将来の夢はNYマダム!

これ、良かったーーー!

6月頭に神戸そごうで開催されていた「NYマダムのおしゃれスナップ展」。
たったの一週間しかしてなくて勿体なかったし、わたし自身、大型旅行が差し迫ってて行けるかどうか微妙なラインだったけど、なんかパワーを貰えそうな気がして、無理矢理時間作って隙間にねじ込むかのようなスケジュールで行ってきた。

そのファッションもさることながら、
スナップと一緒に添えられたメッセージが最高の嵐。
胸にぐさぐさ来た!

・you attitude is your altitude
(あなたの態度があなたの程度)

・look good look feel look feel look good
(素敵に見えると素敵な気分になるし、素敵な気分だと素敵に見えるわ)

特に胸に刺さったのはこの2つ。
思わずメモりました。

とっても刺激的で元気の貰える展覧会。
無理矢理ねじ込んで良かった!正解!

一度観て出口に辿り着いたらもっかい入り口に戻って観直したくらいで、
時間があればマジでもう一回行きたかった!

この写真集や映画もあるみたいで、ゆくゆくは是非とも極めたいと思っている。

「私はこの世で生きている一番高齢のティーンエイジャーよ!」
なんて堂々と言い切っちゃうマダムにわたしもなりたい。

2015年上半期・美味しかったものリスト

2015年も折り返し地点がもうすぐそこまで迫り、あっという間に半年が過ぎようとしている。
恐ろしや。
下半期は色々と激動の人生になりそうで、あまり深く考え込んじゃうとどんどん落ちていきそうなので、深く考えこまないよう、まぁ平たく言うと現実逃避的な感じで、美味しいもの振り返ろうと思う。
題して、2015年上半期・美味しかったものリスト。
旅先での飯は旅行記に綴るので、日常生活で出会った食べ物に限定した、@関西(主に神戸)のリストなり。
今年食べ物の写真は撮るだけ撮って殆どが放置してたし、ちょうどいいや。
単純にベスト10とかにしても良かったけど、なんか順位もつけ辛いので、部門別で。

●飲み物編:フルーツ オン トップ ヨーグルト フラぺチーノwith クラッシュ ナッツ&ストロベリー クリーム フラペチーノ

美味しかったものリストの1番バッターがいきなり飲み物で、しかも絞りきれずに二品ってどーなのよ!
スタバのヨーグルトのと、ストロベリークリームのやつ。
ヨーグルトの最終日にスタバに駆け込むと、ストロベリークリームがフライング販売していたので、思わずどちらもお買い上げ。どっちも美味かった!
ヨーグルトの方は、大方の人が予想したであろう通り、ブルガリアのむヨーグルト風な感じ。
それにカシューナッツとフルーツゼリーが入って、ホイップクリームを乗っければ、スタバドリンクに大変身!といったところ。
でも基本的なのむヨーグルトの味は損なわれてはいないので、あれが好きなら好きだと思うし、苦手なら苦手だろう。わたしはのむヨーグルト好きなので、何ら問題はなかった。カシューナッツも香ばしくてよかったです。
ストロベリー クリーム フラペチーノは甘さ全開!
デザートのお供には不向きで、そのものがデザートって感じ。
ショートサイズは頼んだけど、5歳の姪に3分の2は飲まれてしまった!
こどもに与えるには少々勿体無い金額(ショートサイズで510円!)ではあるけど、美味しそうにしてたから、まぁ良しとする。

●土産編:極上梅干し(和歌山土産)

これはもう、舌がにひとかけら乗せた瞬間唸りました。
今まで食べた梅干の中で、一番美味い!!!!!!!
金粉まで乗ってて最初びっくりしたけど、流石「極上」と銘打つだけある。
ケースに付いた、梅干しの汁まで舐めたくりたいくらいに極上の美味でした。
ちなみにこの部門の土産は「頂いた」土産限定なので、
自分で買ったNZや東京や仙台や北海道の土産は除外して審査しています。

●洋食:グリル一平のオムライス

ついにグリル一平のオムライスを食してきたぜ!
神戸では「朝食の朝日」とか「グリル末松」とかいくつか人気洋食店があるけど、こちらも同じく人気店。
1952年からの老舗店ということで、神戸市民として、一度は食べておかねば!とは思っていたんだけど、たまたま空腹時に元町店の前を通ったので、そのまま入店。
入店時、ちょうど食べ終わって出てきた品のよさげな紳士が「ここは何食べても美味しいよ!」と、にっこり微笑んで教えてくれた。
こんな素敵な客がついてる店が美味しくない訳がない!
人気のオムライスは、デミグラスソースが絶妙。
オムライス自体は卵も薄くて人気のふわとろとは程遠いシンプルさなので、ソースが決め手となって、ここまで人気を博してる感じ。
たぶんオムライス以外の品・・・極端な話、白飯にこのソースかけても、それはそれで人気が出そう。
それくらい、絶品のデミグラスソース。

●デザート編:ボックサンのいちごのショートケーキ

わたしがケーキで一番好きなのは、今も昔も変わらずブレずにいちごショートなんだけど。
外でいちごケーキを食べたい!と思ったら、意外とカフェとかには置いてなかったりする中、あそこに行けば確実に美味しいショートケーキを食べれる!という、ある種、駆け込み寺のような存在だったフーケさんが無くなってしまいましてね。
そんな「いちごショートが食べたくなったら、フーケに行けばいい」の安心感をなくしたまま、先日ついに、出先でどうしようもなくいちごショートが食べたくなるという、恐れていた事態が発生。
近年ホテルも始めたケーニヒスクローネの前で、いちごショート食べたいけど、もう足も疲れたしここでいっか・・・とケーニヒで妥協しかけた矢先、背後に心なしか暖かい風を感じて振り返ったら。
青地に白抜かれた「ボックサン」の文字にキラキラと後光が差しておりました。
迷わず踵を返して直行!
安定のお味と、アイスクリームのサービス。最高。
これでもう、外でいちごショートが食べたくなったらどうしよう・・・!という不安が解消されて、ひと安心だわ。

●和食編:串かつ「だるま」姫路店


姫路城のプロジェクションマッピングを観に行った時に、姫路の友人に連れてってもらった。
昔、難波の店に一度だけ行ったことがあるけど、たぶん10年くらい昔の話。それ以来のだるま!
まさか姫路にもだるまがあったとは!
この時まで知らなかったです。

⚫︎お菓子編:ゴーセンスのチョコレート

高速神戸駅の近くにあるベルギーチョコレート専門店BEBEBE Chocolatierで購入した、今年のバレンタイン…もとい、チョコレートパーティーのチョコ。
濃厚さには欠けるけど、優しめスイートなお味でした。

竹田城跡~名城スタンプ第一城 ~

御朱印デビューしたその翌週、名城スタンプデビュー致しました!
行ってきたのは日本のマチュピチュ「竹田城跡」

ブームになる2~3年前に存在を知って「行きたい!」と思っていたら、
あれよあれよと言う間に人気者になってしまって
ちょっと行く気が失せてしまってたんだけど、
もうそろそろ人も落ち着いたかな~?と思い、行ってきた。
その予感は大正解で、平日はもうだいぶ快適な感じでした。
ただ、昔は結構近くまで車で行けたらしいけど、今は駐車場から結構歩かなくてはいけなくなっていて、もはや登山でしたね。
まぁマチュピチュと言われるくらいだから当然と言えば当然かもしれないだけど、かなりしんどかった。
一応、駐車場からバスやタクシーもあるのだけど、実際そのバスやタクシーの降り場からがしんどい!

この看板からが要注意。
わたしは駐車場からこの要注意地点まで全部歩いたが、正直バスやタクシーで連れてって貰えるこの看板までの道のりは、普段大した運動をしていないわたしでも楽勝なくらいの道で、ここからは全員歩け!っていうこの地点から城までがばりくそしんどい。(ばりくそって久々に使った。)
この看板が現れた途端、急激な坂が現るのよねー

実際、この地点で断念して城へと登って行った家族を自分は登らずにこのエリアの休憩所で待つおばあちゃんとか赤ちゃん連れのお母さんとかいた。
老人や子供連れには厳しい道のりなのは、間違えない。

あと◯メートル看板を見るたびに増す疲れ。
前週の伏見稲荷大社も大概登山やなーと思ったけど、伏見稲荷大社の場合は千本鳥居の陰にだいぶ救われた。
竹田城跡の方が、俄然しんどかった。
そして、やっとの思いで竹田城跡ー!


竹田城ということで、例の雲海の写真を期待した方がいらっしゃったらすいません。
あれは季節も違えば時間帯も違う。
季節はともかく、早朝にこの場所に来るのは正直、無理である。
しかもあれってさ、はたから見るのがいいのであって、実際に登った位置で見ても、見晴らしもなんもなくて微妙なんじゃないかと予想している。
しかし、この日は晴天の昼下がり!

見晴らし抜群!

風も涼しくて、最高に気持ちいい!
伏見稲荷大社よりしんどかったけど、伏見稲荷大社より登った後の爽快感は比べものにならないくらい大きい!!


めちゃくちゃ残念だったのが張り巡らされたロープ。
整備が行き届き過ぎている。
観光客が増えた故の弊害なんだろうなぁ…
快適だったのは、今どこの観光地に行っても多い外国人観光客が一切いなかった!
日本の団体観光客はいたけど、飛び交う言語が日本語オンリーってこんなにも心地いいのか!という発見。
まぁたまたまタイミングが良かっただけの可能性もあるけど、恐らく今は姫路城が脚光を浴びてて、ちょっと存在感薄くなってるのかもしれない。

そして、目的のこれも勿論GET!

しかしこれ、登らなくても駐車場の所に置いてるんだけどね(笑)

Autumn in NZ②~わたしのログポースは秋島を指している!~

春島・日本から、秋島・ニュージーランドにやって来て3日目。
お天気も最高だったこの日は、朝から四駆でドライブ!


川だって、四駆でGO GO!


崖のそばだって、四駆でGO GO!


こっちが英語を殆ど聞き取れていなくてもお構いなしに喋り続ける、ガイドのDEVANS氏。


車からだとなかなかベストショットは撮れないけど、とにかくひつじはよくいる。

白いの全部、ひつじ。

動きが鈍いので、置き物に見えることもしばしば…


驚いたのが、こうゆう山の斜面でもひつじは普通に草食って生息している。
あいつら意外とタフ!


秋色。

黄色い秋も雰囲気あっていいなぁ。


アロータウンで砂金採りにチャレンジ!


雄大。クイーンズタウンに来て以来、視力が若干回復した気がする。

四駆ドライブを終え、今旅一のスリリングアクティビティー、ジェットボード!

入口の受付カウンターが、ジェットボード型。

クイーンズタウンはバンジージャンプ発祥の地なだけあって、こうゆうスリリング系アクティビティーは実に充実している。

猛スピードで川を駆け抜けて、時々360度回転スピンが入るだけだよ。あははー。

ジョージルーカスも乗った!(スターウォーズ、楽しみすぎるううう!)

ヒュージャックマンも乗った!(ウルヴァリン降板宣言、悲しすぎるううう!)

受付を抜けて、現場へ。

颯爽と川を走っておる!

救命胴衣で更に着ぶくれて、いざ出陣!

・・・・・。
・・・・・。
・・・・・。
まさにエキサイティング!

とりあえず水しぶきが凄い。
水が「かかる」なんて、生ぬるい。
もはや、水が「刺さる」。
ばちーんって音がして、すんげえ痛いの。涙

ジェットボード体験後は、クイーンズタウンに戻ってプラプラ。

店が立ち並ぶストリートに突然出現するお化け屋敷。
さすがというか、なんというか。

湖畔ではマーケットが開催されていました。

美味しそうな形した石鹸。

カラフル!

歌うたいも。

まるで休日のような、和やかでゆったりとした昼下がりだったけど、普通に平日。

スタバでランチ。

ニューヨークではクミをsumに聞き間違えられるという前代未聞の屈辱を味わったけど、ニュージーランドでは無事、聞き取って貰えた!笑

ランチの後は、クイーンズタウン名物、skyline!



近くには、ニュージーランドの国鳥kiwiと触れ合える施設もあった。


かわいい入口。



赤ちゃんでも触れる気しないので、入園は断念。

気を取り直して、skylineでゴンドラ。

自転車も積める!

超急斜面をかなり長い距離のぼるので、それなりにスリリング。

クイーンズタウンの風景がどんどん下がってく。

たまーにALLBLACKS仕様の黒のかっこいい車体もあったけど、概ね白。


登った先には、カラフルな世界地図。

近づいてみると…ジェリービーンズ!


「ロードオブザビーンズ」

手元には指輪じゃなくて、ビーンズ!


昔のゴンドラ。アップル型でラブリー!

展望エリア、見晴らし最高!

パノラマじゃないから収まりきらない雄大な風景。


そりゃ飛びたくもなるよね。

次から次へと飛行者が。この世で一番、爽快そう。

一人くらい湖に着地してるんじゃなかろーか。


skyline名物の、LUGE!

入り口には専用のメット置き場。

いざ、エントリー!

専用のリフト。

人も運ぶし、LUGEも運ぶ、働き者リフト。

リフトでのぼって、LUGEで滑っておりてくる。要はゲレンデの要領。

コースが見えてきたー!

たのしそー!

ようは、手動ゴーカートのような感じで、ちょっとコツがいるけど、それさえ掴めたら何度も乗りたくなるくらい、めっちゃ楽しー。

先程の展望スペースよりも更なる高みにあるコース。もちのろんで、見晴らし絶好。

一回乗ると、ハンコを押される。
これがあると、上級コースにも行ける権限が与えられます。

LUGEも景色も大いに堪能し、再び下界。

まだ飛んでらー。


星型の看板がかわゆい。


ついつい忘れそうなるけど、ここは秋島。


ロードオブザリングショップ。
ちょっと分かり辛い場所にあったけど、見つけ出したぜ。

クイーンズタウンに来たら、ここに行け!的、人気ショップ「ファグバーガー」

このおっさんが目印。

16時台だというのに、この並びぶり。

ちなみに営業時間は朝8時~早朝5時という、なかなかの頑張り屋。

調べでは日本語メニューも用意してくれてるとのことで安心しきってたのに、日本語メニューが紛失していたようで、店員さんが一生懸命探してくれたけど見つからず。
具材もソースも種類が豊富なのに、日本語メニューがなくてどーする!?と困っていたら、調理場から日本人スタッフ召喚。
助かったー!

オーダーしてからも、噂どーりだいぶ待ったけど、どうにか無事ありつけた、ちょっぴり早い晩御飯。

白身魚のバーガーにしました。
覚悟はしてたけど、やはりボリューミー!
半分にしてようやく普通のハンバーガー1個分でした。

4日目の朝。
人気のカフェでモーニングにトライするも、なかなか配膳されず、予定の時間もあって断念し、コンビニでマフィン調達。

チョコバナナマフィンのバナナ部分がまさかのバナナ型砂糖菓子という斬新さ。

4日目は安心の日本人ガイドさんのツアー。

ニュージーランドは右ハンドルなので、日本人的には運転しやすい。
海外のライセンスある方はレンタカーで旅するのもアリですね。

日本ではお目にかかれない系の自然風景が続く。

ポプラ並木。すてき。

フルーツの街、クロムウェル!

フルーツのオブジェがかわいい。


ガイドさんが教えてくれた、毛刈りが嫌で逃げ出して、6年間山を彷徨い続けたひつじ、シュレックくん。
その豊満なボディにやられ、思わず画像漁っちゃったわよう!

念願のテカポ湖ー!


星空観測でも有名なテカポ。

今回はスケジュールの都合で無理でしたが、いつかはテカポで星空観てみたい。
ちなみに、この一週間前はオーロラが観測されたらしい。
そーか!オーロラはニュージーランドで観るという手もあるのかー!

街は星空に配慮して、街灯のカサは全部下向き。


テカポでのランチは、名物サーモン丼。

アボカドも付けちゃいました♡

レストランから臨む、善き羊飼いの教会とテカポ湖。


ヨーロッパで色んな教会に行ったけど、ここの教会の雰囲気は良い意味でかなり異色。


この光景。恍惚のため息しか出ない。


裏からみると、こんな感じでした。この窓の存在がこの教会のすべて。


湖のそばまで行ってみたら、強風すぎて飛ばされるかと思った。


ニュージーランドに来てから、置き物みたいなひつじは腐る程見たが、置き物のひつじは初めまして。


青いのは、テカポだけじゃなかったという事実。

テカポで散々「青っ!」って言ってたら、プカキ湖もしっかり青かった。
なにもテカポだけが特別じゃない。
これはもう完全にガイドブック情報の陰謀だー。

夏色と秋色のコラボレーションやー。


サーモンの養殖場に立ち寄って、サーモンに餌やり。


この洗面台、戸惑った!
流し台部分が平面で、最初は洗面台と思わなかった(笑)

クイーンズタウンに再び戻るとすっかり夜。
駆け込みで、クイーンズタウンに来たら、ここに行け!的人気ショップその2のパタゴニアチョコレートへ。

湖畔にあるので、明るい時間にテラス席に座るのが湖が臨めておすすめ!
しかしもうスケジュール的にそんなことは言ってられなかった。
チョコレート屋さんですが、アイスクリームが人気!

ハニーポーキー味。くそ甘、くそ旨!

クイーンズタウンに来たら、ここに行け!的人気ショップその3も紹介しておく。

ニュージーランドの老舗クッキーメーカー、cookietimeの直営ショップ。
昨年、日本にも初上陸したそうで、この赤いキャラクターがインパクトあって可愛い。
無添加・無着色のオーガニッククッキーということで、お土産にもオススメ!

クイーンズタウン最後の朝食は、ゴールデンキウイ!

劇的美味。
ジューシー過ぎて、びっくりした。
今まで食べたキウイの中で断トツに美味かった。
なんつーか、キウイの概念が完全に変わってしまったくらい、美味かった。
もう、たぶん日本でキウイ食べれないわ、これ。

お世話になりました!ハカロッジのroom12!


名残惜しさいっぱいで、さらばクイーンズタウン!

きっとまた来るよ。

(つづく)














御朱印ガールデビュー!~伏見稲荷大社~

去る五月某日。
御朱印ガール、はじめました。

実は今週末から一週間、関東~仙台~札幌を一週間で巡る、
ボールパーク巡礼の旅を予定していて、
まぁ要はプロ野球団の本拠地を転々としていく旅なんだけども、
この旅の企画が持ち上がった時、真っ先にポチったのがプロ野球名鑑ではなく、これら。

御朱印帳(神社用)、日本100名城本、御朱印帳(寺用)

で、東京でそれぞれ明治神宮、江戸城跡、増上寺でこれらのデビューを果たすつもりだったのですが。
買ってしまった以上はどうにも我慢できなくなり、そのうずうずがピークを迎えた結果…
気がついたら伏見稲荷大社に来ておりました。

実は初めて来たけど、最寄り駅からもすぐだし、すぐそばに無料の駐車場もあるし、思ってた以上にアクセス良好なのね。

平日だったけど、学生と外国人を筆頭に観光客だらけでした。


うむ。
御朱印ガールデビューに京都観光人気ナンバー1の伏見稲荷大社。
相手にとって不足なし!(何様)

名物の千本鳥居の始まり。

しかし、間違えなく千本以上余裕であったよ、あれ。


絵馬が流石の狐型。


願い事をしながら持ち上げる「おもかる石」
その重さが、願い成就の難易度に比例するというもので、持ち上げてみましたが、しっかり重かった…。


稲荷大神。


鳥居の隙間からこぼれる陽の光の様に神秘さを感じながら
「例えこの先が異界に通じていても、何ら不思議ではないな…!」
なんて思いつつ、神さまだらけの稲荷山を登りました。
もはや参拝というより登山だよ!と聞いておりましたが、確かに。

しかし、登りきった後の達成感はなかなかのもの!

でも見晴らしは、山頂じゃなくて途中の休憩所のところの方が良い。

ちょっと怖いもの見たさ感覚で気になっていた伏見名物すずめの丸焼きは遭遇できなかったけど、お天気良かったし、念願の御朱印ガールデビューも果たし、よきお参りでした。

さて。
御朱印ガールデビューに伴って、久しぶりにブログのカテゴリに新しい仲間が増えました。
名付けて「御朱印・名城スタンプ」カテゴリ。
良心的な御朱印サイトでは必ずや、「御朱印とは参拝の証しなので、コレクター魂に火がついて本来の趣旨を見失わないように」的お達しがありますが、勿論それは重々理解しているつもりだし、参拝もせずに御朱印だけ貰うなんてもっての外だとも思いますが、同時に根っからの収集家気質かつ筋金入りのミーハー精神が存在しているので、神社仏閣への造詣深さ等は期待しないでくださいなー。
そゆのは、そゆのに精通したサイトを巡ってくれ。
で、実は伏見稲荷大社だけでは事足りず、城とお寺も五月某日にデビューしてきた。
また小出しで披露します!

Autumn in NZ①~オータム イン NY はクソ映画でしたが、オータム イン NZ は最高でした~

もう一ヶ月以上も昔の話になりますが…
世間より、ちょっぴり早めのゴールデンウィークを取って、行ってきました!
ニュージーランド!
向こうは南半球ということで、現在、秋真っ盛り。
こっちは春なので、夏を飛び越えて秋にワープした感じ。
大好きな秋が今年は2回も味わえる。実に幸せである。

今迄、関空からしか日本を脱出したことなかったけど、今回は初の成田。
飛行機は初のニュージーランド航空。
成田空港より関空の方がダイソーがあって便利ですな。(国際線のある空港には、必ずダイソーはあるもんだと思ってて、痛い目に遭った)
ニュージーランド航空は、昨年もエアラインオブザイヤーを獲った評判の航空会社ということで、いつぞやに某アジア航空を使った時とは対照的な安心のフライトとなりました。
個人的にニュージーランド航空のナイスポイントは3つ。

1、機体がかっこいい。

2、添乗員さんの制服が可愛い

3、機内安全ビデオ(セーフティビデオ)が凝っている

1に関しては、黒×白という色使いがね。シンプルながら、かっこいい!

2は紫・緑・青と三色の色違いを見かけたけど、どれも漏れなく可愛かった。

3は流石ニュージーランド航空といいましょうか。
舞台は中つ国で、オークやエルフなんかも出てきて、イライジャウッドやピータージャクソン監督まで出てくる豪華さ!

楽しくて思わず何度もリピートして見てしまいました。

成田からオークランド経由で、まずはクイーンズタウン!

到着して第一声は「雲、低っ!」でした。
少し肌寒かったけど、晴れ渡った青空と爽快な風が、わたしの気持ちを高ぶらせ、バスでクイーンズタウンの繁華街に来ると、街並みの可愛らしさにテンションMAX。
あの時の高揚感は一生忘れないだろう!
海外の街としては、ニューヨーク、ホノルルと並んで大好きな場所になった。

何せ、クイーンズタウンが気に入り過ぎて、思わずクイーンズタウンが描かれたこの可愛い絵を衝動買いしちゃったくらいです。

クイーンズタウンとはお天気との相性もよく、一週早ければ雪、一週遅ければ雨に見舞われてたんだけども、ちょうど間の晴れの日々に訪れることができた。
まぁクイーンズタウン宿泊中にクイーンズタウンで過ごした日は半分しかなく、他の観光地へ足伸ばしたりもしてたので、晴天の恩恵を受けれた日は限られてたけど。

1日目は、クイーンズタウンの街をぷらぷら。

お店は本当にこじんまりとした一角に立ち並ぶので大変練り歩き易く、そばには湖、周りを見渡せば山、と自然も豊かで本当に気持ち良かった。晴れてたしね!

メインストリート沿いに小さな公園があったり。憩い。

さすがラグビー大国!
グランド感覚でラグビー場が。

ニュージーランドの紅葉は、概ね黄色。

夜は急遽、星空観測。
昼間は少し肌寒いくらいで、ヒートテックの上に薄手の長袖にワンピース来て、その上に薄手の羽織りものというスタイルでしたが、中にフリースのタートルネックを加え、薄手の羽織りものから厚手のブルゾンにチェンジし、足元も二重履きに長靴という防寒策で臨んだけど、めちゃくちゃ寒かった!

素人の腕にコンデジでは、星空を撮るのは到底無理でしたが、天文屋さんが自前の望遠鏡越しに撮ってくれました。

木星!ジュピター!まこちゃん!

土星!サターン!ほたるちゃん!

2日目はミルフォードサウンド。
前日に天文屋さんが「明日のミルフォードサウンドは、天候大丈夫!」と太鼓判を押してくれていたものの、ちょっぴり降られちゃいました。
でも、「雨のミルフォードサウンド」って言いますしね。


昨日から、引き続いての「雲、低っ!」


ミラーレイク。

んー、正直、USJのハリーポッターのところで撮った、ポグワーズ城と湖(池?)の時の方がよっぽど素敵なミラーぶりだったので、ちょっとガッカリ。


この川の水、飲めるらしい。
確かに澄んではいたけど、皆ふつーに土足で入水しちゃってたので、飲む勇気はなかった。


乗船して、ミルフォードサウンドツアー本編。


最初小雨ってたけど、ちょっとずつ晴れ間が。


雲の切れ間から差し込む光が何とも神秘的。


相変わらずの雲の低さ。

安定の低さ。

ミルフォードサウンドツアーの目玉!

限りなくギリギリまで滝に近づく 試み。

もう、まともに立ってらんない!

薄っすらと虹が!

小雨、許す。


(つづく)
05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: