summer sonic2011

個人的には4連休初日!
サマーソニック大阪としても初日!
行ってきたぜーい!サマソニ!
with natsuki&yuxy!

yuxy号が無事あたしとnatsukiを拾い終え、
「いざ大阪!」と意気込んだ直後、
yuxyが「チケット忘れた!!!!」とか、
チケット取りに帰って三宮まで出たはいいが、
乗る高速間違えて、舞洲じゃなくて大阪市街地に出てしまったりとか、
いくつかのハプニングを乗り越え、無事に会場到着。
(早起きの努力は水の泡と化したけど、
早起きナシであのハプニングどもに見舞われてたら、
開演絶対間に合わなかったよ。笑)

昨年は残念ながら行けなかったので2年ぶりの舞洲!
相変わらず暑かった。
そして今まで行った中で一番人多かった・・・
さすがチケット売り切れただけある。
メインとなるオーシャンステージなんて、特に人入りが盛ん。
ご飯とか売ってる休憩場所のオアシスエリアなんて、
もっと異常なことなってました。

チケット無駄に売りすぎたんちゃうか。
そして、みんな意外とお盆暇なんちゃうか。

というあたしの考察もあながち外れてはいないとは思うんだけど、
お客さんの身につけてるグッズ及び、ステージへの喰いつきを観た感想としては、
マキシマムザホルモンとXジャパンとレッチリのどれかが目当てだった人が
半数以上を占めた結果、ソールドアウトに繋がった気はする。

さて。
そのへんの見解も盛り込みつつ、あたしの当日の動きをば。

まずは、駐車したのち、早速オアシスで早めの昼ごはん。
これ後から思えば大正解でした。
単に腹減ってたから我慢できずにオアシス突入したんだけど、
昼時じゃなかったから全然待たずに焼きそば買えましたが、
もう昼以降は長蛇の列で、えらいこっちゃでした。

腹ごしらえし、リストバンド交換して、
最初はマウンテンステージへ。

ちょうどジプシー&ザ・キャットが終えるちょっと手前くらいだったので、
後方でそれ眺め、次のYELL登場で一気に前のスペースへ突入。

YELLは初め、顔までも覆った緑のふさふさした
怪しげなケープ?のようなものをかぶり登場。
それだけでも中々のエキセントリックさだったのですが、
1曲目を終え、その緑のふさふさをがばっと脱ぐと、
全身タイツ!しかも、赤色の豹柄!!
恐れ入りました。

YELLは今までネットとかでざっくり聴く・・
みたいな形でしか耳にしたことなかったけど、
踊りやすいサウンドだから、知らない曲でも
ライブでは十分楽しめました。

そのあとのTWO DOOR CINEMA CLUBは
頭ちらっと聴いて、駐車場へ退散。

駐車場はオーシャンステージからすぐの「丘の駐車場」を陣取ったのですが
(あ、モチロン事前にチケット買っておいたのだよ)
車内には凍らせた水を入れたクーラーボックスとミニチェアーを
yuxyが完備してくれてたおかげで、真っ当に休憩取れました。
車の日蔭で冷たい水分を補給。
あれに関しては、あたしたち間違えなく勝ち組だったな。

こうしてエネルギーチャージを終えたあとは、
オーシャンステージのゼブラヘッドへ向かうnatsuki&yuxyとは一旦分かれ、
一人再びマウンテンステージへ。
到着と同時にお目当てのFriendly Firesのステージがスタートしたので、
踊りながらぐいぐい前へ進んで、2列目あたりでポジションキープ。

初っ端の「Lovesick」を歌い終えぬうちにボーカルくん
まさかの客席ダイブ。これには度肝を抜かれました。
つーか、1曲目からダイブは初めて観たぜ。
勿論のこと揉みくちゃになっていたから、
どうなることかと思ったけど、
続く「Jump In The Pool」ん時には無事舞台に戻ってきて、
またあの独特な腰つきのユニークなダンスを始めてました。

そして終盤には。
今回のサマソニを通して一番聴きたかったお目当ての曲「paris」
アガタわー。
シメは「kiss of life」
曲終盤は最早DISCOと化してました。

物販でnatsukiとyuxyと落ち合ったのち、
再び駐車場休憩を挟んで、
あとはミニチェアー持参でオーシャンに乗り込み、
マキシマンザホルモンがステージ上でうねる中、
後方で椅子に座りこみ鑑賞。
ちなみに今回のサマソニ、ホルモンのグッズ身につけてる人
一番見たかも。熱いね、ファン!
初めてステージ観たあたしにとっては、異文化もいいとこでしたが・・・

続いては楽しみにしてたYUKI!
今回のサマソニの個人的大ミッション「生YUKIを今までで一番近い距離で観る」
をクリアすべく、ホルモン終わりで前に突入。
人ニモ負ケズ、暑サニモ負ケズ、肩ノ大荷物(椅子)ニモ負ケズな精神で挑んだら、
この目で彼女の表情が確認できる程度のまずまずな距離感で陣取れました。

「JOY」「長い夢」「メランコリニスタ」とライブ向けナンバーが続いたあとは
新曲をちらほら。ニューアルバムリリースのタイミングですからね!
ラストは「ワンダーライン」
いい締めでしたが、何か思ってたより曲数少なかった・・・(涙)
YUKIは相変わらずの可愛さで、カラフルなワンピースもむちゃんこ似合ってたし、
ボブにしたくもなりました。

お次は、今サマソニでも1、2を争う注目度!
「X JAPAN」の登場。
恐らくこの日会場にいた人の中で、
「まさかわが人生で生Xを観る日がこようとは・・・」と思った人は少なくないはず。
かくゆうあたしもそうでしたもの。

ステージが始まるやいなや、周りにいた人が当然のように次々と立ち始める。
後方のスペースって座ってのんびり観ようや思考の人の集まりな筈なのに、
異常なまでのスタンダップぶり。
仕方なしにあたしたちも立っての鑑賞。
バンドの面々が登場すると、頭上にXを掲げるオーディエンスたち。ザ・X教。
みんな揃ってのXサイン及びライブ内でのXジャンプは圧巻でした。
どーにかこーにかXを写真に収めようと頑張ってみたが撃沈。

5635615_1266908335_185large.jpg
どーにかこーにかnatsukiの協力を得て収めるも・・・
(テレポーションの瞬間のようだ・・・笑)
5635615_1266930698_125large.jpg
お次はnatsukiの携帯が撃沈。

いやー可笑しかった。
必死にXジャンプを写メっとる自分が一番可笑しかった。笑

そしていよいよラストアクトは・・・レッチリ!
ついに生レッチリを観れる時がきた。
しかも一曲目から「by the way」。やばい。
X JAPANがまるでヘッドライナーかのような去りザマだったので、
レッチリの出演が霞むんじゃ・・・なんて一抹の不安を覚えたものだけど、
杞憂に終わりました。
セット自体はシンプルながら、バックの映像のしゃれおつ感!
日本人に全く媚びないMC。(片言の日本語すら使わない)
さすがレッドホットチリペッパーズでした。

終演後、車の渋滞の心配があったので、
マウンテンステージのプライマルスクリームがお先に終わった雰囲気を
キャッチし、我らもレッチリ途中で速やかにオーシャンステージからは退散。

そのままダッシュで駐車場の傍の丘に登って、
途中からフィニッシュまでは全て丘で鑑賞。
距離感はあるものの、音は十分聴こえるし、人もまばらだから踊りやすいし、
夜風も気持ち良くって、なかなか丘も悪くなかったよ。

最後はgive it awayで締められ
(予想ではダニーカルフォルニアだったけど、これは歌わなかったや)
その瞬間に傍の駐車場へ急ぎ足。
まだ全然他の客は来てなかったので、急いで車を出す。

丘スタンバイが効いて、
渋滞に引っ掛かることなく会場を後にすることができました。
案の定帰りも、三宮着くまでに迷子にはなったんだけどね!笑

・・・by the way、
今年のポーズはコレで決まりだね!
5635615_1266987133_244large.jpg
X!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あーーーー。
楽しかったなーーー。
8月すっ飛ばした感覚やったけど、サマソニ行ったよねぇ。
遠い昔のよう。
来年も楽しみじゃい!!!

確かにな~!
まだ一ヶ月も経ってないなんて信じられへんわ~
来年は誰が来るかなー?あー楽しみ♪
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: