鹿児島・霧島・桜島③

二日目の鹿児島は、ホテルの奥さんに鹿児島市内まで車で送って頂き(本当に至れり尽くせり!)、鹿児島中央駅から電車に揺られて指宿へ!

海を臨みながら・・・言いたいところだけど、あたしは爆睡。
友人がカメラに収めてくれてたお陰で、こうゆう風景だったのね!と後から知る(笑)
本当にこの電車乗ったら爆睡病なんとかならんかねー。
日本だからこそまかり通ってる。

指宿まではかなり長くて、一時間以上かかった気がする。
しかも電車の揺れが半端ない。
漫画で描いたような感じで何度もお尻浮きました。
線路がちゃんと整備されてないのか、継ぎ目が荒いのか傷んでるのか・・・
最初は衝撃的で笑いが止まらなかったんだけど、そのうち慣れてきて寝た。

そして指宿到着!
ここでの目的は勿論・・・砂風呂!

海のそばで砂に全身埋まって参りました。
ずーっと長閑に入ってるもんなのかと思ってたけど、とんでもなかった!
頑張って15分入ったけど、10分の時点で限界は超えていた(笑)
じわじわ熱くなって、すぐにあっちっちです。火傷注意。

何か旦那さんが外人で奥さんが日本という夫婦が旦那さんの親戚と共に集団で新婚旅行に来ていて、皆で砂風呂入っていたのが印象的だった。
どう感じたんだろう。この特殊な風呂を。

砂風呂を体験した後は、ランチを取って再び鹿児島中央へ。
途中今回は乗れなかった指宿の玉手箱とすれ違って随分悔しかったです。
鹿児島中央に到着すると、まずはこれ!

路面電車ー!
何でこないにテンション上がるんでしょうな。
鉄子の気があるよね。
ちなみに写真は夜になってから写したものです。あしからず。

そして向かうは・・・

西郷隆盛!

やっぱ鹿児島と言えばね。
ただこの像、位置的にかなり高い所にあるのに、そばは直ぐ道路で、なかなか写真に収めにくい。
単体は大丈夫なんだけど、一緒に入って「はいチーズ!」みたいな写真はアングルに苦労します。

そして西郷隆盛の次は、メルヘン館という施設へ。

想像以上に子供だらけ。
いや、純粋に大人だけの客はウチらだけだったかも(笑)
まるで児童館!

アリスのトリックアートをやっていたので、とりあえず楽しむ。
本とかも沢山置いてて、遊ぶスペースもあって、子供がいたらかなり連れて行きたい施設かも。

その後ドルフィンポートなんかも行ったけど、
神戸でゆうところのモザイクみたいなので、お洒落感はこっちのが断然上なので大した面白みも無かったので割愛。

そして一行は、お腹空いたので夜ご飯。
鹿児島ラーメン!

目的の店までかーなーりー迷子になりました。歩いた。

そして何と無く話の流れで、お風呂入って帰ろっかー!
ということになり、地図で急遽温泉をリサーチ。
駅から一番近そうな、温泉を見つけたので行ってきました。
風呂の準備なんて一切持ち合わせていなかったにも関わらず(笑)


口コミにてローカル感は十分に覚悟していたものの、想像以上のものでした。最高。
入口からして、テンション上がりまくりー!
中に入ると、古い校舎のような雰囲気&ニオイ。
そして女湯の暖簾をくぐると更にカルチャーを感じました。昭和の風呂文化。
剥げたタイルやヒビ。
天井から落ちる水滴に、お粗末なシャワー。
やたら熱い温泉。
二分で三十円のドライヤー。
そして、よそ者のあたしたち以外、皆が知り合い!
脱衣所で風呂場で、交わされる挨拶の嵐!
今まで入った浴場の中で、一番カルチャー感じたよ。楽しかったー。

あと、番台のおばあちゃん(べっぴん!)がとってもいい人で気さくに話しかけてくれたり、なーんも持ってなかったあたしたちにサービスでタオル貸してくれたり。
本当に鹿児島で出会った人たちは皆、親切。
自分がいかに荒くれた都会で生活しているのかを思い知る。

お風呂上がりのコーヒー牛乳。やばうま!
この番台も昭和感満載で大変よろしい。

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: