縁と死

今朝、衝撃のニュースを聞いた。
3年半くらい前に一緒に働いていた方が、昨年亡くなっていたらしい。
まだ三十代後半か、いってても四十代そこそこ。
いくら何でも早すぎる死。
にわかには信じがたい訃報に、しばらく頭が真っ白。
何て言っていいのかわからない、言葉が浮かばない状態に。
悲しいとか、ショックとか、いろんな気持ちが入り混じってるのだけど、 端的には表せない思いがふつふつと湧いてきた。
しかも、その事実を何も知らずに今日までのうのうと生きていたことを悔しく思う。
彼女の人生は、わたしの知らないところで幕を閉じていた。
その事実が、わたしの心をどうしようもなくやるせない思いでいっぱいにさせる。
すぐに訃報を受けていたところで、彼女の死は免れない事実ではあったのだけれど。

わたしは無宗教ではあるけれど、「袖触れ合うも他生の縁」という諺には割と
信仰心めいたものを抱いたりしているくらいに、人の縁というものを崇めているので、
その価値観で生きているわたしにとっては、死そのものに対しても勿論だけど、
それを知らなかったという事実が、結構ダメージ。
人と人の縁って意外と脆いものだなぁと。
せっかく1年ちょっとくらい隣の席でお仕事をした仲なのに、
その職場という括りがなくなれば、訃報すらオンタイムで届かないのか。
しかも一年遅れで届いた訃報でさえ、間に三人もの人を介してようやく耳に届いたというね。
「職場だけで十分!」だとこっちが思ってる人ならこんなにショックではなかったと思うけど、
一緒に働いていた当時は、優しいお姉さんとして慕っていた人だったのが余計にツライところ。
何を隠そうこの女の子ブログでもちょっとその人の話に触れたことあるのよ!
だから、本当にびっくりで悲しくて悔しい。
地元が同じだったので、 そうゆう部分でも縁を感じてたし(何せ、大阪の職場で神戸出身の人と出会うだけでも テンションあがるのに、神戸の中でもピンポイントで地元が一緒!)
「一緒にお茶しましょう!」とか話してたし、
彼女が辞めたあとも何回かメール貰ったので、
徹底して職場だけの仲!と囲ってた人ではなかった。
ついこの間もアドレス変わった連絡と共にやり取りがあった記憶だったんだけど、
あれは自分が思っている以上に昔のことだったんだなぁ。


とゆうことで、さっきから人の縁について、人の死について、色々悶々と考えている。

偶然か必然か、先日、いつかまた会えるだろうと思っていた人と、もう連絡を取る手立てが無くなっているという事実を知った。
あまり詳しく綴るつもりはないけれど、彼女は今まで出会った人の中で、一・二を争うほど近い価値観を持っている人だし、勝手に大きな縁を感じてもいた。
だから、またそのうち会えるだろうと呑気に思っていた。
でももう生きてるのか死んでいるのかさえ、知る由もない。
既にもう交わることのない道筋を歩んでいたんだなぁと思うと、とても切ない気持ちになりました。
縁というものは、与えられた後の舵取りは、己次第なんだなぁと思い知った。
「今度飲みにいこう!」とか「また遊ぼう!」とか、ぼんやりした約束をしている人が何人いるだろう。
そのうち一体何人の人と、本当にまた会う機会が用意されているのだろう。
今、携帯の電話帳にある名前だって、一年以上も会っていない人なんてザラにいるし、
もう今生で会うことのない人だって沢山いるのかもしれない。
「人生なんて、所詮そんなもんよ!」
と割り切れたら楽なんだろうけど、わたしの心はそんなにオトナじゃないし、そんな風に割り切れるオトナになりたくない。

ここ最近も自ら反古にした約束もあれば、反古にされた約束もあって、
もしかしたら近い将来、前者はわたしが、後者は相手が、
すごい後悔をする可能性だってあるかもしれない。

随分と昔に、幹事が「会える時に会っておかないと!次が必ずあるとは限らない!」
みたいなことを言って、ほぼ流れかけた会が無事に催行されたことがあったのだけど、
今となっては、その後も幾度となくその会のメンバーとは集まってるし、
結果としては、あの時流れても後悔することはなかったけれど、
当時はその言葉に結構感銘を受けたというか、まさに一期一会な考え方だな!素敵だな!
と思った覚えがある。
だからわたしは、100%とは言わないが、プライベートでも仕事でもわりかし
会合の出席率はいい方だと思うし、 一期一会を大切にする精神は持っているつもり。
そうゆう気持ちは、対ヒトだけじゃなくて、対場所もそうかもしれない。
行ける時に行っておかないと!
また今度行こうと思っても行けない環境になっているかもしれない。
いつミサイルや隕石が降ってくるか分からないし、いつ行きたい国が戦争を始めるか分からない!
行けるタイミングがあれば、行っておかないと!
・・・と、さりげなくここ数年の旅まみれの言い訳を盛り込んでみる(笑)

まぁ何せ、死というものは誰のそばにも佇んでいるもので、遅かれ早かれ誰もに平等に訪れるもので。
次の機会の前に死が訪れないなんて保証は何処にもない。
だからこそ一期一会を大切に生きたいと思う。
わたしは、明日死んだら後悔だらけだ。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

御愁傷様です。
最近私の身の回りにも同じ出来事がおきました。
悲しいです。
だから私達は長生きをしよう。できるだけ健康で長生きを。
健康一番です。
ところで行きたいところがあります!そごうの屋上!
空いている日教えてね〜♫

>yuxy

このブログ、まだ見てくれてたのね!びっくり!(笑)
しかも本人も二週間くらい放置してたのに、たまたまチェックしたこのタイミングでのコメントに更にビックリよ(笑)

健康第一!
長生きできたらいいね。
でも単に長生きするだけじゃなくて、その生きてる時間をより充実させるのも大切なことよ。孤独に長生きしたって意味がない。
てなわけで、行きましょう!そごう!
六月前半なら、1か4か11。5と8も検討可。あ!8はベルギービールのイベントあるよ!行く!?

No title


ブログ続けて偉いやん。
全部じゃないけどちょくちょくよみにげしてるよ★
べるぎーふぇあ? ハーバーのん? なんかドイツのいったで?胸がとびでそうな女の人が熱唱してたよ。 とにかくもう!遊ぼう!いい加減やで 笑
そーね!8行こうよ!どこであるん? いちよんは仕事がやすみ?

No title

偉いやろ!何事も継続は力なり!
読み逃げするなら全部読めーー(笑)
わたしもドイツのん行った!
ベルギーは梅田!結局行けなかったけど、去年も誘ったやつ!覚えてない??
4は予定入っちゃった★
1は休みよー!
ほんまいい加減にしいややで。笑
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: