うずしお

最近、わたしの中で時間に対する新しいイメージがある。
それは、うずしお。
時間のうずしお。

小さい頃はうずしおの上を
渦に巻き込まれることなく、
上手に一生懸命走っているんだけど、
ある時から渦のスピードに足が追い付かなくなって、
徐々に徐々に渦に飲み込まれていく。
油断して足を救われたらジエンドなので、
何とか走ってはいるんだけど、
どんどん元気も無くなっていって、
どんどん渦の下層の方へと追いやられていく。

そして最後は飲み込まれて死ぬのだ。

時間はうずしおだ。
人々は皆それぞれのうずしおを走っている。

そんなイメージ。

さて、それはそうと。
8/31付で突然の創作発表をしてしまいましたが(笑)
別に作家ではないので、拙い文章はご愛嬌ということでよろしくどうぞ。
これね、オフレコなんだけど、わたし自身のことを風刺しました。
別に赤髪でもねーし、鏡好きでもねーし、お人形のような目もしてないけど(笑)
もっと本質的な部分で、リトルアニーはわたし。
最近、心がぐじゃぐじゃって丸めたハンカチ・・
いや、ボロ雑巾のような感覚になったことがあって、
その心のまま書きました。

2日に渡っちゃったけど、時間で言うと1時間もかかってないくらい、
スラスラ・サクサク書けちゃった。
ちょっと児童書風を意識。
肝心なディティールは読む人の想像力に託すようワザと表現してません。

ちなみにわたしの中でこのリトルアニーの世界イメージは、前半は野原、後半は真白の世界。なーーんにもないの。
じゃあ鏡はどこに落ちててん。丸わかりやないか!という話ですが。
実は母がポケットに隠していたのかもね?なんつて。

いやー。
早いもので世間ではもう2013年9月1日。
こんな未来に辿り着いてしまったよ。
わたしはもう5年くらい前からうずしおに足を救われたようで、
かろうじて溺れてないけど、もう身は膝くらいまで
うずしおに飲まれながら、もがいている感覚。
ぐるぐる円を描きながら、うずの真ん中へと流されている最中。
目を回しています。で、気がついたら2013年9月1日まで来ていたよ。

さて、実はわたくし、明日からしばし日本を離れます。
(まぁ離れなくても更新は空いたとは思うけど、)
つぎ会う日まで皆様ごきげんよう。

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: