スレイ・ライド~そりすべり~

先週の話になるのですが。

11月に入って、気の早いクリスマスムードにうんざりが続いていたところ、
某商業施設の館内BGMで、この曲が!!

Sleigh Ride/TLC

まさか・まさかのTLC。
よもやクリスマスソングにこんなにテンションがあがるとは!

クリスマスシーズンでも街でめったに出会わない曲な上、この曲自体、
オリジナルアルバムには収録されていないため音源確保できてなくて、
現場に行けばCDあるけど、あたしにとって
プライベートではなかなか聴けないレアナンバーなのよ!
そのぶん、自分の中で価値の高いクリスマスソング。

普段はボサノバとかジャズとか洒落た曲流れてる館内なのに、
シーズンに合わせたセレクトとはいえ、
まさかこんなポップR&Bが聴けるとは思いませんでした。

更に言うなら、この曲にPVあったとは!
ゆーちゅーぶから、音源だけ引っ張ってくるつもりが、
映像まで付いてきて、ちょーラッキッキー。
初めて見ました。
この曲はリサのスウィング感溢れるラップパートもたっぷりあって、ええですな。

#30 Might Like You Better/Amanda Blank

9連勤終了ーーー!
あーーー
踊りにいきてーーーー!!!!

Might Like You Better/Amanda Blank

今一番体が反応しちゃうこの音で。
飲んで踊って思いっきり、はっちゃけたい!!!!!

ガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」

ここ毎日、あたしの舌を唸らせているのが。

某百貨店で長蛇の列を作るガトーフェスタ・ハラダの名物、
ガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」。の、ホワイトチョコレート味。
2009112513040000.jpg
あーうまい。
まぁラスクにホワイトチョコレートをコーティングということで、
はっきし言って、クソ甘いのですが。
そのクソ甘いのが、あたしは好きなのです。
ラスクの香ばしさと、ホワイトチョコレートのハーモニーが絶妙。
2009112513050000.jpg
コーヒーと相性抜群。ちょっと苦めなくらいでも可。

そのうちコレのお取り寄せに手を出すか、
某百貨店の長蛇の列に参戦しているかもやしれません。
(前に1回だけ参戦したことある気がするけど)

セレブ列車に乗って

兵庫県の片田舎をマイペースに走る鉄道「神戸電鉄」。
どっかの鉄道のおさがり車両を使ってるのではないかと
疑わずにはいられないボロい車両が定番なのですが。

いつからだったかはハッキリしないのですが、
えらくメタリックな外装の車両が走り出した。
あたしは、その車両の内装を見て勝手に「セレブ列車」と名付けた。

普段の神鉄電車をスーパーに例えたら。
セレブ列車は百貨店。

実際、電気とか床とか百貨店っぽいしな。

しかし、これがまー出会わない!
(まぁあたしが週一でしか乗らないのも大きな原因だと思うけど。)
たぶん今年の頭か去年くらいに初めて乗ったとは思うんだけど、
それ以降、まーったく出会わなくて。
「はて?あれはマボロシだったのか・・・?」
と、思いかけたころ。

出会いました、セレブ列車!
2009112307220000.jpg
写真になると、なんの変哲もない気もするが(笑)
まずね、車窓が普通の列車より大きい。
下部に窓枠がないのよ。
椅子の背もたれから窓までの長さがない分、窓がずいぶん上下に大きく感じる。
ゆえに、普通の車両より、心なしかスタイリッシュに感じる。
そして、これまた写真では全くわからんが(笑)、椅子が少し高くて、背もたれは低い。
あと、荷物棚もデザイン性高し。

2009112307230000.jpg
こちらがドア。
どこか違和感ありません?
そう!手すりがない!
どこの鉄道でもドアもとにシルバーの手すりがあるけど、これが設置されてない。
代わりにドアと同じ長さの茶色のバーみたいなのがあるんだけど、
これがちょっと手を引っ掛けられるようなデザインになってて、手すりの役割を。

そして、ドアの上に液晶画面。
JRに乗り慣れてたらさして珍しいもんでもないが、2つも付けたのは頑張ったよね。
でも東京とかの電車だとさ、企業のCMとか、
ちょっとしたクイズとか流れてて、思わず見てしまうけど。
神鉄では、それとは全く相反する趣向を凝らした映像が流れるため、
それはそれで特に電車の液晶画面を物珍しく思わない人たちでも
思わず見入ってしまうのではないかと。

あたしが観た時はちょうど「志染」の特集だったんだけども。
どーやら神鉄沿線の地域をピックアップして紹介している映像が流されている模様。
都会の電車の液晶では決して見ることのできない、
のどかな田園風景や、神社やお寺、地域の祭りの様子など、
まーローカル感いっぱい!(笑)
田舎のドキュメンタリー特集を見ているかのようです。
ご丁寧に地域名はちゃああんと紹介してくれます。

神鉄らしいその映像に可笑しくて思わず見入ってしまいましたが、
そのすぐ下の車窓から見える風景も同じような田畑とゆーのが、
これまた更に笑いをくすぐります。

田舎の線路にそぐわぬセレブ列車。
そのアンバランスさに、会えば必ずちょっぴりテンション上がってしまうこと間違いなし。
初めて乗ったら、絶対見渡してしまうことでしょう。
次はいつ乗れるかなー

British Anthems 2009

いつの間にやら、HMVでBritish Anthemsキャンペーンが始まっとるやないかー!!

毎年、このキャンペーンで目ぼしいアーティストにいくつか出くわすので、
楽しみにしているキャンペーンなんですが。
最近全くCDショップから遠のいていたら、完全に出遅れた!

このキャンペーンは、対象商品(UKロック中心)を買うと、HMVがピックアップする
注目のUKアーティストのコンピレーションCDが貰えるというものなんだけど。

これがなかなかになかなかで。
毎回初めて聴く、かっくいーナンバーが多いのよ。
おかげで、現場でも大活躍なわけっすよ。いとありがたし。

今年は何買おうかなーぁ。
Basement JaxxかTHE TEMPER TRAPが今のとこ有力候補なんだけども。
店舗で実際物色したら、もっといい出会いがあるかもしんないから、
とにかく店に行かんことには始まらん。

でも数量限定なので、なくなり次第終了なんだよなー。
まだ残ってるといいんだけども・・・

今年のコンピCDのラインナップをチェックしたら、
既に音源欲しかったアーティストがいくつか名を連ねてた。
うおう。ますます欲しい。

そしてビックリしたのが、「お!べっぴんがいる!」とラインナップで紹介されてた
アーティスト写真にひかれた一人の女子がいて。
興味をひいてプロフィール読むと・・・
「元ピペッツ」

うおおう!脱退してたのかー!
あたしが一番気に入ってた黒髪の子ですよ!

どうやら昨年惜しまれながら脱退し、いつの間にやら
ローズ・エリナー・ドゥーガルとして新たに活動していたようです。
で、けっこー評判がいいらしいセカンドシングルがこちら。
「Start/Stop/Synchro」

何だかピペッツにはなかったアンニュイなカンジがちらり。

映画談義

今朝は田舎で濃霧に襲われました。
はっと気が付くと一面真っ白で。
一瞬、雪かと思ったー本気でびびったー。
車通勤の人も見えなくて曲がるトコ曲がり損ねて、
ぐるーっと迂回して出勤したとかなんとか。恐ろしや!霧!

さて。
世間では3連休最終日。
例の如く「そんなことカンケーねーよ!」な、大型連勤中のきゅうえむあいさんも、
本日はいつもより2時間ほど前倒しで終業。
あとちょっと頑張れば、もーちょい早く退散できたんだがね。
やっつけ仕事でいいから、とっとと済ませばヨカッタ。

さて、そこから色々と経由して。
三宮に繰り出し、一任されたカフェ飯セレクトを悩みぬいた結果、ラフレアで晩ごはん。
映画好きの友と大いに映画話に花を咲かせました。

こんなにがっつり映画話を語ったのは久し振り!
ここ最近は自分自身の映画離れもあったし、こんなに熱く語ることなかったもんなー。
青春時代を思い出した(笑)
でもあの頃と明らかに違うのは、自分の記憶力(涙)
映画名やら役者名やら、まー出てこない!
ヒース・レジャーが出てこなかった時は、もうあたし終わったなと思うた。(遠い目)

お互い映画の好みは微妙に違うんだけど、駄映画に関する感性だけはバッチリ一緒で、
「ブロークダウン・パレス」が最悪だったと憤慨して、
あんなに同調してもらえたのは初めてだった(笑)
まぁそもそも、「ターミーネーターの3が最悪やった!」
→「クレア・ディーンズがめちゃ老けててショックやった!」
→「ロミオ&ジュリエットの頃のクレアはめためた可愛かった!」
とゆー話の流れまで息ばっちりでしたが。

「スターウォーズ」についてマニアックに調べ抜いた過去や、
アメコミ(主にX-MEN)の素晴らしさを熱弁してスッキリ。
なーんかこう自分の持ってる価値観を語りつくせるって、最高にストレス解消よね!
意見に反対されたら逆にストレスだけど(笑)

とりあえず、映画談義を終えて得た課題は。
「レザボア・ドッグス」観ることです。

これまでそれはもう色ーんな人に薦められてきましたが、実は何気に見たことがない(笑)
タランティーノは「パルプフィクション」も「キルビル」の①も②も「ジャッキーブラウン」も
飽きるくらい観たのに(特にキルビルはセリフ覚えるくらい観た)、
1個だけぽこっと抜けてるんだよね。ブシェミ好きなのにー!
でもま、その前に「イングロリアス・バスターズ」だけどね。
先週もう始まってんのかと思ってフライングしちった。仕切り直さねば!

#29 I want you back/ Jackson 5

先週から楽しみにしていたスマスマのMJ特集!
様々なインタビューに音楽映像に満足いたしました。
PV映像の特集はもっと時間割いてくれて良かったけどね。
MTVか何かでジャネットがバックにスクリームのPV流してパフォーマンスしてたやつ!
初めて観た!あんなことしてたんだー
あとはやはりMJのライブ映像ですよね。MTVのやつ!すげかった!
ウィルアイアムまで登場した中継も、貴重な話がきけて興味深かったです。
ま、あえてゆーなら、通訳いらずの人がインタビュアーだったら最高だったのにー!

ジャクソン5のマイケルは本気で可愛いけど、無邪気に歌う姿に逆に悲しみを感じてしまうわ。
I want you back/ Jackson 5


びっくりだったのがマイケルが好きだったという「スマイル」
あれ、チャップリンの曲だなんて!!
映画で使われた曲なのかな??
チャップリン映画は昔ちょこっとだけハマったことあるのに、全然知らなかったよ!!
本気でコステロさんの曲やと思ってました。あれはカバーだったのか!
知識がひとつ増えました。

耳が痛いとブログ更新が滞る

耳が痛いとブログ更新が滞る。
新たな法則が生まれました。

いわば、「風が吹けば桶屋が儲かる」と同類のこと。
ちなみにこの「風が吹けば桶屋が儲かる」の具体的な輪廻はウィキによると。

1、大風で土ぼこりが立つ
2、土ぼこりが目に入って、盲人が増える
3、盲人は三味線を買う(当時、三味線は盲人が弾いた)
4、三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される
5、ネコが減ればネズミが増える
6、ネズミは箱を囓る
7、箱の需要が増え箱屋(桶屋)が儲かる

だそう。
現世では考えもつかない連鎖現象ですな(笑)

ちなみに現世を生きるあたしの「耳が痛いとブログ更新が滞る」の連鎖は。

1、耳が痛い
2、イヤホンができないからi podを聴かない
3、i pod聴かないから充電も不要
4、充電不要だからパソコンを開かない
5、パソコン開かないからブログも書かない

ipodにパソコン・・・・
見事に時代性を反映した連鎖ですな(笑)

そんなわけでこの1週間くらい、調べたいことは全て職権乱用てきな感じで済ませ、
家でパソコンを開かない日々。おかげですこぶる健康的な日々でした。

この間、まー色々ありましたが。
テレビネタを3つほど。

「グラチャンバレー」
男子バレーがあんなに歯がゆくないの初めてなんですけど!
知らない顔がだいぶ増えてて、最初は正直すげー不愉快だったんだけど(笑)
その失礼を、本当にすいませんでしたー!と、ひれ伏すしかない快調さ。
大概、女子はそこそこ頑張るけど、男子はふがいないのがパターンなのに。
今回の男子チームは今までにない粘りがある。
レシーブすげーよ。むちゃくちゃ取って、ちゃんと繋がってる。
更に、清水の頼もしいパワフルさ。
この調子でいけば、メダルも夢じゃないのでは・・・?
でも、日本ってどのスポーツにもいえるけど、油断が多いからなぁ。
まだまだ期待は早いかしらん?
残念ながら明日は見れなさそうだが・・・頑張れ日本!

「FRISKのCM」

かーーーなり、あたし好みなんですけどー!
最初見た時、釘付けになった。見入ってしまった。そんなCM久々。
このideaこそ、どこで生まれたのだろう。

こっちのバージョンもイイネ!
FRISKは生まれてこのかた買ったことねーんだけども、CMは気に入った。
ちなみに、大好きだったホットペッパーのCMがあんなことになって、
不快を露わにしてるのはあたしだけでしょーか?カエラに戻してー!!!!!!

「市川海老蔵」
前々から思ってはいたが。
かっこいいのー。
そして、意外すぎる展開!
これまでのゴージャスな顔ぶれを差し置いて・・・小林麻央すげすぎー!

The rocket gold star

あたしの大好きなイラストレーターThe rocket gold starさん。(名前がちょーいいよね!)
神戸市民にはワケトンやスマスイのキャラでお馴染みかと。

山崎さんにはお仕事で一度だけお会いしたことのあるのですが、
色紙にスラスラ~と可愛いイラストを描きあげて、さすが!だった。
そしてその可愛さに、わあぎゃあ騒いだ(笑)

その山崎さんことThe rocket gold starさんが、このたび「なまえのことばえじてん」と
「うごきのことばえじてん」という幼児向けのイラスト辞典を2冊同時出版。

それを記念した個展が、大阪で開催されたのち、
神戸の「Fruit Cafe Saita! Saita!」にやってきました。
13-1.jpg
元町商店街を西に抜けて横断歩道を渡った先の広場に面している小さなカフェ。
このすぐ近くで数年間働いていたのに、全く知らなかった「Fruit Cafe Saita! Saita!」
2009111711520000.jpg
もー無茶苦茶、気に入りました!
次のカフェ会ルート入り決定!(笑)
つーか、家の近くだったらマジで入り浸りたいくらいに素敵な店でした。

何てったって、BGMでかかっていたのがー
女の子市民ブログで取り上げたばかりの、ジェイミーカラム!

アルバムでがっつりかけてくれていたので、
思わず「ニューアルバムでてるんですよ!」と。回し者か、あたしは!(笑)
調子に乗って、ゆーちゅ-ぶのライブ映像まで薦めてしまった(笑)

The rocket gold star展では、店の壁中に本のイラストラフ、原画イラスト、
編集者の赤ペンチェック原稿などが所狭しと一面に貼られています。
ちょーど他のお客様がいなかったので、ぐるぐると見渡せました。

特に印象的だったのは、細かい赤ペンのチェック。
そんなところまで!という、細やかな指示が沢山されてました。
本を作るって、簡単なことじゃないですね。

ちなみに今日に引き続き明日は山崎さんのサイン会があるそーです。
行きたいけど、無理そうだなぁ・・・

個展は28日まで!
まだ間に合うので、ぜひ空いてる時間利用して行ってほしいです。
あたしも、サイン会は無理だが、期間中にあと1回行けたら懲りずに行こうとしている(笑)
個展もお店も本当にオススメ!

お店については、また改めて神戸カフェカテゴリでご紹介します。
定期的に様々なギャラリーを開催されているようだし、絶対また行くし。
とりあえず、フルーツジュースおいしかったです。

2009112021470000.jpg
個展に足を運ぶ一番の目的だったのが、実はグッズ!
色々と販売されているのは聞いていたので、楽しみにしていたんですが。
一目ぼれで買ったのが、ピンクのペンケース。
来年からは、手帳と共にこれも持ち歩くー!
他にもバッグとかマッチとか缶バッジとか、色々販売されてます。
どれも漏れなく可愛い。

あたしがスマスイに行きたがる70%の理由は、
The rocket gold starのグッズが欲しいからだというのは真実かもしれません・・・。

神戸ビエンナーレ2009

港で出合う芸術祭。
2年に1度の神戸の芸術祭「ビエンナーレ」。

週間天気予報で雨マークが並んだある週の
奇跡的に1日だけ晴れた平日に行って参りました。

いやーほんと、天気運よすぎた!
natsuki&yuxyと、沖縄ぶりの3ショットで。

今回のビエンナーレはメリケンパークの会場と、
神戸港会場と兵庫県立美術館の3会場に分かれていて。
選んで観ることもできたんだけど、あたしたちはがっつり3会場のセット券を。
メリケンパーク→フェリーに乗って神戸港会場→兵庫県立美術館
のコースでたっぷりと芸術を堪能いたしました。

メリケンパーク内のコンテナ会場。
西側の入口から入って左手奥あたりに、あたしの一番の目的!
2009111212260000.jpg
ラフレアによるコンテナカフェ。
斜めになってるカラフルなコンテナの中にも座席があります!
2009111212430000.jpg
もー想像以上に素敵な空間!
洋画に出てきそうなポップでアート感溢れるカフェ。
2009111212440001.jpg
神戸のシンボルを見渡しながらランチ。
2009111212440000.jpg
期間限定なんて勿体なさすぎ!!
本家ラフレアに勝らずとも劣らないほどの、入り浸りたい感。

うまくいけば、このコンテナ使ってyuxyプロデュースのカフェを開くかもやしれません(笑)
そんときは働く予定なので、皆さま是非お越しください!

・・・よし!
もーコレ紹介できたから、満足!(笑)
コンテナアート紹介さくっと行くぜー!
2009111213240000.jpg
時計が敷き詰められた空間。秒針の音が狂気に満ちてた。

2009111213300001.jpg
このあたりでカメラクラブという、デジタル一眼レフ持った
じーちゃん・ばーちゃんの集団につかまり、モデルをさせられた。

2009111214030000.jpg
平面なのに立体的に見える・・・だまし絵展アゲイン(笑)

2009111213470000.jpg
プロモーションビデオのセットのような・・・(笑)

2009111213390000.jpg
あ、そうそう。
今回のビエンナーレのあって無いようなテーマは「わ」です。

2009111214560000.jpg
これは神戸港会場の作品のひとつ。
ほーんと雨じゃなくて良かったー!
確実にフェリーなんて楽しめなかった。
風も心地よかったし、まさにビエンナーレ日和でした。

そんなわけで、ビエンナーレは23日まで!
未だ行ってない人は急げー!

Jamie Cullum 

ついに。
ジェイミーカラムくんについて熱く語る時がきたようです。

まさかのニューアルバムリリースがされておりました。
まだ輸入盤だけだけど。

こないだ久々にタワレコ行ったのに、完全に気が付いてなかった!
今年のしくじりベスト3入りの愚行です。
国内盤は来年1月に発売とのことで、しっかりユニバーサルのHPに記されてた。

彼のリリース情報はここ数年けっこー定期的にチェックしてたのに、
リリースされてから気づくなんて、か・な・り解せない。なぜ?

でも新譜リリースは大変喜ばしいです。
輸入盤のDVD付きも捨てがたいが、ちゃんと国内盤で欲しい。
ああ、どうしよう。
究極の選択だわ。国内盤DVD付き出てくれたら手っとり早いんだけどな。

そしてこれは来年か再来年あたり、
来日とか期待できちゃったりするのではないだろーか。
長年恋い焦がれた生カラム。
あたしの「死ぬまでに絶対ライブに行きたいアーティストランキング」の第1位。
ああ、どうしよう。
誰よりも近くのポジションで観たい。

何せ、あたしが彼のトリコになったのは、彼の曲でも、ピアノでも、歌声でもなく。
ライブ映像がキッカケ。

ピアノ1台が用意されたジャズバーのようなスタイリッシュな舞台で
ジャズミュージシャンである彼の繰り広げたそのパフォーマンスは、
最早、ロックミュージシャン。開いた口がふさがらなかった。

最初はかしこまってピアノ弾いてたんだけど、曲にどんどんのめり込んでいき、
立ち上がり、暴れ出し、寝転がったり、最後はピアノの上に乗っていた(笑)

・・・と、文章化すると、すげー図になってしまうけど(笑)、
決して破壊的なものではなく、もう音楽に没頭するがあまり、
無我夢中でパフォーマンスしてる感じ。音楽を愛する気持ちをそのまま体現した感じ。
本当に音楽が大好きなんだな~とゆうのが伝わってきました。

はっきり言って、目は釘付けでした。
その舞台には彼が出てくる前も違うアーティストが演奏してて、
それまで何気なく見ていたのに。
明らかに毛色の違ったそのパフォーマンスに、頬が紅潮し、静かな興奮を覚えた。

しかもそんなクレイジーなパフォーマンスとは裏腹に、
やってる音楽はいー感じにジャズなんだから、脱帽するしかない。

彼のセールスポイントとして、そのジャズマンならぬぶっとんだパフォーマンスと共に、
そのジャンルレスなカバー曲も特徴。

これまでも、ネプチューンズやレディオヘッドといった面々の楽曲を大胆カバー。
これが天才的に素晴らしい。

マイケル・ジャクソンの「スリラー」も彼の手にかかれば、たちまち違うものに大変身。

アデルのカバーなんかも織り交ぜたオリジナルメドレー。
アメージング!としか言えないそのパフォーマンス。
ピアノの上は見たことあったけど、下に潜るという技まであったとは!
最早ピアノは弾いていない(笑)


そして今回のニューアルバムにはリアーナのヒット曲
「Don't Stop The Music 」のカバーverが!

たまげた。
あーのクラブライクなダンスミュージックがこうもクラシカルになるとは!
しかもPVが出てるところを見ると、これがシングルなのかも?


では最後に彼のヒット曲たちを、冴えたライブパフォーマンスと共にどうぞ!

「Everlasting Love 」
これは一番有名かも。
「ブリジットジョーンズの日記2」の主題歌。
映画はクソでしたが、主題歌は最高!
いや、映画も1作目は大好きなんだけどね。

ヒートしちゃってピアノの蓋しまっちゃっても何のその!(笑)

「Mind Trick 」
あたしが一番好きな曲。
セカンドアルバムのシングル曲。
音楽の魔法。彼にぴったしの楽曲。

終盤、我慢しきれず、前へ飛びだす(笑)

いやー、こーやって改めて聴いてみると。
やっぱ驚くほど好みの歌声だわ。
何てええ声なんだ!

生で聴ける日が楽しみでしゃーない。

マンデーズ結成!

妻会。
いべくる。
チーム★こども。
カフェ会。
みーともーにんぐ会。
巫女会。
宴の会。

様々なグループに所属してきましたが。
このたび、新たなグループを結成いたしました。

その名も、マンデーズ!

それは、月曜日に集う3人のコト。
今、このメンバーでとっても楽しげな企画をしていて、
それを機に、あたしが勝手に愛称つけただけなんだけど(笑)

そもそも発案は他の2人が酒の場で勝手に進めていて。
外部にも伝わったのち、後からその案を知らされたとゆふ・・・・

いや、別にいいんだけどさ。
当然のよーに仲間に入れてもらえていることは光栄だし嬉しいと思う反面、
「ま、コイツなら後日承諾でええだろう」と、若干軽く扱われてるよーな・・・(笑)
あたしという人材の価値を、買ってもらえてるよーに見せかけて、
実は安くみられてるんじゃないか?と、ちょっぴし複雑な心境(笑)

まぁ、案をきかされた時は、即答で賛同したので、
「後日承諾でええだろう」の考えは全く外れてはいないんですけども。

だって楽しい予感しかしなかった。
直感で。
本能で。
これはやるべきだ!と思った。
そのテンションのまま、企画書まで作成し、
いつの間にやら、一番あたしが張り切って企画の指揮とっちゃってるという現状。
何せもう完全に2人に指示してますから・・・(笑)

年明けの楽しみができました。
わーい!わーい!
音源集めたりの準備がちょいと大変そうだけど、楽しい予感を信じて頑張るのだ。
ひとまず、「会議とゆー名の飲み」の日程を決めなきゃ始まらんのーう!

食欲の秋~と、言い訳してデザート&デザート~

2週間ぶりに会った心奈が、二重アゴに。
2009110117380000.jpg
ああ、我が姪よ・・・・。

赤子といえど、やはり人間。
食っちゃあ寝え食っちゃあ寝えしてたら、肉ついちゃうんだね。
でもまぁしょーがないよ!

だって食欲の秋だもの!!!

・・・と、言い訳したい件が伯母にもひとつ。

先日の蜷川実花写真展のあと。

夜ごはんをラフレアでがっつり食って。
デザートにパフェもきっちり食って。

時計を見たら驚きの18時台。

「早えー!」とか言いながら、うだうだ喋ってはみたが。
うずく心を抑えられず。

「デザート食いに行こう!!!」

ザ・爆発(笑)

確かにデザートは食ったはずなんだけど。
ちゃんと紅茶もいただいて、形としてはバッチリ夜のお食事は締まったんだけど。

2009110521030000.jpg
アラカンパーニュでがっついた。

「そうそう!本当はパフェじゃなくてケーキが食いたかったんだよ!!」
と、しっかりパフェ食ったあとにゆうセリフじゃないよな(笑)
カフェオレも飲み切って、今度こそ無事に締まりました。

アラカンのケーキは相変わらず乙女ゴコロをくすぐるのが上手!
どれにするか毎度のことながら、悩みました・・・。
そして、いつの間にか全席禁煙になっていた!
こりゃますますスイーツ好き女子ワールドに磨きがかかるね。

#28 Right Here (Human Nature Mix)/SWV

ビルボードライブ大阪が定期的にあたしを悶えさす公演情報を発表するのには
もうけっこー慣れてきてたつもりなんだけどね。

それでもやっぱ悶えますよね。

SWV来日!!!!!

ライブの観たすぎ感と、チケ代の半端なき高さの狭間で。
悶えます、あたし。

Right Here (Human Nature Mix)/SWV



ビルボード大阪といえば、チャカカーンの写真が大々的にずーっと壁に
フィーチャーされ続けてたんだけど、よーやく公演が終了したのか、
いつのまにやらすっかりアレステッド・ディヴェロップメントに入れ替わっております。
dtl_07121_1.jpg
これがまたエエ感じで、毎朝にやにやしています。
今年のビルボード締めくくりライブとなるそう。
ええなぁ。こんな締めくくり。素敵。

芸術の秋~だまし絵展、蜷川実花展~

昨日、natsukiと一緒に「蜷川実花展―地上の花、天上の色―」という
作品展に行ってきたのですが。
そして、それについて書こうとブログ開けたのですが。
それより前に同じくnatsukiと「だまし絵展」にも行ってたんだった!

いよいよ年末めいてきて、その特有のバタバタ感のおかげで、ころっと忘れていたわ。

そんなわけで、芸術堪能中。
秋です。

「だまし絵展」@兵庫県立美術館
2009102214310000.jpg
残念ながら今月3日に終わってしまいましたが。
今更ですが、ちょーオススメの作品展でした(笑)

平日に行ったのに、むーちゃ人多し!
人気の度合いを窺えました。

今年の春くらいだったかなー?
この「だまし絵展」がこの夏に横浜で開催されるのを知って、「うおー!行きたい!!」
と、気持ちは横浜にすっとんだくらいに惹かれた作品展だったのですが。
それから間もなくして神戸でも開催が決まり「行く!」と、随分前から心に決めていました。

思ってた以上にボリューミーで。
観終わる頃には、軽く目に疲労感(笑)

でも、想像どーり、ほんとーに楽しい作品展でした。

1作品、1作品、どんな仕掛けがあるのかと、わくわくしながら臨む。
その仕掛けに騙されまい!とゆー思いは全くなくて、むしろ騙されるのを望んでしまう。

それはまるで、手品のよう。
だまし絵は芸術という名の手品だね。

老若男女問わず誰もが楽しめる作品展でした。

もうちょっと記憶古くなってるし、何せ薦めたところでもう終わってるし(笑)
こんなもんに留めておきます。

だって多分こっからが長くなる(笑)

続いては。

「蜷川実花展―地上の花、天上の色―」@西宮大谷記念美術館
ninamika.jpg
ただいま、あたしの携帯の待ち受け画像はこのようになっております。おほほ。
来場者に無料ダウンロードのプレゼントをやっていたので、頂戴いたしました。
初めておサイフケータイのピっとする機能を使ったよ。

2009110514400000.jpg
こちらは今月29日まで開催中。
まだ間に合うので、可愛いもの大好きな女の子市民の皆さま方には
是非とも行って欲しい作品展です。

最寄駅は阪神電車の香櫨園駅。
徒歩6分ほどで、割と駅近の美術館、西宮大谷記念美術館
2009110513350000.jpg

蜷川実花を知ったのは確か高校くらいのころだったかなー?
ビレバンで彼女の写真集が特集コーナー組まれて置いてあった気がする。
そして友人らと、その素敵さにうはうは言いながら見たものです。

今回の作品はこれまでの作品を網羅した形で、その頃うはうはゆってた写真もあったし、
新作もあったし、とにかく見ごたえ十分!

特に「人」「ポートレート」のエリアはね、間違えなく時間がかかるし、
他の人も一番じっくり見てるから、休日は最悪かもしれない。

幸いあたしたちが行ったのは平日の午後で、
割と空いてたのでのびのび見れてラッキーでした。
(まぁポートレートんとこは若干人だまりできてたが)
たぶん人気写真家の作品展に行くにあたって、
かなりナイスチョイスな日程だったに違いない。

この一番じっくり見てしまうエリアは。

栗山千明としょこたんの写真から始まって・・・

土屋アンナやら麻生久美子やら松田龍平やら長谷川潤やら、
杏やSHIHOやサトエリ、松山ケンイチや小栗旬や妻夫木くんやら。
後藤久美子や中山美穂や松たか子に、アムロちゃんやキョンキョン!
驚きどころだと、引田天功とか水森亜土とか三輪さんまで・・・!

とにかく、ここに挙げてる人たちなんてほんと一例で、
テレビジョンや雑誌で見知った顔がわんさか!

しかも、その豪華な人たちが、いつもとはちょっと違った、
蜷川テイストに染まった一面を観れるのが、なかなか楽しい。

作品リストに書かれてる名前と照らし合わせながら見ていくと、
そのリストで名前確認しなきゃ、この人ってわかんなかった!みたいな、
かなり違った表情を見せてる人もかなりいます。
かと思えば、全く蜷川色に染まってない人もいたけど・・・(笑)
あたしは、綾瀬はるか天晴れ!と思おうたよ(笑)

そして、やはり、蜷川実花といえば。

今回の作品展名にもついている「花」と、
映画「さくらん」でかなり効果的に使われていた「金魚」。

彼女の写真が彩る、鮮明で強烈な色感。
それが最も映える被写体なのではないかと思う。

今回でも大きくスペースが持たれて展開されていたけど、
ぼーっと見てると吸い込まれるかと思った。鮮やかすぎる。眩くてくらくらする。

でも一番くらくら来たのは。

「花」でも「金魚」でもなく。
空の「青」。
鮮やかな色を放つ「花」の後ろに広がった、空の「青」。

背景のはずなのに、今にも「花」を侵食してしまいそうな。
怖いくらいの「青」。

くらくらとゆーか。ちょっとぞくっとした。



「極上」の「色彩」

「極彩」

彼女が放つその圧倒的な色感を端的に言葉で表すと、この表現がピッタシだわ。

Castle Panic

父がテレビゲームに大変偏見を持っていたため、
昔からテレビゲームの類にはあんまし縁がなかったのですが。

父が麻雀や将棋を大変得意とする人だったので、
昔から卓上ゲームの類には結構縁がありました。

麻雀に、麻雀パイを使う競馬ゲームに、
将棋はマスターできなかったけど、歩まわしに山崩し。
ドンジャラ(我が家のドンジャラはひみつのアッコちゃん!)に人生ゲームに、
オセロにすごろくにロケットゲーム(だいすき!)にダイアモンドゲームに
小人ゲーム(だいきらい!)にUNOアタックに。

そんなに数はないけど、それなりには楽しんできました。

昔はやっぱテレビゲーム欲しい!と思ったもんだけど、
家族団欒で楽しむ卓上ゲームはとっても楽しかったので、
今思えば、父の卓上ゲーム志向も悪くはなかったと思うし、
もし自分が親になったら、卓上ゲームを必ず色々揃えると思う。
家族団欒にはもってこいのアイテムだと思う。

特に今年は人生ゲームが自分の中で再ブームで何回かやったんだけど、
改めて卓上ゲームはいいなぁと実感していたところ。

みんなでワイワイ部屋に集まってゲームをするとなれば、
今ならWiiとかが主流なんだろうけど、それはそれでとっても楽しいけど、
どーしても皆が対ヒトではなく対テレビの状態になってしまうのがね。
ふとその状態を我にかえって見てみると、
集まっているのに会話をすることなく携帯をいじりあう図のような違和感を感じる。

頭ごなしにテレビゲームが悪とは言わないが、
ゲームを「集団でその場を楽しむための一つのコミュニケーションツール」
としてみた時はやはり、テレビゲームよか卓上ゲームに分があると思う。

みんなでゲームを囲って、相手の表情を見て、会話して、ジェスチャーして、
触れ合って、ちゃーんと対ヒトで遊べるのがデカイと思う。

・・・と、卓上ゲームについては、そこそこ熱く語れる見解を持っているのですが。

そんなあたしを唸らせる卓上ゲームに出会いました。
その名も「キャッスルパニック」
2009102619470000.jpg
先日お呼ばれしたおうちで遊んだのですが。
これがもーう目からウロコ!

ちょー楽しい!!!!!!!!

その日ちょうどその家にやってきたばかりだった「キャッスルパニック」
アメリカから取り寄せたそうで、ゲーム代よか送料のがかかったらしい(笑)

そんなわけで、家主が説明書片手に説明しながら進めていったのですが、
けっこー単純で、一度やってしまえばすぐに飲み込めちゃいます。

このゲームの魅力は何といっても協力型ゲームということ。
つまり、プレーヤー全員が味方!
みんなで力をあわせて城に攻めてくるモンスターを倒すといった趣向のもの。

テレビゲームだと、パーティ組んで対コンピューターモードにすれば、
みんなで味方として遊べるけど、卓上ゲームはどうしても個人戦になりがち。

そーゆーのがちょっと苦手な人も、みんなで協力しあってするゲームなので、
敵対心がヒートしすぎてその場に不穏な空気が流れることなく(笑)、楽しめます!

実は最初、卓上ゲームなのにみんなが味方ってゆーのが
どうもピンとこなかったんだけど、実際にやってみたら、かなりしっくり。楽しい。

次々と現れるモンスターをカードを引いたり交換しあって、倒していく。
城が全部攻められたら負け、モンスターを倒しきったら勝ち。

うまく作られています。
てゆーか、これ作った人、賢すぎ。
2人~6人くらいで遊べて、イレギュラーな遊び方もできるみたい。
(1人で遊んだり、1人vs複数みたいな)
更に、子どもから大人まで楽しめます。

割と新しいゲームということで、日本語版はまだ出てないかな~
と思ってダメモトで調べたら、いちおー存在はしてるみたい!
ただ、ネットでも売り切れとかなってるから、ちょっと入手の難易度は高いかも?
でも、欲しい!

ちなみにこの日は、ギリギリのところで勝ちました!
もう城が攻め込まれて塔が全てなくなる寸前にモンスター倒しきった!
最後の最後にあたしのカード運が冴えすぎてさ。ミラクル起こしたよ。

チューハイ片手にワイワイワイ。
とっても楽しい夜でした。

ちなみに。
その日のご馳走。
2009102618250000.jpg
おしゃれおでん。
盛り付けもそうなんだけど(おでんなのに平皿!)、下に敷かれたマットとか、
ナプキン(アメリカで買った和柄ナプキン。不思議なオリエンタル感!)とか。
トータルしてのおしゃれおでん。

今シーズン初おでん。
うまうまでしたー

花のある生活

週明けからぐぐーっと寒くなったので、慌ててストールとか引っ張り出してきたけど、
もはやストールでも凌げない寒さ・・・・。
勘弁してくれーい!唐突すぎるよーい!
今年はアウター買うつもりなかったけど、ちょっぴし気持ちが揺いでいる今日この頃。

2009110320560000.jpg
お花をいただきました。

もともとお花は鉢植えより切り花派で。

儚い命ゆえ、本気で育てる間でもない手軽さ。
儚い命ゆえ、虫との戦いも殆どない気軽さ。
ゆえの切り花派で。

なので、今までも切り花はありがたく頂戴してきたのですが。

今回、初の鉢植え。しかも3つも。

「お花いるー?」と聞かれて「いるー!」と、それはもう阿吽の呼吸レベルで
つうと言えばかあみたいなレベルで即答してしまった手前、後には引けなくて。

こんなちゃんとした花だったとはー!

しかも「いくつでも持ってってー!」と言われ。
調子に乗って3つも・・・。
だってみんなそんくらい持って帰ってたし。
所詮、関西人だし。

これは「もっと女度を上げなさい」という、神からの導きだと思って、
がんばって育ててみます。花のある生活。そして、虫との格闘。

しっかし、部屋の中だと朝以外はカーテンほぼ締め切ってて日当たりないし、
かといってベランダは風で倒れたらどーしよー!って気になる上、
お花飾るような洒落たベランダでないし(つーか汚い)、
なかなかいいポジションが見つかりませぬ。
何て鉢植えの似合わない家なんだ。

AQUA

ま、まさかー!
AQUAが再結成してたとはー!!!!

AQUAといえば、数年前(調べたら2002年だった!そんな昔か!)に
確か松嶋菜々子か誰かが出てた生茶のCMソングに起用された
「Cartoon Heroes」(この曲名がすき!)で、日本のお茶の間にも大きく浸透。


しかし残念ながら彼らはその頃には既に解散していたはずなんだが。
どーやら、2007年に再結成をしていたようです。全然知らなかったよ。
昨今の再結成ブームをなめたらあきまへんな。

それは先日のハロウィンソングハンティングの後日談。
AQUAにまんまタイトルの「Halloween」とゆー曲があるのを知り、聴いてみると・・・

知ってんじゃん!この曲!!

・・・そりゃそうだ。だってオリジナルアルバム2枚ともしっかり持ってるもの。

あたしがAQUAを知ったのは高校生の頃。
今でこそロックも好きだが、そもそものあたしの嗜好は幅広くダンスミュージック。
AQUAの曲も当時、すぐに好きになりました。
確か彼らの「Happy boys and girls」(一番すき!)を体育の創作ダンスで使ってた気がする。

今彼らが出てきたらむしろ嫌いな類だが(笑)
当時のあたしには無問題。
ME&MYとかSTEPSとかチャンバワンバとかも漏れなく好きでした。
懐かし(笑)ザ・90’s!(笑)

そしてAQUAは、ボーカルちゃんの声が好みすぎた。
かわええロリータ声。
AQUAに限らず、カーディガンズにシックスペンスノンザリッチャーにブリトニーに。
かわええ声ロリータ声は無条件に好きです。

ま、そんなわけで、解散までにリリースされたオリジナルアルバム2枚は
自慢じゃないがどっちも聴きまくってたので、タイトルこそわからなくても、
どの曲もばっちりインプットされてるわけ。

なのに、「Halloween」をきっかけにYOUTUBE聴き漁ってたら、全く知らない曲が。
「Back To The 80's 」

何これー!?知らないーーー!!
と思って調べた結果。一行目の驚きの声に繋がったわけです。

もはやブームは完全にすっかり過ぎ去ってしまったが。
よく考えれば、音楽的流行の観点からいけば、今は時代(流行)が巡り巡って、
またもや彼らの音が受け入れられやすい時代かも?
ま、今更感が否めないのも事実だけど(笑)
実際問題、受け入れられてるのかどうかが気になる。
個人的には、相変わらずの可愛い声が聴けて満足だけど。
PVもタイトルどーりの、イー感じのチープ感が嫌いじゃない。
10 | 2009/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: