劣等感と差別

もうここ何日間もずっとココに書くか書くまいか悩み続けていたのですが。
あたしはどうも気持ちを文章に表現して昇華しないと、
ずっと言葉が心に溜まり続ける性質みたいで。
これは絶対ブログ始めて身についてしまった癖な気がするんだけど、
とにかくもう何か耐えられなくなったので、意を決して書きます。

あくまでもいち小娘(もう小娘でもないが)の戯言程度に
サラっと読んでいただけると・・・。
際どい話ではありますが。
そのぶんちゃんと真摯に感じてることを綴ります。


キッカケはやはり高岡くんの例のつぶやきでしょうかね。
韓国批判の。

聞くところによると、テレビではかなり非難され、
ネットではかなり支持されているらしーんですが。
テレビのほーはテレビのほうで蠢く影がチラついてるし、
ネットはネットで邪な思いがチラついてる気がしてならんが。
まぁそれはさておき。
ある人が高岡くんのことを「非難もしないけど支持もしない」
とゆったのが、あたしの心にグサリときまして。
もはや今綴ってる文章は、
そのえぐられた傷から言葉が溢れだしてると言っても過言ではない。

とゆーのもだな。
あたしは高岡くんのこと非難もするし、支持もする。

もう少し言葉を選べなかったのかと思うし、
それがパーソナリティを反映しててリアルな分、すごく幼稚に感じた。
一般人がいうのと訳が違うんだから、
彼一人を支えるのにきっと色んな人がいて
その人たちの生活や家族があって・・・
という立場なんだし、嫁もいるんだし、
(まぁもしも嫁自身に中傷がいけば、
それはそんな夫を持った自身の責任やと思うけど、
彼女の仕事に及ぶ影響は、彼女一人の問題ではないから可哀想だ)
そのへんを踏まえたら、もうちょっと慎重に言葉を選べたんじゃないかと思う。
同等に括られがちだけど、山本クンの原発問題とは似て非なるものです。
(原発は直接生命に関わる問題だけど、文化は直接生命には関わらん。)

ただ、言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズンな通り、
心にためていても意見として主張するのはとても大変なことだし、
しかも一般人ではなく、世間に広く存在を知られた立場なら、
影響力もあるぶん、ためらうのが普通だし。
しかし、そこを臆することなく主張したのは純粋に尊敬します。
実際そう思ってる人は沢山いただろーし、
彼の発言ですごくスカっとした人たちがいるのも確かだろうし。
なかなか誰でもできることではない。

で、高岡くんの話はあくまでもキッカケであり、前フリです。
傷から溢れだす言葉は、高岡くんに関してだけに留まらなかった。

今回のことを受けて韓国批判し、
自国の文化が危ういと危機を唱えてる人たちがいるけど、
それを京都で写経でもしながら叫ぶんならまだ認める。
(高岡くん自身にもね、そんなことNYで呟やかれたって!って感もある)
一体それを唱える何割の人が、自分で着物を着れて、
和歌をたしなみ、お茶をたてて、3食和食なんだろう?
韓国に侵略されてる!とかゆうけど、
自国の文化を徹底して守ってないもん。
侵略(という言い方に違和感があるんだけど)されても
当然といえば当然じゃないだろうか。

それに文化が侵略されたって血は流れない。
(実際に血を流す侵略をしたのは?
賠償金たんまり払ってるのに、奴らはしつこい!とゆう人もいるけど、
逆の立場になった時、植えつけられた迫害感をお金で消化されるとは思わん。
もーこればっかはしゃーないよなー。堂々巡りな気がします。)
それに、別に日本の文化が消滅してしまうわけじゃない。

伝統文化はさておき、
もはや今現在のあたしたちの文化は他国の文化の上に成り立っていて、
むしろ他国の文化とうまく融合したのが今の日本の文化ではないか!とさえ思う。

だってあたしは洋服を着て、マクド食べて、ビビンバ食べて、
飲茶食って、カレー食って、生春巻きは食べないけど、ワインだって飲む。
ビートルズ聴いてJay-Z聴いて少女時代だって聴く。
そうしたい。
異文化万歳じゃないか!

じゃあお前には和心というもんがないのか!?
とゆわれたら、そこは全否定するけど。
だって和食が一番すきだし、
今一番したい遊びは百人一首だし(ちはやふる効果)、
着物素敵だと思うし、神社も大好きだ。

そもそも侵略という考え方がよくないよね。
別にK-POPがどんどん入ってこようと(まじでうざいくらい入ってきてっけど)、
韓国ドラマがどんどん買いつけられてこようと、
それでJ-POPがなくなったり、日本のドラマがなくなったり・・・
なんてことは絶対あり得ないし、
和食だって百人一首だって着物だって神社だって勿論なくならない。
日本の伝統はそんなにヤワじゃない。
そもそも所詮、韓国ブームなんて長い目でみれば一過性に過ぎない気がする。
どどーんと構えてりゃあいいんだよ。

あと今回の韓国批判してる人たちに対して思うのが、
数年前、「24」を始めとする海外ドラマブームがやってきた時、
同じように目くじら立てたのか?とも思う。
一過性の韓国ブームなんか比にならないくらい
アメリカからの文化侵略は長く根深く受けてると思うけど、
そこに対して同じように批判してるか?って思う。

確かにアメリカ批判する人も少なくないけど、
今回の韓国批判する人たちとどうも毛色が違う気がしてならない。

これは結構昔から思ってたんだけど。

アメリカを毛嫌いする人と、韓国(や中国)を毛嫌いする人って、
同じ異国嫌悪には違いないんだけど、
根底にある感情が大きく違う気がする。
勿論、アメリカかつ韓国及び中国も全部ひっくるめて嫌だという人も
いらっしゃるでしょうがね。
その人もそれぞれに対して根付いてる気持ちは別物なんじゃないかな?

アメリカに対しては劣等感。
韓国や中国に対しては差別。

これあながち間違ってない自信がある。
そうとは認識してなくても、アメリカを批判するその根底には劣等感が。
(だからアメリカ批判する人って、大体日本のこともコバンザメ的な感じで悪くいう)
韓国や中国に対しては自国の方が優れているという考えからくる差別があると思う。


じゃあお前には劣等感も差別もないのか!?とゆわれると。
「とんでもない!あたしがそんな偽善者だとでも!?」と答えます。

まぁアメリカに対する劣等感はないと思うけど(むしろ憧れてる)、
韓国や中国に対する差別は少なからずあるだろうな、と思う。
韓国がスポーツの大会とかで日本相手になると必要以上に躍起になったり、
中国の排日運動とかに、「なんやねん!」って思うし、
生まれ変わって生まれ落ちたい国には挙げないし、
旅行に行きたい気持ちもないし、韓国語の音の響きも苦手だし、
中国人は厄介な民族だなぁと思うし。
あからさまに毛嫌いしたりとかはないけど、
こう思ってる以上、差別心あるんだろうなぁって思う。


・・・あー難しー話やね。
真摯に綴るとか言いながらちょっとちゃけてすいません。

そもそも国や民族なんて垣根がなければ、
この星はもう少し平和だったかもしれないね。
でも20年後には宇宙人が攻めてくるらしーから、
(いや、レベルEによると、もう宇宙人だらけだという説もある)
そろそろ結託しあってもいいのにね。
間に合わないよ!地球!

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

産まれた所は皮膚や目の色で
一体この僕の何が分かるというのだろう

って歌が流れたわ。
「国」がどうこうじゃなくて、その「人」をちゃんと見れる人でありたい。

そうやな!
イタリア人男性に対しても、その心構えを忘れずにな!(笑)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: