本厄ボス

2015年も残りあと僅か数時間。
今年は何と言っても本厄で、当初からビビりまくって迎えた一年でしたが。
わたしの元に本厄ボスが降臨したのは、退職したり、短髪にしたり、転職活動したり、旅行行ったり、今年イチ慌ただしかった7月のこと。

周りのお姉様方は大概「本厄は色々あったわー!」とか言うくせに、肝心の色々については何も教えてくれなかったりするけど、その気持ちが何となく分かった。
振り返りたくないんだわ。
でもわたしはマックスレベルの本厄と対峙してみて、振り返りたくない気持ちもあるけど、それ以上にこの気持ちを吐き出さずにはいられない。
だって何かもう耐えられない。

何があったのかと申しますと。

かつては親友だと思っていた友人が、結婚したらしいんです。
まぁ別にそれは喜ばしいことなので全然いいんですけどね。
本人から直接の連絡がなかったのはめちゃくちゃ残念ではあったけど、本当に幸せになって欲しいと思える大切な友人だったので、ゴールインできたことはとってもめでたいことだと思うんですよ。

でも問題はここからで。

その友人にSNS上で、ブロックされていたことが判明したのです。

驚かなかった訳じゃないし、
ムカつかなかった訳じゃないけども、
それよりもなによりも。

泣きました。

嗚咽が出るほど泣きじゃくり!ってわけではないけど、悲しくて涙がポロポロ出た。
色んな気持ちがこみ上げたけど、悲しみが一番強かった。
あんなに仲良しだったのに、もう元には戻れないんだなぁという事実を悟って、涙が出た。

実際にいつからブロックされてたのかは謎だし、できれば知りたくなかった事実だけど、知ってしまった以上は、もう以前のような関係には戻れない。
そもそも向こうにとってはとっくに要らない友人となっていたわけだし。

確かにSNS上で彼女のアカウントを見かけなくなったことには気づいてたんですよ。
でもそうゆうとこ鈍感なんで、単に彼女がアカウントを削除したもんだと思ってたから、まさか自分がブロックされていたなんてツユ程にも思わなかった。
でも、ある日おや…?って思うことがあって、いや…まさかな…と思いつつも確認したら、ブロックされている事象を目の当たりにしてしまい、頭の中が真っ白になりました。

しかしブロック機能というのは残酷だね。
ブロックをするということは、相手を排除することだと思うんだけど、もしその事実がその相手に知られたとしても別に構わないからできるんだろうし。
立場が逆で、もし自分がその相手にブロックされた側だったとしても別に全然平気だからこそ、できるんだろうし。

確実に言えることは、そこに愛はない。

どうでもいい相手だからこそできる。
そう思うと、今まで築き上げられた友情がガラガラと崩れ落ちる音が聞こえてきた。
まぁもう既に崩れていたのに、それに気づいていなかっただけだけど。

ブロック機能なんて自分では使ったことがないし、自分が誰かに使われるなんて想像だにしていなかった。
そもそも金銭トラブルとか、恋愛絡みの喧嘩など、よっぽど重大な事態が起こって初めて発動する機能だと思ってたから、こんないとも簡単に使われるなんて思ってもいなかった。

ブロック機能を紹介しているサイトでも
「相手を強く拒否する機能です。友達ではなく知り合いでもないようなユーザーならまだしも、オフラインで交流のある(あった)ユーザーをブロックしてしまうと、後々の人間関係に修復困難な問題を生じさせてしまうかもしれません。友達から削除する行為はブロックに比べたら弱い拒否感情を表す行動ですし、自分の投稿を閲覧されたくないだけの場合や自分のタイムラインへに投稿されたくないだけの場合には、そのように設定することも可能です。Facebookでは、ある程度柔軟に友達との距離感を変更できる設定が用意されているので、ブロックをしてしまう前に、まずはそれらの設定を活用してみることをオススメします。」

という風に書かれていた。

削除を上回る、最上級の拒否。
そう、わたしの存在は彼女に強く拒否されたのだ。
もう修復できる訳がない。

わたしがどんなにショックを受けるか承知の上でされたんだろうな~
むしろそれを狙ってやったなら、彼女が狙った以上のショックを受けているから、大成功だ。
でもそこまで恨まれる覚えはなくて、どっちかというとわたしが約束を破られたほうなので、わたしが怒ってブロックする方がまだ自然な流れなのにな~

そしてこんなことを書いてるサイトもあった。
「友達一人にブロックされたからと言ってあなたの長い人生から考えると大したことないです。
しょうもないブロックをするような友達よりも、なにも気にしないありのまま自分でいれる友達作りを始める方が、ブロックされているかを確認するよりよっぽどいいような気がします。」
もう確認しちゃったよ。遅いよ。
本当に知りたくなかった事実だけど、確かにこの人の言う通りだと思った。
ブロックって。
ほんましょうもないことされたもんや。
もし今後彼女の身に何か不幸が起こったら、絶対にこの罰や!バチ当たればええねん!と思うことにしたが、やはりすぐには立ち直れない。
でも、このままずっと落ち込み続けるわけにはいかない。
もう壊れてしまった友情をこのままずっとうじうじ思っていても何も始まらない。

今後は誰かのお葬式くらいのよっぽどの集まりがない限り、わたしが彼女に会うことはもう二度とないんだろうと思っている。
大好きな友人だったので、今はまだとってもショックだしとっても悲しいけれど、暫く傷は癒えないだろうけど、何年か後にこの日記を振り返ったときには「ああ~そんなこともあったよね~、あはは!」って笑えていることを切に願う。

実はこんなこと、ブログにぶちまけていいものか迷いました。
本当は夏に対峙した時点で、ここにぶちまけてしまおうとしたんだけど、何だかまだ事態を冷静に受け止めきれず、ちょっと一旦、落ち着こう、わたし…と、思い、とどまりました。
そして冷静に受け止めて、ようやく綴ることができました。
年の瀬を迎えてようやく。
よりによって今年最後の更新なのに…という気持ちもあるんだけど、この嫌な気持ちを吐き出さずじまいで新年に持ち越すのも嫌だし、まぁ本厄イヤーの締めらしくって、これはこれでいっか!と思うことにしました。

こうして本厄は乗り越えたので、来年はよい年になりますよーに!
ん、後厄?なにそれ?

3世代ディズニーのススメ

9月の話になりますが、父、母、妹、姪、甥と一緒にディズニーランドに行ってきました!
3世代ディズニー!
前々から姪と甥と一緒にディズニー行きたいな~って常々思っていたのですが、ついに念願叶ったり。
そしてディズニーに行くに当たって、ここ10年くらい毎年ディズニーリゾートに通っているわたしが、その経験を買われて参謀に抜擢。
今までで一番作戦立てて臨んだ気合いのディズニーとなりました。(というか普段は作戦なんて何もない)
もちろん全てが作戦どーりとはいかなかったけど、折角あれこれと考えたので、反省点も含めて記録として残しておこうと思う。
検索で偶然ココに辿り着いた3世代ディズニーを予定している方に対して少しでも役立つものが残せたら、本望です。
というわけで、旅行記というよりは、様々な角度から3世代ディズニー旅を分析していこうと思います!

○3世代構成
父と母が50代半ば。
わたしと妹はアラサー(妹はギリ20代)
そしてここが肝心ですね!
姪が(6歳を控えた)5歳。つまり、年長さん。
甥が(4歳を控えた)3歳。つまり、年少さん。
ひとくちに3世代と言っても、組み合わせの年代によってはあまり参考にはならないかもしれないので、ご注意ください。
親が定年は迎えていない世代で、子は小学校に入っていない幼児。
つまり、親はまだまだ足腰も丈夫で元気!健康!
子どもは乗り物にやや制約がある。
このへんを踏まえて、参考にして頂ければ。
ちなみに幼児は甥がベストタイミングで、3歳までは入場無料で、でももうすぐ4歳を迎えるギリギリ3歳なので、乗れる乗り物も思ってたより多かった。
故にお得大好きな関西人としては、未就学を連れて行くなら4歳目前の3歳がオススメ!

○日程・アクセス
日程は二泊三日。
1日目がシー、2日目がランド、3日目がソラマチ&浅草。
やはり折角行くならシーもランドも堪能すべきだろう!ってことで。
で、子ども向けの乗り物が多いランドを丸一日遊べる2日目に持ってきました。
9月頭の平日で、まだハロウィンのイベント始まる前だし、小学生の夏休み終わってるし、空いてるかと思いきや、大学生とかは普通にまだ休みだし、ちょっと考えは甘かったです。
ディズニーのリサーチサイトによると、混雑具合は普通の平日レベルの日でした。
アクセスは神戸空港から飛行機で。
時間が短くて済むのが決め手だったんだけど、姪が着陸時、耳が痛くて泣き喚いていたので、ちょっと可哀想だった。
甥は平気そうだったんだけど。
まぁ着いたらケロッとしてたけどね。
もう1つ新幹線も候補だったんだけど、ディズニーシーのトイストーリーマニアのファストパスは開場1時間が勝負ということを昨年学んだので、悠長に新幹線で行ってる場合ではないと、却下になりました。
反省…というか、もし飛行機使って朝イチディズニーを計画してる人へのアドバイスとしては、飛行機はJTBとかを通して、シャトルバスの時間指定券を予めゲットしておくことをオススメします!
飛行機がちょっと早めに空港入りしてラッキー!と思ったのも束の間、バスの券が3本先の時間のしか買えず、バス待ちで時間ロス。
しかも、同じ時間のバスで一気にチケットを購入できず、2人と4人に分かれて乗り込む羽目になってしまった…
先発のバスに乗ったわたしと母で、先に荷物預けて入園して、何とか無事にトイストーリーマニアのファストパスはゲットしたけど、バス待ちのロス具合によってはファストパス終了してたかもしれないので、もしトイストーリーマニアのファストパスを手に入れたいなら、シャトルバスの時間指定券を予めゲットしておくのは、ひとつの手だと思う。
もしくは空港着いた途端、代表者が頑張ってダッシュして、一本でも早いバスの券を購入することをオススメする。
ふ~着いた着いた…と、ちんたらトイレ行ったりしてたら、後で泣きを見るかもしれない。
あと、入園したら真っ先にトイストーリーマニアへ向かいましょう。
ここも景観とかに気を取られてちんたらしてたら、ファストパス終了します。
ほんとにもう、トイストーリー人気を舐めちゃダメ!(昨年痛い目あった人)
ただ、ランドのバスライトイヤーのアトラクションは頑張ったら2回ファストパス取れたりするので、そんなに重視しなくてもいいと思う(ただし、平日の話な!)。

○宿
オフィシャルホテルかパートナーホテルか悩んだ末、最終的にパートナーホテルの三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに宿泊。
決め手はズバリ、大浴場の存在!
大人数なので、サクッと一気に入れるというのも勿論大事なんだけど、やはりディズニー疲れを癒すには、部屋のせせこましい風呂では限度がある!
というわけで、大浴場があるホテルに絞って探しました。
これはマジで大正解だった。
おかげでしっかり体が休まりました。

○チケット
今回初めて、事前にディズニーストアで買って行きました!
というかお恥ずかしながら、ディズニーリゾートで直接買った時と同様のキャラクターの載ってるチケットが、ディズニーストアであれば事前に買えるという事実を今回初めて知った。
チケットはコンパクトだし可愛いし、絶対あのカードタイプのディズニーオリジナルチケット台紙のがいいんだけど、事前でコンビニ発券しちゃうと普通のチケットタイプだし、送って貰うと送料かかるし…と思っていたら、まさかのディズニーストア技があったとは!
そのままチケットブースに並ばずに入れるし、今後はディズニーストアを利用していこうと思います。

○園内ルール
とりあえず一番心がけたのは「無駄な歩きをしない」ということ。
毎年ディズニーリゾート行っては果てしなく疲れるんだけど、振り返ってみると無駄な移動が多い!
いつもは特に何も考えず、思いつくままに移動してるのが原因だと思い、今回は無駄な動きが生じないよう、綿密に移動ルートを考えました。
とりあえず、同じエリア内で乗る乗り物を片付ける!
例えばランドなら、モンスターズインク→イッツアスモールワールド→バズライトイヤー→ピーターパン…みたいな感じで、ただただ並びたくないという理由で、空いてるのとファストパス優先でエリア跨いで行ったり来たりしてると、それなりに近いエリア間の移動とはいえ、大変無駄な動きが多くなってしまう。
トゥモローランドに行ったらトゥモローランド内で、ファンタジーランドに行ったらファンタジーランド内で極力アトラクションをハシゴする!
なるべくエリア間の移動は避ける!
まぁファストパスは時間指定があるから仕方ないけど、それ以外ではエリア間移動を出来る限り避けました。
結果、いつもより疲れがマシだった!
まぁ、子連れということもあったので、いつものように閉園ギリギリまで遊ぶということもなかったので、それも大きかったかもしれないけど。
あと、普段は見向きもしてなかったショーとかパレードとかも結構見たなぁ。
シーの夜のショーは初めてちゃんと観たんだけど、すっげー良かった!
夜といえばランドのマッピングが今は一番人気で、今回は残念ながら整理券当たらなかったので観るのを諦めたけど、シーのショーもすっげー良いので、マッピングは運が物を言うけどシーは皆平等なので、絶対観ることをオススメします。
あと、シーは移動手段に船を利用するのもオススメ!
子どもも喜ぶし、シーはまじで広いから、座って運んでもらえるのは、何気に快適。

○お気に入りアトラクション
シーもランドもゲットしたファストパスは4~5枚くらい。
シーは甥が一部身長制限で乗れない乗り物もあったけど、ランドは全部クリア!
姪の方は子ども用のコースターじゃ物足りず、大人用のコースター(ビッグサンダーマウンテン)が大層気に入っていた。
ビッグサンダーマウンテンは泣きべそかいた甥でしたが、スプラッシュマウンテンはセーフでした。
なので、もし怖がる子どもとスリル系を楽しむなら、スプラッシュマウンテンがいいかも。
最後以外は、動物とか出てきてカントリー音楽流れて、ほのぼの系だしね。
姪と甥、揃って反応が良かったのは、プーさん、モンスターズインク、トイストーリーかなぁ。(まぁ後ろ2つはもともと作品が好きというのがデカイ)
大人が酔う中、子どもらが「もっかい!」と催促したのは、スターツアーズ。
まぁこれもスターウォーズ好きなのもデカイか。
大人に好評だったのは、フィルハーマジックと、マーメイドラグーンシアター。
足休めに入るなら、この2つはマストです。
個人的にはマジックランプシアターも好き。
逆に不評だったのは、海底二万マイル、カリブの海賊かな。
どっちも足休めで入ったけど、微妙な反応でした。
並んでまで入ることはないかも。

○グリーティング
ディズニーランドに来たのにミッキーに会わないという愚行に至ったのは今回が初めてで、今旅最大の反省点。
ランドでは入園後、まずモンスターズインクのファストパスをゲットして、そのままプーさんのハニーハントというルートを組んだんだけど、結果的にモンスターズインクのファストパスをゲットしたあとは、ミートミッキーに行くべきでした。
プーさんのハニーハントは後でファストパス頼みにすれば良かった!
このハニーハントvsミートミッキーは、永遠の課題だわ…
ハニーハントが思いのほか早くファストパスが終わってしまうパターンとか、
まさかのハニーハントが休止中とか、それなりに色々な経験を積んだので、
わたしの中のディズニーの掟に、動いているならハニーハントはマスト!
というのがあって、今回は特に絶対子どもらが楽しめるだろうし、一番最初に楽しいアトラクションに乗ることで、一気にテンションを上げてもらうという作戦を優先してしまったゆえに「ミッキーに会う」というディズニーランドのたしなみを疎かにしてしまった。
結局、どこかのタイミングで行こう…と思うも、朝から晩まで終始そこそこの並びっぷりで、最後まで会えず仕舞いでした。悲劇!
もしもリベンジできるなら、次回は絶対にミートミッキー優先します!
不幸中の幸いは、シーでミニーちゃんとグーフィーとは一緒に写真を撮れたことかな。
やっぱディズニーリゾートに来たからには、キャラクターたちと一緒に写真撮ってなんぼでしょう!


以上。
もっと旅行直後に書けば、濃厚な情報を提供できたかもなんですが、もう3ヶ月以上も前のことなので、記憶をたどり寄せながら書いたので、なんか自分自身、もっと他にも残しておくべき情報があったかもしれない…と思ってしまう。
もし何か新たに思い出したら、追記・編集いたします!

芸術の神戸

この秋の神戸は2年に一度のビエンナーレイヤーだったので、
ビエンナーレ神戸と六甲芸術散歩がバッティングした上、
新長田では下町芸術祭もやっていて、まさに芸術の神戸でした。
更にKIITOではmt博もやっていて、もう忙しかった!
堪能度に差はあれど、一応ひと通りは行ってきました。

○六甲芸術散歩










今年は、六甲芸術散歩に行ったと言うよりは、
カンツリーハウスに行ったついでに六甲芸術散歩作品も観て来たって感覚。
カンツリーハウス自体は毎年六甲芸術散歩で来てるけど、
こんなにちゃんと遊ぶことはなかったので、新鮮でした。
お天気も良かったし、ソリ滑りとか爽快だった!
あと、カンツリーハウスからリフトでガーデンテラスに行き、
ガーデンテラスからは抜け道?みたいな道使ってカンツリーハウスに戻り、
この道順も初めてで新鮮だったなぁ。
きっとわたしが知らない六甲山はまだまだあるんだろう。
そういえば最近神戸空港に行った時、展望スペースに解説板があって知ったんだけど、
右から六甲山、摩耶山、再度山、菊水山、高取山、横尾山と並んでた。
正直、32年も神戸で暮らしてて、菊水山なんて知らなかった。
あとは、聞いたことはあるけど、並びまではちゃんとは知らなかった。
神戸は山と海の街なのに、これくらいちゃんと知っておかんと、神戸市民として恥だな…と、反省しました。


○ビエンナーレ神戸












メリケンパークと東遊園地の有料施設にターゲットを絞って行って参りました。
兵庫県立美術館はアニメ文化の展示っぽく、あまり興味がなかったので割愛。
途中、元町のカフェでお茶したりしつつ、マイペースに楽しめたので良かったです。
あと、今年は初めて日没から開場する東遊園地会場が導入されましたが、個人的にはとっても気に入りました!
夜からということで、日中では楽しめない光を使ったアートとかがいっぱいあって、雰囲気あった。
東遊園地という場所も、何で今までやらなかったんだろう!?って思えるくらい、ナイスロケーション!
ポーアイとかでやってた頃はどうしてもアクセスが不便だったけど、
メリケンパーク~東遊園地って、ちょーどいい距離間!
乗り物使わずに歩いて行けるし、程よくぷらぷらして神戸の街を堪能しながら行けるし、これは今後も採用して欲しい会場だわ。


○下町芸術祭











ビエンナーレ神戸行った時に置いてたチラシで存在を知ったんだけど、それに使われてる写真が凄い良かった!
仕事帰りに行ったので、商店街と地域人材支援センターしか行けなかったのが残念でした。
本当は古民家の方とかも行きたかったー
それにしても神戸市立地域人材支援センターはホンマええ場所やなぁ。
作品関係なく、あの校舎の雰囲気だけでも十分楽しい!童心に帰れる!


○mt博










名古屋に住んでる友人がFacebookでマスキングテープカーテンの写真をアップしてて、何それー!?って反応してたら、まさかの神戸でやってるイベントでした。
それが、mt博@神戸!
マスキングテープ自体は去年くらいからわたしも遅ればせながら収集していたので、これは行かねば!と、使命感にも似た感覚で行ってきました。
会場は、KIITO!
これまでにもいっぱいわたしの興味を惹くイベントやってたので存在は知っておりましたが、実際に足を踏み入れたのは今回が初めて。
外観からして素敵な建物だなぁと思ってたけど、内観も案の定、素敵でございました。
予定が控えていたゆえに時間が限られていたので、ワークショップには一切参加せず、ある程度写メったら、購入するマスキングテープハントに全残り時間を投入。
クリスマスとか可愛いの色々あったけど、最終的には限定商品に絞って何点か購入。
ショッピングバッグも可愛いかった♡満足♡

フルムーン・クリスマス!

メリークリスマス!
今日は38年ぶりの満月のクリスマス。

今年のクリスマスが満月なのは手帳に載ってたから前から知ってたけど、
それが38年ぶりっつーのは今日初めて知りました。
つまり、わたしが生まれてからは初めてのフルムーンクリスマス!貴重!
ただ、そんな貴重なクリスマスナイトもしっかりがっつり仕事やったけどね…
次のフルムーンクリスマスは19年後だそうです。
おおう…50代入りしておるな…
今からは想像もつかないけど、今、煩わしいと思ってることからは全部解放されて、案外楽しく生きてるかもしんない。

ちなみに姪と甥への今年のクリスマスプレゼントは、これにしました。


姪に「ソフィアとレイア姫どっちが好き?」と訊いたら、「レイア姫!」と答えた。
甥がちょうど作中のルークと同じ4才。
この2つが重なって「ええーい!お揃いでこのシリーズでええわい!」と、なりました。

しかしまぁスターウォーズの新作公開が無くても、わたしの姪と甥になった以上、洗脳される運命にはあったわけだけど、新作公開に伴って各店でグッズコーナーが展開されプレゼントの選択肢が大いに広がったという点で、スターウォーズフィーバー万歳ですね。

でも、クリスマス用のブーツとかBOXとかのお菓子の詰め合わせギフトにスターウォーズ商品が見当たらなくて、妥協の妖怪ウォッチにしたら「え~!スターウォーズが良かったなぁ!」と甥に思い切り不満を言われてしまった。
おばの想定の上を行く洗脳ぶり!


さて。
先日、昔一緒に働いてた仲間と2年ぶりに集まりました。
実は去年も集まり自体はあったんだけど、
わたしは行けなかったので、わたしだけが2年ぶりだったんだけど(笑)
いや~、相当、楽しかった‼︎
今年一番楽しい集まりだったかもしれない。
やっぱこのメンツ、最高だわ。

学生時代のアルバイトも含め、今迄色んな人たちと一緒に仕事をしてきたけど、
もう一度同じメンバーで働けるのなら、間違えなくこの人たちと働きたい!
もう、わたしの中でベストメンバー!

嬉しかったのが、今回集まった内の一人が嬉々と放ったこの一言。
「今日の集まりはもうホンマにむちゃくちゃ楽しみにしててん!」
もう心の底からMe tooooooooooooooooo‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎と叫びました。

やっぱり自分も好きで、相手も好きで。
そうゆう関係が、より良い関係を生むんだなぁと思った。

去年はやむを得ず欠席しちゃったけど、
やはり、今後も大事にしていきたい集まりだわ!と、改めて思えたので、
そんなしょっちゅう集まるのは難しいと思うけど、
最低年1ペースでは、これからも集合できたらええなぁ。

絶望を迎えるまで

夏頃は先の見通しが全く立たない毎日に、今年は割と長いな…なんて思っていたのに、 気がつけば今年も残り数日。
今年はニュージーランド行ったり、球場巡礼したり、転職もしたし、トピックスを並べるとそれなりに濃い年なはずなんだけど、何だろう、この心に空いたポッカリ感。

色々と大切なものを失ったような喪失感と虚無感。
いや、実際失ってる。

今、踏ん張っているこの地点に辿り着くまで無数の枝分かれした道を経てきて、
それをいざ振り返ってみたとき、
もしも春前のあの日、全く逆の答えを口にしていたら…とか、
もしも去年のあの日、あのLINEを送らなかったら…とか、
もしも5年前のあのとき、あのメールに返信をしていたら…とか、
もしも10年前のあのとき、あの約束を破っていれば…とか、
今更そうしようもないことは痛いくらいに分かっているけれど、それでもやっぱり色んな「もしも」がでてくる。
その「もしも」の地点に戻れたとしたら、今のわたしは多分その「もしも」の方を選ぶと思う。
そりゃあそれを選んだことによって、今以上の悲惨な現状が待っている可能性があることだって十分に覚悟しているつもりだけど、それでもここまでの道のりとは違う道を選ぶのは、今のこの地点に満足していないからなんだろう。

ポジティブなときは、わたしの人生、十分幸せだ!と思える時もある。
世界中には色んな境遇の人がいることを思うと、間違えなく幸せな部類だろう。

しかしひとたび気を抜くと、ネガティヴな思考がやってきて、わたしの今迄の人生を一言で表すならば、「情けない」に尽きるなと思う。
まぁつまり平たく言うと、情緒不安定で間違えないな。

毎日、色んな不安と戦っている。
誰かに助けを求めれば、もう少し気持ちがラクになることは知っている。
それでもわたしは誰にも助けを求めない。
だから誰もわたしを助けない。

いじめられて自殺しちゃう子がいる。
誰かに相談できないから自殺を選んだのに、みんなは簡単に「誰かに相談できてたら、何かが違ったのかもしれない」っていう。

闇は深い。
ぶくぶくと闇の中にゆっくりと堕ちてゆく。
自分のこの魂が尽きれば、この闇から解放されるのだろうか。

誰か。
何か。
今はただただ、この底知れぬ闇の中で、光が現れるのを、ただただ息を潜めてじっと待っている。
絶望を迎えるまで。








女の子市民ブログ邦楽チャート2015

今年はそれなりにJーPOP聴いたので、
チャートが作れちゃったYO!

①長く短い祭/椎名林檎
これは初めて聴いたのがMステだったんだけど、
聴いた瞬間に、「あ、今年ナンバー1キター」!と、直感しました。
音的にも浮雲さんがいる時点でも、
「ちょー事変っぽいな」と思っていたら、
最後らへんに能動的三分間(だいすき!)のフレーズが盛り込まれてて、
「もう事変と言って、なんら問題ないな」ってなった。

②もんだいガール/きゃりーぱみゅぱみゅ
こんなに好きになったきゃりーぱみゅぱみゅの曲は初めて。
ひとえに「問題のあるレストラン」効果と言えよう。
もー、本当にあのドラマ好きだった!
今年のドラマランキング作るなら、第2位です!(1位は民王)
この曲はただただ可愛い感じの世界観を歌ってるイメージしかなかった彼女の曲にしては、歌詞が攻撃的なのが気に入っている。
「だれかを責めるときには「みんなとちがう」というけど
毎回「みんな」にあてはまる そんなやつなんているのかよ」
この出だし、最高!

③新宝島/サカナクション
つい先日までは、8位くらいに落ち着きそうだったんだけど、
この間カラオケで歌って、一気に3位までジャンプアップ!
歌って楽しい曲は、強い。
ちなみにサカナクションは、ライブ行ってみたいアーティストランキングもじわじわ順位を上げてきている。
歌って踊って、絶対たのしー!

④Mega Shake it/キュウソネコカミ
サカナクションの頑張りがなかったら、まさかのベスト3入りを果たすところであった!
ラジオや有線でもかかりまくってた印象だけど、完全に洗脳された。
でも、正直、クセになる曲!
家 家 家 家 ハウスミュージック~♪
のところは、まじで「そーくるか!参った!」と思った。
でも今思ったけど、これカラオケで歌ったら気持ちよさそーだな。
そうなったらまたサカナクション抜いて3位返り咲くかもな。

⑤Hold me, Hold you /JUJU
JUJUの曲で初めて「この曲、良い!」って思いました。
優しいアコギで紡がれるメロディが実に心地よくって、だいぶ好き。
彼女って、こてこてバラードのイメージしかなくて、バラード嫌いのわたしとしては
どーも苦手意識のある歌姫だったけど、この曲でだいぶ印象が変わった。
こんな軽やかな曲調でも歌うんだー!って、意外だった。
ちなみに「娚の一生」は映画じゃなくて、漫画を読みたい!

⑥Summer Madness/三代目J Soul brothers
去年一世を風靡したリュウセイバブルが未だに続いてる三代目JSBですが、
確かにダンスに関してはランニングマンのインパクトはどーにも超えれなかったけれど、
曲だけでいくと、こっちの方がいいと思うんだけどなー。
こっちのが夏に合ってる。
あと、ANAのタイアップのイメージがあるのも影響してるとは思うんだけど、単純に海外に行く機内の中で聴きたいと思える、フライトソングだわ!
車や電車じゃなくて、飛行機で聴きたい曲!
このフライトソングはわたしの中で他にあと2曲あって、
それはずばり篠原涼子の「Lady Generation」と、鈴木あみの「love the island」である。

⑦SUN/星野源
新曲の「WEEKEND」の方が曲の好みとしてはド・ストライクなんだけど、
「SUN」は、もう知らず知らずの内に口ずさんじゃうくらいにわたしの中で浸透してしまった。(ドラマは観ていない)
しかし「星野源って何か、曲の感じ変わったよな~」って思ってたら、
影響を受けたアーティストは「マイケルジャクソン」とテレビで言っていて、
「それは流石に変わりすぎじゃね?」って思ったのは多分わたしだけじゃないはず。

⑧sakura/嵐
嵐は「青空の下、キミのとなり」もサビが爽やかで好きだったけど、ドラマを観ていた分、こっちのが耳に馴染んだかな。
嵐が出てないドラマで嵐が主題歌担当するのは、結構新鮮だったけど。
今年の嵐は「sakura」も「青空の下、キミのとなり」もかなり気に入ってたので、3年ぶりくらいに嵐イヤー到来か!?と思ったら、「愛を叫べ」でズッコケた。
他のジャニーズグループの曲ではよくあるんだけど、嵐の曲で苦笑いしたのは初めてかもしれない…
あの曲は、無い!

⑥star train/Perfume
もともとはダンスミュージックが好きなので、
Perfumeの曲ももっとノリノリなやつの方が好みなはずなんだけど、
この曲はうまく説明できないけど、何か訳もなく好き!
最近ダウンロードしたんだけど、だいぶ聴き込んでいる。
たぶん10年前のわたしの耳だったら、全くかすりもしなかっただろーなー
なんていうか、そうゆうお年頃ってことですね~
…と、言葉を濁してみたけど、要はトシですな。

⑩PLAYBACK/JUJU
Hold me, Hold youの後にまたこてこてバラードに戻ってたら、
わたしの中でのJUJUはそれまでだったけど、
お次がコレだったから、ますます印象はアップするばかり。
最新曲もノリノリな感じだったし、個人的にはこの路線で突き進んで欲しいなぁ。

以上、ベスト10!
サクッと出たぜ!

以下、おまけ。

11、WEEKEND/星野源
12、青空の下、キミのとなり/嵐
13、君のくれた夏/家入レオ
14、私以外私じゃないの/ゲスの極み乙女。
15、Girl A/[Alexandros]

グランドイリュージョン

これ、むちゃくちゃ面白かったーーー!
久しぶりにマイフェイバリット映画ランキングが更新されました!
昔、ロックストック&トゥースモーキングバレルズを観たときに感じた爽快感に近い。
とってもエキサイティングな映画であーる。
とにかくストーリーが個人的にツボ!
凄腕のマジシャンたちが集まり開催された大掛かりなマジックショーの中で、銀行強盗をやってのける。
各地で開催される彼らのマジックショー。
交差していく凄腕のマジシャン集団、それを追う警官たち、捜査に協力するマジックの見破り屋という人間模様。
派手なアクションも交えつつ、全ては凄腕マジシャンたちを操る謎の人物による壮大な計画だったことが紐解かれてく。
この計画の壮大さに唸った。
そして最終的には全てが一本に繋がる。

出てる俳優陣もなかなかの豪華さ!
マークラファエロが怒り出したら、ハルクに変身しないか妙にドキドキしてしまったけどね…笑

しかし、こんなに面白いのに、公開時は全く存在を知らなかったのが悔やまれる。
動画漁って見た予告編だけではあまり惹かれる要素がなかったし、タイトルもあんまインパクトのない平凡なカタカナだし、普通に全国ロードショーしてたっぽいので、もしかしたらテレビ告知とかで目にしてたけど、全く琴線に触れなかった可能性はあるな。
今ロードショー当時に戻れたら、絶対映画館で観る!

たまたま父がテレビで観ていたのを横からながら見してたら、完全にハマって途中から夢中になって、最終むちゃくちゃ面白かったという、不本意なパターンではあったけど、出会えて良かった!
タイトルも知らずに観てたから、見終えた途端に検索した。
ただ、最初はながら見だったので、今一度腰を据えて頭からちゃんと観たいと思っている。
あと色々検索してて、実はエンドロールのあとにも映像があったことを知り、父が本編終了ででテレビを止めたので見てなくて結構ショックを受けているので、やはりもう一度ちゃんと観るべきだと思ってる。






ライオンキング

御朱印録残すことばかりに躍起になっておりましたが、この夏のライオンキング観劇について綴るのをすっかり忘れてた!

劇団四季はオペラ座の怪人以来でしたが、個人的にはオペラ座の怪人より全然良かったー!
座席も、オペラ座の時は張り切ってかなり前方のど真ん中を確保して、ちょっと失敗したなーと思ってたんだけど、今回はL列28・29という、前から10列目の右ブロックの通路沿い席で確保し、結果、大正解でした。
やはりどこの会場でも座席は7列目~10列目あたりがベストだね!
ライオンキングは役者たちがすぐ側を通り抜けていくので、個人的には一階の通路沿いで観るのはとってもオススメ。
そしてもしオススメに従って通路沿いで取るのであれば、中央ブロックの通路沿いを取るよりは、右か左ブロックの中央ブロックに面した方の通路沿いを取るの方がツウな取り方です。
図面で見ると、ちょっとでも中央に近い方で取りたくなってしまうけども、実際に座ってみると、右か左のブロックの端の方が、舞台に向かったときに通路が前の人とのスペースを保ってくれて、その分視界が開きやすいのです。
ただし、もし遅れ客がいた場合、通路を通って視界を遮られるので、ちょっとチッてなりますけどね。

ライオンキング自体は、思ってた以上にディズニーのライオンキングに忠実だったので、鑑賞前に一度は観ておくべき。
ハクナマタタの歌を自然に口ずさむくらいにまでのライオンキングモードに自身を持っていけたら尚良しです。
あのシーンはどうするんだろう!?と思っていた部分も、ちゃーんと納得の舞台装置や演出で、なるほどなー!とカンシンするばかりでした。

役者さんたちは流石みんな凄かったけど、特に目がいったのは、子役!
すごいな~
演技も滑舌も声量も、すっごい練習量を感じました。
あの年であれだけ溌剌と堂々と舞台に立てたら、将来は何者になろうと大成する気が…
調べたら、池松壮亮くんもライオンキングの子役出身だったんだねー
ということは、今、舞台を踏んでる子らもゆくゆくはテレビで活躍する俳優になるのかもしれないのね。

振り返れば大阪では2012年くらいからやってたけど、ついに千秋楽が発表され、いよいよ2016年5月15日がファイナル。
実に長かった!
始まった頃はまだ梅田で働いてたから、毎日ハービスのエントランスエリアで広告拝みながら出勤してたなー
あの光景が超絶懐かしい。
まさか千秋楽を迎える頃には、こんなにも環境が違っているなんて想像もしてなかったなー。
本当に、色々と…色々と、変わった!

TOKYO・浅草寺!OSAKA・四天王寺!

膨大に溜まっていた今年の京都録を足早に披露して終わらせ、やってやったぜー!って清々しい気でいたら。
東京と大阪の大御所の件を思い出しました。

そう、東京は、浅草寺。
大阪は、四天王寺。
言わずもがな、どちらも各都市を代表するお寺でございます。
御朱印ブームの勢いのまま、どっちも行ってきました。

ただ、行ったタイミングも勿論あるんだろーけど、圧倒的に浅草寺の方が人多かった。
もう浅草はまじすげーな。
ハロウィンでもないのにコスプレしてる団体とかもいて、カオスでした。
(しかも絶対外人!って思ったら、日本人だった)

浅草寺は8~9年ぶり?
くらいでしたが、相変わらず立派な寺でした。




以前来た時は存在してなかったスカイツリーも見えたー!

この光景は東京観光において、一粒で二度美味しい感あって、何ていうか、お得だね(笑)

御朱印もばっちり頂きました!


時間が限られていた上、観光客でごった返しだった浅草寺とは相反して、
時間の縛りもなく、人もさほど多くなかった四天王寺なのですが、
東京の浅草寺は2回目だったけど、大阪の四天王寺は今回が初めてという、地理的に不思議現象。
きっと朱印収集初めてなかったら、このまま一生来ることはなかったかもしれない。





びっくりしたのが…

亀・亀・亀!
凄い数いたので、最初は人形かと思った(笑)

残念だったのが…

五重塔、工事中…
おーのーーー!
来年の夏頃まで続くそうです。


この朱印、個人的に好みのバランス!


(おまけ)
四天王寺から見えた大きな建物。
なにあれ…?と、行ってみると、かのあべのハルカスだった!

展望台は結構いい値段してたけど、展望台のエントランスあたりにあるカフェは割とリーズナブル。


可愛いラテアートも景色も楽しめる!
あべのハルカスでは展望台で登らずとも、これで充分だと個人的には思う。




京都録2015~BEST10~

朱印収集に目覚めてしまった今年は、伏見稲荷、平等院鳳凰堂、三室戸寺、清水寺、高台寺、八坂神社、平安神宮、南禅寺、知恩院、天龍寺、清涼寺、野宮神社、東福寺、醍醐寺、金閣寺、龍安寺、北野天満宮、東寺、だるま寺…と、足繁く京都に通いつめ、終盤には月に3回ペースで京都を訪ね、京都納めとなった今月はついに一泊してしまいました。
ここまで来たらもうそろそろ京都に住んでもいいんじゃないかと思っている程なのですが、とりあえずはその前に、京都神社仏閣お気に入りランキング2015をやりたいと思います!
神社仏閣にまでランクづけしようとは、何たるバチ当たりな行為!って感じですが、一つ一つ京都録残してたら追いつかない!ってくらいに京都に通ってしまったので、年内に手っ取り早く今年の京都訪問記録をブログに残すなら、これが最良なんだよ!(ますますバチ当たりな発言…)

①東寺



一番気に入ったのは、断然の東寺。
日本で最も高い木造建築である五重塔の素晴らしさは勿論のこと、金堂内にいらっしゃった薬師如来様がこれまた素晴らしい!
心奪われて暫く動けなかったです。
絶妙な加減で差し込む日の光もとても神々しくて、あの空間はもはや異世界。
残念ながら撮影禁止で撮ることはできなかったけど、あの感覚はあの場所で生で拝んでこそのものだと思うので、撮影できなくて逆に良かったのかもしれない。
アクセスもいいし、今後京都のオススメを尋ねられたら、俄然東寺を推薦していく所存です。
次はライトアップしてる時に来てみたい。



②平安神宮



三十路式以来、2回目の平安神宮。
以前も思ったけど、鮮やかな朱色が気持ちを明るくしてくれる!
たぶん勝手に相性の良い神社だと思ってる。



③伏見稲荷大社
割愛。
詳細は、以前の投稿を。

④知恩院


どどーん!と構える三門には遠目で見ても圧倒された。
もうあの圧巻さに心鷲掴まれちゃいました。素晴らしき国宝。
立派な門があるお寺は他にもあったけど、知恩院の三門が今のところ一番凄かったなぁ。

他の神社仏閣では定番の朱印を頂きましたが、知恩院では普段非公開の三門内部公開中の期間だけ貰える限定朱色を頂きました。


⑤清涼寺



紅葉シーズンの嵐山において、なかなか穴場なお寺でした。
時間帯もあったかもしれないけど、人の入りも程よくな感じで、丁寧な釈迦如来様の説明もして頂いたり、焼香も上げさせてくれたりして、とても印象の良いお寺でした。
敷地も、広すぎず狭すぎず、ちょうど良い具合。
庭園を拝観できる渡り廊下が特にお気に入り。



⑥高台寺


お庭がとっても素晴らしかった!
高台寺に行って以来、庭園を楽しむというお寺の新たな楽しみ方が身についた。
あとは、桃山時代の茶室も良かったです。
残念ながら時間の都合で観れなかったんだけど、今年の秋の拝観期間はプロジェクションマッピングやってて、これは是非ともいつか観てみたい。
そして注意しなければならないのが朱印。
頂ける場所はチケットブースのすぐ隣です。
これが分からなくて、大変苦労しました。
何かわたしの感覚では、全部見終えてから、最後に朱色というのがしっくりくるので、その感覚で行くと、朱色貰い損ね兼ねないです。



⑦金閣寺


実は初めて行きました。
やはりあのビジュアルのインパクトは凄いですね。
有無を言わせぬパワーがある。
写真に収めたときの満足度はピカイチだったかも。
これであの中に入れたら、言うことなしだったんだけどなー
金閣寺周りはあまり紅葉してなかったけど、敷地内ではええ紅葉写真も撮れました。



⑧龍安寺



今年は全体的に紅葉がイマイチな年だったけど、そんな中で比較的綺麗な紅葉を楽しめたのがココでした。
雰囲気も良くてとても気に入っただけに、ギリギリ時間オーバーで朱印を頂けなかったのが残念過ぎた。
書き置きのだったら貰えたんだけど、直筆派なので、また春にでもリベンジしたいと思っています。
桜も綺麗そうだしね。

⑨法輪寺(だるま寺)



とにかく、だるま・だるま・だるま…!
だるまだらけの凄いお寺でした。
普通に住宅が並ぶ間に普通にポツンとあって、敷地もそんなに広くはないんだけど、8千体ももだるまが集まると、もの凄いインパクト。
あとは、横になってるお釈迦様(横に寝転んで肘ついて頭乗せて、お父さんがテレビ見るポーズ)とか、日本の映画界に携わった監督さんや俳優さんが祀られていたりとか、とにかくユニークなお寺でした。
有名どころ一通り抑えたら、一度行ってみる価値はあるお寺です。話のネタにもいいかも。

朱印も勿論、だるま!


⑩北野天満宮




今年は色んな神社仏閣に行ったけど、夜に訪れたのは実はココだけ。
京都納めで一泊した際に、ついに夜の京都を楽しむことができました。
秋の期間は色んな所で紅葉のライトアップやってて、どこの神社仏閣に行くか迷ったけど、ルート的に北野天満宮が一番ベストだったので、行ってきました!
夜ながら、やっぱ今年は紅葉自体が微妙だなぁ…と分かる色づきでしたが、ライトアップ自体はやっぱ日中とは違った雰囲気があって悪くなかった。
あと、最後にお菓子とお茶を用意してくれていて、寒空の下で少し冷えた体に温かいお茶が大変有り難くてほっこりできました。

さすがというかなんというか…
日が暮れていても全然余裕で朱色頂けました。
ちょうど龍安寺でタイムオーバー(といっても日は暮れてなかった)で直筆朱色を貰えなくてショックを受けていたところだったので、本気で嬉しかった。




平等院鳳凰堂、清水寺、南禅寺、天龍寺、野宮神社、東福寺などなど人気の神社仏閣が抜けている理由は大体大きく2つに分類できて、
①人が多すぎて雰囲気台無しだった(恐らく閑散時に行けば、印象アップな可能性大)
②御朱印が残念だった(手書きじゃないとか、自前の朱印帳に直に書いてくれないとか)
前者はともかく、後者は一部の朱印収集家にしか理解して貰えない理由だな。
ただ、その一部の人たちには激しく賛同して貰えそうな気がする。

そうそう!
三十路になって以来、恒例となった京都で和装シリーズ。
今年はこんな感じの着物にしましたー!

初めての黒。
この柄だったから選んだけど、普段はあまり候補すら入らない色なので新鮮でした。
キュートな赤い花とからし色の帯が、町娘感出てて気に入っている。

「マイインターン」&「コードネーム U.N.C.L.E.」

今年は文句なしで@映画館映画は「ベイマックス」がぶっちぎりで良かったなー!って思っていたら、ここにに来て2作品ものすげー刺客と続けざまに出会ってしまった!
それが「マイインターン」と「コードネーム U.N.C.L.E.」。
ダントツ1位と思われたベイマックスが、まさか終盤にその座を脅かされようとは。
という訳で今年のベスト映画は、「ベイマックス」と「コードネーム U.N.C.L.E.」が同率1位で、その次が「マイインターン」に落ち着きそうです。


「マイインターン」については、もともとは実写化映画にしては割と好評の「バクマン」を観たかったのだけど、大好きな新妻エイジ(染谷将太演じる主人公らのライバル)がただの嫌な奴だった!という感想を聞いて、急遽「マイインターン」に変更。
アンハサウェイが苦手なので、あんまり期待してなかったのが功を奏したのか、なかなかどうして、いい映画だった!
デニーロはとってもチャーミングだったし、劇中のオーシャンズ11ごっこは思わず大笑いしたし、それでいて観終えた後は、胸の奥をじんわりと温かくしてくれる爽やかな感動が。
寒い日に飲むホットミルクティーみたいな、ほっこり映画でした。
でもそう感じたのは、直前に「ほっこり」とは対極なところにあるナタリーポートマンのブラックスワンを観たことも、大きく作用したかもしれないけどね。笑


「コードネーム U.N.C.L.E.」については、ついにガイリッチーが完全復活を遂げたな!という、喜びいっぱいの作品になったので、ベイマックスと同率1位決定。
何せ美男美女が活躍する痛快なスパイ映画ってだけで最強なのに、映像も音楽もファッションも笑いどころも、何もかもがスタイリッシュっつー、無敵ぶりときた。
個人的には、ヒロインのお洒落な60年代スタイルが一番最高だった♡
ガイリッチー作品といえば、2作目までが最高で、マドンナとの結婚で迷走しまくった3、4作目を経て、離婚後の5作目から少しずつ回復に向かってる…って感じだったけど、「コードネーム U.N.C.L.E.」をもってようやく、本来のハイセンスなガイリッチー節が炸裂してた。
カメラワークや時間軸遊びもエッジが効いていて、とにかく華麗な映画だった!
もともとガイリッチー監督の初期作品の大ファンなので、この返り咲きぶりは本気で嬉しいです。

1位:西武ライオンズ本拠地「西武プリンスドーム」

《6/9(火)西武vs広島・西武勝利》

12球団本拠地ランキング、栄えある第1位は…西武プリンスドーム!

ここは何ていうか、他とは一線を画す存在感!

最寄駅すぐとは言え、その最寄駅自体が結構不便な路線にあるし、
特に新しい球場でもないので、ちょっと古くささもあるし、
全然アーバンではないんだが、インパクトはかなりある球場。

まずビックリしたのが造り!
入口ゲートは2つ。
駅から球場に向かって、右か左か。
左から入れば、ライトと1塁側。
右から入れば、レフトと3塁側。
すぱっと分かれているのです。

わたしは3塁側のチケットを持っていたので、右のゲートから入場。

ゲートからずーっと坂道が伸びていて、まずはレフトエリア。
これが、座席なしの芝生仕様!

テレビでは見たことあったけど、実際にこうゆう造りの球場は初めてなので、興奮!
自由式寝ソベリアだーーー



半ドーム。
ほんまユニークな球場!って楽しめたのは、ちょうど良い気候の時だったからかもなー
もしもっと寒い時期に来てたら、感想が180度違った可能性はある。


勝利のあと、超特等席となるバックネットエリア!


セブンイレブンのシートには…

荷物入れ完備!


まさか球場でこんな物にお目に掛かれようとは…!


これぞ交流戦!的な画。


お外も楽しめるドーム。



ライオンズ焼き、頂きました!


夜ご飯は、おかわりくんプロデュース!

あーんどビール♡


この鮮やかなブルー色は横浜なイメージで、西武はもっと水色のイメージなんだけどな~


そして、ライオンズ勝利!


試合後、何がビックリしたって、選手らがバックネット裏の通路を通ってハイタッチしながらの退場!
何なのその斬新なファンサービス!

ヒーローインタビュー終えた2人がハイタッチを終えて、ファンに一礼。

もう、最初から最後まで、とにかくユニークで斬新な球場でした。
ちなみに一緒に巡った友人も、1位は同じく西武プリンスドームだと言っていた!

(おまけ)

最寄り駅のローカルぶりにぶったまげ。
ホームに着いたときの車窓からの景色に、何これ!森!?って一瞬なりました。

やっぱ野球場は改札でたら、すぐあるべきだよね。
バスとか論外な。


実はこの日本当はロッテの本拠地に行くつもりだったけど、先発発表で急遽予定変更!
結局は広島でもマエケンの試合観れたので、わざわざ予定変更することもなかったかな~と思ったけど、来年はもう観れないから、結果としてはやっぱ予定変更して良かったのかも。



以上!
12球団本拠地ランキングはこれにて終了!
何とか年内に1位まで辿り着けて良かった…
このやりきった感、最高や!
11 | 2015/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: