ダーティーサイエンス

#1
「調子はどうだい?日本列島
調子はどうだい?日本人」
まずはMUMMY-Dの口上で掴みはおーけい。
油断すると飲み込まれそうな暗く尖ったビートが最高に「ダーティー」!

#2
1分18秒のコンパクトなご挨拶トラックをお見舞いした後は、
そのまま間髪入れず浮遊感とスピード感が同居する不思議な「ゆめのしま」。

#3
どうかしそう!どうかしそう!
どうかと思うくらいどうかしそう!な、「スクリーム」!

#4
サムライ風を気取ったリリックと、くせになりそうなブルース。
「ドサンピンブルース」。

#5
アルバムタイトル曲であり、個人的に一番のお気に入り曲。
このアルバムの格好良さの中核を担ってるとゆっても過言ではない。
ダーティー!ダーティー!ダーティー!ダーティー!
ダーティー!ダーティー!ダーティー!ダーティー!
ダーティー!ダーティー!ダーティー!ダーティー!
ダーティー!ダーティー!ダーティー!「ダーティーサイエンス」!

#6
散々ロックしたのち、エモな旅情でクールダウン・・・的な、「グラキャビ」。

#7
単なる大人の恋愛模様かと思いきや、その真意にハっと気づいた時、
どこまでも奥行きが広がる現象がナイスな「ナイスミドル」。

#8
Dさんの歴代曲タイトルだだ並べリリックの見事さに唸るしかない、
「サバイバー」。

#9
ニューアルバム間違えない!と確信を抱いた、
先行トラック「Deejay Deejay」!
これでアガれなかったら、ビョーキです。

#10
ファンキーサウンドで散々あげられたあと、突然ダークなリリックに晒されて、
しかし「ノーサイド 」なフックに安堵する、忙しい構成。

#11
流れ行く時間、街の喧騒、人ゴミ、乗車ベル、信号待ち、ため息・・・
そんな普遍で何気なく通りすぎていく日々にそっと寄り添うような、「It’s A New Day」。

#12
選ぶのはキミだ!
シンプルでわかりやすいテーマながら、
それ故に色んなこじつけを考えてしまわなくもない。
しかし、そこも含めて「The Choice Is Yours 」なんだろう。
そう考えると最後に置くに相応しい曲かもしれない。

・・・そんなライムスターのニューアルバム「ダーティーサイエンス」
あっちゅーまに終わる50分足らずの一枚。
かっこいーです。むちゃくちゃかっこいーです。
実はここ何作かは最初のシングルカットを聴いた時点で「うーむ」
という感想の作品が続いてたんだけど、今回は先行トラック聴いた時点で、
耳の反応がだいぶ違って「おおおおおお!!!」と、アルバムへの期待が一気に高まる。
そしてドロップされたアルバムはその期待を裏切ることなく、予想通りのかっこよさ!
久々にライムスター熱が沸き立ってるよー、なう。
ゆえに、アルバム感想文なんて書いちゃったよー、なう。
さらに、ライブにも行ってきたので、情熱が保たれたら感想書きますー、後日。

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: