FC2ブログ

イニシエーション・ラブ

「僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。
やがて僕らは恋に落ちて……。
甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説――
と思いきや、最後から2行目(絶対に先に読まないで!)で、
本書は全く違った物語に変貌する。
「必ず2回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。」

という小説「イニシエーション・ラブ」を読了。

「「人生で初めて人に薦めた本です!」とふかわりょうさんも大絶賛!」だの、
「2時間後のあなたは、本書をもういちど読み直しているはず。」だの、
うたい文句は立派なもんで、「ふーん」と軽い気持ちで読んでみたならば。

最後の2行で。
「や・ら・れ・た!」となりました。

この作品は前編のA-sideと後編のB-sideにわかれていて。
たっくんとマユの恋愛模様が全編通して続いていくわけなんですが。

かーなり陳腐な恋愛小説っぷりにハッキリ言って最初は苦痛との戦い(笑)
恋愛小説だと思って読んだらまだマシかもしれないけど、
こっちは「ミステリー作品」だと構えて読んでるもんだから尚更。

それでも我慢して読み進めると・・・
なーんか後半戦に入って微妙な違和感を感じつつ。
2人の恋愛模様の雲行きもどんどん怪しくなって。

最後に。

あーーーーーーーーー!!!
そゆコトーーーーーー!!!!!!

途端に前編を読み返したのは言うまでもない。
そしたら、至る所にトリックの伏線が張り巡らされておりました。

後半に感じていた微妙な違和感は全部、その伏線関連でした。
でも、それをしっかりトリックと見抜けかったのは、
全くミステリー要素ゼロの恋愛ドラマがずーっと進行していくおかげで、
そのへんのアンテナが鈍ってたというか。
後から読めば気づいても良さそーな伏線の表現でさえ、
微妙な違和感を感じる止まりで済んでしまってたんだよなー
そのへん作者・乾くるみの技量によるところだと思う。
うまいことできてた。
そして、前編にヒロインのマユちゃんの口から、
マンガ「NANA」の幸子の名ゼリフ「ワザとだよ?」に匹敵するほどの
発言が飛び出していたことに後から気づかされます。

時代はドラマ「男女七人」シリーズが流行っていた80年代が舞台で、
物語の各章にもその頃流行った懐メロのタイトルがつけられています。
でもよく考えたら、この頃を舞台にするからこそ成立した作品だとも思うので、
そのへんも含めホントよくできてるなーとカンシンした。

これから読む方へは。
単調で何の変哲もない恋愛ドラマがずーっと展開されますが、
投げることなく読み切ってください。
あと、あんまし予備知識入れずに読むことをオススメします。

ただ、この本を貸してくれた子は最後のどんでん返しをとんでもない勘違い解釈してたので、
それなりに最低ラインの読解力&記憶力は試されるかもしれません(笑)
まぁ1000人に一人くらいの発生率ではないかというくらいの勘違いっぷりやったけど。

#14 Time to Pretend/MGMT

去年は本当に気になる新人が沢山出現したけども。
その中でもひときわ異彩を放っていたのがMGMT。

そんな彼らのデビュー曲「Time to Pretend」
今日ふとお昼休みに耳にしたんだけども。
一瞬にして頭上に広がる青空を、すごく神々しく感じ、
目の前に広がる街の光景を、すごく儚く感じた。
なーんか壮大なスケール感を漂う曲です。

Time to Pretend/MGMT

これ、実は本当のPVじゃなくてテレビ番組の映像かなんかに
この曲を乗せてるみたいなんだけど、曲のオーラにあまりにもマッチングしすぎたので採用。
なんか偉大なる地球をじっくり旅してきたような後味があるね。

ちなみに本当のPVも、「近未来的神話」とでもいいましょうか。
なんとも不思議な世界観で思わず見入ってしまう映像ですので、
機会があればぜひチェックしていただきたし。
05 | 2009/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: