし、ロゴもスマートで。
そして何よりも曲が!ジョージベイカーのLittle Green Bagがー!
ちょーかっこよかったのにー!

映像は以前よりチープになって、
曲はブラックアイドピーズのPump Itに変わってました。

「まーじーでー」
野菜炒め食いながら。
ひとり激しく嘆きました。

あ、でもよく考えたら、これって曲はタランティーノ繋がりなのな!
(まぁpump itは元ネタがだけど)
今、気づきました。


数日前。
先週、母が「ビデオに録画して繰り返しでずっと観たい」と、
きっぱり言い放ったことであたしを大爆笑させた、
細マッチョのCM(あれ、何のドリンクのCMだっけ?笑)。
母の目当ては言うまでもなく松田翔太で。
つーか、あのCMの中村獅童は母の視界には入らないらしい(笑)
それを聞いて更に爆笑。

その後改めてあのCMを見て。
いや、正確に言うと、あのCMの松田翔太を見て。

「確かに・・・」
ブロッコリーを食いながら。
ひとりポツリと呟きました。

数か月前まで断然お兄ちゃん派だったあたしなのですが、
前クールで放送されてた「ラブシャッフル」を1話も逃すことなく
見ることにより、すっかり弟も好きになっていました。
もともと「ラブシャッフル」を見たのが、遅ればせながらののだめブームにより
玉木くんの好感度が上がったのがキッカケだったんだけど。
いやー、移り気やな、あたし(笑)

でもなー
松田翔太に関しては映画「陽気なギャングが世界を廻す」で
一度ちゃんと演技見てたのに、あの時は全くいいと思わなかったのに。
(いや、むしろ、よくも久遠のイメージを・・・!と怒りを覚えたクチ)
まぁそれをゆうなら「ウォーターボーイズ」の玉木くんも全然いいと思わなかったけど。

とにもかくにも。
細マッチョCMは録画して、リピート&リピートで繰り返しみたいCMです。

あと、あのCMの曲も好き。
あんだけ親しまれているインスト曲もなかなかないと思うよー。
あれがディスコソングと知った時はびっくりしたもんだけど。

誰かさんが「あれ、サザエさんの歌や!」とかゆってたが。
それは大きな間違いです。

ヴァン・マッコイみたいに、さぁトゥ・ザ・ハッスル!

てなわけで、今月残りは休みなしで働き倒します。

#3 Calling you/Jevetta Steele

「雨の日に聴きたい曲は?」と聞かれると。
すっと1番に浮かぶのがこの曲。

Calling you/Jevetta Steele

雨の曲はたくさんあるのに、何故かよりによって全く雨の曲ではないこの曲を
あえて選んでしまう、自分のあまのじゃくっぷりよ。

映画ファンに支持者の多い名作「バグダッドカフェ」でお馴染みのこのナンバー。
あたしも漏れなく好きで、何年か前の手帳はこの映画と
バッファロー66と、ロックストック&トゥースモーキングバレルズと、
200本のたばこのポストカードが表紙を飾ってました。我ながら、洒落た手帳。

特に映画で雨の描写があったわけ記憶はないんだが、
単純に音色というか歌声というか。
どーもこのけだるい感じが、雨とリンクするんだよなー。あたし的に。
誰かに「余計、滅入りそう」と、つっこまれたことあるけどな。
ちなみにホリーコールのヴァージョンより、ジェヴェッタ派ー。

Thank you

誕生日から1か月。
感謝ブログ書きそびれてたので、タイミング的にここいらでしれっと。

まずは。
DSC01604_convert_20090421220928.jpg
チーム★こどものSATC愛好部。
ちょうど我が宅でSATC映画上映会をした後、
サプライズで同じ弥生女のnatsukiと共にお祝いされました。

家主相手にこんなケーキ隠しこんでたとはー!と、驚きだったけど、
それ以上に驚いたのが、サプライズの司令塔がまさかのyuxy(笑)

チーム★こども年少組のeri&mayumiだからこその技です。大胆すぎ。
natsukiとあたしが組んだら、そんな恐ろしいこと怖くてできない(笑)

でも全く予期してなかっただけに、本当にめちゃくちゃ嬉しかったです。
あなたたちは最高の仲間です。どうもありがとう。

そして予期していなかったと言えばコチラも。
2009041219110000.jpg
同じく弥生女のじょうちゃんと、四月生まれのかなちゃんの名前と共にあたしの名も。

先日の集まりでasaがこっそり店員さんに頼んでくれてたケーキ。
店も見つけてくれて、予約も率先してやってくれて任せっきりにしてたら、
コース料理の最後にケーキが。
最初、店員さんが隣のテーブルと間違って持ってきたと思ったくらい、まじで驚きでした。
本当にありがとう。

そして。
嬉しいギフトたち。
2009041421290000.jpg
ケアベアのスリッパをくれたのはnatsuki。
大掃除を手伝ってくれた時に、引越し祝いも兼ねて誰よりも一番乗りでくれました。
お手紙と共にありがとう。
ついでにキッチン掃除もありがとう(笑)おかげで快適です(笑)

こっそりメッセージカードを用意してくれてた職場のメンバー。
代表して手渡してくれたゆうこりんからはチャイも頂きました。ありがとう。

後からもっとイイ物を見つけたということで、結局2つもくれたeri。
ipodをつないで聴けるネックピローと、ウォーリーのタッチライト。
手紙もありがとう。あなたが書くお茶目な文章、実は大好きです。

クッピーラムネ(大好物!)と芳香剤とトイカメラをくれたのは母。
このトイカメラはちょうど先日の送別会で「あたしもコレ欲しいー!」とか言いながら、
現場を卒業するカッキーにプレゼントした物と同じ物だったので、びっくりしました。

正直、一番ありがたい品をくれたのが父。
まさかのt-falの電気ケトル!
言うまでもなくかなりの活躍っぷりです。何て便利なんだー!!!

父と母がそれぞれでプレゼントを用意してくれてたことなんて
今までなかったので、本当にびっくりでした。
長女、愛されてます!(笑)
つーか、これはもう完全にひとり暮らし効果だな(笑)

しかもこれらに加え、
あたしが本当に電話口で言った「プレゼントは現ナマでいい」発言(最低な娘)
にも忠実に応えてくれました・・・何だかかたじけない。
更に父はおこづかいもくれました・・・長女、完全に、愛されてます!(笑)
いやはや。ありがたい。
いい両親のもとに生まれたなぁ、と自分の境遇の幸運に感謝です。神様ありがとう。

コップとメイクパレットをくれたyuxy。
どちらもnatsukiとお揃い。
で、コップに至ってはハート型(笑)
あたしとnatsukiがデキてるという、前会社での噂はまだ有効なのか!?(笑)
でもコップだけで十分なのに、随分と高価なメイクパレットまで!本当にありがとうね。

兵庫県の奥地・・・いや、秘境から(笑)、エクスパック便で届きました。
セラ嬢より、フランフランのお箸セット。マイ箸持ち歩きな!ってことで。
近況も含めたイラスト付きお手紙(レポート用紙両面書き)付き。
らしすぎて、だいぶ笑いました。それも含め、ありがとう。

今一番求めていた物、化粧ポーチをくれたのがasa。
誰かくれるんじゃないかと密かに期待してたのに誰もくれなくて(笑)
4月に入って「しゃーない!自分で買うか~」と、諦めた頃に、まさかのプレゼント。
ちなみにかなちゃんとじょうちゃんと色違いのお揃♪ありがとう。

仕事帰りにわざわざ家まで届けてくれたのがモモちゃん。
お掃除道具と、チーム★こどもが全員押しかけてきた時用のお箸をどっさり(笑)
全員押しかけても十分、余る(笑)
でもプレゼント以上に、この時の語らいが涙が出そうになりました。励まし上手。

この場で改めて。
遅くなりましたが。
みんなどうもありがとねー。
これからもよろしくねー。

#2 Genius of Love/Tom Tom Club

プレイステーションのゲームボーイみたいなやつ・・・そう!それPSP!!
それの新しいCMで使われてる曲って何ー!??
何かえらくカラフルなPSPがいっぱい出てくるやつー!!!
あのCMの曲ってば、マライアキャリーのファンタジー(すき!)が
キュートなポップスヴァージョンになってるんだよー!!
一体、誰の何てゆう曲なんやー!??

っていうのが、ここ数週間ずっと気になってた謎でございました。
何でもっと早く「PSP CM 曲」で検索かけなかったのかは、曲以上に謎。
そんなわけで、先ほど解決いたしました。ビバ・検索。

Genius of Love(邦題は「悪魔のラヴソング」だそう)/Tom Tom Club

Tom Tom Club。
この名前をやたら目にするのは、たぶん自分の嗜好の音に
よくリンクが貼られているからだと思う。(ジュニアシニアとかさー)
なので、名前は前々から知っていました。何か昔のグループよね?レベルの知識で。

でもなー
なるほど。
何で今までスルーしてたのか。不覚。
かーなりストライクではないか。

マライアの曲はコレをサンプングしてたんだね。
全然知らなかったよ。
ちなみにマライアのファンタジーはノーマルヴァージョンより、
feat.Old Dirty Bastardヴァージョンの方が俄然かっこいくて好きです。
そして、このPVの頃のマライアは可愛い。

さて。Tom Tom Clubに戻って。
アルバムジャケも大変キュートです。このPVのまんまのジャケです。
これは中古CD発掘リストに是非加えなくてはー!
でも、どうやら検索情報によると、国内盤でてないんだってさ。ちょー残念。
あたし的には今からでも全然遅くないんですけど・・・出して!!

#1 Seven Nation Army/The White Stripes

しれっとニューカテゴリを作ってみる。
「今日の一曲」
その日の琴線に引っかかった一曲を簡単に取りあげてみる。

はっきし言って、YOUTUBEありきのカテゴリ。
はっきし言って、PCアクセス前提のカテゴリ。
はっきし言って、捨て曲ナシのカテゴリ。

さて。記念すべき一曲目は。
Seven Nation Army/The White Stripes

いやー。
いきなりハイレベルで攻めてみました。
The White Stripes!
かっこいいロックをお探しの方には、自信を持ってオススメできるユニットです。

まぁ今回この曲選んだのは、さっきやってたスケート団体戦のエキシビジョンで
どっかの国の男の人がこれで演技してて。
なんてナイス選曲なんだー!と、るんるんで人参切ってたら、
カニエの曲とかもつないだミックスバージョンだったようで、ちょっとガックシでした。
(いや、カニエは別に嫌いじゃないんけどね。)

でもおかげでさっきからThe White Stripesブームがやってきて、
聴き漁ってます。ゆーちゅーぶ。
音は勿論、PVももれなくかっこいーわー

フィッシュストーリー

始まってまだ半分も経っていない2009年ではございますが。
今年のナンバー1映画に遭遇したよ。
一応暫定ではあるが、もうこのまま1位キープだろーなーと確信してます。
よっぽどのダークホースが現れない限り、まず間違えないと思います。

その今年ナンバー1予感の映画とは。
「フィッシュストーリー」
今、最も旬な作家、伊坂幸太郎氏作品の映画化でございます。

最近ちょくちょくシネリーブルのサイトはチェックしてたんだけど、
つい先日まで「上映終了未定」だったのに、
急に来週の金曜日までになっていて。ちょー焦りました。油断大敵。

伊坂氏の作品は、「陽気なギャング」シリーズをはじめ、「重力ピエロ」「チルドレン」
「アヒルと鴨のコインロッカー」「グラスホッパー」「ラッシュライフ」
・・・と、いくつか読んでるのですが、「フィッシュストーリー」は未読での鑑賞。

変にイメージがなかったのが幸いしたのかもしれません。
最高でした!
まぁ「アヒルと鴨」は割と良かったんだけど(瑛太くんが良すぎた)、
「陽気なギャング」ん時は響野と久遠くんのイメージがなぁあああ・・・
なんせ、原作を愛すれば愛するほど、映像化への危険度は高いんですよな。
デンジャー!

さて。
「フィッシュストーリー」は伊坂氏お得意の、
全く別のいくつかの物語が繋がっていく・・・という、あたしが元も好む展開の作品。

海外でもタランティーノとかガイリッチーとかもそうだけど、
沢山のキャラが出てきて、時間軸や場面がブツ切れになっていて、
それらのパーツが徐々に交差し集結していく・・・というような手法はよくあるけど。

これはねー。
その手法の最高峰に君臨するかもしんない!
てなくらい、素晴らしかった。
なんせ、その繋がる場面ってのが、40年弱もの時間を超えちゃいます。

1975年、売れないパンクバンドの最後のレコーディング。
1982年、気の弱い大学生が「いつか世界を救う男」と予言される話。
2009年。女子高生と正義の味方が巻き込まれたシージャック事件。
2012年。彗星激突まであと5時間。地球最後の日に普通に営業するレコード屋。

この4つの時代の出来事が、時空を超えて1つに繋がっちゃいます。

劇中で大きなキーポイントとなるのが、
映画のタイトルでもある「フィッシュストーリー」という名の1曲。
この曲が時代を超えて、地球を救うのです!
音楽は素晴らしい。

そのリンクの仕方がこれまた天晴れで。この「フィッシュストーリー」という曲が、
うまい具合に4つの時代を繋ぎ合わす針と糸のような存在となっております。

個人的には、作品終盤の。
「フィッシュストーリー」のレコーディングを終えた売れないパンクバンド「逆鱗」のメンバーが、
居酒屋でわいの・わいの曲について語り合うシーンが印象的でした。

あたしのように、空想話とか哲学的な話に萌える性分の人は、
絶対好きだと思うよ、ここで繰り広げられる会話は。
何を隠そう、このシーンで私はこの映画を2009年ナンバー1映画だと確信したのです。

大きく4つの場面が代わる代わるに展開されるわけだが、
ややこしーことは全くありません。
急に場面が変わっても、見るだけで明らかにどの話だったかすぐわかります。
ラストにも「フィッシュストーリー」をめぐる一連の流れが、
ダイジェスト版で展開されるので、どんなに理解力がなくとも絶対にわかるから!笑
そのへんは、どんうぉーりー!

まぁ小説はどうなってるのかは知らないけど・・・・(笑)
文字な分、ややこしくなってる気もする。
なので、原作読みたいような、読みたくないような・・・複雑な心境(笑)
映画が好感だっただけに・・・
曲がちゃんと音として体感できるのも、映画ならではだと思うし。

でもどうやら「フィッシュストーリー」は、短編集みたいで、
伊坂氏作品の人気キャラ黒澤がでてくる話もあるみたいで気になる。
でも、あたしの伊坂作品ナンバー1キャラは、チルドレンの陣内ですが。
おっと、話が逸れたー

あとは、時代を超えて同じ人が出てきたりもするので、
そのへんで「ああ!」と反応するのも一興。

さてさて。
ついにリーブルの会員になりました。
ばりばり通うぜー!リーブル!
思えば「重力ピエロ」の公開が早々と決まった時に、
会員なろーかなーとほんのり浮かび。
2月中旬に「フィッシュストーリー」の公開を知り、
会員なった方がいいかも!と思い。
2月下旬に「鈍獣」の公開を知り、会員になろう!と決心。
なのに。
もう4月だぜー?

ちなみに。
今、洋画は断然、コーエン兄弟のやつが気になってます。
タイトルが覚えられないんだが。
クルーニー!ピッド!マルコヴィッチ!ティルダ!
豪華すぎるではないか。

思いついたら全部する!

「思い立ったが吉日」
中学生の頃からお気に入りの言葉です。
意味は勿論、語感も好き。

昨夜からこの「思い立ったが吉日」ブームがやってきてて。
突然、「肉じゃが作ろう!」と思い立ったおかげで夜10時過ぎに
ほんだしを買いに近所のスーパーに駆け込むという行為に及びました。
便利(な立地)って、時に人をクレイジーにさせるよね。
で、しっかり作って寝た。

そんな思い立ったが吉日肉じゃがを朝ごはんに食べたせいか。
はたまた単に休日だったせいか。

「今日は思いついたこと全部する!」と朝から勝手に宣誓。

たまった洗い物を洗う。
風呂掃除。
トイレ掃除。
玄関掃除。
洗濯機まわり掃除。
冬物まとめ洗い。

これらを終えたのが昼の12時半。
まだまだ今日はこれから!とばかりに。

板宿に行って花見の時に食べて気に入ったクリーム大福を買いに行く。
板宿の気になってたカフェでランチする。
買った大福を明日結婚記念日を迎える母に届ける。
運動不足解消のための散歩。
食品・日用品の買い出しに行く。
ドコモショップに行って謎オプションをすっきり退会。

ここまでは大体が朝ざっと思いついた「これやる!リスト」
これ全部終えた時点で夕方6時半くらい。
そして家に一旦帰って、夜ごはんを食べ、
夜7時半ごろから今日という日を生きる過程で思いついた
新たな「これやる!リスト」を消化するべく三宮へ。

映画「フィッシュストーリー」観に行く。
念願のシネ・リーブル神戸の会員になる。
スイマーにキュートな体重計を買いに行く。
三宮の100均に売ってる掃除道具を買いに行く。

再び帰宅したのが11時過ぎで、そこからは。

ipodの充電をする。
米を炊く。
布団まわりの掃除。

これら全部を1日でこなしました!
思いついたこと全部やり遂げました!
板宿・名谷・新長田・三宮・元町・西代。
今日は色んな駅に降り立ったー。

もしかしたら、今までで一番、有意義な休日だったかもしれない!
てなくらい、達成感でいっぱいの一日でした。
内容はだいぶ平凡だけれども(笑)

時間ってその気になればこんなに上手に使えるんだなー。
あたし普段、時間を無駄にしすぎてる。

で、これら一連のことをブログに綴るというのが、
今日の「思いついたこと全部する!」の最終項目。
そんなわけでクリア。いえい!

R cafe

残念なことに・・・・
調子ノリなんです。
てへ。

トアロードにある、ユーズドセレクトショップ「RAGTAG」
ブランド古着専門のお店で、
足を踏み入れるたび何かしら買ってしまうので非常に危険な店ですが。
大好きなショップです。いつか働きたい。

そのRAGTAGがプロデュースするチョコレートカフェ「R cafe」
RAGTAG店内に併設されているのですが、
神戸店だけかもしれないが、買取の人のみ利用できる仕組みなんだよねー

そんな特別なカフェだけにいつも気になってたんだけど、なかなか売る物なくってさ。
でもようやく売る服たまったので、買取&R cafe利用してきました。
DSC00263.jpg
ドリンクとショーケースの中から1つ好きなチョコを選びます。
買取査定の待合での利用となるので、もちろん店のサービス。
車屋さんとかモデルルームとかのノリよね。
DSC00264.jpg
店内は言うまでもなく、あたし一人。
まぁばりばり平日だったしね。
雑誌読みつつ、コーヒー飲みつつしてたら、
あっちゅう間に査定終わって商談室に案内されました。

それにしても、こんなに席があるなら、
普通にお金取ってチョコカフェとして営業すればいいのに。
まぁ休日は混みそうだから、せめて平日だけでも。
もったいないー

動物園カフェ

残念なことに・・・・
動物占い、サルなんです。
てへ。

MINT神戸2Fエントランス横。
DSC00306.jpg
以前も紹介した「ル・バタクラン
そう、「動物園」の愛称でお馴染み(?)のあの店です。
やっぱ立地がいいんだわー。
映画後は特に最高。
カフェ会ん時に1度入っちゃったから、抵抗力なくなったのかも。
意外とスルっと入っちゃいました。

詳しくは以前に紹介したから割愛するとして。
DSC00305.jpg
初めてランチ食いましたー。
パスタ!

味付けも分量もちょうど良くて大満足でしたが、
さすが昼時とあって、店内のゆったり感は皆無でした。

でも、女子大生にOLに主婦に様々な世代の女性が
それぞれのテーブルでガールズトーク繰り広げてて(まぁ自分もその一環なんだが)、
人間観察好きとしては、それぞれを見比べたりして、結構楽しい空間でした。
ほぼ満員状態でしたが、待たされはしなかったし、全く苦はなかったな。

今まではあんな中で食べるの絶対嫌や!って思ってたけど。
物も見方次第やなー。
つーか、外から覗かれてるイメージばかり先行してたけど、
入ったら入ったで、外の人のウォッチングするよな、そりゃ(笑)

きっと動物園の動物たちは檻の中からこんな風に
人間たちの様を楽しんでいるのかもしれない。

オネストカフェ

先日。
「女の子市民ブログのカフェネタ読み漁ってたら、
久しぶりに新聞配達の音きいちゃったよ。
QMIプロデュースでカフェ本出していただきたい。」
だなーんて、ちょー嬉しいメールをかなちゃんから頂戴いたしまして。
俄然、カフェカテゴリ更新する気が起こりました!あたし、ちょー調子のりー。

そんなわけで久々に、カフェ紹介。
(実はネタのストックは若干あったんだけど、めんどくて後回しにしてたんだよね。)

いえす!
おだてに乗りやすい性分です!
動物占い、ばりばりサルです!

DSC00301.jpg
ブランジェリー コム・シノワに併設されてる「オネストカフェ」
緑あふれる外観が素敵。品のいい住宅街にありそうな雰囲気。

場所なんて説明したらいいかなー
あたしのbeamsへのアクセスルートの途中にあるんだが。
収穫祭とかが入ってるビルん中。
あ!ちょうどネスカフェの地下になるのかな。

手前がブランジェリーで、奥がカフェという造り。

ランチもやってるんだけど、この日はデザート目的で。
本当は「クロワッサンミルフィーユ」が食べたかったんだけど、売り切れ(くすん)
次回こそはー!と誓いつつ、アイスクリームにしました。
DSC00303.jpg
バニラとキャラメルとベリー系のアイス盛り合わせ。
ラスクがアイスと相性良すぎた。
DSC00302.jpg
withコーヒー。
シュガーの入れ物が、らしい可愛いさ。
DSC00304.jpg
カフェからブランジェリーのぞき見してると、絶え間なくお客様が。
人気なのねー
パンの種類は沢山ありました。

ちょー気に入ってしまったラスクと一緒にパンもちょこちょこ買った。
つーか、思わず買っちゃうよ、あれ。

ちなみに同じくコム・シノワ系列で元町商店街にある「フリュティエ コム・シノワ」の
ハッピーカプチーノがずーっと気になっています。
泡がこんもりカップからこぼれ落ちんばかりにブクブクなの!
飲みたーい!

まぼぼの

あー。
もー。
東京住みたい。
うー。
もー。
今すぐ新宿いきたい。

SHINJUKU LOFT 10TH ANNIVERSARY
TOKYO FM × SHINJUKU LOFT「90×90」
公演日 : 2009/04/15
会場 : 新宿LOFT
開場 : 18:00
開演 : 19:00
出演:マボロシ、bonobos

はあああああああああああああああああああ

まさか、マボロシとボノボの対バンなんて・・・・
そんなことがあっていいんですか!?

しかも前売り¥3800だなんて・・・・
そんなことがあっていいんですか!??

贅沢すぎ。

TOKYO FMかぁ。
これがスペシャとかMTVの名を冠していれば、放送の期待もできたのに。

東京ばっか恨めしい気持ちは何度も抱いたことあるが、
ここまで地団駄踏むほど悔しいのは久々かも。

映画「ガードマン」

最近、ツボにハマった誤植。
DSC00294.jpg
「I will always love you」(映画「ガードマン」主題歌)

えんだ~
(And I~)

で始まるサビでお馴染みの、
言わずと知れたWhitney Houstonの名曲「I will always love you」

これが主題歌になった映画のタイトルが。

がーどまん。

だったとは!

ケビン・コスナーが命がけで銃弾に飛び込んだのは、
ただのガードマンの仕事だったんだな・・・・
何て域を超えた仕事ぶりで。
・・・・まぁでも確かにガードはしたのか。笑 
ボディガードになれる仕事ぶりで。

ところで、主題歌を歌うWhitney Houstonの名前の
カタカナ書きに疑問を覚えている人って一体どれくらいいるんだろうか。
ホイットニーだから当然「H」で始まるだろうと散々「H」のCD棚を探した結果、
スペルは「W」始まりだったという間抜け話がありましたな、そういえば。
Whitneyをホイットニーなんて発音するの世界中で日本くらいなんだろーなー。

25周年ディズニー&お台場旅行記~おまけ~

DSC00296.jpg
1日目に「今夜は無礼講!」名目で押しかけた「やるき茶屋」という、
何て突っ込んだらよいのやら・・・なネーミングのチェーン店居酒屋。
合言葉は「ハイッよろこんで!」らしい(笑)
なんか全く馴染み無くて、箸袋に記載された系列店も唯一
ハービス大阪に入ってる「庄や」くらいしか見たことなかった。

一応、ホテルの中にHUBがあって、できればそっちに行きたかったけど、
営業時間を天秤にかけて、この「やるき茶屋」に決定。
何てったって朝方4時まで営業。確かにやるきはある。

DSC00295.jpg
2日目のランチは汐留で巡り合ったお店「お茶漬け膳 八十八楽」
おかずと、お茶漬けのトッピング2種と、だしはチョイス制度。
なので、いろんな組み合わせで楽しめます。
おかずの味付けが濃すぎたのと、梅干しがすっぱすぎたのは、
ああ、関東だなーっ思ってしまったが、ご飯いおかわり自由制度はすごいと思った。
そんなに食べれないけど、男の人ならありがたいんじゃなかろーか。
お茶漬け専門店ってのが面白いよね。
おかずとかの濃い味付けを関西風にアレンジして神戸あたりにも進出してくれないものか。

「まだ終わってなかったんかい!旅行記!」って感じですが(笑)
ホントは本編に挿入するつもりだった写真が
前の携帯の写真フォルダから発掘されたので、
こぼれ写真としておまけでアップしてみました。

お花見&かりんとうライブ

土曜日にお花見してきたぞー
2009041116540000.jpg
@須磨浦公園

ずーっといい天気が続いてて、その集大成てきな週末だったので
自分に都合のいい解釈をけっこー得意とするあたしは
勝手に「今が一番ピークだろう!」と思い込んでたんだけど、
思ってたより緑が出てて、ちょっとショックでした。
でもまぁ今日の雨で完全に散ったろうし、タイミング的にはセーフだったので良しとしよう。

場所取り班に振り分けられたので、
普段と変わらぬ起床時間で張り切って行ってきましたー!

何か、毎年花見は夜桜ばっかだったので、
晴れ渡った空の下、淡い桃色を楽しむのがとっても新鮮でした。
気持ちよかったー!
夜桜も好きだけど、こっちのが花見!って感じがする。

今回のメンバーはあたしが昨年まで通っていたテニススクールの同じクラスだった人たち。
仕事の都合であたしは通えなくなってしまったんだけど(仕事帰りに間に合わん)、
いつの間にやら、飲みに行ったりスノボ行ったりとクラス内が急激に仲良くなった話は
スクールで友達なった同年代の子から聞いていて、
「ずるいー!あたしも呼んでー!」と駄々こねてたら、ついに花見で召集が!笑

2009041116500000.jpg

年少組の女子3人で場所取りし、あとのメンバーの到着を待ちながらUNO。
でもいつの間にやらカード切る手が止まり、恋愛話や仕事話でわいの・わいのなり、
まだノン・アルコールの状態にもかかわらず、
あたしの得意?な「恋愛における兄弟構成の法則」について、熱ーく語りました。

2009041113500000.jpg
買い出し班が調達してきてくれた大福「ら・かすた
板宿商店街で売っている、有名な神戸スイーツだそう。
カスタード味の「くりーむ大福」がちょーうまかった!もっかい食べたーい!
今度、板宿に買いに行こーっと。

そして、たらふく食って飲んだのち、お花見をひと足お先に早退。
向かうは難波ー!
baseよしもとー!!
2009041421300000.jpg
asaとじょーちゃんと合流し、
かりんとうの単独1Hソロライブ「ほっぺサクラ色」に行ってきました。
・・・・何だか桜めいた1日だこと。

何年か前、まだ彼らが「スイミー船」と名乗っていた頃に来て以来のbaseよしもと。
客の平均年齢は変わっていない気がするが、
あたしの年齢は確実に上がったという悲しい事実。

でも、前に来た時は他にも沢山の芸人がいて、
その中の1組として出演していた彼らですが、今回は堂々の単独ライブ!
すごいなー!かりんとう!!

更に、baseよしもと内で定期的に行われてるお笑いバトルの結果が出てたんだけども。
なんと!かりんとう、第3位でしたよ!
ジャルジャルやモンスターエンジンや天竺鼠より上!
びっくりしたー
すごいやー!かりんとう!!

単独ライブは、ロケ映像を挟みつつ、コントという内容の1時間で、
たっぷり笑いましたー!
もう面白度も俄然上がってました。

配布された予定表にも沢山名前が書かれていて。
MCやら他の芸人たちとの出演やら単独ライブやら、
順調にスケジュール詰まってました。
この調子でどんどん頑張ってほしい。
レッドカーペットとか何でもいいけど、
全国区の番組に出演して、その名を轟かせてくれることを期待しています。

何かバンドとかでもそうだけど、「有名になったら寂しい」とかゆうファン心理は
かなり理解できる方なんだけど、かりんとうに関しては全くその気持ちがない。
もーどんどん有名になってほしい!
ぶいぶい言わせてほしい!
有名になればなるほど、感激。泣ける。

朝モス

朝マックならぬ、朝モス。
2009041210350000.jpg
つっても朝メニューじゃねーけど。

ちょうど今の家から歩いてすぐの場所に
朝7時からオープンしてるモスバーガーがあって、
引っ越して以来、絶対にしたい!と思っていた朝モス。

でも出勤前は慌ただしいし、休みの日でもひとりじゃ寂しいし・・・と思っていたのですが、
今朝ようやく条件が揃ったので、朝モスってきました。
すっぴんにメガネにオーバーオールで。

んー。
何か晴れた日のお昼前に、友達とファーストフードで朝食って、ちょっと海外旅行の感覚♪
気持ちが弾みますな。
今週は特に、土日が休みという真っ当な社会人的生活リズムなので、
弾み具合に拍車がかかってるかもしれない。

それにしても、数か月前にモスデビューしたばかりなのに、
朝モスまでするようになったなんて。もう立派なモスっ子!笑

その後、遅出出勤のasaを新長田駅まで見送り、ポカポカ陽気の中、
ひとり散歩しながら帰宅。
気持ちいいー!
暖かくて、時間の流れもゆったりしてて。
何だか優雅な気分になりました。幸せ。毎日こんなんがいい。

そんないいスタートを切れた今日は、
本当は阪神競馬場に行きたい気持ちでいっぱいだったんだが、
だーれも誘ってくれないので(笑)、テレビで桜花賞チェックしつつ、
家事もろもろを済ませました。
ブエナビスタ、すげー!興奮したー!

さてさて。
家の掃除もはかどって、お洗濯もばっちりで、
食料&日用品の買い物も先ほど済ませたので、
これからガールズトークをしに、お出かけしてきます。

T-BOZ&Chilli from TLC with special tribute performance to Left Eye

まず、断言できることがひとつ。
今年も相変わらずライブには果敢に参戦するつもりではあるけど。
2009年のベストライブは間違えなく、今回のTLCの公演だということ。
それくらい最高でした。
余韻が未だ冷めぬ。

今までで行ったライブの中で一番興奮した!と、言いきれるくらい、
クレイジーに騒いだライブでした。
Dさんのライブでさえ、あそこまで達したことはない気がする。

今まで「宗教だな」と引いて見ていた
生ビートルズに興奮して失神しちゃうファンの女の子の気持ちがわかったよ。
まさにあんな感じでした。

始まりは3rdアルバム「ファンメール」を彷彿させるようなサイバーな映像から。
全身がぞくぞくー!と来るのがわかりました。
自然と体も前へ前とにじりよる。
このとき既に3列目あたりまで詰め寄ってました(笑)

映像が終了し、ぱっとライトが照らし出されたステージ上には・・・・
バックバンドとダンサーを従えたT-BOZ&Chilli!!!!!!!!!!

出てくるやいなや、あたしが興奮で叫んだ最初の一言は・・・
「チリ、かっわいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

顔ちっちゃっ!
細っ!
そんでもって、一体、何歳やねーん!???ってくらいの若々しさ。
笑顔もかわいすぎるーーーーーー

とりあえず、始まる直前に「どーする!?チリとかめっちゃ老けとったら!」
なんて縁起でもねーこと言っていた隣の誰かさんを叱る。
そんな無礼者もライブ後は「チリ腹、目指す!」と、新たな目標を掲げていましたが(笑)
そんくらいスゲかったのよ!スレンダーなのに、筋肉はしっかり!!
2人であの体の線を勝手にチリラインと名づけ、崇めてました。

そして始まる前から「どんなんやろなー??(わくわく)」と、期待していた衣装は。
tlc09.jpg
蛍光色でポップなペイントが施された白のつなぎに身を包み、手元にはセンス。

センスはおそらく日本を意識したものだと思うんだけど、このやんちゃなつなぎの衣装!
まるでデビュー時を思い起こさせるようなスタイル。

「これはもしやー!?」と、思った矢先。

スクリーンに彼女たちの歴代のPVが編集された映像が流れ・・・
まるでタイムマシーンでも乗ってるかのように映像がどんどん遡って・・・・
デビュー曲「Ain't 2 Proud To Beg」のPVの出だしまで巻き戻り・・・

次の瞬間。

「yo mic check 1・2 1・2-」
リサの出だしのラップを目と耳が捉えたとたん、全身・鳥肌!!!!

あたしのTLCお気に入りナンバーの第2位の曲でございます。
もういきなり大興奮ー。

しかもバックのスクリーンには。
ちょうど今、T-ボズとチリが着てる衣装と同じ衣装を着た昔のライブのリサの姿!
これに合わせたんだ!と、わかって激しく感動。

その後も、ファーストアルバムからの懐かしいナンバーが続き、
衣装チェンジしてからは、名曲たちのオンパレード!
イントロが流れるたびムンクポーズで
「やばい!やばい!!やっばーい!!!」と叫んでおりました。
だってホントに聴きたかった曲だらけで!

その中でも絶好にやばかったのがこの曲。

「creep」
あたしがTLCを好きになったキッカケの曲であり。一番好きなTLCの曲であり。
ムード漂うホーンセクションと
痒いトコに手が届くような絶妙のタイミングで刻まれるスクラッチ音が
見事に融合した奇跡の一曲。
何つーかもう、かっこよさの究極を極めた曲です。

そして涙が出そうになったのが「Turntable」
頭でチリが口にした「レフトアイ」の言葉にほろりときたよ。
そう、今回は何てったって、「special tribute performance to Left Eye」
まさかここ日本でこのリサへのトリビュートライブが見れる日が来ようとは!
冷静に考えてミラクル。

そして、アンコールはこの曲。

「No Scrubs」
当時、スマスマで香取くんらがPVをパロってたりして(あれは恐ろしかった)、
日本の茶の間レベルにまでTLCが浸透した曲。
最後らへんのリサのラップシーン大好きです。
そして、宇多田のトラベリングのPVを見ると、このPVのT-ボズを思い出す。

それにしても。
リサ没後、生前の彼女の映像をバックにライブする、T-ボズとチリの姿を
何度も何度も繰り返しyoutubeで観たもんだけど。

そのシーンが、今まさに目の前で繰り広げられてるという状況。
更に、もう可能性としてないものだと思っていたTLCのパフォーマンスを
生で見ることができたというだけで、本当に夢のようなひとときでした。

そして。
元クラバーのyuxyを「絶対クラブよりライブのが面白い!」と言わしめたTLC。
その功績はすげーぜ。
見事に彼女のライブ・ブームに火をつけてくれました。
今後に繋がるライブとなりました。連れてって本当に良かった(笑)

SPRINGROOVE09 EXTRA OSAKA 

春に開催されるブラックオンリーの音楽フェス「SPRINGROOVE」
スタートした2006年は張り切って幕張まで飛び、
エリカ・バドゥにファレルにスヌープにライムスターに
ジム・クラス・ヒーローズにプシンにネイトジェイムスにその他もろもろ。
豪華な出演陣を大いに堪能いたしました。

で、今年はその最初の年以来、久々に参戦してきました。
今回は大阪公演。いや、東京公演は二度と行くことはないだろう。あたし、若かった。

いつのまにやら大阪公演は複数日公演で出演アーティストをばらけさせるという
EXTRA SHOWスタイルに変化していて。今回は3日にわけられてました。

沢山見たいアーティストがいる場合は断然、東京(幕張)公演がお得だけど、
あたしのようにお目当てがピンポイントの場合は、
むしろ大阪公演のスタイルの方が良心的な気がする。
だって、ジョン・レジェンドはともかく、
エイコンもT-PAINもクレイグ・デイヴィッドも、のーせんきゅう!ですもの。

でも何故か他の2日はなんばハッチなのに、TLCの日だけZEPP。
行ーきーにーくー。なーんか不公平な気がする。

でも、2年前にローリン・ヒル見逃したことを未だ後悔している身としては、
今回も行かなかったら一生後悔する!という確信があったので、
そうはさせるか!とばかりにZEPPというネックを撥ね退けて行ってきました。

ひとりでも多分行ってたとは思うけど、
「TLC好きなんていないよなー」と思ってたら・・・
いました・いました!yuxyが!
灯台下暗しとは正にこのこと。
そんなわけで、無事、お供も見つけ、いざ参戦。

16時開場の17時開演ということで、
当日の昼ごろに15時に三宮という待ち合わせに決定。

しかし。
今日も恐らくアルマーニのファミリーセールに行ってるくらいアルマーニラブ!
なyuxyの「アルマーニの上着がない!!!!!!!!!」事件などを経て、
せっかく16時半頃到着するよう電車も調べていたのに、
結局、ZEPPに到着したのが開演ギリギリ!

それでも、快適にアクセスできたのは、ひとえに阪神なんば線のおかげです。万歳。
あれができることによって、なんばハッチへがかなりラクになったー!
と、喜んでいたけど、ZEPPのアクセスにも十分、影響あったや。
環状線の乗り換えがなくなって、タイミングよくいけば、
三宮からの乗り換え1回で済むなんて!わんだほー

まぁ整理番号あんましよくなかったし、開場前から並ぶつもりはサラサラなかったが。
物販見たかったし、開演ギリに行く気もサラサラなかったんだけどー
なーんて、遅刻犯にぶーたれながら入場したら、DJタイム。
そんな枠あったのか!

結局、それが17時半くらいまで続いたので、余裕っちゃあ余裕でした。
ZEPPに着くまでのドギマギした気持ちが全く無駄でした・・・・

そして17時半から、本編スタート。

この日はTLCと清水翔太くんの公演。
当然の如く、最初は清水翔太くんの番。
まぁ一応名前はTLCと並べられているのの、オープニングアクトのようなものよね。

yuxyは彼のこともお気に入りだったので、始まる前からけっこー期待してました。
そういや、デビューしたばかりの彼の存在を初めて知ったのは
彼女の「清水翔太って知っとう!?」の一言だった気がする。
あたしはどーもソニーレコードのあの激プッシュが鼻について偏見あったんだけど、
生で見ることによって、その偏見はなくなったかな。

つーか、出てきた途端、あたしが腹の底から叫んだ言葉といえば。
「若っ!」
「小さっ!!」
の二言。
たぶん彼がパフォーマンスしている間、ずっと繰り返して口にしてました。
なんか小さいおサルさんのようだった。
横でyuxyが「やっぱエエ声やわ~」と、しみじみしてたのがやけに印象的でした(笑)

「アポロシアターのステージに立った」というのが
彼の最大のセールスポイントなんだけど、
その時に披露したという「Stand by me」を歌ってくれました。
コレはうまかった!
何か日本語の曲(つまり、自分の曲)を歌う時と若干
声色が変わる気がするけど、こっちの方が断然好みでした。
英語の曲歌ったほうがいいんじゃないかしら?

「ステーヴィー・ワンダーみたい」なんて言うと言い過ぎかもしれんが、
味わい深いちょっと独特の高い声がヨカッタです。
そして、曲がヨカッタというのもある。・・・笑

でも私の予想では1時間くらいかなーと思ってたら、
40分くらいで早々と切り上げて行きました。
ホントにオープニングアクトのような扱い・・・。

そして、清水くんの後は、待ちに待ったTLCー!
なんだが、これまた長いライブレポになることは間違えないので、一旦切ります。
タイトルも変えたいしな。
youtube動画なんかもふんだんに取り入れ、熱く語ります!宣言。

TLC

「好きなアーティストは?」
と、きかれた時。

「U2とTLC!」
と断言するようになってから、もう何年くらい経つでしょうか。

ジャンルも国も全く異なるこのグループを同時に愛することができるあたしって、
つくづく節操ないなーって気もするんだけども。いや、音楽に関してな。

でもどっちも本当に素晴らしいグループだと思っております。
自信を持って人に勧められるもん。

で、今日はそのひとつ「TLC」を大々的に取り上げたいと思います。

本気を出せば、夜通し語れるのが、TLCの魅力なんだけども。
それを延々と語ると誰も読んでくれなさそーなので、
とりあえず、端的に綴ります。(たぶん)

tlc3.jpg
T-BOZ、Lefteye、Chilli から成る、90年代最高のガールズグループ、TLC。
(写真は左からレフトアイ、チリ、T-ボズ)

活動期間に対して、アルバムのリリース枚数はそんなに多くない彼女たちだけど、
量産しなかった分、どれもがじっくり作られて、
毎回・毎回、その時代にセンセーショナルを与えるような、
常に最先端のスタイルでリスナーたちを魅了してきた。

過激でやんちゃで反骨精神いっぱいで、
まるで少年のような風貌で現れた元気なデビューアルバム。
Oooooohhh...On The TLC Tip

「クレイジー・セクシー・クール」というタイトルと、
グっと大人びた表情が印象的なアルバムジャケットで
見事なまでのイメージチェンジに成功し、
名曲も沢山生まれた秀作のセカンドアルバム。
CrazySexyCool.jpg

今でこそ、時代の流れの一環として当然のようにとらえられているものの、
当時にしてはかなり実験的だったサウンドと、ダメ男バッシングの詞で、
世界中の女子たちを牽引したサードアルバム。
Fanmail.jpg

そして。
彼氏の家に火をつけちゃうような破天荒な性格ながらも、
どこか魅了されてしまう不思議なチャーミングさを持つ、
リサ・レフトアイ・ロペスの突然すぎる死。
その悲しみを乗り越え制作された、ラストアルバム「3D」
3D.jpg

およそ10年の活動期間の中で制作された4枚のアルバム。
個人的に一番聴きこんだのはラストアルバム。一番好きなのはデビューアルバム。・・・かな。

これら4枚のアルバムで常に時代をリードしてきた彼女たちの、
そのかっこよさもモチロン魅力ではあるのだけれど。

このグループのスゴイところは歌声!!!

大概、複数のボーカルを擁すればジャンル関わらず、
必ず好みでない声がいたり、違いがわからん印象のかぶる声があったりするもんだけど。

TLCに関しては。
全くそれがない。
3人ともが個性的で、3人ともが好みの声!
これは最早、奇跡だよ。

特にT-ボズとチリ!
たぶん彼女たちがそれぞれソロで出てきてたとしても、それぞれに魅了された自信がある。

T-ボズの独特の響きがとってもセクシーな印象的な低音ボイスと。
チリの清涼感の中にもどこかスパイスの効いた高音ボイスと。

全く異なる声質なのに、どっちも好きすぎる!!!!
これが、あたしがTLCにひれ伏している大きな一因だと認識しています。

そんな憧れの彼女たちのライブに先日行ってきました!
4月5日にzeppOSAKAで開催されたSPRINGROOVE09。

そのライブに関しては、これまた長くなりそーなので、また改めて。
今回、その布石としてTLC特集とかしてみましたー

25周年ディズニー&お台場旅行記~お台場編③~

この見晴らしは。
DSC01582.jpg

この中からの景色。
DSC01587.jpg
フジテレビの建物の特徴的な球体の部分。
これ展望室だったんだねー。
「はちたま」という愛称まであったんだ。

DSC01590.jpg
あれが、かの有名な磯野家。表札までちゃんとあった。
これを見て即座にいささか先生宅の配置までわかる人は、
よっぽど空間能力に長けてるか、よっぽどサザエさんのファンだと思います。
もしくは2つ兼ね備えてないと不可能か!?

ちなみに最近のあたしの大発見。
「マスオさんとジャムおじさんは同じ声。」
ウィキペディアによると、どーやらエスパー魔美のパパと南ちゃんのパパも、
マスオさん・・・もとい、ジャムおじさんらしーよ!
ごっちゃにしたら、キャラ間ですげー構図ができそー(笑)

DSC01595.jpg
めざましテレビの歴代テーマ曲が聴けるという、いかしたマシン。
あたしは断然、森高の「ララ サンシャイン」っつーわけで、セレクト。

この他にも、スマスマとかいいともとかのレプリカセットが並んでて、
まるで番組に出演しているかのように写真を撮れるといった趣向のもので、
とりあえず手当たり次第、撮っときました。出演しときました。ミーハー万歳。

そんなわけで。
これまで東京には何度か旅しにきましたが、
今までことごとく避けていたこのお台場・フジテレビの建物なのですが。
変なプライドなんか捨てて楽しめば、かなり満喫できるということがわかりました。
一度は行っておいてよいかと思います。

ちなみに、むかいに大きなショッピング施設があって。
そこでしっかりショッピングも楽しみましたー

25周年ディズニー&お台場旅行記~お台場編②~

フジテレビ前にて。
「こんなとこに来てる自体、もうミーハー以外何者でもないんだから、
ここはもう開き直って思いっきり楽しもうぜー!」
と、ミーハー全開宣言。

ここまで来といてクールに振る舞ったって、格好つかないし。
プライドなんか捨てて、とにかく開き直ることにしました。

いいの。
どうせ、田舎者だもん。
だいたい東京にいるヤツの大半は田舎者なんだ。

そして宣言通り。
DSC01589.jpg
全く馴染みのないキャラだってお構いなし。
DSC01588.jpg
全く見ていないドラマだってお構いなし。
DSC01583.jpg
DSC01584.jpgDSC01585.jpg
アンチ番組の展示だってお構いなし。

すこぶるミーハーに撮りまくってやりました!

25周年ディズニー&お台場旅行記~お台場編①~

泊まったのは、新浦安駅から直結のホテル「オリエンタルホテル東京ベイ」
中にローソンがあって、かなり便利でした。

チェックインの手続きするやいなや、
部屋の案内をしようとするフロントマンのお兄ちゃんに
「それよかとりあえず、どっか飲めるとこない!?」と、がっつくはしたない女子2人。
駅前に朝4時までやってる居酒屋があるという情報を手に入れ、今宵の予定が決定。
DSC01579.jpg
空きがあったようで、サービスで4人部屋にグレードアップしてくれました。
ベッドが4つー!
てなわけで、1人でベッド2つと、広々使わせて頂きました。
asaとの旅行は、部屋のグレードアップとかエコノミーからビジネスへとか、
こーゆーラッキーなサービスにちょくちょく遭遇します。いえい。


さて。
実は、ルミネのチケット取れなくて、いいともの抽選にも外れ、
2日目に何をするのか全く決まらぬまま、旅立っていた私たち。

おかげでディズニーでアトラクションの列に並びながら、
iモードやら電話やらフル活用で、翌日の計画に奔走するハメに。
野球観戦からマッスルミュージカルまで(笑)様々な案を経て何とか決定した行先。

それは・・・・
DSC01597.jpg
お台場。

あんだけ色んな意見がでたのに、結局お台場かい!って感じもしなくはなかったが。
実は行ったことなくってさ。
もうベタにこのへん攻めとくかー!みたいな。
そんなノリで決定いたしました。

ウザさ満点のミーハー観光写真はこのあとたっぷりとー。

25周年ディズニー&お台場旅行記~ディズニー編③~

DSC01557.jpg
そして、25周年のショーも無事みれたー!
モンスターズインク終わって、ご飯買いにいけたほど、全く持ってヨユーでした!
あの時、乗る判断してよかったー

ショーは、ディズニーの色んなキャラたちが代わる代わる出てきて、
非常に豪勢な内容でした。
ちなみに写真はトイストーリーね。

この日はずーっと寒かったんだけど、ショーの途中でついにみぞれみたいな雪が・・・
ライトアップに照らし出された感じがあまりにも美しくて、
最初は演出だと信じて疑わなかったよ。笑

2009040700390000.jpg
ちなみにー
こちらが今回のお土産、通称・ウエルカムクッキー。
ディズニーマジックに屈することなく、お土産はコレ1つに絞りました。
ちょーど一人暮らしのタイミングだったので、
家に遊びに来た人にあげよう!と、思いついた制度です。節約にもなるし。
そして何よりも、この缶がどーしても欲しかったとゆーのが一番の理由だったり。
だって間違えなく25周年仕様のお土産の中で、コレが一番かわいかったもーん。
そんなわけで、クッキー食べにいつでもお越しくださいませ!

mare mare

先ほど、クローゼットの中から2本、ガンダムのビデオが発見されました。笑
見てみたい!!!!!笑

でも、ガンダム以上にちゃんと見てみたいのが、デビルマン!
あれは何つーか、すげそー
軽く内容聞いただけで、結構ショッキングだったもん。

それはさておき。
しばらく一部改装していたOPAのB2に。
マーレマーレが入ってるー!!!!!!!

学生時代から大好きな靴屋さん。
可愛いのにリーズナブル!という、最高の店です。
文字のロゴも好き。

何の新店舗が入るんだろーなーと、思って楽しみにしてたけど、
想像してたよか嬉しい店が入りました。
喜びのあまり早速、春物を。
2009040513420000.jpg
あまりにもスルっと履けて、その履きやすさに感動して即買いしてしまいました。
これまた安いんだ!
5千くらい。

マーレマーレが昔トアにあった時は、よく行ってたんだけど、
つぶれてしまい高架かハーバーに行くしかなくなってたから、
ちょー便利なOPAにできてくれて嬉しい限り。

三宮OPAのB2にはもともともう1つ靴屋さん入ってて(名前しらん)、
あの店も可愛いくってお気に入りでしたが、
そのすぐ傍に本命のマーレマーレができてくれたので、
今後、靴買うときは比べやすくっていーわー!
とにかく靴が必要な時はまず三宮OPAのB2だな。

25周年ディズニー&お台場旅行記~ディズニー編②~

プーさんのハニーハント(大好きー!)の次に楽しみにしていたバズが無念の休業。
ちょーショックだったけど、シンデレラ城前で行われる
25周年オリジナルショーの座席抽選は見事、当選。

わーい♪ってなってたら、入り口付近で不審な列。
なんぞや!?とスタッフの人に尋ねると・・・・

「モンスターズインク・ライド&ゴーシークの列でございます!」

!????????????

それってー!
それってー!
もしや来月からのニューアトラクションじゃあ・・・?

と、戸惑っていると、どうやらプレオープンで動いているとのこと。
ラッキーすぎる!!!

何せ、25周年のうちにランドには行きたかったけど、
せっかく行くのにモンスターズインクにぎりぎり乗れないのは本当に悔しかったんだー

ただ、案内されてる待ち時間がちょうど、先ほど見事に座席券をゲットした
ショーの時間と微妙にかぶる・・・

ショーとモンスターズインク

さぁ、どっち!??
と、天秤にかけた時、モンスターズインクが2人一致で勝利。
座席券はもったいないけど、しゃーないな!と。
ただ、こーゆー待ち時間って多めにゆってるもんだし、
新しいアトラクションなら尚更だろーし、もしかしたらギリギリ間に合うかもしれん!
という、密かな希望を抱きつつ・・・

DSC01545.jpgDSC01547.jpg
プレオープンということで、場内は撮影禁止(違反者何人かみかけたけどー)。
入場前の列で撮った写真たち。
ああ、可愛い。
DSC01549.jpgDSC01550.jpg
ほしー

アトラクションは、乗り物に乗って懐中電灯で隠れているモンスターたちを
自分らで発見(照ら)しながら進んでいく・・・といった内容で、
モンスターズインクのキャラクターたち(特にブー)がほんと可愛かったー。

で、ラスト。
メガネのおばさんモンスターを囲むように4台のライドマシンが並ぶ。
そしたら、おばさんモンスターが・・・
「3台目の左端のお兄さん、いいメガネね~。あたしのと交換しない!?」

みんなが一斉に、3台目の左端のお兄さんに注目。

メ、メガネかけてる!!!!!

あれ、不思議でした。
どーゆーカラクリ!??

そこにメガネのお兄さんを座らせるように計算して接客されてたのか!?
よくわからんが、あのおばさんのコメントがどんくらいの種類
準備されてるのかも気になる。
とりあえず、次乗る時はメガネをかけよう!という決意はしました。

DSC01551.jpg

25周年ディズニー&お台場旅行記~ディズニー編①~

さてさて。
もうそろそろ書いておかんとな。
ディズニー自体、1年通して大々的に盛り上がってた25周年騒ぎももう終結してるよな~

そんなわけで。
先月半ばに、去年から「行きたい行きたい」と常に口にしていた
25周年アニバーサリーのディズニーランドに行ってきました!いえい!

今回のアニバーサリーは普段ディズニーとか行くタイプでもない子まで足を運んでたり、
とにかく例年以上にディズニー行く率が高くて、ホントいろんな人を羨ましがったもんよ。
駆け込みだけど、何とか行けてよかったー

もうアニバーサリーもクライマックスでグランドフィナーレとか何とか、
大層な肩書きになってました。
5時50分の電車に乗り込み、神戸空港6:40発の便で、
ネズミー目指してひとっとび。

いざ到着してみると、寒・い!
USJで学んだ手袋持参は大正解でした。

ではでは。
念願の25周年ディズニーで、私のボルテージを半端なくあげた
2つのアトラクションをダイジェストヴァージョンで。

まずは、一番最初に入った、ランドにおける必須項目(?)
ミートミッキーを後にしたあとの「イッツ・ア・スモール・ワールド」

これ、長寿アトラクションのはずなんだけど、あたしの周囲では今イチ人気なくて。
前回行ったときは、同伴者たちから無念の却下扱い。

まぁ確かに一番人気になるよーな乗り物じゃないが。
常にメインの傍でそっと佇んでいるよーな。
ちびまる子ちゃんでゆうところのたまちゃん的な存在よね!
あたしはたまちゃんもイッツ・ア・スモール・ワールドも大好きです。

でも今回はワイルドよかマイルドな乗り物を好むasaと一緒だったので、
前回の雪辱を!とばかりに、序盤とシメで2回も乗った(笑)

DSC01539.jpgDSC01540.jpg
色んな国や文化や言語が入り乱れての「小さな世界」
ああ、世界平和。心が和みます。

DSC01543.jpgDSC01544.jpg
つるされた人たち(笑)

DSC01570.jpg
2回目の乗船は何とガラガラで貸し切り状態。
まぁこの時間帯にあえてコレを乗る客もそうそういないか。笑

DSC01574.jpgDSC01541.jpg
世界はせまいー
世界は同じー
世界は丸いー
ただひーとーつー
2回目ともなると、さすがに歌わずにはいれないよね!
てなわけで、しっかり合唱。何せ、専用船ですから!笑
入口で歌詞カード配るべきよ、ここは。

DSC01566.jpg
ポスター!めためた可愛い!これ欲しすぎ!!
03 | 2009/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: