淡路島!~道の駅うずしお&伊弉諾神宮~

淡路島終盤は、道の駅うずしお。
DSC02575.jpg
物価ちょっと高め!
他の店でも売ってたたまねぎの焼酎が、ここが一番お値段高かった。
DSC02577.jpg
展望台もありました。
見晴らしサイコー!

道の駅うずしおの後は・・・
DSC02586.jpg
伊弉諾神宮!
あたしが一番行ってみたかった神社。
淡路島という割と近い場所にありながら、なかなか行く機会がなくて・・・
このたびようやく念願叶ったよ。
DSC02589.jpg
この伊弉諾神宮にはこの国を産んだとされる、イザナギとイザナミが祀られてます。
その国生みの際、一番初めに産み出したとされるのが、この淡路島なんだよ。
DSC02591.jpg
夫婦大楠。
樹齢約900年とのこと。
神々しいオーラを放ってました。

伊弉諾神宮をあとにし、神戸へ帰ってきました。
振り返ってみると、なかなか充実の淡路旅だったかと。

しっかし、5人乗りの車に大人4人とベビーシートで車内はぎゅうぎゅう。
淡路の距離感だったから耐えれたけども。

したらば「次の車検は受けへん」という衝撃の事実を聞かされた。
ここなも大きくなるし、7人乗り買うとかゆうてた。
あたしが免許取って以来、初めての事態。
がってむ!
今の車でさえ車幅わかってねーのに。
あれ以上大きくなったら事故る事故る。
しかし、あたし一人の反対意見が受け入れられるわけもなく。
孫の力は偉大だ・・・。

淡路島!~おのころパーク&うずしおクルーズ~

2日目は何とか雨は免れたー!
DSC02524.jpg
やってきたのは、おのころパーク!
ここ、名前にちなんでオノさんゴローさんは入園料の割引が受けれます。
更に、オノゴローさんは無料!らしーです(笑)

なんだかんだで日差しが差し込み始めてあちちだったので、
屋内の体験教室で工作タイム♪
DSC02533.jpg
あたしはミニオカリナ、eriはマグカップ、母は万華鏡を作りました。
ま、作るとゆーか、絵付けしただけなんだけどね。
DSC025312.jpg
もくもくと作業する3人と、ボールに夢中なここなと、その様を撮影する父。
そんな家族の一コマ。

おのころパークのあとはそのまま更に南下し、
今回唯一のあたしのリクエストだった、うずしおクルーズ!
DSC02573.jpg
咸臨丸(かんりんまる)に乗ってgo go!!
心地よい潮風に吹かれながら、大鳴門橋下までやってくると・・・
DSC02565.jpg
あっちゃこっちゃで、うずしお!
DSC02564.jpg
波と波がぶつかりあって共鳴しあって渦を描く。
その荒々しさに、思わず船にしがみついてしまいます。
しかし、このエリアを抜けると・・・
DSC02568.jpg
静まり返った海面。
何だか不気味で、激しい海以上に畏怖するわ。

島に戻る復路は波に揺られながら爆睡・・・!

鋼の錬金術師って、そんなに面白いんですか?ドラゴンボールとワンピースとちびまる子ちゃんよりも?

ついにベジータがスーパーサイヤ人になったこないだの日曜日。
モスのラー油バーガー食ったよ。
全然知らなくって土曜にまぁちゃんから聞いて存在を知って、
その翌日に食いに行ったとゆう・・・(笑)
だってせっかく家の近くにあるんだし。

かなり人気みたいで、一日限定40食らしー。
けっこー辛いので、セットにはジュース系がおすすめ。
あとニンニク臭すげーので、食後はそのへん要注意(笑)
ブレスケア持参を推奨します。

で、ドラゴンボール改ね(笑)
ドラゴンボールの曲といえば、ちゃーら!へっちゃらー!
でしたが、最近はどっかーん!どっかーん!も受け入れつつあるよ。
こないだは休日だったので、いつもは途中までしか観れないけど、最後まで観れた♪
次回はピッコロが活躍予定。早出だよ、観れねえ。

そのままつけっぱにしてたら、ワンピースが始まった。
ジャンプ黄金枠だったんだ。知らなんだ。
そしたら話けっこー進んでてビックリした。
しかも、くまに飛ばされた仲間たちの行方の話で。
コミックではほんのチラっとしか出てこなかったのに、
しっかりちゃんとしたエピソードだったので、思わずしかと観た(笑)
今回はサンジとチョッパーでした。
カマバッカに飛ばされたサンジと、大きい鳥のいる島に飛ばされたチョッパー。

乙女と化してゆくサンジ、おもしろすぎました。
あたしは兼ねてから思ってるんだが、麦わらの一味で一番
笑いの神に好かれてるのは絶対にサンジだと思う。
ゆえのあのマユゲ。ゆえのあの手配書。

「ゾロ派orサンジ派」とは、ワンピースにおける定番の二択ですが。
で、老若男女問わず概ねゾロ派なんだけど(笑)
あたしは断然サンジ派です。ゾロも好きだけど。ちょっとストイックすぎ。
サンジの方が単純でアホでおもろいし、女の子にやさしいし、
何てったって一番のポイントはコック!!!
片や女性に親切で料理上手。片や無愛想で方向音痴。
ね?どう考えたってサンジじゃん!

あと、サンジは裏でいい動きする活躍ぶりがニクイ。
クロコダイルのとこで「Mrプリンスー!」と、
大いに称えたのは、あたしだけじゃないはずだ。

更にゆーと!
それぞれのエピソードでサンジの話が一番好きです。
その次がチョッパー。
その次が一味の話ではないが、空島の昔話のやつ。

これであたしのサンジ愛が大きく伝わったことかと思います(笑)
いや別に、一番すきなキャラってわけではないんだが(笑)

ちなみに次回はロビンとウソップのエピソードみたい。
ま、観れないんだけども。

そうそう!
アニメ繋がりで。
同じく、ベジータがスーパーサイヤ人になったこないだの日曜日。
の夕方。

何年ぶりかわからないくらい久しぶりにちびまるこちゃん観た!!!!
父の日とゆうことで、それに絡んだ話もあったんだけど、
父・ヒロシがええ味でてました。

今年で20周年みたいだよ、まるちゃん。
始まった頃はあたし、まるちゃんより年下だったのになぁ・・・(笑)

ちなみに、まるちゃんのコミックスはなかなかオススメです。
一番好きなのはたまちゃんとタイムカプセルを埋めるエピソード。
いつも仲よしのまるちゃんとたまちゃんがケンカをするんだけどねぇ。
はっきりゆって、泣くよ!

淡路島!~TOTOシーウィンド淡路②~

夜ごはんはしゃぶしゃぶ!
DSC02498.jpg
ごまだれで美味しくいただきました。
でも、4人でしゃぶしゃぶるには、ちょっと小さい鍋だったのと、
約一名ちっとも使えないフロアスタッフがいて、そのへん結構な減点ポイント。
DSC02497.jpg
あと、刺身。
いりませんでした・・・。
海のそばで食べる海鮮がこんなに新鮮じゃないのも珍しーぜ!
DSC02500.jpg
朝ごはんはバイキング。
パンがうまかった。ジャム取ったけど、パン自体がうまいので、不要でした。

館内には大浴場や卓球台なども。
プールもあった。
DSC02511.jpg
ただし、あのプールにどうやったら辿りつけるのかは謎(笑)
DSC02512.jpg
渡り廊下から臨む海。
DSC02499.jpg
レストランから臨む海。

・・・・曇ってる。

淡路島!~TOTOシーウィンド淡路①~

ご宿泊は建築家・安藤忠雄氏によるリゾートハウス「TOTOシーウィンド淡路」
外観は素っ気ない建物なんだけど、
エントランスに臨むとまずはコレに目を奪われます。
DSC02522.jpg
どどーん!と、横長の自動ドア扉。
オープンすると・・・・
DSC025202.jpg
まるごとスライド。すげーインパクト(笑)

そして入り口を抜けた先には広い空間にどどーん!と階段があり、
その先に海が臨めます。
そう。ここってば、絶壁のような場所に立っているのです・・・
DSC02519.jpg
階段の脇には、大きなブックラックがそびえ立ちます。
DSC02517.jpg
宿泊施設というよりか、ミュージアムのような空気感。
DSC02515.jpg
建築の本などが並べられたインテリア空間。

しっかし、さすが安藤氏デザイン。
およそ宿泊施設とは思えんほどの勝手の悪さ(笑)
その洒落っぷりにテンションはかなり上がりますが、
普通の宿泊施設では考えられんほどの複雑構造。最早ラビリンス(笑)
客室に行くのに、途中の階までエレベーター使って、
渡り廊下通ってまたエレベーターみたいな。実用性なき造り。

しかし、部屋に到着し、再びテンション上がる。
DSC02495.jpg
メゾネットー!
入り口のある階には洗面所とお風呂とトイレ。
階段を下りると、リビングとキッチンと和室とトイレ。(テレビ2個!!)
DSC02494.jpg
TOTOの宿泊施設とゆーことで。
トイレは気合い入ってました。音楽とか流れ出したよ。
でもそれ以上にすげかったのがお風呂!
DSC02491.jpg
テレビついてるしー
照明4パターンくらいあるしー(青いライトなんかもあった)
普通のシャワーと別に、上と横に固定シャワーついてるしー
なんせ、リッチな風呂だった。家がこれだったら幸せすぎるのに。
DSC02490.jpg
洗面所は2つ!
DSC02489.jpg
お庭もついてます!
DSC02496.jpg
最早、家である。
DSC02502.jpg
ついでに備品の浴衣にはTOTOの文字があしらわれてました(笑)

いやー。
部屋だけでこんだけはしゃげるのっていいなぁ。
旅行!って感じ。
普段は寝るだけだし・・・と、ビジネスホテルとかバンバン利用するクチなので、
たまにこーゆー豪勢なとこ来ると、アガりっぷりが半端ねーや。

チケットを手に夏は心の両手に

ロッピーと格闘の末、UAチケット無事げっとー!
デビュー15周年記念ライブとゆうことで、
何が何でも行きたかったので、一安心。

8月21日@大阪城野外音楽堂(これも行きた過ぎる要素のひとつだった)
叫んじゃいな!
「や・おーん!」

ついでに。
8月18日はYUKI@神戸こくさいホール
叫んじゃいな!
「ビバ神戸ライブ!」


太陽を手に月は心の両手に。
チケットを手に夏は心の両手に。
梅雨、乗り切ります!
洗濯、たまってます!

淡路島!~北淡震災記念公園~

夢舞台をあとにして向かったのは、北淡震災記念公園。
DSC02478.jpg
入り口からいきなり痛々しい。
でも忘れちゃいけない出来事です。
いや、一生忘れんけども。
DSC02481.jpg
野島断層保存館。
DSC02479.jpg
凄まじい。

震度7を体験できるところがあって、体験してきました。
普通にリビングのようなところで、ソファに座って揺れを体感したんだけど。
あたし、よく起きなかったなぁって(笑)
いや、起きたんだけど、揺れで起きたとゆーよりは、
おかんの大騒ぎする声で起きたからな・・・
しかもわが家は11階という高層にあったので、
実際はこれ以上の激しさだったはず・・・。

北淡震災記念公園を出ると更に雨脚は激しくなり。
もう雨でも大丈夫なとこないな~となり、
予定してたよか早くに宿泊施設へ向かいました。

淡路島!~奇跡の星の植物館②~

素敵すぎて写真撮りまくったので、
今回の旅の写真の3分の1以上が花の写真とゆー事態に(笑)
ちょっと整理しつつアップします。
DSC02464.jpg
壁一面に敷き詰められた花々。

DSC02465.jpg
う~すべに色の~と、思わず歌ってしまったハナミズキ。

DSC02472.jpg
冷房の効いた部屋の堅そうな土で育っていたファンキーな花。

DSC02473.jpg
冷房の効いた部屋の堅そうな土で育っていたファンキーな花2。

DSC02476.jpg
ホタルブクロ。名前と佇まいにやられた。

いやー!
満喫したわー!

淡路島!~奇跡の星の植物館①~

家族旅行で淡路島に1泊2日で行ってきました。
姪・ここなの人生初旅行!
一日晴れと予報されていた晴天の日に
突如雨雲を呼び出したという力を持つ雨女・ここな。
ここぞとばかりに降らせてくれました。

そんなわけで、雨でも楽しめる所を選んだ結果、まずはココ。
淡路夢舞台の奇跡の星の植物館。
DSC02406.jpg
ちょうどホワイトガーデンショーが開催されていたのですが、
これがメチャ綺麗だったー!
DSC02442.jpg
ザ・白庭。
DSC02444.jpg
天国という場所があるならば、こんな感じなんだろう。
DSC02458.jpg
白と青の、清々しさよ。

てなわけで。
清楚な花々たちに癒されてください。
DSC02456.jpgDSC02449.jpg
DSC02435.jpg
DSC02446.jpg
DSC02454.jpg
模様が気持ち悪くて撮りませんでしたが、食虫植物もいた。

いろーんな種類の花がホワイトガーデンを作り上げていたわけですが。
あたしのお気に入りはこの2つ。

DSC02451.jpg
花弁の重なり方が絶妙に可愛い、ヤマアジサイ「フジノタキ」

DSC02448.jpg
名前も素敵な、アジサイ「シュガーホワイト」

ホワイトガーデンショーのほかにも、素敵な空間が。
和なテイストの展示スペース。
DSC02425.jpg
DSC02430.jpg
DSC02427.jpg
DSC02424.jpg

カルピスブーム

人生初のカルピスブーム到来!
2010060921570000.jpg
朝はトーストのお供に。
夜は赤ワインを割って。

最高です。
体にピースです。

今までカルピスといえば、可もなく不可もなくといった存在感だったのですが。
職場で、元祖カルピスっての?水で薄める原液のやつ!
あれをビンで一本まるまる貰って、それを飲み始めたのがキッカケ。
なくなってしまったら恋しくなってね。
思わずの2本買い。そう、思わずの(笑)

本当はビンの薄めるタイプのやつ探してたんだけど、
スーパー何軒かみたけどペットボトルタイプしか売ってなくて
仕方なくコレにしたけども。
味があたしの好みよりちょっと薄いなぁ。
原液タイプは自分の好みの濃さにできるのがよいね。

自分でもまさかのカルピスブームにちょっと驚き。
ちょうど今ロペピクニックがカルピスとコラボした商品(カットソー)出してて、
思わず買いそうになったー(笑)
でもRNA(祝!三宮カムバーック!)の
今ちょっと目ぇつけてるヤツの存在を思い出し留まったけど。

ほろよいの白サワーにハマったのは、
このカルビスブームの予兆だったのかも?
ちなみに今、手元にはほろよいの青空りんご味。初夏限定商品!
ネーミングが気に入りました。青空りんご!
でも、味は白サワーのが好きだけど。


さーて。
今夜はいよいよカメルーン戦!
このワールドカップに備え、
こないだ応援アイテムを実家に取りに帰ったくらい気合い十分(笑)
今夜はまぁちゃん家で、オランダ戦はホムスタで、
デンマーク戦はスポーツバーで観戦予定。

今日がまだ唯一何とかなるカードなので、
是非とも何とかしてほしーです。
今日が何とかなれば、後の2試合も負けちゃうだろーけど
まだ盛り上がって観れると思うんだよね。
でも今日負けたらもう何か一筋の光さえも断たれた感じで、
あと2試合に対する観戦意欲が微妙になってくる・・・

個人的にはカメルーン戦といえば、
あたしがサッカーにハマるキッカケとなった
2001年のコンフェデレーションズカップを思いだすので、印象はいいんだけど。
鈴木隆行(漢字あってる?)がシンデレラボーイと持て囃されたあの試合です。
かっこよかったよ、あの鈴木は。
そして、「サッカーってこんな面白いんだーー!!!!」
と、テレビで観戦して興奮したのを今でも鮮明に覚えています。
あれで約10年前に遡るのか・・・・早。

ほな、とっとと風呂入って準備して、
ついでに明日の旅支度もして、ペッツ号で出かけてきやーす!

いざKICK BABY いざKICK!!

本家。


カバー。(ライブ音源は2分くらいから~)


ライムスターがライブのアンコールでキックザカンクルーの
マルシェをカバーしたとゆう話。

マルシェ大好きなのにー
それをライムスがカバーするなんて。
しかもかなり忠実にカバー。
(パート割も勿論しっかり!
KREVA→Mummy-D、MCU→宇多丸、LITTLE→DJ JIN)

ああー!
映像がないのが悔しいぜー
何で行かなかったんだーあたしーライブー

こーれが聴きたい&見たいがために買いますよ!
ライブDVD!いつ出るんだ!?
叫びますよ!「上がってーる!」

ライムス×キックといえば。

たのしそー
日比谷たのしそー
そして、Dさん、かっくいー!
そーいやあたし、多分このツアー行ってるな。国際会館。懐かしー

Caffe TRENO

以前紹介したパン屋さん「ル・ポ-ク」のお隣には。
2010060313310000.jpg
「トレーノ」とゆうカフェがあります。

店内の中央にはどどーん!と、列車の模型が。
模型列車がぐるぐると運転中。
2010060312240000.jpg
この模型周りは会員制度となってるようで、
好きな人はマイ車両を持ち込んで走らせることができるそうです。
あと貸し出しもあるみたい。

カレーも美味しそうでかなり気になったのですが、オムライスに。
蛸が入っていたのが決め手となりました。(蛸好き)
2010060312320000.jpg
う・ま・い!!
オムライスとゆーより、チャーハンのような感覚。
まじでうまかったー!!
またリピートしたくなる味でした。
メニュー豊富だったので、他の味も試してみたいし。

それに何が嬉しいって、終日店内は全席禁煙!
こないだ入ったカフェがそのへん分別なくて(せめて分煙してくれ!)
ちょっと残念だっただけに、かーなり好印象。
かといって全く吸えないわけでなくて、外のお席が喫煙席となっております。
4人用のテーブル席の他に、窓に面したおひとり様用シートも完備。
雑誌も豊富なので、ひとりでのんびりランチにも持ってこいかも♪


Caffe TRENO
TEL 078-963-5111
営業時間
[月~金]11:00~16:00 18:00~22:00
[土・日・祝]11:00~17:00 18:00~22:00
定休日 月曜日

告白

湊かなえ作「告白」読了。

最近テレビでよくCMやってる松たか子主演の映画の原作本です。
以前、女の子市民ブログでも観たい映画ランキングみたいなの発表した時に
ランクインさせたはずですが、この映画、予想してた以上にプロモーションかかってて
キャスト陣も張り切ってテレビ出まくってるねー。もっと質素な扱いになるかと。意外。

で、本の話に戻りますが。

面白かったー!!!
ここ最近読んだ本の中でも最高レベル。

読み始めた時は、あまりにも改行が無い活字のだだ書きに
少し戸惑ったりもしたけれども。
徐々にその独特の世界観にハマってゆきます。
登場人物たちは全員何かしら歪んでるしね。

「後味悪い」なんて言われてるから、
実はそのへん相当覚悟して臨んだんだけど、
あたし的には全く問題なかったや。

確かに誰も救われない結末だったけども、
この作品の、負が負を呼ぶ、負に満ちまくった中では、
あんまし違和感かんじないとゆーか(笑)
変に一筋の光が差すような生ぬるく安易な終わり方するよか、
こんくらい徹底的に救いようないほうが、
ちょっと強引な言い方すると、むしろスッキリ!みたいな・・・。

って、森口先生の最後の話が嘘じゃなかったら、の話ですが。
「あなたの更生の第一歩だと思いませんか?」
この凍りつくような締めの一言にゾクゾクときたよ。

この森口先生を松たか子!
純粋に素晴らしいと思いました。
これ以上の人選はない気がする。
松たか子の演技力を持ってすれば、完璧な森口先生となるはず。

この小説は全部で6章から成って、
それぞれ語り手が変わってゆくんだけど、
面白いなぁと思ったのが、語り手が変われば、
同じ人物のことを話していても、
その人物像が違ったものになってしまうこと。
かなり限られた登場人物にも関わらず、
「んん?」っとなって振り返ったもん。
同じ人物のことを話してるとは思えなくて。

でもよく考えれば、ケンカをした2人がいたとして。
両者の話を聞けば必ず相手が悪いし、それぞれに言い分があり、
ゆってることも微妙に食い違ってたりするし・・・。
そーゆーことと同じ原理なんだろうなぁと思う。

原作読んで、ますます映画みたくなりました。
この独特の世界が映像化されているとゆうだけでも気になるのに、
それを中島哲也監督が撮ってるってとこが意外すぎな組み合わせで
ますます興味をそそります。
今までの作品でファンタジーちっくな映像のイメージが強いんだけど、
その監督の持ち前のセンスがどのように反映されているのか・・・想像できない!


東京2010~六本木編②~

時間軸でゆーと、森美術館の前の話。

今回の旅はの目的は3つ。
①ネズミー
②いいとも

そして・・・
③さとみさんとランチ

さとみさんとゆーのは、名古屋旅の時に会ったけいこさんと同じく、
あたしとセラ嬢の恩師の一人で、けいこさんと同じく鬼である。
なんつーの、けいこさんがグサっと刺してくるのに対して、
さとみさんはゆるやかに首を絞めながら確実に仕留めてくるかんじ?
まー共に恐ろしい。
同時に、愉快で博識な大人です。尊敬。
本当にこの2人の姉御にはお世話になりました。
ひよっこのあたしらに、未知の世界を見せてくれた人たちです。


で、そのさとみさんとの再会の舞台は東京ミッドタウン。
DSC02330.jpg
無事、再会を果たし、ランチ♪
案内されるがままに店に連れてってもらいました。
こーゆーところが、個人旅行のいいところだよね。
旅先で会える人がいるって素晴らしい。
そう思うと今回の旅は、パッケージ旅行と個人旅行のいいとこ取りだったなぁ。
DSC02332.jpg
ハンバーグを食べました。
むちゃおいしくって、チョコレートのサービスなんかもあって満足。

息子のいずほくんも大きくなって、すっかり鉄道っこになっていた(笑)
ああゆう好みって遺伝子に組み込まれてるのかしら?
すごい不思議。
女の子で鉄道に興味持ったりとかはそうそうないよね?(環境にもよるのか?)
東京はいっぱい路線あるから、鉄道好きにはパラダイスだろうなぁ(笑)

このあと森美術館に行って、再びミッドタウンに戻り、お茶。
このへんもさとみさんいてくれて良かった!
美術館への道も迷うことなく行動できた。
DSC02365.jpg
初DEAN&DELUCAー!
ラテと、チョコのたっぷりのパンを食べました。
深い話なんかも繰り広げてたら、時間はあっちゅー間に過ぎ去り、迫るタイムリミット。
名残惜しげに六本木をあとに。

しかし、ギリギリの時間になってしまったため、
さとみさんとは変な別れ方に(笑)
後から改めてメールして。
「色々人生あるけれど、元気に再会できて、何より嬉しかったです!」
という返信メールの言葉にじんわり感動。
生きてるって素晴らしい。

またちょくちょく会いに来てね!ってことなので、
遠慮しらずでがんがん行きたいと思います。

そうそう、それに六本木はまた来なくてはー!
やっと見つけたパラダイス!
東京は嫌いじゃないんだけど、なかなかココ!ってゆー
お気に入りの場所が見つけきれずにいたのよね。
今度は1日がかりで満喫してやるー

でもそれをゆうと、ディズニーだって行くし、いいともだって行きたいし。
東京で1泊2日は足りないなぁ。


行きも帰りもANA。
最近ANA率高いような・・・
ちょっと期待してたのですが、残念ながら山形機長ではなかったです。(北海道旅行参照)
DSC02368.jpg
期間限定でスタバの無料サービスやってました。
もちろん、いただきー!

のだめカンタービレ最終楽章♪後編

のだめー!
後編ー!
観てきたーー!!

公開から1カ月以上経っているとゆーのに、なかなかの賑わいで驚き。
ゆうまでもなく、ほぼ女子でしたが。

前編と比べるとテレビシリーズ時代を回想するシーンが多かった印象。
実写版の歴史の集大成ですものね。
キャラも前回に比べ、テレビシリーズからお馴染みのメンツがわいわい揃ってたし。
えーたくんと小出くんと樹里ちゃんでフランス観光わいわい!
な部分が、楽しげでお気に入りでした♪(短いシーンですが)
ただ、演奏シーンは、前回の方が感動的だったかな。マルレオケのやつ。
千秋せんぱいの苦労がしかと描かれるぶん、
最後に大成功!みたいベタな流れも良かったし。
映画館でオケの演奏をがっつり観るというのが新鮮だったのも大きいかもだけど、
今回は前回のように、映画というのを忘れて思わず拍手しそーになるような
のめり込みはなかったなー。

マンガと比べると、終わり方は好き。
しっかり終えてくれた感じ。
ただ、のだめがエジプトまで旅(失踪)してたところは流石にカットされてたけど(笑)
のだめ好きの人の話によると、エジプトの置物のような物が
のだめの部屋に置かれてたらしーです。全くわかんなかったー!
これから観る人はぜひ注目して探してみてください。

ヤドヴィがちょっとイメージと違ったなぁ。もっと幼い女の子のイメージなんだけど、
どっちかっちゅーと美人系の顔立ちですよね、あれ。(鼻高す)
吹き替えを蒼井優ちゃんがやってましたが、
もうこの際アジアの女の子という設定に変えて、優ちゃんがやれば良かったのに。
(イメージはぴったりなんだけど!)
テルミンってあんな音なんだね。
マンガじゃ想像するしかなかったから、こーゆーのが映像の強みっすよね。


もう樹里のだめと玉木真一くんが観れなくなるのは残念ですが。
マンガではアンコールのオペラ編がスタートしてるので、
まだちょっと救われてます。

映画版のDVDが出そろったら買おうかぁ。
でもその前に、最近もう何回目かわからないくらいの木更津ブームがやってきてて、
木更津DVDBOXをマジで買おうと思ってます。
何せyoutubeで木更津関連の動画観まくってますのー(笑)
UNOのCMとかね(笑)
はっきり言って、あたし、相当きもいと思いまふ・・・。

キキとララとしんちゃんとてつくん

きゃーわーゆーすーーー!!!
4991567130599.jpg
いやー。身悶えました。
50周年で盛り上がってたサンリオがタワレコとコラボっちゃったもんですから。

色々グッズが出てるのですが、
このライブverのキキララのみがプリントされたTシャツほしいのに、ないんだよー。
キティとマイメロまで一緒にプリントされっちゃってるんだよう。
余計なことをー!
あと一歩のところで客のニーズに応えきれてない。
キキララが大好きでキティが大嫌いな人がいたらどうするつもりなんだー!?

買うか買わないかは店頭で実物を見て決めるとしよう。
てなわけで、一旦保留。


キャラクター話繋がりで。
2010053112110000.jpg
神鉄とゆー電車は新開地駅から出発すると、途中の鈴蘭台駅から二股に分かれ、
三木方面に向かう線と三田方面に向かう線があり、ちょうどY字のような形になっています。

その三木方面に向かうのが「粟生線」とゆーのですが。
神鉄全体ではなく、その粟生線にキャラクターができていたようです。
「しんちゃん」と「てつくん」

こんな単位でキャラ作ってたら、キリないやないかー!!
と、つっこんだのはあたしだけなんだろーか。
だって、粟生線だけで作っちゃったら、
三田線と神鉄全体のキャラも必要になってこないか?

ゆるキャラブームはまだまだ続くようです。
全国のキャラクター集めたら、立派にキャラ事典できちゃいそーね。

それゆけ!ペッツ号!

何やら楽しげに作業するお嬢さん方が。
DSC02401.jpg
何をしているのでしょーか?
ちょっと様子をうかがってみましょう。

「はさみ!はさみ!」

「なぁなぁ!何か綺麗に貼られんねんけどー!」

「てきとーでええねん!てきとーで!」

「ええー!?ちょっとこっちもやってーー」

あはははは・・・!

わいわいわい。

あはははは・・・!

すると一台の車が彼女たちの前で停車。
運転席のお姉さんが何か言いたげに2人の様子をうかがいます。

それに気づいた2人。
作業をしているそこは、立派に駐車スペース。

「もしかして、ココに停めるんかな!?」
「やばい!どけな!!」

慌てて撤収しかけた2人に車の窓を開けてお姉さんが一言。

「いやいや!違うんです!可愛いなぁ~と思って!」

・・・・!
でしょーーーーー!!!!!!!!!


そんなこんなで。
お姉さんにも可愛いと褒められたペッツ号。
見事、復活!
2010060716060000.jpg
はじめまして。
愛車のペッツ号です。
以後、よろしゅう。


お役御免で急遽オフとなった月曜日。
月曜休みと言えば、美容師だろー!ってことで、asaに声かけ。
実は休みじゃなかったものの(年中無休)、いとも簡単に休みを確保してくれ、
彼女が1年以上前からくれると言ってくれていたペッツ号(自転車)を貰いにいくことに。

まずはあたしが実家に車を取りにいき、asaを拾って彼女の実家へ。
そこはあたしも昔住んでいた団地で、色々懐かしかったぁ。すっかり廃れた町でしたが。
むーちゃ久々にasa実家にもお邪魔。相変わらずスッキリした家でした。
ペッツ号を捕獲し、両タイヤともにパンク(実際は空気漏れてるだけだった)してたので、
そのまま自転車屋に駆けこんでメンテナンス。

その後、あたしの家の前で見繕い。冒頭の一コマですね。
もともと貼りたくられていたデザインテープがだいぶ色あせてたので、
上からペタペタペタペタと貼りたくりました。クレイジーバイシクル(笑)

記憶の限りでは、自転車なんて15年ぶりくらいに乗ったよ。
非常に快適っすね。
クセになる快適さに、夜な夜なナイトサイクリングを楽しんでます。
夜風が気持ちいいのよ、これが!

ちょっと遠いコンビニに公共料金払いにいったり。
ひと駅向こうのスーパーまで買い物いったり。

自分自身でわざと自転車乗る方向に仕向けてます。
これは間違えなく自転車乗りたい病だ(笑)

念願のマイカーを手に入れた男の子が愛車を走らせたいがために、
無駄に日帰り旅行とか企画したがる気持ちが今、痛い程わかる(笑)

ちなみに、この日の夜はワイン会。
2010060718110000.jpg
asaが持ってきてくれた白ワイン「モスカートダスティ」
むーっちゃまろやかで美味しかった!
今まで飲んだ白ワインの中でダントツのフルーティーさ。ダントツの飲みやすさ。
また飲みたい!!

ワインのお供には。
asaママの差し入れのクッキーと野菜チップスと、
ナポリの窯で買ったチキンと、
大好きなアーモンドチーズと、酒のあてに最高なチーザを2種と、
閉店間際のPA PA PANでたらふく買い込んだパンと、
ようやく巡り合えたクッキークルーラーのココナッツ味(調子乗って2個買い)byミスドー!

・・・多すぎ!(笑)

しっかし、ワインのコルク抜きにはえーらい苦労したよ(笑)
普段、自分で家で飲む用に買うのなんて、スーパーのくるくる回しゃ開くフタの安物だし、
実家でワインある時だって、当然ながらコルク抜きは父の仕事なわけだし。
初めてコルクの難関に対面しました。
あんなに抜けないものなんだねぇ~(しみじみ)
女の子2人、どんなに頑張ったって無理でした。
どんだけ時間費やしたか・・・無事飲めてよかった。(結局、押し込んだ。笑)
次は「トラベーナ・ウルツガルテン カビネット」の2008モノや!

大名行列伝統の一式

何年も前から気になっていた、モード和食WADAの
「大名行列伝統の一式」食べてきたー!
2010060111200000.jpg
すげー長いの!
想像以上の長さ!
テーブル横幅めいいっぱい!
おかげでどう撮っても見切れてしまって苦労した(笑)
もっと小じんまりしたベルトかと・・・。

おかずがちょっとずつ小鉢に入っていて、
見た目だけでだいぶテンション上がります。
配膳された時、そのビジュアルに思わず歓喜の声を上げてしまうよ。

7種類ある器の中でも一番目を惹いたのがコチラ。
2010060111240000.jpg
まるでジャムような容器。
これ、何だと思う?

最初何かにつけるものかと思ったら、茶碗蒸しでした。
かわいー!
実は茶碗蒸し、得意ではないのだけど、
少量だったし器の可愛らしかったので、思わず食べてみた。
ちょっと濃いめの味付けでしたが、逆にそれがあたしの舌とは相性よかった。
この茶碗蒸しならイケます。

2010060111440000.jpg
デザートはこちら。
生地に醤油を練り込んだロールケーキです。
その響きで「ええ!?」ってなったけど、食べてみたら意外とイケる。
不思議な味でした。プチサイズだったのもよかった。

順番逆になったけど、前菜もありました。
2010060111090000.jpg
とろろ湯葉のなめ茸添え。
そっかー!
家でも豆腐になめ茸添えて食べよー!っと思った。うまし。

2010060114140000.jpg
モード和食WADA。
ミント神戸8階にあります。
大名行列伝統の一式は1日50食限定で1,365円なり。
ちょこっとずつだけど、全部食してみたら結構ボリュームある。
出てきたら絶対テンションあがることはホショーしますので(女子なら)、
是非一度お試しあれ♪

2010060111060000.jpg
張り切って開店直後に行ったからガラガラ(笑)
テーブルと椅子は黒で統一され、入り口には豪勢なシャンデリア。
和食ながら、モダンな雰囲気。
窓際の席では、三宮の街を一望できます。

ミント神戸のグルメはオープンした当初あんまし興味なかったんだけど、
最近色々調べてて、行ってみたい店がちらほらり。
特に今、おしゃれな中華料理屋でおいしい飲茶が食いたい!
という欲求がむくむく膨らんでいて、ミント内の中華も気になってます。
誰か一緒に飲茶会しません?笑
もしくは美味しい飲茶でるとこ連れてってー!

食いしん坊ばんざい

チキンタツタくったー!
2010053113440000.jpg
いつの間にやら始まっていたようで。
レギュラー入りすればいいのに。
でもレギュラー入りしたら油断して食べる率は減るだろう。
そう考えると、マクドの作戦勝ちな気がする・・・

ルタオのドゥーブルフロマージュくったー!
2010053120400000.jpg
asaがプレゼントしてくれました。
ありがとー!
実家にもおすそ分け。
2日にわけて、おいしくいただきました。

いちごのショートケーキくったー!
2010060117000000.jpg
さんちかのミオール神戸にて。
最近はちみつロールをやたら推してる店です。
あそこ通るといつも呼び込みしてるイメージ。
でもロールケーキで800円は安い気がする。
で、はちみつロール食おうと思って入ったら、
イートインメニューにはなかったので、いちごのショートを。
ちなみに、この日から発売となっていたのがお隣のメロンケーキです。
メロン好きにはたまらんおいしさだそうです。

オムライスくったー!
DSC02384.jpg
卵アレルギーのここなさんが羨ましげに見上げます。
すごーいボリューム満点でお腹いっぱいになった。
分煙じゃなかったのが残念ですが、お値段はリーズナブルでした。
でもねー。店の名前がわかんねー(笑)
家の近くのカフェなのですが・・・
DSC02387.jpg
外観の写真からも店名判別できねーな(笑)


そんなこんなで。
今日も元気にもりもり食べてます。

ちなみに家では。
朝のトーストにかける蜂蜜と、夜にアーモンドをあてに飲む赤ワインのカルピス割り。
この2つがマイブームです。
これを楽しみに日々生きていると言っても過言ではない。

あ、そうだ。あと!
忘れちゃいけない・・・

グルトー!
guruto.jpg
可愛すぎるこのパッケージに一目ぼれして以来、
ずっと気になっていたのですが、なかなか売り出しされなくてねぇ・・・
でも、先日ついにゲットん。
毎朝お弁当作りながらちゅうちゅうやってます。
これはいちご味ですが、桃味もあるよ。白いパッケージです。


さーて。
明日は何たべよう?

東京2010~六本木編①~

新宿をあとにして、向かった先は六本木。
初の六本木。

六本木といえば、あたしの中ではアンルイスの六本木心中しか浮かばねー!
程度の存在だったのですが。笑

なんなんですか!
六本木!!
何で今まで誰も教えてくれなかったの??

これは。
まさに。

パラダイスやないかーーー!!!!!!!!

確かに聞いたことはあったよ。
六本木ヒルズとか。
東京ミッドタウンとか。

でもさ、でもさ。
何か得体のしれん感じで、さして行きたい!とか思ったことなかったの。

しかし。
このたび。
楽園シティに任命いたしました。

そもそも六本木に行くことになったのは、
天気が良かったら皇居の芝生でピクニックランチをするはずだったの。
(皇居に行くだなんて発想まるでなかったあたしには、
これはこれでちょー楽しみにしてたのに・・残念!次回こそは!)
そっから羽田までのアクセスを考えて、路線図を吟味した結果、
皇居あとは六本木かね~というプランになり、
どれいっちょ六本木調べますか★と、旅前に軽い気持ちで旅行パンフを
ぺらぺらり・・・すると・・・・

!!!!!!!!!!!

目からウロコでした。

何このおされ感!
何このアート感!
何この素敵ビルたち!

つーか、美術館!密集しすぎ!!
国立新美術館。
サントリー美術館。
森美術館。
をはじめ、21_21 Design sightとかフジフィルムスクエアとか
アートアンリミテッドとか、ギャラリーがわんさか!!
更にアパレルショップやカフェも充実。
何て罪な街。

一日じゃ足りねーよ!
ましてや昼過ぎまで新宿で潰れ、
帰りのフライトを考えると夕方には六本木でなくちゃいけないなんて!
お話になりません。

そんなわけで。
絞りこみました。

今回旅行会社を通じて飛行機&ホテルがついているパッケージだったんだけども。
サービスで森美術館の無料入館券がついていた!(そんな売り文句一切なかったのに)
なんてサービスがゆき届いているんだ!
こーゆーのは、パッケージツアーのいいとこですね。
ビバ・サービス!

JTBありがとー!ってことで、森美術館へ。
DSC02364.jpg
実はココは六本木内をいろいろ調べた中で一番心惹かれた場所です。
森タワーの53階に位置するという現代的な立地に加え、
22時までやっているという型破りな美術館。
モットーは「アート&ライフ」

そんな現代的で国際的な美術館で開催されていたのは、
「六本木クロッシング2010展」
DSC02361.jpg

現代アート展とゆーことで、写真もほぼ撮り放題だったので、
お気に入りたちをピックアップしまーす。

まずは・・・入ってすぐにあったコレ!
DSC02338.jpg
シャネルの紙袋の中に・・・
DSC02341.jpg
小さな木が!
DSC02342.jpg
マクドの袋の中にも・・・
DSC02344.jpg
木!!
紙袋の表面を切り取って作られたようなのですが・・・
how toは全く不明。芸が細かすぎる。

続いてはコレ。
DSC02346.jpg
一見何の変哲もないCDたちのように見えるのですが、実はなんと・・・
DSC02348.jpg
全て手書き!!
実在する名盤のジャケットが実にリアルに描かれております。
DSC02347.jpg
ジャケットだけでなく、帯やシールなども全て手描き。
すげー
DSC02350.jpg
しかもジャケットだけでなく、CDのプリント部分やライナーや
封入のアンケート葉書まで手描きですがな!
DSC02351.jpg
更に試聴コーナーまで設けられ・・・
何と、音源は声で再現されてます。
演奏部分の楽器の音も全部、声でやってた。
これぞ究極のDIY精紳?

今作品展のメインとなったのがコレら。
DSC02357.jpg
写真じゃよくわかんないですが、こちら、大きな音を立てて色々動いて音楽(?)を演奏中。
DSC02358.jpg
ピタゴラ装置好きにはたまんない。
DSC02359.jpg
どーゆー仕組みなんでしょうね~・・・

あとは、写真を撮るには焦点が難しく、カメラには収めてないんだけども、
「Baby Insa-dong」という、日本人の男性と在日の女性の結婚の様子の写真が
セリフと共に壁にすらーーーっと並べられて一つのストーリーになった作品が
とーーーっても素晴らしかった。
とゆうか、心に何だかグサっときた。
「偏見」
その言葉について改めて考えさせられた。
普段から偏見の精紳に満ちたあたしがゆうのも何だけど。
それについて何も知らないくせに、ちゃんと勉強したわけでもないのに、
上っ面のイメージだけで嫌悪感を持つことの愚かさ。
この作品は、このまま1冊の本にして、多くの人に触れてもらいたいと思いました。
袴を着る男性とチョゴリを着る女性の姿が印象的でした。

そのほか。
DSC02337.jpg
デリバリピザの箱やら。
DSC02353.jpg
フライがフライ。
DSC02356.jpg
きらきらきら。
DSC02355.jpg
スケボができそう。

むーちゃくちゃ広い館内に驚きでした。
お腹いっぱいになるくらい作品が溢れておりました。

チケットでスカイデッキも出れたんだけど、
天候が悪いため開放が一時中止となっていたので断念。
ミュージアムカフェもありました。
今度来た時は絶対に行こーっと。

東京2010~いいとも!編~

2日目の朝。
荷物まとめて早々とホテルをチェックアウト。
あ、ちなみに今回宿泊したのは飯田橋にあるディズニーのパートナーホテル。
ディズニーからの送迎バスもあるし、東京で動きやすいし、
立地がなかなかナイスでした。

新宿でモーニング。
DSC02326.jpg
トーストがばりうまー!!
付いてたりんごのジャムもおいしー!!!
しかし700円台と、モーニングにしては割と高め。
西梅田のおしゃれカフェでも400円あれば十分なのに。物価たかい。

この日の天候はくもり。
午後からは雨の模様。
ディズニーの前日は全国的に警報が出るくらいの酷い天気で、
ディズニーの翌日もどんよりした天気で。
よくぞディズニーの日は晴れてくれたもんだ。
うまいこと隙間に滑り込みました。

2010052609340000.jpg
そして。
やってきましたー!
新宿アルタ前!

モーニングとる前も一度通ったらすげー人だかりで。
一体なんだろー?と思っていたら。
ダイゴの入り待ちファンでした。
よく見たらみんなプレゼントとか手紙とか手にしてた。
その輪にまぎれて、アルタの客の整列待ち。

そう。
念願の笑っていいとも!観覧です。

もう何年も前から行きたい行きたいとゆーてたのですが、
(普段みてないくせに)なかなか当たらなくて。

しかし今回、セラ嬢が見事当選!
さすが、あのえげつない競争率だったと噂の
ハウス食品による嵐コンサート@ディズニーを当てた女だ。
しかも本人、なんか知らんが絶対当たるという確信があったらしい。
何と頼もしい。

更に当たった整理番号もむちゃくちゃ良かった。
2010052611130000.jpg
QMIさんの自称パーソナルナンバー9!!!

そんなわけで。
前から2列目の右寄りの位置で鑑賞できました。

スタジオ入りすると、思ってた以上に狭くてびっくり。
セットとかもテレビの方が5割増しくらいに見える!
実際にはかなりチープな感じでした(笑)

本番前にはいいとも青年隊(今、なおみちゃんじゃないんだね~。
楽しみにしてたのに!)の2人による、アルタの客レクチャー(笑)
そうそう、普段見ないから、ちゃんとルールを叩きこんでもらわんとね。
「そーですね」のタイミングとか!笑

ラジオ放送の本番は嫌ってほど関わってますが、
テレビ放送の本番を観るのは実は初めてで、かーなり興味深く観れました。

しかもあたしのすぐ前に機材とかあってさー。ガン見!
あたしとセラ嬢の前にはマイクが設置されていたので、しっかり声だしたよー。

本番はもっと大々的にカウントダウンするのかと思いきや、
けっこうあっさり素っ気なく始まって意表をつかれました。

もの凄い事前エピソードを生み出したテレフォンショッキングのゲストは
高岡蒼甫くん。坊主にしててカッコ良かった!

もーこの「ゲストが誰なのか!?」ってゆーのが、
東京行く前から大問題でね。
前日が岡本真夜ってのはわかってたので、
思わずwikiで岡本さんの交友関係調べたからな(笑)
更にディズニーランドではベンチに座りながら、
目の前でやってるパレードそっちのけでワンセグに食いついて、いいとも(笑)
あんなに真剣にいいとも観たのは生まれて初めてでしたわ。
見ながら、とにかく誰でもいいから男前かべっぴん希望!と心で叫んでました。
ちょうど一週間前が菅野ちゃんでさぁ!生菅野ちゃん!見た過ぎ!!

で、いよいよ岡本真夜がお友達紹介をし。
あの横の画面に高岡くんの写真が出たときの安堵感(笑)
2人で同時に歓喜の声を上げたかんね(笑)
正直、期待以上のお友達だったもんで。あたし、真夜を見くびってたわ。


放送が終了し、おまけトークは30分ほどで、
オールアップしたのが13時30分すぎ。

終了後に携帯をみると、あいちゃんとeriとyuxyからメールが。
どうやらがっつりカメラポイントの位置だったようで、ばっちし映っていたようです。
祝・全国ネットデビュー!(笑)

屋上ミサイル

山下貴光の「屋上ミサイル」読了。

感想を端的に述べますと。

「屋上部、入りてーーーーーー!!!!!!!!!」

あたしはそんなに熱心な読書家でねーので、上・下巻モノとかを目の前にすると
文庫本ですら一気に気力が落ちてしまうのですが。

それでも、今までかろうじて手を出したのが、
「天使の牙」と「チームバチスタの栄光」
どっちも最初は躊躇したものの、
読み終えたあとは達成感とゆーか、充実感が半端なく。
読んだら読んだで面白かったなー!と。

そしてこのたびの「屋上ミサイル」
久々に上・下巻構成ものでした。

「大統領がテロ組織に拉致監禁されるという大事件がアメリカで発生していたものの
日本の高校生たちにとって、それは遠い国の出来事だった。
それよりも、もっと重要なことがある。
例えば、校舎の屋上でスケッチをすることだとか。
美術の課題のため、屋上にのぼった高校二年生の辻尾アカネ。
そこで、リーゼント頭の不良・国重嘉人や、願掛けのため言葉を封印した沢木淳之介、
自殺願望を持つ平原啓太と知り合う。
屋上への愛情が共通しているということから、
国重の強引な提案で“屋上部”を結成することになった四人。
屋上の平和を守るため、通行人を襲う罰神様騒動、陸上部のマドンナ・ストーカー事件、
殺し屋との遭遇などに巻き込まれることになる。
それらはすべて、ひとつの事件に繋がっていた!
『このミステリーがすごい!』大賞2009年第7回大賞受賞作。 」

先述の作品のような重厚な達成感に比べると、よくもわるくもライトな後味。
なんせ舞台は学校。登場人物たちは高校生。

会話もテンポよく、彼らの何気ない言葉のやりとりなんかも軽快。
次から次へと勃発するやや非現実的な事件もテンポよく展開され、
少しご都合主義な感が否めなくはないが、
自分も屋上部の一員になったような感覚で、
はらはらしながら事件に臨みました。

まぁこの「ややご都合主義な感」がこの作品の極端なまでの賛否両論を
生み出している大きな要因となってはいるのですが・・・
あとがきでも記載されていましたが、
この作品は「このミス」大賞に選ばれたものの、
選考委員がまっぷたつに分かれ大紛糾の論議が繰り広げられたそうです。
ちなみに賛否ともにどちらの評論も紹介されてましたが、
否の方の評価。はっきり言ってボロクソでした(笑)

でも、読んでみて、どっちの意見も納得できたのが不思議。
称賛の声も「まさに!」って感じで、
批判の声も「確かに・・・」って感じで。

まぁあたしが引っかかったのは、
ひとつの事件が次の事件への足がかりになったりするのですが、
そのへんのつなぎ目の違和感。
なんかちょっと偶然すぎることが重なって逆に不自然な感が。

まぁフィクションにリアリティさを求めるなんて、
我ながらナンセンスな気がするが。
ただこのへん伊坂氏なら、
もっとスマートに仕上げられたのではないかと思ってしまったもので。

そうそう。
何かちょいちょい伊坂氏フォロワーっぽさを感じられる部分が。
でもまぁ「営業職、古着店の店長などを経て、現在はアルバイト」(書籍刊行当時)
というバックボーンが、がっつり作家なわけじゃないんだ!
と、思わず応援したくなったけど。

そう思うと、まだまだ伸びしろが感じられるというか。
今後の成長が楽しみに思える作家さんだなぁと思う。
そのうち物凄い大作を生み出すのではないかと思うよ。
(チェックしてないだけでもう既に生まれてたりして)
今作品は、そのいずれ発表される大作に至る為の過程
という風に捉えたら、途端に素晴らしい原点的作品な気がする。

この作品で秀逸なのが、屋上部が事件に立ち向かうのと同時進行で、
劇中ではアメリカで大統領がテロリストに拉致監禁されるという
世界的大事件が同時進行していく展開。
屋上部でもこのニュース及び、報道番組についての話題がよく繰り広げられます。
それが時に彼らの生活とリンクしてたりして、そのへんがうまいなーと。

やがて世間は東京にミサイルが落とされるという報道で大騒ぎとなり、
東京からどんどん人が去っていくという、前代未聞の事態・・という興味深い展開に。
もしも現実にそんな事態になったら、
ザ・平和ボケな日本人って一体どんな行動に出るんだろーね。

そして、個性豊かなキャラクターたちの魅力。
特に屋上部のリーダー(?)、リーゼント頭の国重くんってば!
「天ない」の晃以来のナイスなリーゼントガイです。

あとは何と言っても!
ラストシーン。
そんなとこで終わらすなんて・・・!
なんて上手いんだー!!
そこいらの少女マンガ顔負けのトキメキ感が満載です。

マジで恋する5秒前ならぬ、ついに恋実る5秒前。
みたいな終わり方です。(なんのこっちゃ)
みなまでを描ききらず、読み手にその先を想像させて終わらすという、
あのニクイ手です。
このこのー!なやつです。

いやー。
国重くん。
おばさんトキメイちゃったよ。


とにもかくにも。
屋上に行きたいわー!

まろんくりーむ

マロンクリーム復活!@サンリオ
2010052713180000.jpg
ちょっとずんぐりむっくりになって、色も水色が基調になっちゃってましたが・・・

懐かしい!

小学生の頃のあたしはかなりのサンリオっこ(いちご新聞読者でした!)で、
マロンクリームも色々グッズ持ってた。
まぁマロンクリームに関しては、あたし以上に母が気に入ってたんだけど。

懐かしい!!

2010052713190000.jpg
サンリオ50周年なんだってさ。
店内にポップアップが飾られてた。
マロンクリーム以上に懐かしい面々がつらづら。

この調子で色々復活してほしーな。
ゴロピカドンとか、パタパタペッピーとか(笑)

懐かしい!!!

東京2010~ディズニー編②~

このたびのディズニーでは、何故かえらい食いまくりました。
DSC02261.jpg
まずはランチという名目で10時台とかに食った肉と海鮮のスパイシーピラフ。
かーなり空腹で、がっつりいきました。
これ食べたとこがね。
DSC02262.jpg
スプラッシュマウンテンに乗ってる人がえらい傍を通る絶妙のポイントで(笑)
ザ・裏!みたいな(笑)
スプラッシュ乗りたい・・・と、うらやましげに傍観。

DSC02272.jpg
器欲しさに買った、イースター限定のメニュー、エッグタルト。
この白い物体はクリームでは無く、ちょー大きいマショマロ!
マショマロ好きにはたまらん。
DSC02304.jpg
もいっちょ器欲しさに手を出した、イースター限定のパンナコッタ。
二度と入ることはないと思っていた、アリスのレストランにて。
DSC02308.jpg
ココはめっちゃ可愛いレストランなんだけど、メニューが個人的に微妙なんだよなぁああ。
でも今回はコレ置いてくれてたから入店。

さて。
まだまだ食ってます。
念のためゆっておきますが、決してグルメ旅ではありません。
DSC02301.jpg
メイプルチュロスー!
普段はチュロスなんて滅多に食わないのに、この日ばかりは異常に欲してね。
しかし、メイプルがいいのに、シナモンとかハニーレモンとか、
全くメイプル味に出会えず、園内をぐるぐるぐるぐる。
メイプルチュロスのためにかーなり歩いた。あれは最早、執念。
DSC02314.jpg
ミートミッキーの近くにえらい列を作っていたワゴンにて。
人気とにおいにつられて買った(笑)
春巻きみたいな皮の中にたまごが入ってました。新感覚。

DSC02316.jpg
トレイがきゃわゆす!な、鶏そぼろごはん。
更に水のペットボトルはモンスターズインク仕様。きゃわゆす!

こんな感じで食い漁りました。
それもこれも夢の国のせい。
イッツ・ディズニー・マジックということで。

めいいっぱい遊んで。
たらふく食って。
閉園の22時までがっつり滞在。
DSC02322.jpg
名残惜しげにパークをあとに。
魔法が解ける・・・。
で、ホテルにチェックインして冷静に荷物を整理したら。
DSC02323.jpg
これまたイッツ・ディズニー・マジック!
自分のもんばっか(笑)
完全に魔法にかかっていたようだ。

ちなみにミニーちゃんのポーチの中に入ってるお菓子が今回のウエルカムスイーツとなっております。
いちご味のプチケーキ。
ポーチ欲しさに買ったんだろうと指摘されれば、否定はできません。

東京2010~ディズニー編①~

旅の始まりはam6時前。早す。
始発で動いても余裕で間に合わない為、
うちん家に前泊して今旅に臨むこととなったセラ嬢と共に、神戸空港へ。

飛行機で1時間ちょっとほどで羽田空港に到着し、
そのままバスに乗ってディズニーリゾートへgo go!
DSC02271.jpg
今年も無事、やってくることができました。
i love ネズミー。
なんだかんだでこの4、5年ディズニーリゾート皆勤のはず。
何回来ても飽きぬ、夢の国。
今年も去年に引き続きランド。
来年は久々にシーにしようと今から企み中。

DSC02299.jpg
今の目玉は今年から始まった不思議の国のアリスを大々的にフィーチャーした
ディズニーイースターワンダーランドというスペシャルイベント。
日本ではあまり馴染みのないイースター祭りです。
そんなわけでパーク内はたまごだらけ。
DSC02286.jpg
様々なキャラのたまごが点在していて、
それを探し出すエッグハントというイベントも開催されていました。
DSC02320.jpg
イースターのパレードでは、キャラたちが帽子やうさぎの耳を付けて登場。
DSC02270.jpg
かわいいイースターボンネット被ったみんなのヒロイン、ミニーちゃん。
ばっちしカメラ目線いただきました。
DSC02268.jpg
バズの頭にはうさぎの耳でなくアンテナのような物体が・・・

そうそうバズといえば。今回一番嬉しかったのが。
前回メンテナンスか何かで動いてなかったバズのに乗れたー!
DSC02279.jpg
だいぶ久々に乗った。
嬉しくて2回乗った。
でも成績は前の時のが良かった。腕落ちた。
DSC02280.jpg
トイのコーナーの名物写真スポット。
こいつらを撮ってるのが・・・
DSC02281.jpg
こいつ。
ああ、可愛。
でもやっぱ可愛いといえばコレ。
DSC02276.jpg
DSC02278.jpg
バズんとこのお土産物屋にある、ディズニー内で一番お気に入りのオブジェ。
かわゆす。
DSC02310.jpg
これも好きー!
アリス!
今回のディズニーは本当にアリス推しが激しくてグッズもいつもより沢山あってウハウハでした。
DSC02287.jpg
あと、オブジェものでいうと、カールじいさんは初めてみた。
結構写真撮ってる人多かった。

DSC02284.jpg
初めて入ったのが、スティッチのショーのアトラクション。
恐ろしい演出(照明が暗くなってスティッチがいたずらをする)に
至る所からチビっ子たちの泣き叫ぶ声が(笑)
何よりもそれが印象的やった(笑)
DSC02289.jpg
チップ&デールズの家も初めて入った。
トゥーンタウンエリアはいつもミートミッキーしかいかないので、
こんなにじっくり見たのは新鮮。
DSC02294.jpg
何を表わしてるのかよくわからん表。よくわからんが可愛い。
DSC02293.jpg
セルフタイマーショットのカメラ置きに大いに役立った消火器ボックス。

そのほか、絶対に外せないプーさんのハニーハントや、
新たな人気アトラクションのモンスターズ・インクに、
大好きなイッツ・ア・スモールワールドや、
あとは適当に子供だまし系をほぼ網羅。
セラ嬢が怖いのムリな人なので、コースター系は一切乗れずですが・・・
せめてスペースマウンテンくらいは乗りたかったぁ!

マスコットはあんまし見かけなかったんだけど、この人にはバッタリ。
2010052515120000.jpg
女の子の人だかりに囲まれるのは・・・
2010052515130000.jpg
ジャックスパロウー!
かなりの人気に惑わされ、思わず写メってしまった・・・(笑)

全体的には結構空いてて、人気のアトラクションでも大体平均で30分待ちくらい。
まぁ30分待ちで空いてるという感覚が、どうかしてるぜ!って感じなのですが。
しょうがないよね。夢の国だもの。
一番並んだので、ミートミッキーの45分でした。
DSC02317.jpg
今回初めてファンタジアの衣装のミッキーに会えた♪
チュウしてチュウされて。
ミニーちゃん差し置いていちゃいちゃしました。いちゃいちゃ。

DESSIN

わが家の近くのおされカフェ第二弾!
2010051912480003.jpg
デッサン。

これもeriのグッジョブぶりで発見された店。
「なんかむっちゃお洒落なカフェがあるねん!デザインってゆうねん!
デザインやで!?名前もお洒落やろ★」
と、彼女は言ったのですが。
残念ながらデザインではなく、正しくはデッサンでした(笑)惜しかった(笑)

んで、eriと行ってきた。
2010051912480001.jpg
レンガ造りの可愛らしい外観。
緑あふれる玄関口は広々。
中は全体的にはこじんまりとしたフロアなのですが、
席と席の間が割と広めにとられています。

「Dessinは障がいをもつ人も持たない人も、
共にグラスをかたむけながら語りあえる場づくりを
コンセプトに生まれた空間です。
どうぞゆっくりとのんびりとお過ごしください。」

HPを調べたところ、トップページに載っていたこのメッセージ。
確かにバリアフリーで、ベビーカーも出入りしやすい作りでした。
店内にはステージのようなスペースもあり、
定期的にライブイベントも行われているようです。

2010051912190000.jpg
ランチはしば漬けチャーハンと迷ったけど、自家製ハンバーグ!
おいしく頂きました。
あとはタイカレーなんかもあったよ。
お値段も700円とお手頃価格。

平日ということに加えお天気が優れない日だったので、
客足が遠のいたのか、店内はあたしたちのみ。
ソファ席でゆったり食事ができました。
また行こう。次は、しば漬けチャーハンだ。
05 | 2010/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: