2014年春ドラマ感想記

春の思い出記録するなら、
春ドラマ感想記も綴るべきだろう!
ということで、今クールドラマを勝手に評論。

昔はアンチテレビだった時期もあって日本のドラマなんて全然見なかったわたしも、毎クールのドラマをちゃんと楽しむようになって数年経ちましたが、
始まる前の期待度としては、今クールは今までで一番豊作。
いつもは「見たいの無いー」ってのがお約束だったけど、
今クールに限っては「見たいのありすぎて困る!」という贅沢な悩みが。

実際に蓋を開けてみても、いつもは1クールで2作品くらいが平均だし、無理なく楽しめるルーティンなんだけど、
今クールに至っては、今のところその倍の4作品も見ている!
お陰で、油断すると2週分くらいすぐ溜まって困る。

では、見ている4ドラマ+途中ないし1話で捨てた2ドラマについて綴って行こうじゃないの!


「極悪がんぼ」
もはや毎回1シーンくらいしか出てこないオダギリジョーを見る為だけに見ていると言っても過言ではない。
あのチンピラ刑事、似合いすぎだろう!かっこよすぎだろう!
その他のキャストもなかなかいい具合で、視聴率に反して、好感度高いドラマ。
仲里依紗がいいね!主役はパッとしないけど、ああゆう役やらせると、同世代女優の中じゃピカイチだと思う。あの役をあれ以上にこなせる女優思い浮かばぬ。


「アリスの棘」
もはやオダギリジョーのスーツ姿を見る為だけに見ていると言っても過言ではない。
オダジョー、恐るべし。しかし、こんなに推しモードなくせに、主演やってる「リバースエッジ 大川端探偵社」は見ていないという。いや、見たい気持ちは山々なんだけど、深夜ドラマってついつい見逃しちゃうんだよねー。で、初回から見逃し続け、今に至るというね。
で、アリスの棘に関しては、毎回「ありえねー」的なツッコミどころはあるものの、フィクションだしね!って割り切ってみれば、案外楽しい。



「花咲舞が黙っていない」
半沢直樹が大ヒットしていた頃、ひとりだけ半沢あんまり好きじゃない・・・
と言っていた人がいて、その意見に1ミリたりとも共感はできなかったんだけど、いわく、重厚すぎて馴染めなかったそう。
稀だろうけど、そういうタイプには正にうってつけなのがこのドラマ!
半沢と同じく銀行内の色々な事情・トラブルが沢山出てくるけど、半沢のような重厚感はまるでなく、実にコミカルに軽やかに、一話完結で描かれます。
とってもライトなので、とっても見やすいと思う。ただ。個人的に主役の杏ちゃんの演技にイマイチ馴染めてないんだけども。あと、生瀬さんの悪役はもはや笑ってしまう・・・笑。このドラマだからまぁ良しなんだけど、真面目なドラマで悪役は絶対にやらないで欲しい。
あと、半沢ファンには、金融庁検査とか、お馴染みの銀行用語がわんさかで、復習気分で楽しめます。


「ルーズヴェルトゲーム」
半沢と同じ枠に半沢と同じ原作に半沢と同じスタッフということで、潔いくらいに「二匹目のドジョウ」看板背負った当ドラマ。
(既出の「アリスの棘」や「花咲舞」も半沢ヒットの流れを意識したドラマだろうけど、「ルーズヴェルトゲーム」に比べたら、まだちゃんと半沢ヒットでのヒントをそれぞれのドラマに生かしているレベル)
否が応でも期待感が高まるのは、作り手の誰もが覚悟の上なんでしょうけど、そんな中で、半沢を越えてやる!感がどうにも伝わってこない。
野球部のパートはすごく分かりやすくて気持ちが入っていきやすいんだけど、肝心の主人公である唐沢寿明演じる社長の立ち位置が、ぼんやり。
善いなら善い。悪いなら悪い。
なんか善悪が掴みにくいんだよね。
イツワ電機と並べると善だし、野球部と並べると悪だし。
そこが、半沢直樹と比べて、本当にスカッと感が半減するというか・・・
もやっとするんだよね。思わず手のひらをぎゅっと握り締めて応援してしまうみたいな状態に至れない。野球部に関してはそうなるんだけど。
いっそのこと余計なものスパっと切って、あのピッチャーの子を主役したドラマで良かったんじゃなかろーか。うーむ。


さて、以上が今のところ結局見るにとどまった今クールのドラマたち。
以下はその他もろもろ。

「ビターブラッド」
1話目で捨てました。
厳密に言うと、冒頭の踏切で転んでる子供を佐藤健が助けたシーンで「あ、もう見ないな・・・」と悟った。
なーんかわざとらしい演出とかミエミエの展開とか・・見るに値しなかったわ。
渡部篤郎はかっこいいし、田中哲司も好きだし、ミッチーの悪役もハマってただけに、残念なんだけどね~。そう!役者は悪くなかったんだよね。だからこそ、1話目を見るに至ったわけなんだしね。


「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」
だがしかし。
「ビターブラッド」のこの展開(1話撤収)はある程度予見してたんだけど、
このドラマは予想していなかった!二宮くんを少々買いかぶり過ぎてたわ、わたし。もちろん二宮くんが悪いわけじゃなく、完全に中身の問題なんだけども。
ここまで、がっかりな内容だとは・・・。
それでも1話目は割と楽しく見れたし、合格点だったんだけどさ。
2話目以降ちょっとおや?と思い始め、4話目くらいでとうとう見放しました。
なんか期待していた展開じゃなかったんだよね。進学校の秀才たちが、その頭脳を使って、独自の方法論で強くなっていくという、今までと違う野球部のサクセスストーリーが見れると思ってたんだけど、そんなサクセスぶりはちっとも垣間見ることさえできず。
まぁ確かにへっぽこぶりで行けば、今までに見たこともない最悪ぶりだったので、そのへん他の野球モンとは一線を画しすぎてたので、そこはありきたりではなかったが、いくらなんでもへっぽこにも程がある!と、最終いらついてしまった。とてもじゃないけど、勝てる展開が見えないよ。
原作読んでないから、これがこの作品の面白さなんだよ!といわれてしまえば、もう何も言えないけど。なんせ、力尽きました。弱かったら勝てないって。
今クール、一番残念なドラマでした。(期待していただけに)


これで全部出揃ったかな。
「MOZU」も一応、一話目は録画してたんだけど、他のドラマが溜まり過ぎたのと、続きはWOWOW放送ということで、結局見ずに消した。
評判を耳に挟む限り、まぁ間違った選択ではなかったんじゃないかと思ってる。
その「MOZU」の視聴率を抜いたことで話題となった「BORDER」は、最初は全く眼中になかったけど、その話題を知って一話目くらい見てみても良かったかな~と、やんわり思った。
再放送に期待。
あと、沢尻エリカのも何話目かの途中ちょっとチラ見した。
話はあんまり意味わかんなかったけど、1話目から見てたら面白かったんだろうか?
何か佐々木希の演技が悪くなくてビックリしたのと、菜々緒の存在感が良かったくらいで、他に感想はないんだけど。
エリカ様は役柄のせいもあるかもだけど、ちょっとオーラ落ちてた感触かな~。

2014春の記録~桜・いちご・芝桜・しいたけ~

もう5月も折り返し、
日差しは完全に夏仕様な今日この頃。

本格的な夏に突入する前に、この春の記録なんぞを残しておこうと思う。

まずはお花見。
今年の花見舞台は姫路城と争った結果、須磨浦公園に軍パイがあがる。

ピークやや過ぎくらいかな。
それでも十分綺麗かったけど、
去年の王子動物園で感動的な桜を見てしまったので、
もうちょっとやそっとの桜では感動できなくなってしまった自分がいる。
今年も王子動物園に行くべきだったか⁉︎

続いて、いちご狩り!
今年は2ヶ所行きました!

篠田いちご園@西脇と、稲鍵ファーム@三田
お客を詰め込み過ぎるいちご園は嫌なんだけど、
どっちも混んでなくて、のんびりした感じで、雰囲気は良し。
オーナーさんもいい意味で適当な感じだったし!

ただ、いちごはどっちも時期もあったのかもしれないけど、
結構当たりハズレが激しい感じで、ちょっと残念でした。

ただ、後から聞いた話だと、稲鍵ファームは結構評判で、
あのエス小山をはじめ、三田中のスイーツ店がこぞって御用達とか何とか・・・
稲鍵ファームは第一農園と第二農園があって、わたしたちは第一農園だったんだけど、
それによって育ててる品種も違うみたいなので、
もしかしたら第二農園なら美味しかったんだろうか?
もしそうなら、リベンジしたいものだけど。

ちなみに、どちらのいちご狩りにも芝桜がついてきた!
篠田いちご園さんはすぐ裏の土手に見事な芝桜!

わたし実はこの時、生まれて初めて芝桜を見たんだけど、
こんなに美しいものとは!

小規模ながら、大満足な美しさでした!
いちごの当たりハズレにちょっと残念さを覚えてたけど、
これで満足度だいぶ補われた。
・・・とか言っておきながら、すっげーいちご食ったんだけどね!笑

途中経過で58。
食い足して、最終63個くらい食ってやった!!

稲鍵ファーム後は、念願の永沢寺に行ってきました!
芝桜のじゅうたん!

でも、こちらもピークは完全に過ぎている感あったな・・
ピークの芝桜を見たかった!
ただ、入場料は割引になっててラッキーでした。

そして、春記録ラストは・・・
しいたけ狩り@しいたけランドかさや

想像してたのとは相反して、
とっても人工的なしいたけ狩りだったけど、
想像してたのとは相反して、
とってもビッグサイズなしいたけでした。

しいたけをハントした後はBBQ!
お肉も盛り沢山だったので、満腹。
食べ切れませんでした・・・。

こうやって振り返ってみると、
結構、春を満喫してるな。

ちなみに明日は久々にUSJに行ってくる!
ついにニュースパイダーマン、ライドしてきます!
楽しみーーー♪

円ROCK!小室DJ!

ついにゴールデンウィークが終了しましたね。
長い人だと11連休くらい取れたとか何とか・・・
それは流石に無理だったけど、今年は学生時代ぶりにカレンダー通りにお休みを頂けました。
ゴールデンウィークに「ファック!10連勤!」とかいうてた時代が懐かしい。(遠い目)

そんなわけでここぞとばかりに出掛けたし、音楽フェスは2本も参戦!
奇しくも、どちらもポートアイランド。
奇しくも、どちらも雨天。

一本目は4/29に開催された、カミング神戸。
何と言ってもこのフェスの最大の魅力は、入場無料!
韻シスト、GOING UNDER GROUND、かりゆし58 、Ken Yokoyama、N'夙川BOYS、ガガガSP・・・といったメンツが揃う中、入場無料!
ただ、入場無料なだけあって、今まで参加した音楽イベントの中で、断トツで平均年齢若かった。中高生くらいの子たちがいっぱいいた!(もちろん大人層もいっぱいいたけど)
今回が10回目だったらしいんだけど、お恥ずかしながら存在自体全く知らなくて、今回が初参戦。
過去にはジッタリンジンなんかも出演してたとか聞いて、何故知らなかったんだ!と、自分自身を激しく非難しちゃったわ。

会場には昼くらいに着いて(この時点で、見たかった韻シストは諦めた)、リストバンド交換はあっさり。一時は雨の中、2時間くらい入場の列が出来てたらしーんで、ここはラッキーでした。
こりゃあ入場無料で雨天だし、客足遠のいたか!?と思ったけど、ワールド記念ホール内は、スタンド席探すのにかなり苦労したくらいパンパンに入ってた。
毎年行ってる子に聞いたところ、これは逆に雨天が災いしたんじゃないかという指摘を貰った。なるほど・・・あれは、雨よけ効果だったのか。
何とか席を確保してから3バンド後くらいに、
今回のマイ本命・円広志の登場。
円の登場にあわせてアリーナも、ぐっと人が増加。
関西人は皆何だかんだで好きだよね~。
出だしは探偵ナイトスクープの曲で、掴みはオッケイ。
すぐさまモッシュが起こってた。
驚いたのは、Born to be wildのカバー。
むちゃくちゃワイルドに渋かっこよく歌い上げていた。
完全にロッカー・円だった。
バラエティに出ているあのおじさんとは別人だった。
締めはもちろん、夢想花!
とんでとんでで、ジャンプやダイブ、
まわってまわってで、サークルモッシュ。
何てライブの為の歌詞!
あんな3つも渦巻いてるサークルモッシュ初めて見た。

その後、そのままワールド記念ホールに居座って、いくつかのバンドを見、
かりゆし58のアンマー聴いて満足して、夙川大学へ移動。
かりゆし58の出囃子を生で聴けたのも感激でした。(あの音源だいすき!)

激しい雨の中、到着した夙川大学でのお目当ては、
体育館ステージのトリ、N'夙川BOYS。
序盤から好きな曲ラッシュで嬉しかったけど、体育館というのが結構音悪くて残念。
反響が・・・N'夙川BOYS向きの会場じゃなかった。
野外で聴きたかったー!野外だとずぶ濡れだったけどー!笑

夙川大学のキャンパス内ステージでやってたワタナベフラワーがてんとう虫の曲やってて、あれも時間があればちゃんと見たかった!
ワタナベフラワーは今回結構色んなステージに出まくってたらしく、できれば1ステージくらい見たかった!彼らのライブは楽しそうなので、一度は観てみたかったし、神戸ストラット聴きたかったー!

そして、2本目はカミング神戸から約一週間後の5/5。
神戸国際展示場で行われたクラブミュージックフェス「ミュージックサーカス」に行ってきた!
こちらは何つーか、すげえワールドワイドで、客層もカミング神戸より多様化。
入口ではいかつい黒人が荷物チェックし、アルコールに対するIDチェックもかなり厳しくって、このへんの徹底ぶりは今まで行ったフェスん中で一番だった。でも黒人がチェックしてたから、薬物とかも厳しく取り締まるのかと思いきや(フェスの毛色的にもヤバそーだし)、ただの飲食物の持ち込みチェックでがっくしだったけど、買ったばかりのペットボトル没収されたのも、がっくしだった。

入場後は、早速の本命、80kidz!@ブルーステージ。
スモークが焚かれ過ぎてて、折角のライブセットパフォーマンスが見辛かったけど、きっちり盛り上がった。
ステージの入口では、手持ちのスティックライトが配布されてたので、ちゃっかり姪・甥用に2本キープ(笑)

80kidzの後は、マークパンサーをチラ見。
何かカフェのBGMみたいな、オシャンティーなリミックスでした。

そして、ご飯ブースが割とこじんまりしてたので、早めの昼食。
たこ焼き食って、小室哲哉!
まさか小室哲哉を生で拝める日が来るとは・・・
がっつり小室世代としては、感慨深いものがありました。
小室DJは、途中、安室奈美恵のyou're my sunshineとか、
TMネットワークのGET WILDとか、自身の曲も大胆にサンプリング!
大いに盛り上がった。
ちなみにステージ脇では、マークパンサーが小室DJのプレイにノリノリで踊ってた。今でも良好な関係なんだろうな。今年初めに空前のglobeブームを迎えたわたしとしては、KEIKOが復帰できるような奇跡が起こったら、是非ともglobeの公演観たいんだけどね。

小室哲哉終わりはそのまま、ステイでバーバル!
これも楽しみにしていた。
実はm-floもテリヤキボーイズも好きなんです。
結構前の位置を陣取れたんだけど、登場前から明らかにフロア内の熱気が上昇してた。

バーバルは、MCスキルも高い人なので、DJプレイに合わせてオーディエンスを盛り上げるマイク技も凄い。
あと、ニルヴァーナとかアジカンとか意外な選曲があったのも楽しかった。
序盤は出し惜しみしていたm-floのナンバーも終盤はぽんぽんと放り込んできて、客を沸かす術も熟知していた。最後、come againで終わるとことかちょーニクい!
バーバルが終わる頃には、もう大満足していて、いつ帰ってもOKモードになってしまった。

ネタで見ておこうかと板野友美のレッドステージ行ったら、ちょうど終わったとこで見れず。
そのあとの土屋アンナは見れた!ビージーズとかカバーしてて、ちょっとビックリ。
で、アンナちゃんはそこそこで切り上げて、再びブルーステージへ。
お目当ては、クレバ!
・・・だったんだけど、まさかの入場規制!
まぁ観れるなら観ようか、せっかくのゴールドチケットだし(ブルーステージはゴールドチケットのみの入場)!くらいのノリだったから、諦めはすぐついたけど、正直ちょっと悔しかった。
まさかクレバがそんな人気だったとはね!
別にファンではないので、単なるミーハー精神でちょっと観れたら満足だったので、クレバ→土屋アンナの順で巡れば良かったー。
ブルーが入れなかったので、そのままノリでレッドステージに戻ってDJカオリ。相変わらずの王道曲まっしぐら(笑)最後はファレルでフィニッシュ!ブレてないわ~!笑

続いては、TANAKA TOMOYUKI(FPM)
ここが、ダークホースだった!
まさかのSU&イルマリ登場で楽園ベイベー。
その後、バーバルも登場で、オーディエンスはテンションMAX。
Taku Takahashiもいたので、舞台はリップスライムとm-floとFPMのコラボ図となっていました。
これは、テンション上がった~。クレバの悔しさ帳消し!笑
その後のTaku Takahashiでも期待通り、バーバルがマイクを握る場面あり。もういっそもことm-floで出れば良かったのに!

ここいらで、満足度と足の限界がちょうど良い折り合いを見せたので、快く撤収することができた。


以上、GWのフェス参戦二本立て感想記、完。


新生活~平成26年度~

い・・・忙しい!
思いのほか忙しいよ!平成26年度!

そんなわけで当初、新年度入ったらばりばり更新するつもりだった女の子市民ブログも結局、昨年ばりの更新状況になっている。
おーまいが!

まぁ忙しい忙しいとか言いながら、
花見やらイチゴ狩りやら飲み会やらライブイベントやら、
それなりのイベントはこなしてるんですけども。
(とゆうと、途端に忙しいに説得力が無くなるな・・・笑)

4月はわたしにとっては正に新生活の始まりでした。
職場が変わり、住まいが変わり。
新入生、新社会人に勝らぬとも劣らぬ新生活なんじゃないかと自負している。
新年度にフレッシュさを味わうなんて、実に10年以上ぶりだわ。
この調子でいけば、しっかり5月病にかかるのではないかと懸念している。と同時に、かかる自信がある。
おーまいが!

ところで、タイトルにもサブ扱いで入れてみた「平成26年」という表記。
実はわたし、新生活が始まるまで今が平成26年という感覚がありませんでした。
なんでだろう?っ思ったんだけど、理由は簡単。
今まで年号を必要とすることが殆ど無かったんだよね・・・
すべて西暦で動いてた。
記憶を遡ると、もう10年以上も前から
「今って平成なん年?」
っていうのが常にあった気がする。
平成の年数が認識できていない状況。
年賀状書くときだけ去年の年賀状見て確認するというね。
それ以外、本当に必要としなかった!
前の職場も西暦しか使うことなかったしなー。
でも、今の新しい職場の書類は何もかもが西暦じゃなくて平成で管理しているので、ようやく平成の感覚が伴ってきています。
最初は「へー!平成ってもう26年なんだー!」みたいな頭悪いことゆうてたんですけどね。あは。

さーて。
この新生活が落ち着いて余裕が出てきたら、今度こそ更新ラッシュをお見舞いしてやる!覚悟しておけ!(自分!)
そして、もうGWも明けようと言うのに、いつになったら落ち着いて余裕が出るというのだ!(自分!)

CAFE PICNIC

昨年末くらいにオープンした、新ショッピングモール、BRANCH 神戸学園都市。
ざっとこの10年くらい遡ってみて、ららぽーと甲子園、HAT神戸、イオンモール神戸北、ブルメール舞多聞、西宮ガーデンズ、umieエトセトラ・・・
神戸~阪神間内でもかなりのショッピングモールができたもんだけど、それらと比べて、極めて好感度の高いショッピングモールだなぁという印象。
①規模のこじんまりさ、②フードコートが洒落ている、③おしゃれな100均(つまり、seria)がある、④SM2が入っている・・・と、これだけでも十分行くに値するんだけど、
トドメは、お洒落なカフェがあるってところでしょうか。

今日はそのカフェ紹介がメインで、カテゴリも飯カテゴリに入るエントリーな訳だけど、メインディッシュに行く前に、上記4つのポイントについて軽く解説を挟みたいと思う。

①規模のこじんまりさ
きっとBRANCHに行った人の中には、新しい施設の割に小規模でがっかりした人もいるのではないかと思うけど、大型モールに食傷気味だったわたしからすれば、むしろ好感の持てるコンパクトさでした。気軽に見れる。

②フードコートが洒落ている
これは今まで見てきたフードコートの中で一番洒落てると思った。座席とかが何だかカフェ風。

③おしゃれな100均(つまり、seria)がある
どこの店に行っても買う物がなかったとき、せっかく来たのに手ぶらで帰るのも悔しいので、そうゆう時の強い味方が100均な訳なんだけど、どうせ見るなら普通の100均よりおしゃれな100均の方が雑貨屋さん感覚で見れて嬉しい。

④SM2が入っている
ついに来た!
今までイオンモール神戸北まで行ってたんだけど、身近にできたー!

と、こんなもんでしょうか。

では、本題。
CAFE PICNIC

オープン後、4度目の正直で入りました。
昼はいつ行ってもいっぱいだったんだけど、夜は空いてた!
何か表の看板によると、ライブなんかもやってるみたい。三宮とかのカフェみたい!


お外は、BBQスペース!これいつか絶対やりたい~!


店内は広々~♪


ナプキンかわゆす。


メニューはこんな感じ。

エッグベネディクトがある!

前菜盛り合わせなんかもできちゃう!

このページ、食べたい物だらけ!

他にも牛肉100%ハンバーグとか、肉系も色々あったよ。

わたしがオーダーしたのは、
何故かこの日、本日のカレーにカテゴリされていた、
デミグラスオムライス!

カレー?というツッコミはさておき、美味しかったです。
あっちゅーまに完食!
普通のオムライスが750円に対して、本日のカレーは650円だったので、お得感もあったしな。

とりあえず、食べたいメニューが多すぎるので、また行く!
ちなみに営業は22:30までやってるって!こりゃあ嬉しい。


04 | 2014/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: