人生初オペ!

人生初の手術をして参りました!

患部、耳たぶ。

経緯を報告すると、1~2年前に耳たぶが異常に腫れてさ。
一度、皮膚科に行ったら、特に害があるものでもないけど、治したいならうちではどーしようもないから形成外科行ってくれ!っつわれてさ。
外科という響きが恐ろしい・・・どーしよーー!害無いわけだしなー!うーむ!と思っていたら、間も無く患部が決壊。つまり、破裂。
中に溜まっていた膿が出切ったら、腫れも無くなり、オッケー!解決!
・・・してたハズだったんだけどね。

何ヶ月かに一回また膨らんできて、決壊後の小さな穴から膿が出てくるんだよね。悪臭を伴って。
耳たぶなので自身で比較的すぐに悪臭を察知しやすく、すぐに気づいて膿を出し切れば、また元通りなのでそのままにしておいたんだけど。
ある日膿を処理してるそばによってきた姪に「QMIちゃん、臭い」と言われてさ(笑)
子供は本当に正直よね(笑)
その臭い発言にショックを受けたと同時に、
わ!そっか!これ、周囲にも迷惑だわ!と思い、解決を決意。
灯台下暗し!な場所にあった形成外科も伴った皮膚科へ。
ちゃきちゃきと手術が決定し、本日、摘出手術を行ったわけです。
ちなみに病名は表皮嚢腫というらしい。

局部麻酔が結構痛かったけど、手術自体は麻酔のお陰で痛みも何もなかったです。(当然だけど)
たださ、患部が耳故に、やたら音が聞こえるのよね。手術の。
紙を被せられて見えないから、音から想像させる手術の図が悶々浮かぶのよね。
初めての手術ということで、耳たぶながら少なからずビビっていたのもあって、想像力が異常に研ぎ澄まされて、恐ろしさは増すばかり。
あのタイミングで音だけを頼りにリアルタイム実況できたら、未だかつてない程のドキュメンタリーブログを綴ることができたはず!

とりあえず記憶を呼び起こすと、
まず最初は結構長々と耳たぶをぐちゃぐちゃコネられた感覚で、
続いてウィーンという不気味な機械音。
歯医者で歯を削られる時のマシーンの音に似てた。
でも一番恐怖だったのはその機械音じゃなくて、
その次に耳を突いた弦を弾くようなピーンという、糸の張る音。
こ・・・これはもしや・・・縫合・・・!
縫合をするということは、切開されてるわけなんだけど、
切開より縫合の方に何だか恐怖を感じてしまった。

思い起こすとわたしが初めて皮膚を縫うという行為を目の当たりにしたのは、赤ずきんちゃんで、オオカミのお腹に石ころを詰めて縫うシーンなんだけど、絵本ながらに結構痛々しくって恐怖を感じたのを覚えてる。
もしかしたら、その印象が強いのかもしれないけど、
とにかく手術の時に聞く糸の音って、地味に恐怖音。

手術後は「明日ガーゼ交換するので来てください」と言われたのを「仕事で無理です」って返したら、「まぁたいした傷じゃないし、ご自分でどうぞ!」ってことになったので、次回は一週間後の抜糸となりました。
抜糸・・・音の響きがもう何か恐怖。
初体験の切開や縫合や抜糸が耳たぶってのが、
なかなか間が抜けててわたしらしいけど。笑
でも、ビビりなわたしにとっては丁度良かったというか、
むしろベストポジションだったのではないかとさえ思ってる。
手術初心者らしい患部だったと言えよう。
しかし、これが最初で最後の手術経験であることを願わずにはいられないけど。
ステップアップは心の底から御免です!

洋楽オンライン vol.22

最近の洋楽ヘヴィロテ3連発!

①Air Balloon/リリーアレン
Hard Out HereがあのPVの印象が強すぎてハマれなかったので、
(音源のみなら嫌じゃないんだけど)
「ああ、ついに落ちたな(自分の価値観的に)」
と思っていた矢先のAir Balloon。
ラジオで初めて耳にした時から
おおお!すきだ!となって
早速ダウンロードして以降のヘヴィロテ。

公開されてたリリックPVが
めちゃくちゃ可愛くてお気に入りだったのに、
最近本チャンが公開されてちょっぴりガッカリしている。
ちなみに好みで言うとAir Balloonのが上なんだけど、
L8 CMMRのテレビゲーム風リリックPVもかわゆい。

②Treasure/ブルーノ・マーズ

これをダフトパンクバブルと言う。
ありがとう!ダフトパンク!
ありがとう!ブルーノ・マーズ!
わたしの洋楽の原点はやっぱりディスコソングだわ!
と、耳がしみじみしちゃって、結構ロングスパンでヘヴィロテ。

③F For You/ディスクロージャーft. メアリーJ. ブライジ

これぞMary J. Bligeの正しい使い方。
もともと勢いのあるニューカマーと
レジェンドのコラボレーションに対しては、
洋邦問わず賛同派なんだけども、
正にこれは良い手本になりそうな一曲。
わたしはもうMaryの濃厚な歌唱力で歌い上げる時代遅れなしっとりバラードは
これ以上世に出なくてもいいと思っている派でもあり、
それよりもそのパワフルな歌声でばんばん踊らせて欲しいと思っているので、
これはもうその要求に見事ど真ん中ストレートな訳なのよ。
メアリー×ハウス系サウンドなのも新鮮でソーグッド。

ディスクロージャーに関しては、
アルーナジョージからの、
多分世間的には逆パターンルート
(恐らく定番はディスクロージャーからの
アルーナジョージを知るパターンと思われる)
でWhite Noiseは聴いていたくらいだったので、
この曲の元のwithoutメアリーverは全く聴いていない。
しかし、このメアリーverで痛く気に入ってしまったので、
自ら進んでオリジナルを聴く気はないし、
もうわたしとしては寧ろメアリーが居るのが
この曲のオリジナルスタイルとしているので、
別verは全く求めていないわけです。
でも色々聴き漁ってアルバム欲しくなっちゃってるので、
もし買ったら進んでオリジナル聴いちゃうことになるな。やばい。
ちなみにこの曲、PVもカッコいい過ぎるよね!

赤穂牡蠣

牡蠣シーズン到来!ってことで。
行ってきました!海の駅しおさい市場@赤穂!
90分牡蠣食べ放題で2500円。
しかもお酒以外は持ち込みOKってことで、
息巻いてスーパーでポン酢にバジルにバターにエリンギに
お茶2リットル+各自暖かいお茶と冷たいお茶のペットボトルを買い込んで参戦。

しかし!
平日というのにまさかの60分待ち。
13時半までという受付時間には間に合ったものの
閉店が15時なので、もしかしたら90分フルで食べれないかも!な事態。
余裕ぶっこいて予約してなかったのが裏目に出た。
そりゃあシーズンだものね・・・
これから行く方は是非とも予約をオススメする。
わたしたちの場合は予約キャンセルなんかも出たみたいで、
30分ちょいの待ち時間で案内されたので、
結局はラッキーだったんだけど。

着席すると、簡単に注意点等説明されて、食べ放題スタート!

籠に積まれた貝をドンドンと焼いてゆく。

バジル&バター。
わたしはポン酢派だけど、これも相当美味しかった!正解!
終始、貝が開く瞬間の爆発に怯えながらも大いにがっついて、
たぶん2~30個くらい食べた。
だってやっぱ無茶苦茶うまい。赤穂の牡蠣は違う。

ちなみに足元は板一枚隔てて海!
隙間からみえているので、携帯落とさないようにと最初に注意されました。
たまにいるんだって。落下者が。

帰りは姫路のおしゃんてぃーカフェ「Parland」

牡蠣腹一杯食ったあとは、「もう今日は何もいらん!!」と宣言してたのに、
ちゃっかりケーキセット。

別腹ってやつですね。恐ろしいパターンのやつですね。

この日たらふく食った牡蠣の美味しさを改めて痛感したのは実は数日後。
新年会で小洒落た店で牡蠣食ったんだけど、そのほんのり香る生臭さに違和感を感じた時。
たぶん赤穂の牡蠣を食べに行ったばかりじゃなかったら感じなかったであろう違和感。
しかし、この舌が数日前にインプットしたあの新鮮プリプリさがまだ鮮明に残っていたので、比べざるを得なかった。

ちなみに小洒落た店では、京野菜の串焼き12本盛り合わせというメニューがあって、その横並びのヴィジュアルの可愛らしさと、見た目で品当てゲームを楽しめるという、ナイスさに心奪われた。

牡蠣が残念だった以外は良かったんだけどね~。
それくらい赤穂の牡蠣が素晴らしく美味いってことね!

乙女文化~其ノ一「ミニョンクールbyモロゾフ」

ハッピーバレンタイン!
突然ですが女の子市民ブログ最新企画立ち上げます!
その名も「乙女文化」シリーズ!

細かいことは何も決めてないけど、
テーマとしては「乙女のときめき」かしらね。
可愛いくって胸がきゅんきゅんするもの。
そんな乙女文化を綴ってゆこうと思います。

記念すべき乙女文化其ノ一は・・・
「ミニョンクールbyモロゾフ」
むしろこれありきで思いついた企画なんだけどね!
以前、少女漫画十選をやりたいなーと思ってたのにそのままになってるんだけど、
少女漫画も立派に乙女文化なので、そのうち当企画内で取り扱っていこうと思う。


母がモロゾフの元社員だったこともあって昔から贔屓にしていたモロゾフが、
このシーズンにとんでもないブランドを引っさげてきましたよ!
靴やバッグを模倣したチョコレート。
まるでリカちゃん人形の小物みたい!
思わず胸が高鳴ってモロゾフや髙島屋のHPから画像ガンガン引っ張ってきて、
編集しまくって興奮のままフェイスブックにアップしちゃったかんね!
ちなみに5パターンくらい制作。
当ブログ掲載分は、フェイスブックのとはまた別バージョンにしてみたよ。(どうでもいい)

ちょっと納得いかないのは、何故か高島屋と阪急限定なところ。
神戸じゃ手に入らなくてネットで買おうかと思ったら、
一番欲しかった缶タイプのが売り切れてて、
店舗なら残ってるという噂を信じて泣く泣く仕事帰りに梅田阪急行ってきた。
幸い噂通り店舗ではまだ若干残ってたので、遠征した甲斐はあった。

しかしこのブランドは完全に本来の趣旨(女性から男性へ思いを伝える)に
反してるよね。
でも今実際にバレンタイン経済に一番貢献してるのはこの路線なんじゃなかろうか。
「友チョコ」なんて言葉はわたしが十代の頃は市民権を得てなかったのになぁ
(風習としてはあったけど)。

クリスマスやハロウィンは割と本場のを真似て広まった感があるけど、
バレンタインは「チョコレートをあげる」というメインが日本オリジナルだから、
色々と変化や発展をしていきやすい文化かもしれない。
この調子でいけば、何十年かしたら本来の趣旨は完全に消え去っている恐れもあるな。

そういえば先日、百貨店のメンズフロアでやけにバレンタイン装飾が華やいでるのを見て、
「何でバレンタインやのに、メンズフロアが盛り上がってるねん!」
とちょっとムッとしたんだけど、後から冷静に考えて、
女子から男子にチョコを渡すんだから、
それに添える(いやその場合むしろチョコが添え物か)
ギフトを選ぶのは至極真っ当なことだなと思い至った。
つまり、完全に本来の趣旨を忘れていた。
わたしの中でのバレンタインはもう既に
「年に一度高価なチョコレートを食べるイベント」
・・・いや、
「年に一度チョコレートに奮発しちゃうイベント」と化している。

とはいえ、今回オススメしているミニョンクールは実はとってもリーズナブル!
各百貨店のチョコレート催事に行くと「ひーーえーーー!!」と
卒倒しそうな値段を掲げるチョコもある中、モロゾフは実に良心的。
わたしが買ったミニョンクールは
白箱のセピア(630円)

と、本命の缶タイプ(840円)

二つ買っても1470円!

こんなに可愛いのになんてお買い得!
バレンタインデーに女友達に会う予定があればもう一個買って、
初の友チョコ体験したかった。(実は友チョコってした覚えない)
乙女文化おすそ分けしたかった。

お味も安定のモロゾフ!
案の定、外観重視の缶タイプのよりも
味をメインに選んだセピアの方がオーソドックスで美味しかったけどネ。

以前にも主張したけど、
女子の遺伝子には靴病かバッグ病のどちらかが組み込まれているので、
靴やバッグに無条件にきゅんきゅんして散財してしまうのは
もはや遺伝子レベルの病気なので仕方のないことなんだけど、
そこをうまくついたミニョンクールは最高に賢いと思う。
乙女ゴコロわかってらっしゃる!

ちなみに。

会社の乙女たちから貰ったバレンタインギフト。
本件とは関係ないですが、嬉しかったので載せておく。

んでもって夜は、ミニョンクールも含めたチョコレートを並べてチョコパ!

ゴンチャロフと老舗のベルギーチョコブランド、ダスカリデスチョコレートのトリュフチョコ。
こんなに一気にチョコレートを食べれる幸せ!ビバ・バレンタイン!

最近の話~徒然なるままに~

最近インフル猛威!の話。

すぐ隣で仕事をしていた同僚がインフルエンザA型に感染してビビってたら、
同居している姪っ子がほぼ同時期にインフルエンザB型に感染。
更には友達も何人かバタバタと倒れたようで・・・。

毎年「インフル流行!」って聞いても全然実感ないんだけど、
今年はようやく「猛威を振るう」という言葉にしっくりきた。
周りでこんなに本格的に流行って、インフル流行を体感するのは初めてだわ。

そして周囲の感染した大体の人が
「初インフル!まさか自分がなるなんて!」
って言ってるのも特徴的。
いやいや皆さん、いつまでも若いと思ってたら甘いですわよ。
着実に免疫力は落ちてるんですから。あらゆる危機感持たないと!
・・・と、半分は自分に言い聞かせながら諭している。

わたしもいつインフルなってもおかしくない環境だと思うけど、
今のところは有難いことに無事!健康!
しかしこんなに身近に発症例があるのに、
もしもこれをくぐり抜けることができたら、
わたしの免疫力、けっこー凄いんじゃなかろーか。うふふ。


最近神戸市撮影ラッシュ!の話。

最近神戸では映画の撮影ラッシュのようですね!
西神中央や名谷で宮沢りえと藤木直人の目撃情報がかなり飛び交ってたし、
神戸市役所では相葉クンと生田斗真の映画の撮影があったらしいし。
エキストラ募集してたのは知ってたけど、そんな豪華キャストなら参加すれば良かった!
と後悔している次第です。
しかしこんな狭い街で撮影やってんなら、遭遇しても良いものやのに遭遇せーへんもんやわ。


最近天然ボケが激しい話。

昔からたまに自分自身でビックリするようなことやらかすなー
という兆候はあったんだけどね。
基本ツッコミのつもりだから、そのぶん自分に対する衝撃が半端ないのよね。

ネットニュースか何かでACミランのカカを「ちからちから」と読んでしまったのも呆然としてしまったけど、最新だと、建物の出口だと思って勢いよく扉を開けたら男子トイレだったというね。
せめて女子トイレと間違えたかった!涙
一応扉の周囲に男性が二人くらいいたんだけど、
その中にわたしの愚行を
「そこは男子トイレですよ!」
と制止する紳士がいなかったのも腹立たしいぜ。

失恋ショコラティエ

月9「失恋ショコラティエ」を見てたら、バレンタインデーシーズンも手伝って、
無性にショコラ欲が膨れ上がる今日この頃。
つい我慢できなくて、GODIVAに行ってきた。
今更ながら、初めて飲みました!チョコリキサー!

ミルクチョコレートキャラメルサレ味。

寒さぶり返す極寒の立春にアイス頼むのもどーか思ったが、
むちゃくちゃ美味しいね。
この寒い時期に体冷やしながらも「激うま!」って思えたので、
本当に冷たさ欲するシーズンにまた飲みたい。
GODIVAのショコラ漁りについては不発に終わってしまったので、百貨店のバレンタイン催事あたり狙うかしらね。
美味しいショコラが勢ぞろいしてて、手っ取り早そうだしね!

「失恋ショコラティエ」については、
主人公とヒロインが月9にあるまじきゲスさに好感!
中身はそないに大したことはないし、くだらなさもあるけど、
ありきたりのラブストーリーではないトコは頑張ってるんじゃないでしょうか。
漫画を読んでないので、先入観なく入れたのも幸いしたかも。

個人的には石原さとみを評価している。
彼女をいい女優だと思ったことは一度もないけど、
この役がこんなにハマる女優は他にいない。
可愛さ振りまきつつ、男には決して見せないしたたかさ。
同性から見れば「何じゃこの女ー!」ってなるはずなんだけど、
もう何か石原さとみが演ると、ハマり過ぎてて逆に嫌味がない。
女子に嫌われる女子を、か・・・可愛い!と、
敵(女子)も平伏すレベルで仕上げてきてる。

松潤との年齢を考えても、深田恭子の方が良かった!
っていう意見を聞いたけど、わたしからすれば、
いや寧ろ、石原さとみに合わせて松潤を変えるべきだよ!と思う。
女優としては石原さとみより深田恭子の方がいい女優だと思うけど、
ことサエコさん役に関しては石原さとみに分がある。
ということで、ソウタくんは松坂桃李あたりが良かったんじゃないかと思う。
ヒロインありきの主人公(笑)
特にデビル化する時の眼差しなんて、
桃李くんがやった方がセクシーなはずだ。

あと、このドラマで一番楽しみにしてるのは、水原希子ちゃん演じるエレナのファッション!
残念ながら、ヒロイン・サエコのファッションセンスが個人的に全く可愛いと思えない種類のザ・小悪魔女子!ファッションなので、余計にモデル・エレナのクールなファッションに目が行く。
部屋着でさえ、スタイリッシュ!

今クールのドラマはもう「失恋ショコラティエ」しか見てなくて、
向井理のやつも1話目は見たんだけど、主人公の信念に賛同できず、1話目で敗退。
脇を固めるキャストはかなり良かっただけに残念だったけど、賛同できない正義をふりかざされ続けても、苦痛でしかない。

色んな意味で最大の話題作「明日、ママがいない」は、1話目見逃したまま、スルー。
再放送絶対ないだろうし、録画しとけば良かったかなー?と、ちょっと思ってる。

さーて。
チョコでも食べよ。
01 | 2014/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: