直島24-第6話~第17話-

ようやくのこと車に乗り込み、向かうは宮浦港方面。
とにもかくにも腹が減った!ってことで、飯を求めて車を走らせます。

最初にやってきたのが「シナモン」というカフェ・バー。
直島カレーとやらがあったので、もうここで決まりだ!と思ってたのに、
店前に隙間なく停められたレンタル自転車たちに嫌な予感はしたんだけど、
その予感が見事に的中し、満席。洒落た店だったのに残念。若者が沢山いたよ。

仕方なく次に候補に挙がったのが、「リトル・プラム」というお店。
ちょうど飯後に直島名物の「直島銭湯 Iラブ(はあとマーク)湯」
に行くつもりだったんだけど、この「リトル・プラム」がちょうど
「直島銭湯」の真裏にあったので、ばっちりじゃん!ってことで。
この「リトル・プラム」というのもカフェ・バーで、
コンテナを改造したアメリカンテイストの洒落た外観でした。
naoshima3.jpg
ポテトの味付けがばり美味くて感激。
もしも行く機会があれば、必ずやオーダーしてください。おすすめです。
で、アルコールも入って、お腹も満たされて、満足感いっぱいでまったりしながら、
店内のテレビに映し出された音楽チャンネルの映像を楽しんでいたわけですよ。
そう、時間を気にしもせずにネ。

ふと気がつけば。時刻は20時50分。
つまり、直島銭湯閉館10分前。

いくら真裏の位置にいようが、
そこから駆け付けて、10分で風呂なんざ無理!
しかも風呂だけでなく、アートも堪能できる銭湯なのに、
10分なんか、無いに等しい時間です。

予定時刻より2時間遅れての到着とか、
到着前のギリギリ宿確保とか、
ベネッセ最終バス逃すとか、
全体的にゆるい旅だったのが、
この「直島銭湯入り損ねる」に繋がったんだと思うけど、
今振り返ってみたら、もはや反省点はこの一点のみですね。
反省かつ後悔。

別に、到着が予定より遅れてしまったことも、
宿がギリギリだったことも、最終バス逃したことも、
その時は焦ったし「しくじった!」と思ったけど、
今から思えば全然大したことないとゆーか、
もはや旅の面白エピソードとして彩られてるもん。

でもこの直島銭湯事件だけは別。
アート銭湯。是非とも入湯したかった。
naoshima8.jpg
やるせない思いで直島銭湯のファンキーな外観を写真に収め、
がっくりした思いで宿へ戻る。

入浴を済ませ、これまでの宿泊者たちが思い思いに綴った
クロッキー帳にメッセージを残したら、
何もすることがなくなってしまった夜10時過ぎ。

パソコンは勿論、テレビすらない宿で、
ついでに携帯の充電やばす!だったので、本当にすることがない。
パソコンにテレビにマンガにCD・DVDにテレビゲームに。
普段自分の部屋がいかに娯楽で溢れているかを思い知ったよ。
特にテレビに関しては、普段別になくてもいいかもと思うことが多々あるのだが
(だってパソコンvsテレビなら迷わずパソコンを選ぶ)
実際にない環境に身を置くと、それはそれで寂しいもんだわ。
これがキャンプのテントとかだったら別に無くてもしっくりきてたと思うんだけど、
普通の民家・・・つまり、ありそうなのに無いという状況が、
どうもしっくりこなかった原因かも。

そんなわけで暇を持て余したあたしたちは、10時半もならぬ内に就寝。
ザ・健康。
今日日10時半就寝なんて、小学生でもしてないかもしれない・・・
なんて思いつつ床についたが、くたびれていたのでしょうね。
すーぐに眠りに落ちました。

10時半に寝た甲斐あって、起床は5時半。
そんなに早く起きてどうすんだって?
そんなに早く起きて、うどんを食べにゆくのです!!
naoshima4.jpg
宿の部屋に貼られていたこの貼り紙。
あくまでも起きれたら行こう!というスタンスでいたんだけども、
そりゃあ10時半に寝たら、さすがに目覚めます。
ばっちし目ぇ覚めちゃったし、行っちゃいましょうか!
ということで、清々しい直島の朝、うどんを求めて6時からお出掛け。
こんな早い時間からのから散歩。なんて気持ちいい!

貼り紙の5分は言い過ぎな気がしますが、
まぁ10分もかからないくらいの場所にある手打ちうどん「山本」にて、
朝一番の打ちたてのおうどんを頂く。
naoshima5.jpg
たぶん記憶する限り、人生初のうどん朝ごはんでした。
最初はちょっと食べれないかも・・・と思ったけど、
だしの香りですっかり胃も目覚め、おいしく頂きました。
朝うどん、悪くないですよ!

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: