贅沢なパスポート

土曜日に遊気舎公演に行ってきました。
ここ数年、神戸の新開地で公演してくれてたのに、
いきなり日本橋にワープ。
堺筋線なんて初めて乗った。
大阪の地下鉄って、御堂筋線と四つ橋線と谷町線と中央線以外にもあったんですね。
知らなかった・・・!
そんな馴染みなさ過ぎる堺筋線に乗り、日本橋のインディペンデントシアターセカンドという劇場まで行ってきたわけですが。
ローカル感漂う商店街のような通りに突如現れる劇場。
ロケーション的にはなかなか面白うございました。はっきり言って気に入った。

ただなー・・・遠い。
今回観た「剥製の猿」は何と5部作になるそうで、
第2部となる「続・剥製の猿」は、11月に同会場で上演予定。
この秋、またまた堺筋線及び日本橋に縁あるようです。

そんでもって。
本日のメインディッシュはこの話じゃねーの。
終演後、とっとと神戸帰るつもりだったんだけど、
場内入口に貼られていたポスターにふと目が止まる。
『小沢健二「我ら、時」展覧会とポップ・アップ・ショップ』
何これー!?
小沢健二?!と、興味そそられるままにポスターに近づくと、@HEP HALL!
しかも入場料ワンコイン!
こりゃあ行くっきゃない!ということで、HEPまでいってきました。

正直、むちゃんこ良かったよ。
日本のパスポートがあれば大抵の国は容易く入国できる。
でも世界では百カ国以上の人々が、隣の国の国境でさえ簡単には越えられない。
国境を簡単に越えることができるのは、とても贅沢なこと。
それができる日本のパスポートは、何て贅沢なパスポート!せっかくの権限。それを使わないなんて勿体無い!
そんなことを始め、様々なことを教えてくれる小沢健二のナレーションを聞きながら、
降ってくるサウンドと写真で南米やアフリカやインドなどを旅した気分が味える、不思議な展覧会でした。
10日までに梅田に行く機会があれば是非行って欲しい!
トンネルに見たてた暗がりの中に浮かび上がる写真たちとサウンドに心奪われてください。
聴覚と視覚で世界旅行。パスパートの無い人は特にオススメ(笑)

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: