#52 Tears Dry On Their Own/Amy Winehouse

今日はあたしの愉快な友人の誕生日だったわけですが。
(ちかちゃん、29歳おめでとー!)
皆様ご存じの通り、アナログ放送終了・地デジ化という
歴史的な一日だったわけでもあります。
(でもなんかあたしの部屋のテレビ、地デジ対応じゃないのに映ってる・・・)

しかし!
そんな三日月ちかちゃんの誕生日よりも、
完全地デジ化よりも。
2011年7月24日を印象づける出来事が起こってしまいました・・・
(まぁ実質は23日みたいだけども)

エイミーワインハウス死去。

衝撃。
ザ・衝撃。

仕事中ネットニュース見漁ってて、
何気に目にしたそのニュースに思わず茫然。

う・・・うそー???!!!

27歳。
若すぎる。
ってゆーか、年下やったことにも衝撃受けたけど。
せっかくの才能がもったいない。

ちょうど彼女がUKで人気沸騰しだした頃、
UKチャートウォッチングが自分の中で大ブームの時期だったので、
彼女の存在は周囲の中では割と早めにキャッチしてたんだけど、
アルバム聴いて「あ、これは買おう!」と即買い。
グラミー5冠達成したときは、
「ああ、これで彼女の音楽人生は約束されたな」と思った。

奇抜なキャラながら、その実力は確かなものだったのに・・・
なんてもったいないんだー

確かに泥酔ライブで客から大ブーイングとか、
近年ロクなニュース聴かなかったけど、
リハビリして復活して、新たなアルバムを制作してくれることを
願っていただけに、残念すぎる・・・


今日は彼女のCD引っ張り出して聴いた人、
結構いるんじゃなかろーか。
あたしもそのクチです。
つーか、訃報を知ってからずーっとエイミーの曲が脳内リピートしてます。
たった2枚のアルバムしか残してくれなかった彼女。



ご冥福をお祈りいたします。

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: