秋服問題2014

もうすっかり秋めいておりまして。
嬉しさ半分、戸惑い半分。
いや、基本的には嬉しいんだけど、服問題の観点からすると、非常に困る事態だったりする。
何故ならば。
この夏、ネットでまとめ買いした夏物ワンピースが思いのほか着倒せてない。
まだ残暑が続いてくれていればまだまだ着れるのに・・・!
ちょっとサマー感強いものもあるので、中に長袖を着込んで・・・も、微妙だしさ。
ゆえに、その充分に愛せなかった夏物たちをほっぽって、秋物ハントに繰り出せないこの心境。
不幸中の幸いは、今年はサンダル買わなかったことだね。
靴まで履き倒せなかったとなったら涙ものだ。

とりあえず、おしゃれは足元からということで、さすがに爪先は見せれない!かと言って、ブーツはまだ気が早いような・・・と思い、9月入りしてからはもっぱら、困った時のスニーカー技が炸裂する毎日。
そして、スニーカーを基本にトレンドっぽくを考えた時、デニムの膝丈スカートに、首元詰まってない且つ主張のあるデザインのTシャツを裾インで着て、あとは肩か腰にカーディガン巻いて、ニット帽という、今年のちょー王道スタイルでオンオフ限らず乗り切っている。


イメージ図。

今年っぽいけど、買い足さなくともこれまでの有り物でいける!というのが大いに助かっている。しかしこれも長くは持たない戦法だということは知っている。
とりあえず現時点では、半袖から七分、七分から長袖とシフトしていって凌いでいるけど、長袖さえ耐えれない寒さになった時、つまりアウターを要した時、このスタイルはもう終焉を迎えざるを得ない。
その先のスタイルについては白紙状態。
うわーん!今年の秋はどんな格好しよう・・・
方針が決まらないことには、ヘタに買い物に行けん・・・
久しぶりにファッション誌でも読み漁ろうかしらね・・・

はじめてのドーム観戦

遅ればせながら、祝・オリックス、クライマックスシリーズ進出決定!いえい!

オリックスと言えば、これまでライブでしか来たことなかった京セラドームにて、初観戦してきたよ!
@9/7 vs日ハム戦。

普段ならステージやアリーナ席がある空間に、ちゃんとフィールドが広がっていた!新鮮!笑
密かに野球場風コンサート会場なのではないかと疑ってたけど、噂通り野球場でしたわ。当然ですけど。
この日はデーゲームだったけど、全然デー感なし!
実はドームで野球を観たのは初めてだったんだけど、空が見えないから時間の感覚おかしくなるね。
何か途中からナイター観に来てる感覚で、試合後外に出たら西日ガンガンで奇妙だったわ。

今回はもう10年以上も贔屓にしている平野が、オリックスにカムバックしてから初めての観戦。

犠牲フライでの得点だったけど、一応活躍が見れたので良かった。

でも一番感動的だったのは、敵陣の稲葉ね。
スタメンで名前が発表された時、会場中から拍手が巻き起こる。
試合中も稲葉の打席の時はオリックス側のスタンドからも声援があって、本当にチーム関係なく野球ファンから愛されている選手なんだなぁと痛感。
京セラドーム最後の打席はライト側も稲葉ジャンプ。
オリックスファンからも沢山「稲葉ー!」って声が聞こえて、日ハム応援団に合わせて音頭を取って、とにかくレアだった。いい光景だった。
もう360度みーんなが稲葉一人を見守る体制で、なかなか遭遇できない感動的な体験でした。
稲葉クラスの選手が引退発表したら起こる現象なんだろうね。

ちなみに実はこの日まで、日曜10連敗中という不名誉な記録を作っていたオリックス・・・勝ちました‼︎
しかも 8-4での快勝!
とにかくペーニャが打ちまくったし、坂口の適時打も効いた。
京セラドーム、縁起いいや。

プレゼント録~for baby&kids②~

兄弟、姉妹だったら、お揃い商品って見つけやすい気がするけど、姉弟や兄妹ってなかなかお揃いモノのプレゼントを探すのって難しいかと思います。
しかし、お揃いモノを買いたくなるのが、伯母心ってもの。
というわけで、異性きょーだいの為のお揃プレゼント編。
正直、こっちを紹介したくてプレゼント録をやろうと思った!

①フィッシャープライス キッズ・タフ・デジタルカメラ・スリム
カメラなんて2台も要らん!という意見もあると思うけど、ピンクとブルーのラインナップなので、共有となると色がねぇ。
でもこれは完全に甥向きだったかな~。
姪にはあんまりだったね。
むしろ姪のを甥の方が使ってるから、甥用に後から買ってあげた。
で、お揃いになった。
でも、2人並んでお揃いの色違いのカメラを構えてる姿もかわゆいのです。


②レゴのリュック
これは劇的にオススメ!
背負って並んだ姿・・・一人で背負ってるより可愛さ倍増。
姪にはピンク、甥にはブルーで揃えました。
2歳くらいにはちょっと大きめかもしれないけど、それはそれで可愛い。


③ファミリアのピーナッツバッグS
ちょこっとお出掛けの時にお菓子とかハンカチとか持たすのに、ショルダータイプは首に引っかかりそうで心配だし、リュックだと大層・・って時にオススメなのが、ピーナッツバッグのSサイズ。
1枚くらいならオムツも入るので、自分で持たせるのにも良し。
性別選ばないスヌーピー柄で、色も何色かあるし、値段も600円台~800円台くらいなのでお揃いで買ってもリーズナブル!ちょっとしたプレゼントにピッタリ!
実はこれ、今迄わたしがあげたプレゼントの中で、甥が一番気に入っている品だったりする。
出掛ける時は必ず、お菓子やオモチャを入れて持ってくれている。
買った甲斐があったし、もう充分に元手は取ったくらいに使い倒してくれている。
それを見て、リーズナブルだし、姪にもお揃いで買ってあげました。
あと個人的にスヌーピーは、異性きょーだいのお揃いに一番最適なキャラクターではないかと思っている。ユニセックス代表でスヌーピーの右に出るキャラはいないと断言します。



「子供へのセンスの光るプレゼント!と、自分で言い切ってしまうラインナップです。」
と言い切ったものの、この5年で子供へのプレゼントについて学んだことは、大人の趣味を押し付け過ぎるのも考えものだ・・・ということ。
例えば、アンパンマンとか、戦隊ものとか、プリキュアとか、妖怪ウォッチとか、大人(わたし)の好みでいくとイマイチなものでも、子供が純粋にそれが好きなんだったら、やはり妥協もしてあげなくちゃいけない。
だってプレゼントととは贈り物。
相手を喜ばせてなんぼ。
自分のセンスも勿論大事だけど、一番大事なのは、子供が嬉しい!と思う気持ち。

よって、あまり好みの確立していない0~2歳くらいは自分の趣味の押し付けでもいいけど、3歳以降は、ある程度その子の好みも尊重してあげた方がいいんじゃないかな~と、今振り返ってみて思ってる。
だから今年の誕生日は寄り添って、甥には自分の好みの品プラス、今甥が激ハマりしているトッキュウジャーの指人形も追加した。

まぁ一番の理想は子供と大人の好みが合致してることだけどね。
更にいうならその好みが子供に寄り添う好みだったら、最高に平和な気がする。
大人寄りの好みで子供が影響されて好きになったパターンだと、子供は子供のコミュニティでそれを共有できなくて、弾かれちゃうかもしれないしな。
つまりわたしがもっと妖怪ウォッチやらに関心を示せばいい!ということで、こないだ初めて見てみたよ。
感想は、一言。
「妖怪ウォッチのウォッチは腕時計だったのかーーー!」

プレゼント録~for baby&kids①~

今日で姪のここなが、5歳の誕生日を迎えましたー!
つまり、わたしの伯母歴も5年!
もうあれから5年も経つのか!という感覚と、まだそんなもんか!という感覚が同居する不思議な感じがある。
そして、最近めっきりメロメロにさせられている甥のりっくんも、今週の土曜で3歳を迎えます。
ちょうど直島行った時だわ。
あれから3年は、まぁそんなもんかなって感じかな。
楽しかったなぁ、直島。

さて。
わたしの姪と甥に対する溺愛ぶりは周知のところで、5年という歴史もあってか、たまに子供へのプレゼントの相談を受けることがある。
そこで、わたし自身も記録として残しておきたいし、子供のプレゼントに困ってる人への参考にもなればな~ということで、この5年のプレゼント録、覚えている限りで綴ります。
子供へのセンスの光るプレゼント!と、自分で言い切ってしまうラインナップです。なんつて。
今回は個別プレゼント編!

0歳・女児:トトロ やわらかすくすくジム

Combi製。出産祝いであげました。
これは別に男児・女児関係なく使えるし、付属の飾りはベビーカーとかにも付けれるのがナイス。

0歳・男児:トトロ ベビー帽子
これは確か甥のクリスマスプレゼントにあげた気がする。
昔はギフトセットでしか手に入らなかったけど、今は単品でも販売してるので、気軽に買えるようになりました。
ちょっとしたギフトでもいけるよね。


1歳・女児:ミッフィーのおたんじょうび(DVD)
これは姪の1歳の誕生日に。
あげた当時はあんまりだったけど、1歳後半になると、かなり気に入って見てくれていた。


1歳・女児:テレタビーズのDVD
伯母の趣味、大炸裂の巻。
でも、テレタビーズのDVDは地味にオススメ!
何も分からない内に英語verで見せておくと、英語のトレーニングになる。
そもそも、向こうの幼児向け番組なので、使われてる英語も易しくてちょうどいい。
英語教育に力を入れたい親御さんには自信を持って、オススメします!
ただし、姪はすぐに「びっちゅ」(テレタビーズ)と気に入ったけど、同じくらいの年になった甥が見たときは最初怖がっていたので、あのヴィジュアルに、多少向き不向きはあるかも。
まぁ後々甥もハマったので、慣れの問題だと思うけど。


2歳・女児:トトロのリュック
トトロ率たけえな!と言うことなかれ。
男女問わず使える上、親共にも好感度高いし、これ以上ない素敵なキャラだと思ってる。
何より、ヘタにディズニーキャラとか買うよりも愛国心あっていいじゃないか!
これは、2歳児くらいがベストに可愛い。(対象年齢3歳かららしいけど)
とことこ歩きながらトトロを背負ってる姿は、後ろから抱きつきたくなるほど可愛い。
ただし、殆どぬいぐるみを背負ってるようなもんなので、リュックとしての機能は皆無です。


2歳・男児:レゴ デュプロ ミッキー&フレンズのバケツ
甥っ子へプレゼントしたんだけど、やや女児用だったかも?
ヘタにディズニーキャラとか買うよりも・・・とか言ってた途端、ザ・ディズニー!笑
でも定期的に遊んでくれてるので、やはりレゴは間違えない。


3歳・女児:ミニーちゃんのスクーター
おもちゃ屋さんを何軒か梯子しても全然コレというプレゼントに出会えず、4~5軒目くらいでようやくビビビ!と来たアイテムでした。
この可愛さはやばい!
ハンドルの高さも調整がきくので、3歳~6歳が対象年齢という賢いアイテム。


3歳・女児:メリークリスマス!ペネロペ
これは姪へのクリスマスプレゼント。ペネロペのしかけ絵本!
この年から、本好きの音楽好きの映画好きに育てるべく、毎年クリスマスは本かCDかDVDをあげることに決めました。

コヤブソニック2014ファイナル

行って来たぜ!
コヤブソニックファイナル!

今回三日間もあって、ラインナップ見ると13日と15日で悩んだんだけど、決め手は博多華丸大吉の出演でした(笑)
夙川とレキシは涙をのむことになったけど、後から発表されたメンツもトータルしてラインナップを見比べると、やはり改めて初日で正解だったと個人的には満足している。
本音を言うとAKBは避けたかったんだけど、でもこんなのでもないと生で日本のトップアイドルを見る機会なんて一生ないなー!と、考えを改めて楽しみました。

開場はインテックス大阪。
神戸からだと幾通りもアクセス方法がある中、今回は初の野田・阿波座経由で行きました。
阪神の野田駅から地下鉄に乗り換えて阿波座まで行って、コスモスクエアまで行くルート。
野田も阿波座も聞いたことあるけど、舞い降りたことのない駅だったので新鮮でした。
たぶんココで何度も綴ったことはあると思うけど、昔からわたしは自分の生活圏外の駅に降りることに興奮するクチでして、「ああ!ここにもわたしの知らない街が!風景が!人が!ドラマが!広がっているのだわ!」と思うだけでぞくぞくします。
日本地図で見ると、ほんの少しポイントがズレただけなのに、見知らぬ世界。
しかし、何か少し運命が違えば、わたしのドラマがココで繰り広がっていたかもしれない…なんて可能性を思うだけで気持ちが高ぶります。
時間は越えれないけど、場所は越えれる。
どう頑張っても江戸時代には行けないけど、現代であれば、その気になればどこだって行ける。

話それましたが、コヤソニね。
時系列並べてダラダラ綴ってもいいけど途中で気持ちが萎えそうなので、ベストアクトTOP5のカウントダウン形式を取りたいと思う。

5位:OKAMOTO'S
浜ちゃんうんぬん抜きにして、前から気になってたバンド。
ちゃんと聴いてみたいなー!と思ってたんだよね。
想像以上に好みだったわ。曲が。
踊りまくるのに、持ってこい!
どれもこれも楽しかったし、演奏のクオリティも高い!
ただ一つ残念だったのが、パフォーマンス後のトークが無かったこと。
去年と今年と来たけど、演奏後はお約束のように小藪及び他の芸人との絡みがあって、もはやそれがお約束なのかと思っていたのに、この人たちだけトーク無し!
もっとどんな雰囲気のバンドなのか知るチャンスでもあったので、残念だったー

4位:AKB48・NMB48
テレビで見る限りイマイチぱっとする子がいないと思ってたAKB48及びNMB48が、概ね可愛い子ばっか!
びっくり!!!
やっぱり生は違うな。
さすが日本を代表するアイドルなだけある。
何かあの集団が放つオーラというか雰囲気が、きらめいていた。
プリズムだった。
特にまゆゆは凄かった。
バックのスクリーンに顔が映し出された瞬間、「おお~!」というどよめきが起こった。
ほ、本物だー!と、会場中が思った瞬間だったね。
ああ、きっとこの子が卒業したら、本当にAKBは終わりだな!と思った。
逆に言うと、まゆゆが居る限りはAKBは安泰だわ。
ファン以外の人たちをあんなにどよめかせるパワーを持っているのは、本気で凄い。
個人的には川栄ちゃんとNMBの梅田彩佳ちゃんが可愛い!と思って、家帰って画像を検索したら、ん~、ちょい微妙?…アイドルって生モノだわ!

3位:RIP SLYME
一緒に行った友人も言ってたが、もはや安定のRIP SLYME。
この日、一番会場を盛り上げたのは、彼らな気がする。
しかも、そもそものRIP SLYME目当て人口も多かった気がする。
リョージくんが「俺らの曲は、知らない曲でも知ったフリして盛り上がってください!」と、RIP SLYMEライブを楽しむ極意を説いていたけど、そんなの言われなくても、知らない曲でも自然と体が踊ってしまう。盛り上がってしまう。
半分くらい知らない曲だったけど、さっすがなー!と思いながら跳ねておりました。

2位:博多華丸・大吉
さすがの安定感。
安定感に関して言えば、RIP SLYME以上。
コヤソニは音楽とお笑いのフェスですからね!
何もアクトはアーティストだけに限りません。
この日出てたコンビの中で、ダントツの面白さでした。
また、出てきた時の会場の期待感も凄かった。
アーティストも芸人も出演前に舞台上のスクリーンに大きく名前が出るんだけど、芸人の中じゃ一番歓声大きかったね。
実は、バラエティではよく見るけど、2人のコンビネタをちゃんと見たことなかったわたし。
今まで一番好きなお笑い芸人は「ウッチャン」で通してきたけど、この日を境に「博多華丸・大吉」になりましたとも。
早速ネタのDVD買おう!と思ったら、コンビのDVD出てなくてびっくりだよ!

1位:CHARA×韻シストBAND
これはもうちょっとフライングでスワロウテイルバタフライ出してしまったけど。
もうね、ダントツでした。
確かに会場を一番沸かせたのはRIPやAKBの方が凄かったと思う。
ただ、興味なかったお客さんを振り向かせた度でいくと、俄然こっちの方が桁違いの人数だったと思う。
現に、特にCHARAを好きな訳でもなかった友人も虜になっていた。
この日は他にもPUFFYとリンドバーグといった、ベテラン歌姫揃い踏みの日だったんだけど、頭一つ…いや、三つくらい魅力が抜きん出ててたね。
思うに、大きかったのは韻シストBANDの存在。
音が無茶苦茶豊かになって、一曲目のjunior sweetの時点で鳥肌。
韻シストは韻シストで好きだったけど、CHARAと組んでどうなんだろ~?って思ってた自分を蹴り倒したい。
ツアーやってるのは知ってたので、ライブ終わって即、検索した。
しかし、大阪公演は終わってた。くそー!
これからの公演だったら、確実にチケットその勢いで買ってた。
追加公演しないかしら…大阪で。
今決まったら、絶対に行く!
今回は他にも、スワロウテイルバタフライのサビを間違えてもう一回最初から歌い直すという貴重なハプニングや、CHARAがたむけんのギャクをやる(激可愛いかった!)展開もあり、普段のCHARAライブでは見れない魅力が満載のステージでした。
というか正直、今まで何回かCHARAライブ行ったけど、一番良かった!やばかった!


功労賞:小籔千豊
やはり今年も出ずっぱり!喋りっぱなし!
初日なのに、三日もつ!?と心配になったし、ホント凄いと思った。
スポンサーへの感謝、アーティストへの尊敬、毒舌の中に垣間見える、お笑い仲間への愛。
ネットでは概ね嫌われてるみたいだけど、小籔千豊が本当に世間一般に与えている印象通りの人なら、こんな自分の名前を冠したイベントを開催できる訳がないと思う。
それにしても、音楽とお笑いどっちも大いに楽しめる最高のイベントなのに、今年でラストとは残念。
毎年は難しくても、正直、何年かに一回とかって、続けて欲しかった。
数年後、復活のヤッサ!ならぬ、復活のコヤソニ!を密かに期待している。

復活のヤッサ!


2014年8月30日。
行ってきました!復活のヤッサ!

数ヶ月前にウルフルズの再始動大々的に報じられ、喜ぶがままに公式HPを通じて早々にチケットGET。
3人で行く予定で、その3人目の席に関しては交代に交代が続き、「なんやアイツ!怒」ともなる事件もあって少しケチがついてしまったけど、最終的には最高のメンツで参戦できたので、良し。

5年前のヤッサファイナルの時、明らかに感じたトータスの心の暗雲。
他のメンバーが「また会いましょう!」という中で、頑なに軽々しく「またね」的なことを言わなかったのが余計切なかった。

でも今回のヤッサでは、あの5年前の感傷は何!?と思えるくらいに本当に曇り気のない笑顔で。
心底楽しそうにしていて、見ているこっちもニヤニヤしてしまった。
メンバー間の雰囲気も物凄く良くって、全員からウルフルズ愛を感じた。

そんな愛に溢れた彼らがライブの1曲目から放ったのは
最高の愛の歌「バンザイ~好きでよかった~」
誰もが期待している名曲をいきなりぶつけてきたのは正直ビックリした。
もっとガツンと盛り上がる曲で始まるかと思ってたもん。
でも、エンディングでも似合いそうな、こんなに聴かせる曲で、
こーんな盛り上がるのも凄いってくらい盛り上がった。
そのまま「愛がなくちゃ」で、楽しげな流れ。

「借金大王」「ツギハギブギウギ」「僕の人生の今は何章目くらいだろう」
このへんは前回聴けなくて残念だったけど、今回は聴けたー!
あと、「明日があるさ」までやってくれた!
これは聴けるとハナから思ってなかったので、一番驚きの選曲でした。

あとは最近ずっと聴いていた「あーだこーだそーだ!」「どうでもよすぎ」「ヒーロー」も聴けたし
大好きな「SUN SUN SUN '95」「やぶれかぶれ」「ええねん」「それが答えだ!」「大阪ストラット」「ガッツだぜ!」あたりも聴けたし、選曲も5年前より好みだった。

ジェット風船もあったし、最後は花火もあったし、演出も5年前より良かった。

何もかもがパワーアップしてくれていたので、5年も待った甲斐があった。
ついでに言うと、ブロックも前回は一番後ろのスタンディングブロックだったんだけど、
今回はその1つ前のブロックに前進!
こりゃあ次は目指せ!一番前のブロック!だな。
ファンクラブじゃないし流石に無理か。笑
ということで、来年も万博でウルフルズに浸りたいと思っている。

#66 Swallowtail Butterfly ~あいのうた~/YEN TOWN BAND

今日はもうこの曲しか有り得ない。
Swallowtail Butterfly ~あいのうた~/YEN TOWN BAND

本日、コヤブソニック初日に行って参りましたが、ベストアクトは間違えなくCHARA×韻シストBANDでした!
ママのくつで速く走れなかった 泣かない 裸足になった日も・・・
帰りの電車でもずーっと脳内を反芻している。
素晴らしいステージでした。
詳しくはまた改めて!
そういやヤッサもこのパターンで放ったらかしてるな…笑

夏色七色プレイバック2014

十五夜も過ぎ、もはやすっかり晩夏というより初秋な感じの今日この頃。
例年のやたら長い残暑に比べて、短命だった今夏。
嬉しい反面、それはそれで侘しさを感じつつ、早速鳴き出している秋の虫の音色に耳を傾けながら、儚い夏色に思いを馳せてみよう。

①戸倉峠の滝流しそうめん

去年、行きたかったけど結局計画が進まぬままに夏が過ぎ去ってしまって、今年こそは!と、気合い十分に戸倉峠に出陣。

高砂から北上したけど、想像以上に遠かった・・・!
平日だったのと、ミストみたいな雨が降ったり止んだりの天候だったのもあって、ひどい時は1~2時間並ぶと聞いていたけど、行ったら即案内して貰えるくらいに空いてました。良かったー!
テレビではよく見ていた対岸から伸びる長いレーンが目の前に。

わーい!流れてきた~!

写真にそうめんに忙しい。
そうこうしている間に終了を知らせるさくらんぼ。

は・・・早い!
ものの3分くらいで終わっちゃいましたよ。
並ばなかったから苦笑いで済んだけど、何十分・何時間とかけてコレだったらちょっぴりキレたかも・・・笑
ちなみに足元はこんな感じ。

そうめんの後は足元に見えてた下の川でしばし遊ぶ。

川側から見上げたそうめんレーン。


②佐用町のひまわり畑
滝流しとハシゴで行ってきた。
ひまわり畑はね、写真の腕が問われるわね。
よくよく見ると気持ち悪いんだよ、ひまわり。
それを如何に素敵に撮るか。

引くか寄るか。

畑はとりあえずやたら広かった!

しかし、曇り空のせいか、心なしか全体的に元気が無かった。

一口目だけ劇的に美味しかったひまわりのアイスクリーム。

量は要らない味。

③兵庫県たつの市のカフェ「cruising cafe marica」
コレ、カテゴリ的には一個前で紹介するべきなんでしょうけど、如何せんフードを写メり損ねたもので…笑
さて、問題はこのカフェ。
海辺にあって、一見お洒落なカフェなんだけどねぇ・・・
神戸の海辺カフェには有り得ない斬新さが。


この外観に違和感を覚える人はどれくらいいるでしょうか。
一見マリンな感じの建物だけど、右下のお店のロゴだけ見ると、マリン感ゼロ。
看板でこのロゴ見た時は結婚式場の看板か思った。
ハートに天使・・・マリンどこ行ったー⁉︎
店内も至るところにスタイリッシュさの中に垣間見える姫趣味・・・
フランフランっぽいインテリアの横に、宝塚趣味な置物があったり。
なんでそこ、コラボるねん!みたいな。
このちぐはぐ感に一体どれだけの人が妙を感じたんだろうなぁ・・
出てきた食器も、お皿はノーマルだったけど紅茶のカップとソーサーはちょっと姫系だったな。
神戸にも六甲アイランドのマリンパークにあるfeelなんか、ココと近い雰囲気だけど、こんな食器は絶対に出てこない。

ちなみにオーダーしたパンケーキはフワフワです。
そこらのパンケーキ屋さんもビックリするくらいフワフワ。
味もね、最初の一口は無茶苦茶美味しい。
しかーし、食べ終わる頃には胸のあたりが…笑


④もーやんとえっちゃんの絵本原画展

突き詰めると、もーやんよりえっちゃんの方が好きだったりもするんだけど、とりあえず、またもーやんえっちゃん展が観れることの喜びを噛み締めた。

可愛い入り口をくぐると、絵本読めるコーナーとかもあって、姪っ子連れてこれば良かったー!と、後悔した。
友達の出産祝いにもーやんとえっちゃんの本をプレゼントしようか悩んでる。ハッキリ値段が印字されてる物だし微妙かな~?と思いつつ、友達もファンなので、特例かなと思いつつ。

⑤胡麻麦茶
突然、飲み物フォーカス。

ハマった!って訳でなく、異常な美味しさに感動した!

⑥黒田官兵衛ドラマ館

ドラマ見てないけど、連れられてやってきた!
ドラマ見てないけど、かなり楽しめた!
最後の出演者のサイン…竹中直人おもろかったー

⑦シンジカトウ・ワールド
姫路市書写の里美術工芸館!

初めて行ったけど、めちゃ良い雰囲気の建物!
お目当ては勿論、シンジカトウ!
相変わらず可愛いけど、もっと若い人だと思ってたので、こんなオジさまがこんなメルヘンな絵を描くなんて!人は見かけによらない!って思ってしもーた。
展示してたシロクマ兄弟の絵本が凄く可愛かった。あれ、欲しい。
そして、ちゃっかり自分用のアイテムをいくつかお買い上げしてしまったわ…

神戸外飯処

「バーガースタンド バディーズ」
神鉄電車フラワータウン駅下車、徒歩2分。
西宮市山口町の有名バーガーショップ・エスケールさんプロデュースのバーガーショップが去年の11月にオープンしたんだけど、この夏ようやく行ってきた。

美味いハンバーガーはやはりバンズが違う。
バンズだけ食べてもちゃんと美味しい。
さすがエスケールプロデュース!・・・って、エスケールさんは未だに行ったことないんだけど(笑)

気軽に立ち寄れるバーガースタンドということで、プレハブ小屋。
座席数は限られてるけど、アルコールもあって22時営業ということで、仕事帰りにプラリと一杯とか出来ちゃうので、これは是非地元の駅に欲しい一軒だわ。


「一鶴」
この夏、香川に一泊旅行で行ってたんだけど、その時に立ち寄ったのがコチラ。
香川では有名な店らしく、「香川 鳥」くらいの検索キーワードだけで、一番トップに出てきます。
香川県内に6店舗、あとは大阪・横浜にあるみたい。

備品も立派に一鶴ロゴ!
そもそも骨付き鳥は香川県丸亀市発祥のご当地グルメらしいです。


一鶴では、「おやどり」と「ひなどり」がメインメニューとなっており、あとはサイドメニューが幾つか。割とシンプルなラインナップ。
おやどり、ひなどり、どっちも頼んだけど、ひなどりの方が万人受けしそうな感じ。
おやどりは、酒好きにはいいかも。
ただ、おやどりは切り分けてやってくるけど、ひなどりは何も言わないと、どどーんとでっかいのが皿に一つ盛られてやってきます。
で、店員さんに言って切り分けてもらったのがコチラ。

切り分けて貰う前に写メるべきだった!と悔やんだのは、言うまでもない。

「やっさ弁当」或いは「武将カフェ 二ノ丸」
とりあえず謎の多い姫路のお店。
わたしが行った時は、駅からみゆき通りをずーっと姫路城方面に歩いて、突っ切ったのち本町通りを暫し行くと左手にあったのが「武将カフェ 二ノ丸」で、持っていた姫路の案内冊子には確かに「武将カフェ 二ノ丸」にお目当ての官兵衛バーガーがあると書かれていたんだけど、実際には店は閉まっていて、店の脇にある通りを行くとあった「やっさ弁当」という店で官兵衛バーガーが食べれた。

しかし、恐らく外観から察するに、この二つは同じ家屋である。玄関は違えど、中で繋がってるっぽい。
中はお家風で何だか妙に落ち着く空間でした。

で、一番謎なのは、食べログでは「やっさ弁当」は閉店になっている。もー謎すぎるぜ!


しかし、お目当ての官兵衛バーガーは食べれた。
くノ一の格好をした可愛い店員さんが運んでくれました。

肉×きんぴらごぼうのハーモニー。この味、ちょー好み!
ただ、バンズがちょい残念だったかな~


08 | 2014/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: