ゴーチームはやっぱり最高のバンドでした。

The Go!Teamのライブに行ってきたYO!!!!!
いやー待ち遠しかった。
この4年間、実に待ち遠しかった。

仕事を早退して、ひとり駆け付けたクラブクアトロでめい一杯エンジョイすると共に、
想像以上の楽しさに「最前列キープすれば良かった!」という大きな後悔も残し、
「よっしゃ!次の来日公演も絶対に行く!!
そんでもって、次は絶対に最前列で暴れる!!!」
という、大きな誓いを胸に刻んだ4年前。
それからひたすらThe Go!Team来日を待ち続けたわけですよ。

そしてついに念願のThe Go!Teamライブ。
誓い通り、最前列ゲット!
今回はnatsukiとyuxyも誘って3人で参戦。
ひとりで行っても十分楽しいライブだったけど、
3人で行くとその楽しさも3倍でした。

彼らのライブパフォーマンスの面白さは、
4年前にも女の子市民ブログで熱く語った通り、
そのひっちゃかめっちゃかなノリ。
ボーカルのニンジャ以外は一人2つ以上の楽器をこなして、
ギター弾いてるた人が次はドラムやったりなど、
楽曲によってメンバーの担当する楽器がめまぐるしく変わってゆく。
更にはタイプやハーモニカが出てきたり、メインボーカルまで激しく入れ替わるし、
もう自由奔放すぎるパフォーマンス。正にトルネード!!

見てるこっちも次はどうなるんだとワクワクしっぱなし。楽しすぎ。
楽曲も盛り上がるパーティータイプの曲ばっかだし。
あと、このバンドは一応イギリスの6人組バンドなんだけど、
かなり多国籍で日本人も2人いる。なのでMCも日本語訳してもらえるため、
他の洋楽バンドと違ってMCも十分楽しめるという特典もあります。
自信を持って面白さを保証できるライブです。

そして何と言っても、ボーカル・ニンジャの魅力に尽きる。
キレのありまくるダンスもむっちゃテンションあがるし、
身振り・手振りもユニークで、表情もくるくる目まぐるしく変わって、かわいすぎる。
まるでジムにいくかのようなスポーティーな衣装、頭には豹の耳のカチューシャつけて、
踊りまくって暴れまくって、最後はマイクコードで縄跳びして、客席にダイブ!
天真爛漫を地でいくタイプというか、お転婆少女がそのまんま大人になった感じ。
チャーミングな人だわ。
ちなみに、メンバーのカオルさんのブログによると、
過去6年間で一度もニンジャは客席にダイブした事ないのに、
この日初めてダイブをしたそう。これは参戦した身としては非常に嬉しい話。
で、そのブログにはステージから見た客席の写真もあって、
最前列の甲斐が露わになってました(笑)

あー!楽しかったー!
また行きたい!!また行く!!!
早くも次の来日が待ち遠しーーー

本は人生のおやつらしいです。

ネットが幅を利かせ、ケータイ小説なるものが横行し、
IT文化にすっかり肩身が狭くなっている書籍という分野。

しかしながら、世の中には素晴らしい本屋さんが沢山あるようで。
あたし自身インターネットは大好きだし(つうか最早生活の一部だ)、
一応ブログだって書いてるし、情報も本よかネットで得ることが殆どだけども。
でもケータイ小説は反対派で、小説はこの手で頁を捲って読みたい派
のあたくしとしましては、やっぱ素晴らしい本屋さんがあるとあらば、
この足で訪ねてみたいと思う真摯な気持ちはあるわけですよ。

「本は人生のおやつです」
この素晴らしいネーミングを持つ本屋さんの存在を知ったのは、
少し前にテレビで取り上げられているのを見たとき。
大阪だし、すぐさま「行ってみたい!!!!」とあたしのアンテナがキュイーンと(?)
大きな反応を示したわけです。

そんなわけで、機会があったら行きたい!と思っていたら、
機会がやってきたのでnatsukiと一緒に未来ちゃん展&5upついでに行ってきました。
2011051615080000.jpg
大阪は中崎町の路地に佇む古めかしく味のある木造建築の1階にありました。
中崎町自体、ものすごく味のあるいい地域で、
カフェとかカフェとか本屋とか雑貨屋とかお風呂やさんとか色々あって、
とっても散歩(ハント)し甲斐のある町。むっちゃ気に入った。
昔、一度このエリアの、家屋でやってるカフェで朗読の勉強に行ったんだけど、
あれどこだったんだろーなー・・・
最早自力で行くことはできないけど、あのカフェも無茶いい店やった。

さて。本おやの話に戻りますが。
何と、わずか6畳という限られた空間で営まれていて、
スペースが限られているため、毎月テーマを決めて、
そのテーマに沿ったセレクトで書籍が並べられています。
新書も古書も扱っていて、本のセレクトショップとでも申しましょうか。
本好きにはたまらない仕事なんだろうなぁ。

そして、このお店に惹かれた最大の魅力といえば。
本のカウンセリングをしてくれるというところ!
用意されているカウンセリングシートに好きなテレビ番組や有名人、
どんな本が読みたいかなど色々な質問に答えて店主さんに提出すると、
自分に合った本を紹介してくれます。
そんな形で本を薦めてもらったことは一度もなかったので、
すごく興味があって、これは是非一度やってもらいたい!
と思って、カウンセリング受けてきましたとも。

そこで薦められ、お買い上げさせていただいたのが・・・
「妖怪アパートの幽雅な日常」という本。まだ読んでないけど。
今、空前の漫画ブームなもんでね(笑)
それが終わったら活字ブームがやってくる予定なので、
その波がやってきたら読みます。どんな本なのか、楽しみだ。


んでもって!
「standard book store」
2011051815260000.jpg
こちらは心斎橋にある本屋さん。
あたしが本おやに引き連れたのに対し、こちらはnatsukiに引き連れられたお店。
ヴィレバンを少し上品にした感じのお店で、本や雑貨などが販売されています。
ここの特筆すべきポイントはカフェ併設!
しかも、そのカフェで購入前の本を読むことができるのです。
すげー画期的だけど、そんなことして大丈夫なの?と、ちょっぴし不安にもなる(笑)
家の近くに欲しい店ベスト10入りを果たしましたとも。しかも、初登場1位くらいの勢い。
だって、ひとりで一日中入り浸れるやないか・・・
せめて神戸にできてくれえ!
本に雑貨にカフェに。どうやら天国はミナミにあったようです。
カフェでは、ケーキセットをいただいた上、あとでクッキーも買い足して食った。
2011051815350000.jpg
うまかった。フードメニューもあったし、
店内は何だか海外旅行に来た気分を味わえる雰囲気だし、
純粋にカフェだけとしても充分に合格点でした。
本おやと共にオススメです!

カリーブルスト神戸元町

ホットドッグからはみでたソーセージをむさぼりながら思わず叫んだのは
「ああ!何で8年前に無かったんや!!」という悲痛な思いでした。

それは数ヶ月前。
元町の辺りを歩いていると、裏路地に見慣れないドイツ国旗を発見。
「何だ、あれ!?カフェ??!」
なんせそういった類のアンテナはここ数年でかなり磨きがかかっているもんですから、
視界に捉えたのち、すぐさま脳内メモ。
そこから何度か店の前を(わざと)通り、リサーチ&リサーチ。

結果、残念ながらカフェではなかったが、
ドイツ直輸入のカレーソーセージ専門店ということが判明。
しかも日本初なんだってさ。

店名である「カリーブルスト」というのは、
カットしたソーセージの上にカレーケチャップやカレーパウダー、
その他のスパイスなどをかけて食べる、
ドイツの国民食であるソーセージの食べ方の一つなんだって。

2011052321120000.jpg

海岸線の旧居留地・大丸前駅すぐで、
フレッシュネスバーガーとかたこの壺などがある裏路地エリアの一画にあります。
何を隠そうこのエリア、8年くらい前に勤めてた場所でして。
もうこの本当にすぐそばで働いてたんだよう!
フレッシュネスとかレッドシューズカフェとかメルローズとかは当時からあったけど、
これもあったらランチの幅が更に広がっていたのに・・・!
(しかも立地としてはカリーブルストが一番近い)
ゆえの冒頭の叫びなわけだね。
それにしても、8年前当時、この場所に一体何があったのか全く思い出せないんですけど・・・
カフェとかだったら絶対利用してるはずだし、服とか雑貨とかなら覚えてるはずなんだが・・・
謎。

2011052320290001.jpg
店内は1階にテイクアウトカウンター、
2階にカウンター席があるセルフサービススタイル。
カウンターなので一人でも気軽に入れそう♪

店内には店主さんによるドイツの写真がいっぱい貼られていて、
メニューと一緒に店を出すに至った経緯を紹介した文面まで置かれていて、
とても情熱を感じる店でした。気に入った!
ちなみに店主さんとこのカリーブルストとの出会いのキッカケは
ドイツで開催された2006年のサッカーワールドカップなんだってさ。
ついこないだじゃん!!と思ってしまうあたり、あたしも老けたな。
それにしても2006年の出会いが、5年後には専門店構えてるって・・・
単純にすごい!!

2011052320290000.jpg
ビールとポテトとカリーブルストorホットドッグで千円という
「ビールセット」という素晴らしいメニューがあったので、それにしました。
左半分があたしの頼んだホットドッグver、
右半分がasaの頼んだカリーブルストver。
ちなみにポテトにはドイツではお馴染みのソースがかかっていて、
これがポテトと相性GOOD。
ただしこのビールセット、見た目以上のボリュームですので、
そのへんご注意くださいませ!

「カリーブルスト神戸元町」
神戸市中央区三宮町3
TEL:078-333-7636

春アート2011~皐月~

何か結局、春アート皐月編も開催できそーである。

●ハービー・山口写真展@タントテンポ

2011051216320000.jpg

以前、カフェ会で訪れたカフェ「タントテンポ」
写真専門のギャラリー併設というイカしたカフェで、
(というかギャラリーにカフェが併設してると言った方が正しいのかも)
今回はタントテンポ3周年記念写真展として開催中の
ハービー山口写真展にセラ嬢と行ってきました。
1970年代の中東・クエートで撮影されたモノクロ写真たち。
自分に全く縁のない時代・縁のない土地。
そこで撮影された写真が時を超え、国を越え、
こうして神戸で呑気に生きているちっぽけなあたしの視界に訴えかける。
時代背景もそこに映っている人たちの現実も全く知らないあたしの目に映った、
その世界の一コマ。
特に印象的だったのは、この写真展のDMにも選出されていた砂漠の写真。
添えられた言葉も手伝ってとっても印象的だった。

このハービー・山口写真展・TANTOTEMPO3周年記念写真展
"My Journey, My Photography - A Scent of Oil"は
6月5日まで開催中ですので、まだ間に合うよー!

アクセス(HPより)
神戸JR元町駅東口から南に徒歩5分。
地下鉄海岸線 みなと元町駅から東に徒歩5分です。
神戸大丸の西の通り、鯉川筋を下り、栄町通を西に進むと北にりそな銀行があります。
その交差点を南に2筋目西です。

ちなみにこの日の夜は遊気舎公演「エエトコ」も観に行ってきました。
三宮から新開地まで歩いたかんね。
しかも抽選当たって「ソソソソ」Tシャツげっとー!
Sサイズにしたのにデカイー(笑)


●小島小鳥「未来ちゃん展」@HEP HALL

2011051614370000.jpg
職場が梅田なので、HEPHALLの催物は暇な時に定期的にチェックしてて、
この未来ちゃん展は仕事帰りにでも1人ぷらりと行こうと思ってたのですが、
natsukiが招待券持ってて「行こー!」って誘ってくれて、
更に写真集も貸してくれ、限定グッズ(未来ちゃんのポストカード♪)引換券まで
くれるという、な・・何か裏でもあるんじゃ・・・!?と
逆に警戒してしまうほど(笑)この上なき至れり尽くせりな待遇で行って参りました。
ありがたや。
未来ちゃん展は写真集にはなかった写真もいっぱいあって、
規模はこじんまりながら、見ごたえ十分。
特に、写真集には一切なかった海外編。
あいつ(未来)ほんと可愛いやっちゃ。絵にかいたようなジャパニーズ童だわ。
あんなに嫌味なく可愛かったら、撮り手としても実に撮り甲斐がありそう。
純粋に撮り残しておきたいと思うもん。この無垢な可愛さを。

ちなみにこの日はそのまま難波へ出向き、
ジャルジャル見てきたー♪
ベースから5upになって初めて行ってきたけど、
規模的には同じような造りでした。5階ってのがちょい面倒くさかったけど。
後藤好きのnatsukiに促されるまま、自由席の前方ゲットに乗り出したら、
2列目鑑賞となった(笑)こんなに前で観たん初めて(笑)

●カディンスキーと青騎士@兵庫県立美術館

2011051911100000.jpg
チケットもらったので、母を誘って行ってきた。
抽象画の創始者とされるカディンスキーの作品展。
抽象画・・・凡人には恐れ多い世界ですね。
人の顔にピンクとか緑使ったり、山に青とか赤使ったり。
あーゆー絵を描く人の視界って一体どうなってるんだろうね!?
それが体験できる眼鏡とかあればいいのに・・・
もう世界はとんでもない色彩で彩られてるに違いない。

個人的にはメインのカディンスキーより、
青騎士メンバーのマッケという人物に心惹かれた。
画家としての活動は数年間。
妻もいたのに、27歳という若さで第一次世界大戦で戦死・・・
早すぎる晩年。しかも自ら志願して戦線に臨んだとのこと。
勝手に情熱的な青年だったのではないかと想像。
そして残された奥さんは一体どうなったんだろう・・・?
マッケのイントロダクションを黙読しながら、
もうあたしの頭の中では壮大な想像ドラマがオンエアされていました。
カディンスキーを主役にした映画も作れそうだけど、
あたしはマッケを主役にした映画の方が観たい。

●追悼 人間国宝 三代徳田八十吉展~煌めく色彩の世界~@兵庫県立陶芸美術館

篠山市にある、兵庫県立陶芸美術館にて。ウィズyocchiさん。
見渡す限り山・山!な、相変わらずの素晴らしいロケーションでした。
(なのに一切、写真撮り忘れてた・・・・)
八十吉展はたまたまチケットをいただいて、
「すっごく良かったよ!」という感想を聞いていたので、
じゃあ行こうかな~と軽い気持ちだったんだけども。
ぼーっと見てたら吸い込まれそうな鮮やかなブルーや、
溜息がこぼれそうなくらい巧みな紺から黄につながるグラデーション。
煌めく色彩!まさに!みたいな作品展でした。
豊かな色彩・・・職人技だわ。
色の調合と焼く時間、少しでも違うと彩りが違ってしまうそうです。

ちなみにこの日は三田でお姉さまたちとランチしたり、
今田薬師温泉行ったり、久々にお兄さんの店行ったり、
三田・篠山を大満喫しました。
都会の喧噪から離れ、自然に囲まれてのひととき・・・。
立派に「旅」の域でした。


あと、オマケで・・・

●蜷川実花展@ブリーゼブリーゼ2階パブリックスペース
2011052718440000.jpg
上記4つはお連れ様ありでしたが、こちらはおひとり様コース。
まぁ作品展という規模ではないしな(笑)
本当に一画のちょー限られたスペースでのパネル展示。
それでもまぁ異質なオーラは放っておられましたが。
映画「軽蔑」公開記念。
鈴木杏ちゃん(スキ!)の風貌が、段々杉田かおるに似てきたような・・・。
と、少し前にやんわりよぎったんだけど「やはり!」と
映画の場面写真を見て確信に変わった。
ただ、蜷川実花さんにちゃんと撮影してもらった写真たちは
蜷川風の濃いメイクとかが手伝って、また全然違う女性に見えた。
特に高良くんとの2ショットのポスター!
杏ちゃんってわかんない!菊池凛子かおもうた!

bicycle a go go!!

ゴールデンウィーク最終日。
お天気はもちろんの晴れ。
自転車で神戸の街を満喫してきたよ。

家から自転車乗り込んで、地元のツタヤにレンタル返却しつつ、
そのまま東方面へgo go!!
元町までぶいーんと行ってきました。

神戸とゆうと一般的に坂道が多いイメージだし、
実際京都の輩に「神戸の人って自転車乗れないって聞いたことあります」と
外国人が日本人は未だに着物にちょんまげだと思っているレベルの偏見を
きっぱり言い放たれたこともあるけども、
東西の移動は余裕だよね、よ・ゆー!!!

2011050813540000.jpg
あなたが私にくれたもの グレースケリーの映画の券~♪

てなわけで、元町へはコレ目当てで行ってきました。
(そう、何も闇雲な自転車旅じゃねーのよ!)
グレースケリーの写真展。
とっても親切な方がチケットくれたんです。感謝。
美しさに酔いしれてきました。
女優に王妃に。すごい人生だ。

そして三宮をぷらっとして、次は東から西方面へバック。
2011050815230000.jpg
花隈にあるベーグルのお店「サリーシナモン」へ。
この日は母の日とゆうことで、ベーグル大好きな母へのプレゼントとして、
ベーグルをたーんと買い込みました。
このベーグルと、今度ガンツ2と食事&カフェに連れていくのが
今年のあたしの母の日ギフトなり。

自転車は更に西へ。
2011050815550000.jpg
湊川ア-ト市へ行ってきました。
毎月開催されているこのアート市。
今月は新開地音楽祭と同時開催とゆーことで、かなり豪勢なことになっていました。
アート市にプラス、フリマ!屋台!2つのライブステージ!
なんかステージからガンガン演奏聞こえてくるのもあって、
まるで学祭のようなお祭りでした。
んでもって、フリマでパワパフグッズげっとー!

2011050816110000.jpg
バルーンが可愛いかったキッズスペース。

アート市では、各々が作ったアート作品だけでなく、
陶芸ができる参加型のお店や、美味しいスイーツを売ってる店など色々あって面白かった。
個人的には、判子が気になった・・・。
使う機会全くないけど(笑)、自分だけのオリジナル判子ほしい・・・可愛いやつ!
認印に使いたい。

湊川アート市を堪能したのち、自転車は再び東方面へ。
ハーバーランドまで戻って、うろうろしたのち、natsukiの働くヴィレバンへ。
サリーシナモンで買ったフレンチトースト差し入れつつ、
ラットフィンクグッズをチェック。

すっかり夕暮れを迎え、夕日に向かって最後のばいしくる・あ・ごー・ごー!!
ラストはeri宅までかっとばし、ちゃっかり晩ごはんを御馳走になりました。
さんきゅー!

自転車満喫のホリデイでした。
爽快じゃった。

SUPER流行通信

現在、西梅田のハービスにて開催中。
レスリー・キー写真展「SUPER流行通信」
2011042314160001.jpg

浅田真央、妻夫木くん、宮沢りえ、水嶋ヒロ、吉田美和、
浅野忠信、黒木メイサ、市原隼人などなど多くの有名人のポートレートを
一堂に集めた豪勢な写真展となっています。
小規模の展示ながら、大きなパネルに写る有名人たちの
スタイリッシュで先鋭的で時に官能的なヴィジュアルは、かなり見ごたえアリ!

2011042314160000.jpg

7日にはレスリー・キー氏のトークショーが開催されていて、ちょこっと見てきたよ。
ハービス プラザ エント3F バルコニー特設会場にて。(すげーロケーションでした・・
あんなとこをトークショーの舞台にしてしまう造り・・・さすがハービス!)
ゲストはスーパーモデルのRILAとダンサーのじょんて★モーニング。
どちらも常人ではなかった。
特に軽くダンスを披露したじょんて★モーニングの体のキレ・・・半端なし!

写真展は5/22(日)までやっているそうで、毎日11:00~20:00まで。
入場は無料なので、機会があればゼヒゼヒ!

洋楽オンライン Vol.20

お久しぶりですの洋楽オンライン。
あたしが気になる洋楽ネタを一挙集めて放出するコーナーです。

●Friendly Fires

待望の2作目が今月17日にリリースだってさ。
今年のサマソニにおける、あたしの大本命。これは買うしかない。
躍らせていただきまっす!
前作のアルバムもスタイリッシュなジャケットでしたが
今回も負けず劣らずなビジュアルで、ディオール、イヴ・サンローラン、
エルメスなどハイブランドの広告を手掛けるファッション界のカリスマ・フォトグラファー、
ソルヴァ・スンツボによる美しいオウムの写真を起用したそうな。

●SADE

「ベストアルバムがでた」ってだけなら、「ふーん」で終わるんだけども。
JAY-Z参加と聴いちゃあ黙っちゃいられない。
てか、シャーデーが誰かとコラボすること自体なんだかすげぇレアな感じがするのに
(ゲスト呼んだり呼ばれたりという印象がまるでない。ひたすら独自でやってるイメージ)
それがよりによってドンとはね・・・恐れ入った。
「The Moon and the Sky」のリミックスバージョンに参加とのこと。

●J.Lo

久々のニューアルバムリリース。
新曲がなーんか聴いたトラックだなぁ!と思ってたら、「ランバダ」かー!
どーりで耳に障ると思った(笑)
10年前のちょージェニロペ支持者だった頃のあたしなら盲目に聴いたろうが、
今のあたしに通用すると思ったら大間違いです。
でも、オーラと美しさは10年経っても衰えんなぁ。(人気は知らんが)
今はアメリカンアイドルの審査員も務めているそうで(ヴァネッサは降板したのか?)、
こないだは世界で最も美しい女性に選ばれてたし、御年41歳とはとても思えぬね。リスペクト。


●Adele

アルバムチャートとシングルチャートのベスト5にそれぞれ2作品ずつを送り込むという、
ビートルズ以来の偉業を成し遂げたアデルさん。もはや歴史的快挙。
更に世界11カ国でアルバム・チャート第一位を獲得。
ファーストアルバム「19」の中に収録されていたシングル「Chasing Pavements」は
英語のため歌詞の意味全くわからず聴いたのに、そのメロディと歌声に思わず鳥肌がたった・・・
というすごく忘れられない衝撃を与えた曲なんですが。
あれから3年の月日が流れリリースされたセカンドアルバム「21」
まだ聴けていないので、早くチェックせねば!

勇気の鈴がりんりんりん 不思議な冒険るんるんるん

数年ぶりにフルーツフラワーパーク!
2011050514180000.jpg
家族で行ってきました。
この日もよく晴れたんだな、これが。
いよいよ晴れ女の確信が冗談じゃなくなってくるぜ・・・!(笑)

お目当てはコチラ。
2011050512580001.jpg
こどもの日とゆうことで開催されいていた、アンパンマンショー☆

ちびっこたち、そして、場所取りに燃える大人たちでいっぱい。
「あんぱ」みたいな表現しかできないウチの心奈もじいじに抱っこされて鑑賞。
ってか、まだアンパンマンしかキャラクターを認識していないんじゃないかという疑い。

心奈を生む前は、「アンパンマンとか絶対買わへん!(ださい)」
とかゆっていたエリも、今はアホみたいにアンパンマングッズに反応する日々。
やっぱ子どもが単純に興味を示して喜ぶものには屈さずにはいられないのだろう。
母親の性。
マインドを180度変えさすなんて・・・恐るべし、アンパンマン。
でも子どもが興味を示してるのに、それに反して自分の好みを押しつけるのは
親としてはいかがなものかと思うので、アンパンマンに盲目になる親は悪い親ではないと思う。

アンパンマンショーを堪能したあとは、ミニ遊園地のような広場で遊んで、
ものごっつ並んでたソフトクリーム食べて、遊具のある公園で遊んで、羊と触れ合って退散。

これぞ家族のゴールデンウィークの過ごし方だね。

2011050513350000.jpg
気分はライダー!ぶいーん!

ポピー・苺・たこせん・ソフトクリーム・・・。淡路島、究極の女子会!

不安定な天気が続いていた先週でしたが。
たまたまものごっつい晴天に恵まれた、ゴールデンウィークの初日。
淡路島に行ってきました!

こんなタイミングで見事に晴れると、
うっかり自分は晴れ女じゃないかと勘違うから危険です。
だって最近マジで大気不安定じゃない?
ぱっとしない曇り空が続いたり、
晴れてたのにいきなり雨降って雷まで鳴ったり・・・
なのに、あの日はスコーンと晴れてくれた。ありがたい限り。

メンバーは、高校時代の友人らプラスちびっ子ズで計8人。
全員、女!これぞ究極の女子会(笑)
昨年はあたし一人だけ集まりに参加できずだったので、2年ぶりの顔ぶれでした。
でも会うとそんな久々な感じが全くしないのが不思議。

行先が決まったのは2日前。
あたしは勝手にしあわせの村か総合運動公園あたりになるんじゃないかと思ってたんだけど、
まさかの淡路島がアイデアでると、そのまま計画はどんどん進んでゆき、
今回だいぶ仕切ってくれたりかちゃんから前日に行程の相談電話がかかってきて、
なんとしおりを作成してくれていたとゆふ(笑)
しかも一旦完成したしおりの最終確認を任された際にいちゃもんつけて作り直させた為、
夜遅くまで頑張ってくれてました。さんきゅー!
2011050218440000.jpg
遊びに全力、遊びに真剣。素晴らしきことです。
それにしても、実に有効的なエクセルの使い方だったと思います。

10時西神集合。
でっかいファミリーカーに乗り込んで、
休日1000円が嬉しい明石海峡大橋をびゅいんと渡って、
花さじきでピクニック→ウェルネスパークで苺狩り→たこせんの里で試食三昧。
最後はついでにソフトクリーム食って、退散してきました。
でも今回だけじゃ、行きたいところ全然巡りきれなかったので、
淡路島第2弾を秋に決行予定。
その頃には橋、1000円じゃなくなってるんだろーなー(涙)

花さじきで咲き乱れていたポピー。
awaji1.jpg
みきちゃんのみくしアルバムから拝借。
見事な撮影っぷりは、さすが元・写真部部長!

awaji5.jpg
花に食に、究極の女子会の図。
「淡路最高!」
あー楽しかった!

何だかちょっと気分が乗ったので、思い切ってリニューアルとかしてみたり‏

・手帳は最後の最後までキッチリ使いきる。
・携帯は2年は使う。機種変更の理由も老朽化の為。
・財布は何年持ってるかわからくなるくらい使い込む。
海外旅行にいくとかでもない限り中身も入れ替えないので、ボロボロになるまで同じのを何年にも渡って使う。
・小学1年生から愛用している目覚まし時計は、もはや目覚ましの機能を失ってしまった今も尚、
置時計として捨てずに使っている。
・3年以上も同じテンプレートでブログを書き続けている。

考察結果:あたしは飽き性ではない。

さて。
そんな自称飽き性ではないあたしも、ついにブログをリニューアルしたよ。

3年5か月という特にキッチリした記念的数字を迎えたわけでもないタイミングで。
しかも、別にいよいよ飽きました!ってわけじゃない。

だってもう3年以上も愛用し続け、ブログを続ける限り絶対変えることはないだろうと思っていたもん。
自分でタグいじりまくって、かなりの苦労してカスタマイズしただけに、勿体ない&愛着わいてて、
今まで全く変えるつもりなんてなかった。

だけど、何だか最近悲しいニュースとかパっとしないお天気とか。
渦巻いてる空気が混沌としていたのと、5月という穏やかで瑞々しい響きの月
(あたしの勝手なイメージ)を迎えたという喜び・・・というかワクワク感がせめぎ合った結果の
ブログリニューアル。うっかり気分が乗っちゃった。

そして、ちょっと自分自身に変化を求めたのかもしれない。
かといって、仕事やめたりとか生活に大きく関わるような変化は現実的にできないし。
習い事始めるにも、お金も定期的に割ける時間もないし。
そんなあたしの精一杯の変化(へんげ)とゆったら、コレくらいしか閃めかなかくて。
些細な抵抗のようだが(笑)
しょっちゅーしょっちゅー着せ替えてたら、そんなに価値もないかもだけど、
3年以上も続けたものだったら、変化した!って感じするじゃない?
それが例えブログのテンプレートでも(笑)

しかも、やるからには徹底的にとゆーことで、
パソコンのいちごちゃんだけでなく、携帯のアヒルちゃんも変えてやったぜ!
普段携帯で自分のブログ見ることないから、携帯に関してはあんま変えたって気しないけど(笑)、
あれも3年以上使い続けてたからな。(放置ともゆふ)
そして携帯版のニューバージョン、なかなかラブリーで気に入ってるんですけども・・・
携帯読者の皆様いかがでしょーか?(笑)

そして、パソコン版ではついにAMAZONコーナーも本格導入。
「HOT」と題して、その時自分がハマってたり気に入っているアイテム(主にCD・DVD・本)を
貼っつけることに。おかげでメニューコンテンツが一気に賑やかになった。

ちなみに5月1日現在のマイHOTアイテムは、最近マイブームの新動物占いの本と、
今現在一番楽しみにしてる少女漫画「シックスハーフ」と、
依然、鼻歌率ナンバー1アーティスト、UAのベストビデオクリップ集と、
最近は夢にまで出てくるようになった小林賢太郎の演劇作品「TAKE OFF~ライト3兄弟~」DVDと、
今月ライブ参戦予定!ゴーチームの最新アルバム。以上、5作品なり。

5月。
今年もあと8か月切った。
前進あるのみだ。
04 | 2011/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: