サマーソニック大阪2017

2日前に風邪をひき、前日には仕事を早退。
そして迎えた当日は、薬と栄養ドリンクを投与し、のど飴持参で決死の参戦となりました。
サマーソニック17!

故に今年は例年以上に『無理をしない』をスローガンに参戦した結果、いつもとは色々と勝手が違って新鮮なサマソニとなりました。
まず何が一番いつもと大きく違ったって、朝10時半~14時半くらいまで、ひたすらソニックステージに引きこもったってところですよね。
しかも、しっかりスタンド席で体力温存したので、昼間とかもサマソニ感はゼロ。
だいぶ快適だった。
午前中に特に観たいアクトがいなかったのと、目当てにしていた堂本剛とチャーリーXCXがキャンセルになった影響で、夕方までメインのオーシャンステージに行くことはなく。
17時半の時点でオーシャンの位置、把握してなかったからね(笑)
今までオーシャン基盤で楽しんできたから、こんなの初めてでした。

ではでは、観たアクトたちの感想を簡単に。

RIRI
連れが観たいとのことでチラ見した程度。
エドシーランのカバーしか分からなかったけど(笑)、まぁ歌はうまかった!

DAOKO
打上花火しか知らない程度で観たけど、さながら毒素まみれのmiwaって感じで良かったです(褒めてる)
椎名林檎の歌舞伎町の女王のカバーは、もろ世代なんで懐かしさこの上なかった。
オリジナルなラップ?も織り混ざってたので、ちゃんと歌詞堪能したいな、あれ。

LANY
アルバムちゃんと聴きたい!と思った程に良かった!全曲キラーだった!!
ただ、途中までなーんかボーカルくんにハマれなくて、う~むって思ってたら、途中で振り乱してた長い金髪を後ろに纏めてくくり上げスッキリ。
途端に、こっちのボルテージもぐっと上がった。
つまり、あの髪が鬱陶しくて、無意識のうちにストレスを感じていた模様。笑

DECLAN MCKENNA
弱冠18歳というのにも納得の若さ満開のステージを微笑ましく見守りました(笑)
客席エリアに降りたり、ステージの柱よじ登ったり…元気で何より!

KUNGS
それまでバンドセットが続いてたソニックステージがKUNGS降臨で、一気にクラブ化したのが圧巻だった。
アリーナがいい具合に下世話にな感じになったよね。しかし、これぞソニックステージ!って感じではあった。

DUA LIPA
それまで引きこもっていたソニックステージ(屋内)から、意を決してのマウンテンステージ(屋外)へ。
急に立ちっぱ辛いかな~と思ってスタンド席行ったけど、やっぱアリーナ行きゃあ良かった!もっと近くで拝みたかったー!
あと、lost in your Lightやってくれなかったのが地味にショックであった。

電気グルーヴ
『被ったら外タレ優先』という昔からの自己ルールに忠実に則った結果、電気グルーヴを蹴ってのdua lipaだった訳だけども、dua lipa終わりでおやおや?もしやこれは…?と思ってソニックに舞い戻ったら、ラスト2曲程、聴けたー!
入るのかなり苦労したけど(笑)
何気に初電グルだったけど、成程こりゃ楽しーわ!コアなファン多いはずだわ!

Nulbarich
ほんとは諦めるつもりだったけど、一曲だけでも聴いた方がいい!という助言を受け、頭だけ観た。
何時間も聴いてたらちょっと飽きちゃいそーだけど、フェスくらいのサイズで観るには、最高だわお洒落だわ。

ZARA LARSSON
2日目の利点は何せ、前日のセトリ情報である程度作戦が立てやすいことですね。
ザラで…いや、今サマソニで一番聴きたかった曲、ラッシュライフがトリなのは分かっていたので、ゆえにナルバリッチに寄ってからのザラという欲張りコースを敢行できたわけですしね。
ラッシュライフ前にやったシンフォニーも大人気で、始まった途端、携帯が一気に掲げられた客席エリア。みんなクリーンバンジット好きやね~


エレファントカシマシ
出し惜しむ事なく序盤から、悲しみの果てと今宵の月のように!
ま、これも前日のセトリ検索でリサーチ済みだったんだけどね(笑)
宮本さん相変わらずええ歌声やった~♡
しかしもう51歳とはビックリだわ。

HONNE
エレカシの潔いセトリのおかげで、割と早めにオーシャンへ向かう。その途中、通りかかったホワイトマッシブより、洒落たサウンド。思わず誰!?と、冊子で名を確認。
それが彼らHONNEであった。
ビールと夜飯調達しつつの、短い時間だったけどすっげー良かった。
今回、LANYと並んで、いい出会いだった。

BLACK EYED PEAS
調達した夜飯とビールをBEP待機のオーシャンでがっつき、15時から別行動してた同行人とも無事合流し、いざBEP!
ファーギーのいないBEPはやはりちょっと物足りなくはあったけど、大好きなヒット曲たちの連打で、そこは大満足。
特に暮れてきた時間帯にwhere is love?をかまし、オーディエンスにスマホをかざさせて灯りを演出するという、あのパフォーマンスは参ったよね。

CALVIN HARRIS
とりあえず、当時の感想をそのまま載せますね?

・噂に違わず、擬音で表現するなら、バッキバキ
・オーサカメイクサムノーイズ!頂きました
・左前方のパリピカップルがトランス状態で、そのうちせっくす始めそう
・よーやくのアマイっ!ひとときはあっちゅーまに過ぎ去る

以上です!

おまけ

個人的にステージは、WHITE MASSIVEが一番洒落てて、ゆるく楽しみやすい造りで良かった。

Barcelona~ガウディ 時々 ダリ、ピカソ~芸術万歳旅行⑤

ええーと。
まだ実質バルセロナ1日目です。

そんなわけで、グエル公園!

シンボルのトカゲちゃん。
時期が時期ならすっげー人だかりでこんなショット撮れたもんじゃないらしいけど。
全然よゆー!


ここは昔、サントリーのコマーシャルで使われた場所らしく、日本人に撮影スポットとして人気だそう。

こんなwithout人で撮れるのも閑散期たるゆえん。


長時間座っても疲れないように計算されて作られたベンチ。
そして、このベンチがある広場の下には…

広場のグラウンド部分で受けたで雨水を柱を通して貯水する仕組みになっている。
単に洒落てるだけでなく、すごく計算された機能性を持つのがガウディ作品の素晴らしいところ!

天井バックに下から自撮り棒で自撮りする…ってのがこのエリアの撮影におけるトレンドのようでした。


メルヘン。


グエル公園の敷地内には何と小学校もある。
すごい環境で教育を受けてるよね。羨ましい。

ガイドさんからのとあるクイズ。
グエル公園の高台からは街並みとその先には海が見えますね!
この造り、日本の何処かの街に似ていませんか?と。
そこでわたしが思い浮かべたのは勿論、わたしが世界で一番好きな街。

正解は…神戸です!!と、ガイドさん。
うおおう!どんぴしゃ!!
更には、バルセロナと神戸は姉妹都市です!という追加情報も。
この瞬間、バルセロナに対する好感度が更にぶち上がったのは言うまでもない。
どーりで妙に惹かれる街だと思ったよ。納得。ちょー納得。バルセロナらぶ。

続いて、カサバトリョ!

バルセロナでは色んな観光施設行ったけど、もしかしたら一番滞在時間長かったかもしれない。

光が届きにくい下の部屋になるほど、窓が大きく色も光の色に近い白色に。
これもガウディの計算。





一番気に入ったのはこの部屋のこの扉!

一枚板でこの絶妙なカーブ具合なのにスライド式。素人目に見ても凄い。

カサバトリョ内のお土産物やさんは商品がかなり充実しててオススメ!

とにかく堪能しきったので、明るい時間に入ったのに、出る頃にはすっかり日が暮れていた。
ガイドさん付きのツアーはここまで。
ここからはまたセルフ観光。
向かったのは、カサバトリョから歩いていけるカサミラ!

そもそも最初はカサバトリョでもなければグエル公園でもなければ、かのサグラダファミリアでもなく、このカサミラ見たさにやってきたバルセロナ。
しかし、バルセロナに来るきっかけではあったんだけど、今回は何やかんやで外観のみの観光。

この独特のビジュアルもさることながら、まだ普通に人が住んでるってのが凄いよね。
カサミラに住むような人生を送りたかった。
サグラダファミリアが完成した暁にはまたバルセロナに来て、次は絶対、中に入ることを誓います!

さぁバルセロナの夜はこれからです♡(つづく)

Barcelona~ガウディ 時々 ダリ、ピカソ~芸術万歳旅行④

ピカソを訪ねて右往左往。

…ピカソ違い。

そうこうしててたどり着いたのは、サンタマリアダルマール教会。
もちろん、入るよね。

ステンドグラスが眩くて神秘的。

腰をおろしてひと休み。(教会の用途間違っている)


再び、ピカソ美術館探してうろうろうろしてたら…
カンペール!本場!

しかし、店員のスタンバイ具合と時間のなさで入店見送り。

こ…ここは!
リサーチしていたナッツやさん!もちろん入るよね!

ここで買ったビスコッティみたいなお菓子がむちゃ美味しかった!
店主さんが日本語ペラペラなので安心して尋ねられるし、日本人がバルセロナでお土産買うにあたって超絶オススメ!
そして店主さんにピカソ美術館の場所も教えて貰えて、無事、到着!

閑散期なので空いていてラッキーでした。
シーズン中だとだいぶ並ぶこともあるらしーよ。
中は撮影禁止だったのが残念でしたが、思いのほかボリューミーで見ごたえたっぷり!
おかげでミュージアムショップがあまり見れず…
所要時間2時間はみてたほうが良いです。

さて、続いては申し込んでいたグエル公園&カサバトリョのツアー。
集合は凱旋門。
地図ではそんなに離れていない。
だがしかし。
一向にたどり着く気配がなく、近くにいたメンズを捕まえて地図を差し出し、ここは何処!?と拙い英語と精一杯のジェスチャーで尋ねると、地図に載っていないエリアに迷いこんでいたというね。
地図から出てしまうという、ピカソ美術館を目指してた時以上の迷子っぷりでした。
見当違いなエリアにいたことで、集合時間に間に合わないことも覚悟しましたが、なんとかギリギリ滑り込みセーフ!

さて、次回はグエル公園&カサバトリョのガウディスペシャルでお届けします。

Barcelona~ガウディ 時々 ダリ、ピカソ~芸術万歳旅行③

今回はバルセロナシティ散策時での何気ない一コマや、予定外でぷらりと立ち寄った場所など。
バルセロナ街歩き気分でお楽しみください。

レンタサイクル。

これ、びっくりなことにバルセロナ市民専用!
観光客は使えないという…
まぁ勝手わかんないし使えても使わなかったけど。
ちなみにスポンサーはボーダフォン。
日本では全く見かけなくなったけど、バルセロナでは店舗も割とちょくちょく見た。

観光バス!

こーゆーのが走ってる街で嫌いな街は世界に1つもない自信がある。

ビジュアルインパクトが半端なかったビル。

ピンがいっぱい刺さってるー!

エセトトロとの出会い。

これ、大丈夫なのか?笑

本屋にも立ち寄ってみたり。

普通にペット連れで入店してきたりするのでびびった。

個人的に一番バルセロナで難だったのは、犬連れてる人が多い街だったことだな。

遠目に可愛い屋根が見えたので、何だろう?と近づいてみると、市場でした。

もちろん迷うことなくイン!

日本やアジア諸国では敬遠する市場ですが、欧米では途端にテンション上がる!好き!

市場を出たら、日本のテレビ番組にも遭遇。

少しずつ慣れてきて、狭い路地なんかも積極的に繰りだす。

ちょっとドキドキしながらタトゥーの店なんかがある怪しげな路地。

と思ったら、広い路地に出たり。


思わず住民感気分になる集合住宅地エリアなんかも散策。

公園。これは完全に観光客用ではなく市民の生活エリア。


なんか大きな施設がある!と、よく分からず中に入ってみると…

遺跡跡!
想像外の光景だったので、なかなか度肝を抜かれたよね。

さて。
少しでもバルセロナのぶらり街歩き気分を味わえていただけましたか?
そろそろお気づきかもしれませんが…
ええ、この頃、もはや完全に迷子です!
市場あたりはまだまだ余裕あったけど、住宅地あたりで雲行きが怪し気になってきて、遺跡に着いたときは完全にwhere am I?状態。
次の目的地はピカソ美術館。
チケットは既に前売りを日本で購入済み!
果たして無事に辿り着けるのか!?

続きは次回!

Barcelona~ガウディ 時々 ダリ、ピカソ~芸術万歳旅行②

2月23日(木)

夜中にアパート入りしたもんで、予定では8時に起床するつもりが結局の9時30分。
身支度していざバルセロナシティ!

まずは…
ピカソ壁画!

街中に普通にピカソの絵があるって、さすが芸術の街!

でも実は本当はカタルーニャ音楽堂目指してたはずなんだが、このエリアはそのあと来るつもりだったのに、気がついたらここに着いていた。
ちなみにスリ厳戒態勢だったので、スマホは全く使用せず、現地調達の英字の地図だけを頼りに繰り出したので、行こうと思っていた場所に辿り着いただけ健闘した方だと思います。

その近くでは骨董市のようなマーケットが。


サンタ・エウラリア大聖堂!


すっごい広かった。




特に信仰心があるわけではないけど、海外の大聖堂は大好物である。
日本の神社やお寺とはまた違った魅力があるよね。

そして前後してしまったけど、頑張って地図を読み解き、カタルーニャ音楽堂!

カタルーニャ音楽堂のカフェは割と安価だしWi-Fi飛んでるし広々してるし落ち着いた雰囲気だし、すっげーおすすめ!


ギフトショップでちゃっかり自分用のお土産をゲットしつつ、チケット売り場へ。


夜の公演のチケット、無事ゲット!


再び地図を片手にバルセロナ大冒険。

地図とにらめっこしながら佇んでたらふいに男性から大丈夫?と声をかけられ、顔を上げると…
超絶イケメン!!なんてバルセロナからの素敵なサプライズもありました。
勝手にバルセロナからのウエルカムギフトだな!と納得した。
困っていたら親切なイケメンに声をかけられる街、それがバルセロナ!

ちなみにこの日はわたし、単独バルセロナ満喫の日で、同行人らとは朝から晩まで完全別行動だったので、本当に大冒険気分でした。笑
海外で単独行動は半日だけとかなら経験あるけど、まるっと1日フリーは初めてだった。
むっちゃ楽しかったし、1日とかなら今後も積極的にやりたいけど、旅行まるまる1人は無理だなって今回改めて思った。
わたしは一生一人海外旅行はしないだろーなー。

さて。
バルセロナ大冒険はまだまだ続きますが、続きは次回。



07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: