Barcelona~ガウディ 時々 ダリ、ピカソ~芸術万歳旅行⑥

バルセロナに舞い戻ってきました。
若干、書ききった気でいたけど、まだ1日目であった。

ガウディ物件を堪能したあとは、tapatapaというタパスの店で夜ご飯。

記憶する限り、海外で初ぼっちディナー。

tapatapaは言葉できなくても指差しオーダーができる店というのは事前リサーチ済みだったので、迷うことなくイン!


むちゃくちゃ美味い!って程では正直なかったが、どれも安心して食べれる味ではあった。(突拍子もない味ではなかった)

そして、ご飯を堪能したのちは、カタルーニャ音楽堂でコンサート鑑賞。

ギターのオーケストラとやらを観てきました。

フラメンコまであった。



ちょっと暗めの館内は、古めかしく雰囲気ある音楽堂でした。


シンボルのシャンデリアは角度によって明るさが違って見えて、何だか不思議な魅力を放ってた。

そんなこんなでよーやく1日目終了!
2日目を綴る日はやってくるにだろーか…ふふふ。笑

I’m proud of you

『QMIさんは僕の誇りです』
先週、尊敬する元上司から貰った勿体無さすぎる言葉。
物凄く嬉しかった。

『誇り』
なんて言われたのは人生初だし、自分には一生縁のない言葉だと思ってた。
だって誇りだよ、誇り。
そうそう使わないよね。
いや実際、使ったことない。

元上司は恩人というか、本当にお世話になった人で、今まで幾つかの職を転々としたけども、最初にこの人の下で働き始めた頃は、こんな素晴らしい上司が世の中には存在したのか!と、感動したほどで、仕事もできるし、物腰も柔らかく、人格者。

そんな人に誇りだなんて言われようとは。
その言葉に恥じぬよう、ますます精進していきたい!と、ふんどしを締め直す思いです。
あー、しかし、自信が無くなったとき御守りのようにリピートできるよう、録音して残しておきたかったわー!
もう誇りなんて言われること一生ないと思うし。

でも実は悲しいことに、その元上司は異動で遠くに行ってしまって、また再会できるかどうかは正直微妙なところで、もしかしたらもう2度と会う機会がないかもしれなかったりもするんだけど、この言葉は一生わたしの中で生き続けるだろう。
そして、もし次また会う機会があれば、立派に成長していたいと思う。
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: