仕事納めしてきましたー。
やたー!
休みだーーー!!!!

ふかふかのベッドにダイブするかのような開放感でいっぱい。

これから年明け2日まで休みデス。いえい。
伴って実家に帰ってきた。
やはり暖かい。
つーか、あたしの家、寒すぎやねん!!!!!

夏は夏で小バエ問題に悩まされたが、冬は冬で底冷えに悩まされてます。
死活問題です。
女の子は冷やしちゃダメなのにーい。
i want コタツ。

今日は来年の漢字を書くという課題がありまして。
今年ではなく、来年のこーしたいという願望を込めた漢字。
あたしはこの文字にしました。

「充」

充実した1年にしたいという思いを込めて。
スっとこの字が浮かびました。
まぁ今年もかなり充実してたけど、来年は更に!という思いを込めてます。

何てったって、来年はワールドカップイヤー!(あ、サッカーのね)
振り返れば過去2回のワールドカップイヤーは、どっちも沢山の良き出会いに恵まれた年でした。
だから振り返った時、2002年も2006年も印象いいんだよ。
こりゃ2010年も素晴らしい出会いたちが待ってるに違いない!と、勝手に確信してます。
良き出会いは即ち、充実に結び付くと思います。

ところで。
この1年を振り返って今年の漢字を考える・・・ってのは何度もしたけど、
来年の漢字を考えるってのは初めての試みで。
そしたら、ある人は毎年元旦にその年の漢字を考えて、その字を書き初めしてるらしーです。
なんて和心溢れる正月。

で、驚くべきなのが。

けっこーその漢字通りの年になるらしーの!

だから毎年、真剣に、慎重に、考えるらしいです。
こりゃあ新たな1年に向けての漢字選びって、なかなか侮れないかもしれません。
意識下の中に残るのかな?よくわからないけど。

でも何か、ひらがなやカタカナやアルファベットと違って、
漢字はその一文字で意味を持つぶん、とてもパワーのある文字だよね。

新年の目標は毎年少しは考える気がするけど、
新年の漢字を掲げるというのは今まで考えつきそうで考えつかなかったなー。
(まぁ意味合いとしては同じようなことではあるが。)

でも、せっかく漢字のある国に生まれてきたわけだし、
漢字を選出するってのも趣があっていいよね。
毎年したいかも。そして書き初めがしたい。

ジョニーデップworks

ジョニーデップの気になる新作が2本控えております。うおおい。

今やってる「パブリックエネミーズ」は大して気になってないのだが。
(このCMに出てくるデップ様へのクレームは何人かに聞いた。老けてる!と。笑)

問題は来年日本公開を予定されてるこの2本!
「Dr.パルナサスの鏡」と「アリス・イン・ワンダーランド」
これ、どっちも気になりすぎる。

まず、「Dr.パルナサスの鏡」。

これは正直個人的にあまり得意でないテリーギリアム監督の作品ではあるのだが。
なんせ、ヒースレジャーの遺作!
この撮影中にヒースが亡くなり、お蔵入りとなるところを、
ジョニー・デップとコリン・ファレルとジュード・ロウの3人で
ヒースの役を演じることで撮影再開。見事に映画完成となったそうです。

ジョニー・デップにコリン・ファレルにジュード・ロウ!
この並びにクラクラするよね。なんて媚薬的な字面。全員主役級の役者っすよ。
しかも、3人の出演料は全てヒースの子供に寄与されるそうです。泣かせる。

そして、「アリス・イン・ワンダーランド」。

ティム・バートン監督×ジョニーデップで作られる不思議の国のアリス。
間違えないじゃん、それ!
お話としてはあまり好きじゃないアリスですが、
世界観は大好きなので、それをバートン監督が作ってくれるなんて、考えただけで涎。
ちなみにジョニーデップは帽子屋の役だそう。
そしてラインナップには、バートン映画に欠かせないヘレナ・ボナム・カーターの名も。
何の役やるんだろー?(わくわく)

今現在、東京で開催されている映画「アリス・イン・ワンダーランド」の世界展。
なんで東京だけなんだーーーーー!!!
悔しさでいっぱいです。
公開までまだ時間あるわけだし、関西圏でもやっていただけないでしょーか?

2009年度女の子市民ブログ的ヨーガクBEST20!

今年は音楽から遠のいた1年だったわけですが。
アルバム単位とか邦楽はてんでダメですが、
洋楽シングルはランキング作れそうなので。
2009年度洋楽マイベストランク。
動画とかリンクとか挿入しつつ、簡易解説。

1 sweet 16/THUNDERHEIST
踊りまくったー!
あたしのテンションあげに一役買ってくれました。
サンキューサンダーハイエスト!

2 Time Machine/rinocerose
ゲストボーカルにThe GO!TEAMのニンジャ!
上位につけるしかないじゃない。

3 Spinnin'/Speech Debelle
つい先日のめっけもんがこの位置。
ダークホースです。

4 My life would suck without you/Kelly Clarkson
なんだかんだで脳内リピート率は1番なのではないでしょうか。

5 million dollar bill/Whitney Houston
復活!ホイットニー!
しかしコレはアリシアキーズがグッジョブすぎた。
自分の新アルバム用にすればよかったのに!(新譜微妙・・・)

6 Get On Your Boots/U2

ipod再生率は素晴らしいです。
ただちょっと聴きすぎて年末を迎えるに当たってこの位置に落ち着く。

7 Sleepyhead/Passion Pit
今年出会ったバンドの中では一番でした。

8 Sweet Disposition/THE TEMPER TRAP
こーの曲は生が更に素晴らしかった。

9 Please don't leave me/Pink
ピンクは必ずアルバムにこーゆー曲放り込んでくるけども。
毎回もれなく心打たれる。

10 Warm Heart of Africa/The Very Best

ご機嫌なアフリカンビートが楽しいです。
ボーカルにはヴァンパイアウィークエンドのボーカルくん。

11 Stillness Is The Move/Dirty Projectors

これは聴けば聴くほどハマる。
旋律といいボーカルといい、不思議な色気を感じる曲です。
魅力的というよりは、魅惑的というほうがしっくり。

12 I'm not alone/Calvin Harris

時代ですね。
そして、あたしもバッチリ時代に呑まれているのです。

13 Bruises/Chairlift

「去年の曲じゃねーか!」と、言ふなかれ。
だって日本デビューは今年なんだもーん。
本来ならもーちょい評価は上ですが、
まぁipod nano的には去年だろ!ってことで、この位置に落ち着けときます。

14 Rubber Lover/Marmaduke Duke

初めて聴いたときの爽快感は忘れられません。

15 Nothing To Worry About/Peter Bjorn & John

あの口笛ソングで完全なる一発屋だと決めつけてゴメンなさい。

16 green light/John Legend
「どんどん質が落ちてる!」なんて批判も耳にしたが。
あたしは相変わらず支持してますよ。

17 shake it/Metro Station
まーなんだかんだでキャッチーな曲に弱いのよ。
例えどんなにチープでも。

18 Dirty Funk/Steve Appleton
まーなんだかんだでキャッチーな曲に弱いのよ。
例えどんなにチープでも。パート2。

19 Queen of the world/Ida Maria

なかなかの良質ポップスで気に入って聴いてた。

20 Empire State of Mind/Jay-Z feat.Alicia Keys

誰かー!Jay-zのアルバム貸してー!

権屋

クリスマスはAIちゃんともつ鍋。
杉本彩オススメとゆう有名もつ鍋店「権屋」に連れてってもらいました。

事前にAIちゃんに話を聞いていたイメージでは、東門街かと思っていたら、
イクタロード沿いでした(笑)ポムの樹の隣の建物あたり。

2009122520570000.jpg
看板メニュー「塩もつ鍋」
野菜たっぷりでヘルシーで確かに美味しかった!

が。

予約してたのにカウンター席だったり。
最初から殆どガスの残ってないボンベをセットされ、火力が弱すぎて、
ぐつぐつ言うのにかーーーなり時間がかかったり。
きゅうりのお通しが出てきて要らないってゆったら(2人ともきゅうり嫌い)、
また別の物用意しますね~!と言ったのに、最後まで別の物は出てこなかったり。
両隣の客の鍋は様子を見にきて、混ぜたりとかしてたのに、
うちらの鍋にはノータッチだったり。

まぁなんてゆーか。
味以外の部分でいくつか引っかかり・・・(笑)

それもこれも。
あたしたちが予約していた時間より30分も遅れて入店したからでしょうか。

「もしかして、遅れたことへの嫌がらせ!?」と、2人で終始、被害妄想(笑)


鍋のあとは、久し振りのセカチャン。
毎度のことながら「やっぱ落ち着くなぁ~」とAIちゃんと言い合いました。
でもお気に入りのカクテル「フルーツパンチ」がなくなってて、ちょーショック!
2009122620400001.jpg
クリスマスのサービスで、帰りにお菓子セットくれた~♪

イッツ リーズナブル!~これぞイブのあるべき食生活~

イブランチ。
2009122413420000.jpg
ウエルカムバーーーック!
チキンタツター!
イッツ リーズナブル!

うむ。
これぞイブのあるべきランチ。

再び復活とゆーことで、首を長くして待っていたタツタ。
クリスマスイブのランチに頂きました。

うまー!
レギュラー入りプリーズ!


イブ夕飯。

枝豆&ビール!(写真無え)
イッツ リーズナブル!

うむ。
これぞ、イブのあるべき夕食。

まじでコレだけ。
リアルに枝豆とビールのみ。
これを立派に夕食に見立ててしまえる、枝豆力!
つーか、あたしの異常な枝豆愛!
ブラボー!

イブデザート。
2009122420130000.jpg
yuxy沼田が家までデリバリーしてくれたクリスマスケーキ!
(ちょっと寄っているのはyuxyが振り回したんだ、たぶん)
イッツ リーズナブル!
つーか、タダ!(笑)

うむ。
これぞ、イブのあるべきアフターディナー。

沼田家ではこのケーキが沢山余っているそうで、恵んでいただきました。
あたしの他にマレーシア人にも寄与されたそうです。
とにかくグローバル!とにかくワールドワイド!イッツ沼田スタイル!

そんな沼田さんのケーキデリバリーの条件が「まぁちゃんと食べるなら持ってく!」
だったので、条件通りまぁちゃんを家に呼びつけて、2人でホールケーキと対峙(笑)

イブの夜に女2人でホールケーキ(笑)
素晴らしい図だよ(笑)

「とりあえず、4分の1頑張ろうか~」と、切り分けて、2人で食す。
一口目でめっちゃ美味しー!と思ったので、こりゃ2分の1いけんじゃねーの?!なんて思ったが。

甘かった。
あたしのその考えもさることながら。
このケーキがクソ甘かった。

4分の1食べきる頃には、もう胸いっぱいでした(笑)
途中までは非常に美味しく食べれたんだけど、やっぱ何事も度を超えるといけませんな。

まぁちゃんも同じく4分の1でギブアップしたので、あとは紅茶飲みながら雑談。

最近、東京から神戸に戻ってきたまぁちゃん。
色々と心境は聞きたかったので、さながらインタビュアーな感じで色々と聞き出しました。

その他、今後のこと。恋のこと。仲間のこと。
色々な話題で大いに盛り上がった。

そして、余った2分の1は、真夜中と翌日の昼にそれぞれ我が家にやってきた
サンタクロースとケーキ応援隊の協力により、無事、完食!

LINDBERG

LINDBERG 二十周年ドキドキときどき途中下車の旅2009
~そうだ仙台と東京と名古屋と大阪と広島と福岡でおりよう!!!!~

その大阪下車のライブに行ってきました!@なんばハッチ

このリンドバーグのライブ、実はクリパ後に行きまして。
そのクリパ前にはワンピースの映画を観に行ったとゆー流れで、
もう早朝からフル活動な一日でございました。

大変。
だけど。
大変、たのしい。

そんな充実しまくりの1日。
ライブにはnatsuki&momoと一緒に行きました。
いわば、クリパの2次会みたいなもんです。
つーか、コレに行きたいがために、今回のクリパは昼開催になりました。
幹事の権限フル活用!

それはさておき、リンドバーグライブ!

元を辿るとborabora店員のせいで予定してたよか30分も遅い会場入り。
間に合わないかも!と焦ったけど、蓋をあけてみれば、
場内に飛び込んでなかなかナイスエリアをゲットした瞬間に、リンドバーグの登場!
無駄な待ち時間はオールカットで、ナイスタイミング過ぎました。

『恋をしようよ Yeah!Yeah!』から始まったライブ。
マキちゃんいきなり感涙の涙で歌えなくなるという展開。
びっくりしたしハラハラしたし気持ちが伝わってきて、こっちまで泣きそうになった。
本当の本当に今年いっぱいなのかしら・・?(涙)

しかし、そのあとは笑顔・笑顔で。
アラフォーには全く見えない若々しさ&可愛さ。
アラサーの次のステップは「目指せ!渡瀬マキ!」ですな。

そして、ライブになるともっとヘタかと思ったら、けっこーうまくて意外だった(笑)
別にうまさが売りなわけでないし、多少音を外してもノリがあれば問題なしだから、
特にそのへんは期待してなかったんだけど。
声も出てたし、CDで聴いてた感じより、むしろうまいと思ったくらい(笑)
逆はよくあるけど、これは珍しいパターンだ(笑)

場内はリンドバーグで青春時代を過ごしたアラサー、アラフォー世代が殆どだったけど、
2階席は親子シートとなっていたので、小さい子も来ていました。
たぶん親に洗脳されているのだろう(笑)
ヒット曲満載で、老若男女楽しめる元気いっぱいなライブでした。
楽しかったー!
Cute_A_R.jpg

チーム★こども恒例クリパ

今年も開催されました!
チーム★こども恒例イベント「クリパ」

今年は昨年に引き続きboraboraで。
初のランチタイム開催。

お約束のプレゼント交換は、今年は参加者全員に対して用意する制度だったので。
2009122418070000.jpg
沢山いただきました♪
natsukiからはコード巻き取り器。
momokoからはピン止め。
yuxyからは31のチケット。
chikaからは湯たんぽ。
chiemiからは靴下。
aimiからはボディーソープ。

いやー。
やっぱ一気にプレゼント貰えるのって嬉しい!

今回は久々に会う顔も多くて。
みんなそれぞれの最近の報告会。
色々びっくりなネタも飛び出して驚きっぱなしでしたが。
一番印象だったのだが、会社在籍組から披露された新人バイトの話。

どーやら強烈なキャラのようで。
3か月経っても全く仕事ができない!とか。
電話番号教えたら最後!毎日かかってくる!とか。
キレて怒っても、それを愛情と捉えるちょーポジティブシンキング!とか。

聞けば聞くほど、マンガの世界にいそうなちょっと常識を逸したキャラ。
あー!何て会ってみたい人物なんだ!(笑)
想像は膨らむばかり(笑)
しかし、会えば必ずウザく思える自信はあるが。

残念だったのはborabora。
何度か利用してるけど、こんなに酷い対応されたの初めて!
ちょー杜撰。
オーダー通ってないのが何回かあったり、謝りもしなかったり・・・。
んー。
個室あって利用しやすい店なだけに、大変残念。


来年は第5回!
豪勢にやりたいものですな。

ザ・パロッツ

「今年もまた、世界最高峰のビートルズトリビュートバンド
<ザ・パロッツ>が神戸の街にやって来ます!
本場リバプールのファンをもうならせる<ザ・パロッツ>の
白熱のライブパフォーマンスとともに、
とびきりのクリスマスを神戸メリケンパークオリエンタルホテルでお過ごしください。」

とゆーうたい文句で23日に開催されたイベントに父と母に行ってきました。

2009122316480001.jpg

まずは17時過ぎから、結婚式の参列者控え室のよーな広い間で、ブッフェ式の立食。
見る限り平均年齢は50代~60代。
ゆうまでもなく、若かったデス、あたし!(笑)
そして、食いまくったー!

立食のあとは。
2009122318190001.jpg
披露宴の会場でライブ(笑)
そのヴィジュアルインパクトはなかなかのもんでした(笑)

ライブは第一部と第二部にわかれた2時間構成。

実は、ライブ前は披露してくれる曲全部聴き知ってる自信はあったのだが、
いざ始まってみるといきなり2曲目から知らない曲(笑)けっこー悔しかった(笑)

結局、第二部は全部知ってたけど、第一部で2~3曲知らない曲あった。
どやらMCタイムの話によると、最近は若い人にもビートルズファンが多いのだけど、
今の若い人はシングルカット曲とかにこだわりがないようで、
むちゃくちゃマイナーな曲をフェイヴァリットに挙げたり、
逆にむちゃくちゃ有名な曲を知らなかったり・・・
そーゆー事情もあるようで、ライブでの選曲もだいぶ難しいみたいです。
だから、有名でない曲も入れたりするみたい。

それにしても、ザ・パロッツのすごいところは。
CD音源をとても忠実に再現していたところ。
パート分けは勿論、
「イエロー・サブマリン」ではバックに沢山入ってるSEの細部まで
しーっかり再現してパフォーマンスしてくれた。芸が細かい!

ちなみに今回で4回目となるオリエンタルホテルのクリスマスライブだったそうです。
つまり、評判がいいとゆうことなんでしょう。
この日もむちゃくちゃ広い会場内、満席でした。

0巻に必死(笑)

「先週何してた?」
なんて聞かれたら、きっぱりとこう言い切る。
「0巻リサーチ」

いや。
まじで。
大げさでなく。
リアルに。

natsukiとの0巻についての情報交換メールが一週間続いた。
アラサー女子2人の必死さったら!(笑)

あたしの手帳の先週のページにマジで書かれている、けしかけの言葉。
「ワンピース!何とかしろ、ワンピース!」
大人の本気は時に脅威だ。

だってさ。
公開初日はセンタープラザから大丸前まで列ができたとか。(ルミナリエか!)
整理券を貰うのに、夜中の3時から並んでる人もいるとか。(馬鹿者!)
土曜日は急きょ7時台に朝一の回が設けられたとか。(朝の7時台に映画鑑賞って!)

もはや、社会現象ではないだろうか。
ぜってーに0巻効果。
恐るべし!

そんなわけで、こっちも本気ならずを得ません。

一週間、職場のパソコンで仕事そっちのけで、
ワンピースが上映されてる三宮シネフェニックスと梅田ブルク7のHPをチェック。
毎日続きました。
酷いときなんか、新着情報の更新を求めて数分ごとにチェック(笑)
ああ、キモイ。

更に、シネフェニックスが公開前に0巻持ち分の数を発表していたので、
その数を1日の上映回数+キャパ数で割って、
何日間は0巻貰えるのかと日数を割り出す。
ああ、キモイ。

そして決戦は、20日の日曜日。
朝5時台に起き、シネフェニックスに電話で問い合わせ。
今日はまだ整理券残っているのか。
明日も整理券は配られるのか。
明日でも0巻はまだ貰えるのか。
早朝から問い詰めた。
ああ、キモイ。

まぁその甲斐あって、平均年齢恐らく10代前半のシネフェニックス内にて、
その平均年齢を一回り上回る女子2人で、0巻無事ゲット!
周りはティーンズだらけだったよう!

ちなみに、7時過ぎには三宮に繰り出して整理券ゲットし、
そのままnatsukiと朝マックしてました。
日曜の朝マック。さながら十代。
うん、だから多分、映画館内でも、大きく浮いてはいなかった・・・はず。


・・・・何か、結果的にとっても愉快な0巻騒ぎだったので、
そっちに大きくスポット当ててしまったが。
あくまでも劇場プレゼントです(笑)

肝心の「ONE PIECE FILM STRONG WOLD」についてもモチロン書くよ(笑)

実はワンピースの映画作品を見るのは初めてだったのですが、
意外にもめーちゃ面白かった!
尾田さんが書いたってのも大きいとは思うが、まさかこんなに面白いとは思わなかった!
(あくまでも自分の中では0巻がメインだったのよ。笑)

あたしは、本編筋に関係ナイ話はあまり観たいと思わないので、
こーゆーアニメ映画は基本的に全く観る気起こらないのだが。
(どらえもんとかみたいに毎回完結するよーな作品ならオッケーなんだけど)

この作品に関しては全然アリでした。
っつーか、本編の流れの中に入れても十分読み応えありそうな内容でビックリ。
立派に1つの大きな冒険になってたもん。(ちょっと印象がアーロンんとこと被ったけど)

空島あとのオヤビンが出てくるとこあったじゃないですか?
個人的にあのパートはハッキリ言って要らないと思っているんですが、
あそこと比べたら、よっぽどこっちのが本編として違和感ない内容でした。ええ。

2009122301270000.jpg
戦利品0巻。
あたしの手帳サイズにピッタシ!
しばらく表紙に決定!
ああ、キモイ(笑)

KINOKO PARTY

先週、今冬に入って実に4回目となるゴマ豆乳鍋を食べました。
@マイホーム with YUXY(ミス沼田)

いやー。
豆乳鍋、好きすぎる。
鍋は一生豆乳鍋しか食べれなくなってもいい。

鍋の前の話。

合流するなり「どうしよう!緊急事態やねん!!」とかゆー沼田さん。
何事かと思いきや「大きすぎて電気カーペット持ってこられへんかった!(嘆)」

確かに我が家は底冷えが半端なく酷いので、「しっかり防寒具持ってこいよー!」と、
再三言いつけておいたら、「じゃあ電気カーペット持っていくわ!」
と張り切った返信メールは来たが。
まさか本気だったとは(笑)
結局、でっかい車にビッグサイズの座布団2つと毛布積み込んでやってきました。

鍋を始めて間もなくしての話。

「ぼんっ!」と、不審な音が定期的に鍋から発せられる事態に
爆発するんちゃうかー!と、ビビりまくりました。
何せ、この組み合わせは何かとトラブルに巻き込まれるコンビなんだよ。
2人だけで火を扱うなんて、実は危険すぎる行為なんです。たかが鍋と侮れない。

そんな時間を経て、「もー胃の限界!」ってトコまで食べきって。
忘れちゃいけない食後のデザート兼、主役。
2009121621350001.jpg
31のアイスケーキ!
記憶する限り、人生初のアイスケーキ。

数年前まで、1年に1回食べればいい方だった31アイスクリームなのに、
誰かさんの影響で今やすっかり「31」という言葉が、
あたしのテンションを上げるものの1つとなっています。

それでずっと食べたかったんだけど、なかなか機会がなくて。
今回、食後はどーする!?って相談メールから、この答えに行き着きました。
タイムリーにアイスケーキのCMがテレビで流れててさ。

鍋の用意はあたし、31は沼田さんと、担当が決まっていたので、
チョイスは完全に任せておいたら、こんなにラブリーなケーキに(笑)
そして、ちょうど半分がわかりやすい形だったので、
切り分けずこのままの状態でがっついた(笑)

「美味しー!これ、永遠に食べれる!」と、
一口目でハッキリそう言い切った沼田さんは、
数十分後、あたしに対して「明日食べ!」と言い放ち、
5分の1程食べ残ったケーキを勝手に冷凍庫にしまっていた。
確か永遠に食べれるって・・・

ま、ホールサイズを2人で食べるのは無謀すぎたかもしんないな。
おかげで胃がはち切れるかと思った!
本当に、リアルに胃がキリキリと痛かった!
でもやはり。
うまかったー!アイスケーキ!!

QMIサンタ

こどもにプレゼントをあげるという、初のサンタ体験をしました。
2009121720440000.jpg
姪の心奈へのクリスマスプレゼント。
トナカイの帽子とサンタのスタイ。

本当は全然違うもの予定してたんだけど、
「アフタヌーンティー」のクリスマスギフトコーナーで見つけて一目ぼれ。
まさにクリスマスならではのアイテムで季節感あるし、
フェルト生地なのも、これまた温かみがあっていとよろし。

実際に心奈が着用している図は、リンクしてあるERIbloで見れます。
かわゆすよ。

それはそうと。
あたしには何を買うつもりなんだ、QMIサンタよ。
早くしないとクリスマスがやってきちゃうよーう。

葉桜の季節に君を想うということ

あたしは昔から、最後にオオっ!と驚かせるオチが仕掛けられた作品が好みで。
映画にしろ、小説にしろ、ドラマにしろ、マンガにしろ、そーゆーのを望む傾向にある。
「むしろ驚かされたい!」みたいな。「むしろ騙されたい!!」みたいな。

そんな作品の絶対なるタブーといえば。

「ネタバレ」

もうその時点で、その作品がどんなに優秀な作品でも、
大きく価値を下げてしまうってものです。

それを重々承知で先にオチを教えてもらい、作品の価値をどん底に落としてから臨むという、
邪道以外、何者でもない手順を踏んで最近読んだのが、
「葉桜の季節に君を想うということ」という小説。

この作品に仕掛けられた大きなトリック。
きっと誰もが騙され、まさかの仕掛けに度肝を抜かれるトリック。
それをしっかり知った上で読みました(笑)
さすがに騙されなかったぜ!(当たり前)


『このミステリーがすごい 2004年度版』で第1位を獲得したという
「葉桜の季節に君を想うということ」

2位が「終戦のローレライ」で、3位が「重力ピエロ」
これらを抑えての堂々の1位なんだから、面白くないわけがない!とのコトで、
思いっきりネタバレしながらも、読みました。
「むしろ、ネタバレして読んだ方が、どんくらいすごいのかわかるってもんよ!」
と、ひねくれたこと言いながら。

そしたらね、ネタバレしても尚、そこそこ楽しめた。
確かにおそらく一番驚きポイントはまるでスルーだったけど、
その仕掛けだけでなく、さすが第一位に選ばれたミステリー作品なだけあって、
ぐいぐい引き込まれる力がありました。

いやはや。
機会があれば是非とも読んでいただきたい作品。
テンポよく軽い口ぶりで語られる一人称の展開も読みやすくて良かった。


【「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、
同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。
そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。
あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。 】

とのことです。
ただ、これ映像化は絶対無理だな。
小説ならではの。
文字ならではのトリックなのです。
これぞ小説の醍醐味!

まぁ何せ、後からネタバレして読んだことを酷く後悔したので、
これから読む人はくれぐれもネタバレには気をつけてお読みください。
あたしもできることなら、ネタバレ前に時を戻して読み直したいもの。



邦画フェス

もう本っっ当に今更な話で恐縮なのですが。
この秋、10/3~11/30にかけて開催されていた
シネリーブル神戸とラフレアのタイアップ企画「邦画フェス」

シネリーブルで公開されている対象映画を鑑賞すると、
もれなくラフレアのパフェチケットがもらえるという企画なのだが。

対象作品3作品のうち2作品いちおー鑑賞いたしましたので、
こんなタイミングではありますが、「今年の汚れ今年のうちに」ならぬ
「今年の映画ネタ今年のうちに」の精神で簡単にササーっと。
でも、別に映画レビューではありません。
そゆのではなく、その映画鑑賞から派出する、あたしの語りたいコトを綴ります(笑)

「悪夢のエレベーター」

これは、あたしのまさかの食中毒疑惑で、鑑賞中2、3回くらい退出したので、
きっちり観たとは言い難いんだが(笑)
まぁ意味わからなくはならなかったので、ちゃんとポイントとゆーか、
流れは押さえて鑑賞できてたんだとは思う。
あたしが観た範囲内で感想を述べるのであれば、
はっきし言って、ホラー映画に近しものがあった。
話の内容は別に全くホラーではないんだけども(笑)
途中、ビジュアル的にホラー映画に何の遜色もない画が出てきます。
でもなんか以前レビュー読み漁ってたら、「ホラー」というワードは見かけたので、
あたしの感想はとんでもなくトンチンカンってわけではないのではないだろーか・・・なんて。

それはそうとこの映画には鑑賞数日後にちょっとしたエピソードがあって。
「この間natsukiと一緒に悪夢のエレベーターってゆう映画観てきた!」と母に話して
返ってきたレスポンスが「へー!あれって映画になってるんやー!」。

・・・ん?
何か引っかかる言い方・・・

と思ってツっこんだら、何と母は「悪夢のエレベーター」の文庫本は読んでいて、
しかもその本は今現在、実家にしっかり存在してるという事実が判明。
「早くゆってよーー!!!!」
すぐさまレンタルしに実家に帰ったのは言うまでもない。
そんなわけで、映画はなぁなぁな感じになったが、原作となった本の方はしっかり読めたので
(しかも、あっちゅー間に読んでしまった!)、まぁ良しとしよう!と、自分の中で決着がついた。
更に母はこう続けた。
「続編も買おう買おうとは思ってるねんけどな~」
是非とも宜しくお願いいたします!お母様!


「大洗にも星は降るなり」

これはマイケルとの一騎打ちの結果、色々あってコッチに転んだ。
そもそも「イングロリアス・バスターズ」の公開が一週間遅すぎたんだ!ばか!
そのクセ終わるのむちゃくちゃ早いし!ばかばか!!

さて。
大洗ね。

まぁ何つーか。
とっても軽い感じで、観る前に予想していた、それ以上でもそれ以下でもなかった。
愉快だけど、作品としては、連ドラの方が向いてる気もしたなぁ。
展開もそうだけど、ノリがね。
以前観た映画「キサラギ」に近いものがありました。

ただ、特筆すべきは山田クンでしょーか。
彼の作品はあまり観たことがないのですが、観た作品はどれもノーマルな青年の役だったのに。
天海さんのドラマで犯人役してたのを観て、普通の青年役とはまるで違う
役どころの豹変ぶりにあの時もビックリしたもんだが。
今回も驚かされました。

今回はナルシストでちょっとウザきもい役なんだけど。
もーピッタシ!

「こーゆー役もできるのか!」と、彼の役幅の広さに改めてカンシンした。
若手俳優は沢山いるけど、人気はひとまずそっちのけで、実力のみでランキング作ったら、
ベスト3に入るのではなかろーか。カメレオンぶりが凄い。
あとは個人的には松山ケンイチくんと小栗旬くんあたりをプッシュしたい感じなのですが、
いかがでしょーか。
瑛太くんも捨てがたいけどね。演技力があともうひと頑張りかな~・・と。
(個人的には凄く好きですが。カエラちゃんとお似合いすぎる!!)



そんなわけで、宣言どーり、語りたいこと語りました。
ちなみに「邦画フェス」対象が3作品で、あとひとつは「空気人形」でした。
これも観たかったー!
観てないからあくまでも予想でしかないが、
たぶん作品としては3作品の中で一番優良な映画なのではないかと思ふ。

来年の秋もリーブル×ラフレア企画も楽しみにしたいところです。

20010

いやはや。
気が付いたらもう12月も22日!
26歳もあと3カ月!!

最近は特にめーちゃ忙しかったわけではないのだが、
家でパソコン開かない日々が続いてました。
今も実家で母のPCを勝手に拝借中。

先週半ばに今年最後の鬼連勤を乗り切り、
そっからはもう完全に「今年はもらったぜ!」モード。

中2日とか3日とかめちゃめちゃ楽な案配が続き、このまま冬休みへと突入いたします。
はっきし言って、楽勝!
もう永遠に2009年の年末が続けばよい。
年の瀬にこーーんなに清々しい気持ちなのも、なかなかレアかと。

とはいえ、仕事ではもう来年の夏~秋あたりの仕事に取り掛かってて、
「2010」の文字が当たり前になってきたので、今が2009年12月なのが、
ふと変な感覚になったりもするんだけど。
「まだ2009年なの!?」みたいな。
ちょっとタイムスリップしたかのような感覚を覚える。
違う部署の人なんて2011年の話が浮上したりしてるらしく、
そーなったら最早、今が一体何年なのか訳がわからなくなるな。

しっかし西暦といえば「200*」と、2の次は0が二つ続く状態がもう10年も続いてきたので、
未だに「2010」と書いたり打ったりする時に「200」と書き進めてしまうけどな。

その過ちに対して瞬時に「あ!違う!1だ!」と、
慌てて1を書き足した結果、勢い余って「20010」とか(笑)
人類はおろか、地球でさえ滅亡しているだろう。

そんなわけで、明日から2連休です!いえい!

・・・・・・。

明日「イングロリアス・バスターズ」観に行こうと思ってたのに・・・!
今日で終了だなんて!!
ショック!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Spinnin'/Speech Debelle

今年はとにかく非常に充実した楽しい1年でしたが。

裏腹に音楽が遠のいた年でもありました。
まぁライブは結構行ったので、「音楽」とゆーか、正しくは「音楽との出会い」かな。

昨年はUKロックフィーバーで、フィーバーにフィーバーを重ねた結果、
お気に入りのバンドや曲に沢山出会えた、ちょー豊作な1年だったのに。
2009年はそーゆーのが本当に乏しい年だった。
買ったCDの枚数が1ケタ。異常事態だ、コレは。
少なくとも20代に突入してから間違えなく初の事態。

そんな新しい音楽との出会いにとっても恵まれなかった2009年の。
暫定最後の出会い。

Spinnin'/Speech Debelle

久々にキターーー!
初聴で「おおおお!!」ときました。

どーやら国内盤アルバムが先日リリースされたばっかぽい。
こりゃ要チェックだな。
なんせ、『カサビアンを抑え、イギリスで最も権威ある音楽賞である
マーキュリー・プライズ2009年度「アルバム・オブ・ザ・イヤー」見事受賞!!』
ってことですから、自然と期待も高まります。

2010年に向けて、そろそろアンテナ整備しとかんと。
この1年で感度鈍りすぎだ、あたし。 

航空チケットと退職届を握りしめるために

先日、実家に帰ったタイミングで戦友から郵便物。
開けてみると・・・
2009121021320000.jpg
ディズニー土産!

どうやら嵐の招待制コンサートに当選して行ってきたらしーです。
あの一時期めちゃコマーシャルで募集してたヤツね。

別に応募してないけど、当たったなんて羨ましい!
あたしも行きたかったーーー!!!
ただディズニー、ただ嵐。
噂によるとかなりの倍率だったらしいね。
そりゃ今の世間の嵐フィーバーっぷりから行くと当然か。

「これで今年の運を使い果たしたな!」と言ってやりたいところだが、
もう今年も終わることだし、よく考えりゃちょーどいい使い果たし方!

あたしも何か懸賞でも応募しようかな・・・(笑)
今年の残った運をそこにつぎ込む!ならやっぱ年末ジャンボか?

億単位の額を手にした時、自分はまずどのような行動に走るんだろう。
とりあえず、航空チケットを先に取るのか、退職届を先に出すのか。
当たってもないのに、勝手に悩むのは得意分野です。えへ。

しめじで「50」

「許せ、父。
来年は鍋にするから。」

女の子市民ブログでそう語ったのが一年前。
今年も恒例の父&母の誕生日会。

今回はこのたび50歳を迎えた父をメインに考えたので、
昨年のお告げどーり、鍋に決定。@eri宅

昼から材料買い出したり、予約してたケーキ取りに行ったり、
自分の家とeri宅を行ったり来たり。
準備のために、よー歩きました。

そして、父と母と待ち合わせ、あたしが母をヘッドスパへ、eriが父を酸素カプセルへ、
行先はゆわずにサプライズで連れてゆく。

父はもともと酸素カプセルに行きたがってたので、
到着するなりすごく喜んでくれたらしーんだけど。

問題は母。
サロンの入ったビルの下でまさかの拒絶!(笑)
意外すぎる展開にだいぶ焦った。
もー事前に支払いも済ませてたし、無理やり連れてったけど(笑)
どーやら美容院にしばらく行ってない頭で髪を触られるとゆーことに抵抗があったようで。
(ようするに、ムダ毛処理を全くせずにエステに行くような感覚だったんだと思う。)
髪とゆーより、頭皮だよ!ってことで納得してくれました。
まぁ施行後はそれなりに満足してくれてるよーだったので良かったけど。

その後はeri宅で豆乳鍋ー!
時間を持て余したeriが鍋の材料の盛り付けを変に凝ったおかげで、
かなり具を鍋に投入しにくいことに(笑)
しめじで「50」なんて文字作って盛り付けてた・・・
あれは写メっておくべきでした。あたしとしたことが。

そして忘れちゃいけないバースデイケーキはボックサンの♪
「勇パパ&裕子ママおたんじょうびおめでとう」の文字。
プレゼントは父にビートルズのマフラータオルとラグビーのペアチケット、母にピアス。

大いに喜んでいただきました。
数か月前からあれこれ案を練った甲斐があったってもんよ。

でもあれこれやってしまったから、来年へのハードルが若干上がった気がしなくもない(笑)

#31 IMAGINE/John Lennon

今日はビートルズをこよなく愛する我が父の誕生日であり。

偉大なるジョン・レノンの命日である。

IMAGINE/John Lennon

あたしは昔からジョンよりポール派で、とゆうのも単純に、
ジョンの曲よかポールの曲の方が親しみ持ってる曲が多いからなんだけど。

でもやっぱこーやって改めてジョンが遺した名曲を聴くと、
楽曲に宿ってる魂が別格だなぁと思う。

そして、ジョンの横に静かに座るヨーコの存在感!
これ、生まれる時代が少し違ったら、あたしこの人に陶酔してた予感がするわ・・・

よいお年を!

昨夜は高校時代の友人、みきちゃん・ゆきちゃん・えみちゃんと忘年会。

まだ12月初旬だとゆうのに忘年会。
もちろん今年初の忘年会。
時代を先取ってみました。
まぁ買い出し途中で一瞬クリスマス会に変わりかけたが。

彼女らとの鍋パの歴史は学生時代に遡るので、最早、定番の行事なんだけど、
毎回のことながら買い出し揉めるよね~(笑)

今回もネギと水菜を前にしてわぁぎゃあわぁぎゃあ!
序盤の野菜売り場からヒートアップ(笑)
そんなお馴染みのやりとりを経て食べたのは豆乳鍋ー!

しかしこの日、ネギと水菜以上にあたしたちをヒートアップさせたのが・・・
2009120520150000.jpg
嵐のPV集!(笑)

「何だかんだで女の子は嵐が好き」とゆーのが、近年のあたしの主張なのですが。
やはり間違ってなかったぜー。

アラサー女子4人で大いに盛り上がりましたとも(笑)

しかし心外だったのが。
あたしってばタイトルをバッチリ認識している嵐の曲が2曲しかなかったとゆふ・・・

嵐好きなのに。
そして、「嵐好きですよー!」と公言して、いろんな人を驚かせて楽しんでるのに。
このままじゃエセのレッテルがついちまう!ってことで、もう1曲覚えたよ。
曲は知ってたけど、タイトル知らなかった「きっと、大丈夫」
これはもうバッチリと脳内でリンクさせました!この曲すきだし!キラキラ嵐って感じで!
ちなみに花男関連の曲はわかりません。
・・・・こりゃ、じゅーぶんエセか?!(笑)

2009120521190000.jpg
嵐の後は人生ゲーム。
あたくし、えみ宅まで持参しましたとも!(まぁご近所さんなんだけどね)
ほんと2009年は人生ゲームフィーバーな年でしたわ。
そろそろポケットサイズの人生ゲーム買わないと。

そして、忘れちゃいけないのがコチラのケーキ。
2009120520240000.jpg
別に入れるつもりなんてなかったのに、店員さんが「メッセージどうしますか?」と聞くもんだから、
思わず「じゃあ・・・」って、今回はツワリで参加できなかったりかちゃんへのメッセージ(笑)
ここは頑張れ!でも良かったな(笑)
そして、このケーキ写メを4人でりかちゃんへ一斉に送りつけたとゆふ・・・あは。
ちなみにケーキはいちごいっぱいでとっても美味しかったです。

そんなこんなで楽しい一夜でした。
次の集まりは年明け落ち着いたらな感じなので、別れ際はこの挨拶。
「よいお年を!」
この挨拶も今年初だわ。

鉄人さん

よーやく鉄人さんとご対面。
出来てから何度も鉄人エリアに赴いてたのに、
「まぁ今度でええや」と後まわしにしてて結局見れてなかったんだよねー
2009120517490000.jpg
夜空の下に堂々とそびえたつ鉄人さん。
夜だし寒いのに人だかりはお構いなしに出来上がってたよ。
人気者ですな。

さて。
本日は母の誕生日でした。

昼休憩中におめれとーメールをしました。
風邪でずーっと咳が止まらない日々が続いていたようですが、
本日はよく効く薬を飲んだおかげでマシになったようです。
良かった。
やっぱし何だかんだで、周りの大事な人たちが健康でいてくれることが、一番幸せなことだなぁ。

明後日は父の誕生日で、恒例の父&母の誕生日会は明後日。
今年も姉プレゼンツ、協賛・妹で色々と計画しております。
その全貌はまた後日。

アルバムエキスポ大阪

人は何故、写真を撮るのだろう?

写真なんて結局のところ、過去のひとコマでしかないのに。

今という瞬間を記録するために。
過ぎ去っていく時間を忘れないために。

人はシャッターを切って今を切り取る。
そうして切り取られた今を、過去として写真に残す。

たぶん人は、過去を振り返るのが好きな生き物なのだ。

だからこそ、写真という物が存在しているのだと思う。
人にそうゆう性質がなければ、この世に写真なんてなかったのかもしれない。
所詮、写真なんて過去の産物でしかないもの。
過去を想う気持ちがなければ、存在意義がない。

そしてたぶん人は、過去を愛おしく思う生き物なのだ。

だからこそ、人々は宝物のようにアルバムを所有する。
微笑ましい気持ちでそのアルバムをめくる。

2009120322060000.jpg
アルバムエキスポ大阪@HEP HALLに行ってきました。
約50人の著名人のアルバムたちが展示されたこのアルバム展。

改めて、アルバムという物の素晴らしさを感じました。
今の時代、デジカメで手軽に写真撮って、気に入らないものは簡単に削除して、
データとして保管して・・・と、1枚の写真に対する扱いが
とても軽々しいものと化してしまっているけど。
もちろん、その気軽さが完全に悪いというわけではないけども。
でもやはり、アルバムとして形に残すことで、写真の意味があるのだと思う。

過去を現在と未来を繋ぐ、アルバム。

今シャッターで切り取られたあたしを見ている未来のあたしがいる。
もしかしたら、未来のあたしを勇気づけているかもしれない。

記憶にも残らないような昔のひとコマを見ている今のあたしがいる。
そこには写真を通して両親の溢れんばかりの愛が詰まっている。

ああ、素晴らしいよ、アルバム!

久々にたまったデジカメデータを現像しよう!と決意いたしました。
そのへんけっこーマメにしてたのに、最近サボリがちだったからさ・・・反省。

ちなみにアルバムエキスポは6日まで開催中!

けらえいこ(漫画家)
Cocco(ミュージシャン)
Goma(ゴマ・料理創作ユニット)
小籔千豊(吉本新喜劇座長)
佐野史郎(俳優)
しまおまほ(コラムニスト)
チェルシー舞花(モデル)
tupera tupera(イラストレーターユニット)
お~い!久馬[ザ・プラン9](コメディアン)
木村明浩[バッファロー吾郎](コメディアン)
Kj[Dragon Ash](ミュージシャン)
中澤佑二(サッカー選手)
西島千博(バレエダンサー)
はな(モデル)
HARCO(ミュージシャン)
ヒロ寺平[FM802](ラジオDJ)
福田利之(イラストレーター)
益子直美(元バレーボール日本代表)
水野美紀(女優)
WRECKING CREW ORCHESTRA(ダンスチーム)

などなど、沢山の著名人のアルバムが展示されてます。
あ、ダウンタウンDXのトスポもいるよん。

興奮は自由でしょ。

どーにかこーにか年末1泊か2泊で上京できないものなのか。
仕事納めを1日前倒したら不可能ではないが・・・むむー。

むむー。
ですよ、むむー。

今年もアルファが懲りずに年末ワンマンをやるそーで。
去年はまぁスルーでしたが。
今年は簡単にスルーできねーの。

ゲストがソッフェとハルカリってアナタ!
参戦した2年前にその選出を頑張って欲しかった感じです。

でも、あたしの都合もさることながら、
こんな旅につきあってくれる貴重な人材は一人しか思い浮かばないのだが、
たぶん忙しーだろーしなー・・・なかなか誘いづらい。大阪ならともかく東京だし。

ああ、何で東京オンリーなのかしら・・・確かに大阪でやったら客入りビミョーかもしんないが。
絶対参りますのにー!ううー


ゆーちゅーぶのLIVE映像に興奮できるほど、あたしアルファLIVEに飢えていたとは・・・
確かに今年は見てないしな。

興奮は自由でしょ。

average white band

最近家でもっぱら愛聴しているのが、おねだりしてレンタルさせてもらった
average white bandのベストアルバム。

「Cut The Cake」を始め名曲たちを完全網羅した内容となっています。
ちょーいい!
その中でもダントツであたしの心を弾ませるのはやはりこの曲。
「Let's go round again」

中学3年生のころ受験そっちのけで聴きまくったもんだ。
もう10年以上も昔の話。
あの頃より聴く音楽の幅は果てしなく広がったが、
今でも変わらず飽きることなく、この音が好きだ。ファンクが好きだ。

耳から脳に伝わって全身を駆け巡る快感。
そのどうしようもない快感を知ってしまったあの日から、もうすっかり虜。

様々なジャンルの音楽を聴くけど、どのジャンルにもグルーヴ感を求めてしまうのは、
結局あたしの本能が欲しているのはファンクミュージックが奏でるあのグルーヴ感
ということなんだろう。

今の音楽は色んなジャンルがごった煮になってしまって、ハッキリした線引きがしにくいほど、
ジャンルレスとなってしまったけど。
そんな中でも、明確に自分の求める音の指針となっているのが、あのグルーヴ感だ。


あたしの大好きな曲、アイズレーブラザーズの「work to do」
average white bandのカヴァーver。
こっちはこっちでかっくいー!

さーて、明日もwork to doー!

2009年ラストスパート!

11月末日は、イレギュラーながら結果的には非常に良い日となりまして。
今日はとても清々しい気持ちで2009年最終月を迎えることができました。

12月。
泣いても笑っても、2009年もあと1か月。
どうせなら、笑いたい。

忘年会。
クリスマス会。
年越し。
新年会。

珍しくこの年末年始は既に11月の段階でメインイベント系はしっかり詰まってて、
近年の「年越しどうしよう!?」とかの変な焦りもなく、
平穏に新年を迎えれそーで、嬉しい限りです。
年越しはそれなりに連休だし!

そんなこんなで。
よーやく。
手帳を買いました。
2009120113280000.jpg
ここ数か月探しまくって、見つけ出したこの手帳。

ロフトやハンズの他にも色んな雑貨屋見回ったけど、
この手帳が置いてあったのはMINT神戸のオシャレ文具屋のみ!というレア感。

予定していた理想のサイズ(B5)より一回り大きくなってしまったが、
収納力も合格レベルだし、デザインもそこそこオシャレ。
そのへんで総合的に王者に輝きました。(値は予定額を若干上回ったが・・・)

ただ、今までと違う部分も結構あって。
まずは、月間+週間ページで12か月並んでる仕様。
今まではまずは月間で12か月、その後週間ページって並びだったので、
慣れるまでちょっとかかりそう。
あと、本や映画や舞台のレビューを書く欄などもあって、
手帳にそーゆーのをキチンと記録したことがないので、これも初めての試み。
ブログの存在意義がー!って感じですが(笑)

そして、5カ国の会話文に、ビジネス英語文例集に、国際電話番号、
世界各国の年間平均気温、国際通貨、国際郵便料金、世界時間地図に・・・と、
非常にグローバルな内容のオプションページが(笑)
ビジネスウーマンじゃねーのに(笑)

極めつけはコレ!
2009120113300000.jpg
ニューヨークはマンハッタンの路線図!
行けってことですか!?行けってことですか!?行けってことですか!??

日本の主要都市の路線図はもはや載ってて当たり前ですが、海外のまで付いてるのは初めて!
ちなみに、パリやロンドンも完備。

これは最早、海外旅行にお行きなさい!とゆう神のお導きなのではないだろーか?
うん。行けってことだな!

あ、ちなみに、無駄にグローバルなオプションだけでなく、
郵便料金表とか年齢早見表とか、使えるオプションも付いてます。

そんなわけで気持ちよく12月を迎えられたのは、この手帳ゲットも大きな要因だったりします。

更に。
2009120123410000.jpg
調子に乗って、クリスマスプレゼント×6人分も無事調達。
あーすっきり!(笑)

この勢いで早々と大掃除までやっちまえそーだ。

ケーキ祭

先週末。
eri宅にて。
natsuki&yuxyとケーキ祭。
2009112820190000.jpg
アンリのケーキを大皿に6個盛って、4人でつつきあった。

アンリのミルフィーユは初めてだったけど、案の定美味くて。
フルーツタルトは相変わらず絶品で。
鉄板のショートケーキも。
普段じゃ絶対選ばないモンブランや新発売のチョコケーキも。

色々な味が楽しめて、幸せなひとときでした。

しっかし、何てナイスな食べ方!
目からウロコでした。

見かけにゴージャス感がある上、どの味もくまなく楽しめて、最高。
何で今まで思いつかなかったんだろう!
女の子同士で集まる時はかなり推奨していきたい食し方だわ。

ただ、夜の9時過ぎとかから始まったので、
えらい時間からえらいカロリー摂取してもーたけどな!
その前日、三宮からハーバー経由しつつ
家まで徒歩で帰ったとゆーあの武勇伝は、完全にチャラ!(笑)

キタ地下道恐怖症

三宮で動く時はむしろ地下ラヴ派なのだが、梅田に出た途端、最近もっぱら地下恐怖症。

ことの発端は、先日のこと。
オススメされた中国式整体マッサージに仕事帰りに行ってきたわけなんだが。

あたしの職場は西の方なんだが、整体マッサージの店はヨドバシカメラの北。
もう梅田勤めて1年だし、何となくではあるが、東西南北のカンジも把握してきたし、
ひとりでも何ら問題なくゆけるだろー!と、行く前は不思議と自信に充ち溢れていたわけ。
ほんと今思うとどっから湧いたんだあの自信。

案の定、ホワイティうめだで迷子。
もーどっち進んだらえーかわからん!となった時に目に入ったのが阪急。

迫りくる予約時間にパニック起こして「阪急に入った方がわかるかも!」とか、
何の根拠もないアイデアが浮かび、突入。
しかし、建物に入ったらますますわけわからんコトに!

もうギブアップ!と思ったが、予約時の電話で店員さんが
「場所わかりますか?わからなかったら電話してくださいね!」と申し出てくれたのに、
「大丈夫です!わかりますー!」と、きっぱり言い放ってた手前、電話してききにくい。

結果、阪急の店員さんに泣きつく。
「ヨドバシカメラ、どこですか!?(涙)」
そしたら、ちょーど泣きついた場所のすぐ側の出口から出たら、
ヨドバシカメラが堂々とそびえ立っていたとゆふ・・・(笑)

しかし、さすが阪急のスタッフ!
ほんっと目と鼻の先なのに、めためた丁寧に説明してくれた。
だからあたしは昔から鉄道も百貨店も阪急が好きなんだ。
なのに何故、あたしの生活圏には阪急がないんだ!(嘆)

そんなこんなで苦難を乗り越え、予約時間ギリギリに店についた時には
ちょー冷え込んだ夜にも関わらず、これからマッサージしてもらうとゆうのに、
汗だくだったとゆふ・・・

もー完全に地下道にヤラれたよ!

ちなみにその数日後の昼休憩中、同じようにホワイティうめだで若干、迷子になり、
休憩時間内にオフィスに戻れなくなるのではないかとゆーピンチに見舞われる。
ますます地下に恐怖心が募る一方ですわ・・・
11 | 2009/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: