コヤブソニック2013

去る9月16日(月・祝)、コヤブソニックに行って参りました!

今年はサマーソニックが個人的に参戦微妙だったので、
ソニック違いでこっちを選択。
毎年行ってみたいな~と思っていたので、
ようやく念願叶いました。

発表されてたラインナップのお笑い芸人的には
断然前日の15日に分があったのだけれど(博多花丸大吉出演!)、
法事の関係で迷う余地なく16日に参戦。

16日の発表ラインアップはこんな感じ。

[アーティスト]
アスタラビスタ / AFRA / ET-KING / Charisma.com /
カジヒデキ / サイプレス上野とロベルト吉野 /
サニーデイ・サービス / スチャダラパー / スモールポルノ /
ハナレグミ / ビックポルノ / YOUR SONG IS GOOD / レキシ / Secret Guest

[お笑い芸人]
アンガールズ / COWCOW / 麒麟 / サバンナ / シャンプーハット /
すち子&真也 / 天竺鼠 / どぶろっく / ハリセンボン / 土肥ポン太 /
ロバート / Secret Guest

開演は9時で、もともと遠方だしオープニングアクトはどっちでも良く、
11時出演予定のアスタラビスタに間に合えばいいや~
っていうゆるゆるの集合だったので、10時過ぎくらいに最寄りの中ふ頭駅に到着。
後から知ったけど、台風の影響で開演も30分延びたらしい。ちょうど良かった。


入場してからも、小腹がすいていたので、
お昼時だと混むし~ということで、先に飲食・物販エリアに突撃。
今までサマソニでも見かけていた焼肉のたむらがあって、
サマソニではいつもスルーしてたんだけど、
今回はコヤブソニックだし!ってゆう筋が通ってんだか通ってないんだかな
よくわからん理由で焼肉丼にしましたー!うまかった!

腹が満たされたところで、いよいよステージエリア突撃。

入場するや否や耳に飛び込んできたのは、
「もしかして~」「フ~♪」(ジャンプ)。
パフォーマーとオーディエンスのただならぬ一体感で、相当な盛り上がり。
そしてステージには・・・小林幸子ーー!
ヤフーニュースなんかでも翌日写真付きで取り上げられていたので、
知ってる人も多いと思うけど、すんげー衣裳でした。途中でリフトアップしてたもん。
歌が終わった後は、カウカウと一緒にコラボ当たり前体操とかしてた。

続いてのステージは、今回の大収穫!Charisma.com!
一瞬読めなかったんだけど、読み方はそのまま「カリスマドットコム」です。
1DJ・1MCの二人組スタイルで、全体的に白くてゆるっとした変形タイプの
不思議可愛い衣裳に身を包み、「よろしくどうぞー」と決めゼリフのような挨拶をしたのち、
バッキバッキの音に乗せて、女子社会のルールや不満を見事にラッピン。
最初の一曲でハート鷲掴みされました。
驚きなことに、普段はフツーのOLさんなんだって!

小藪座長がPVがオススメと言っていたので、家に帰ってから早速チェックして
ダウンロードもした。今、itunesでアルバム買おうか悩み中。

続いては、今回一番期待度が高ったアスタラビスタ!
SOFFetのGooF、リップスライムのRyo-Z、元キックザカンクルーのLITTLE、
Full Of HarmonyのYUTAKA、SpontaniaのMASSATTACKの5MCに、
DJはMELLOW YELLOWのDJ ISO!
それぞれがぞれぞれでしっかり活躍してキャリアもある大型新人グループ。
スポンテニアはわたくしちょっとピンと来なかったし、
どっちかといえばSOFFetはYO-YOファンだし、
MELLOW YELLOWはKINちゃんが好きだけど、
そんなことを差し引いても、わくわくしちゃうメンツです。
楽しいパーティーチューンなことは間違えないしな。
案の定、披露してくれた曲はどれもこれも初めて聴いたけど楽しくて、
今後も贔屓しちゃいそーです。
ただ、ユニット名が覚えにくいのよね・・・アスタラビスタ。
未だに空で言えない。

お次は!
この為に参戦したと言っても過言ではない!
単独でも行きたいくらいだった元バタ犬の池ちゃんプロジェクト、レキシ!
実は物販もダントツで並んでた!
ちょー楽しみにしてたステージだったわけだけど、
感想を一言で述べるならば、やばいくらい楽しかった!ハッスルした!
「大奥~ラビリンス~」「キラキラ武士」「狩りから稲作へ」
の、セットリストはたったの3曲。
しかし、3曲しかやってないのが信じられないくらい濃厚。
MCもめっちゃ面白く、正直わたしが場内にいた時間の中では一番の盛り上がりでした。
こんなの単独行ってしまったら、笑い死ぬ! って感じでした。

わたしのように本命レキシの人も結構多かったらしく、
レキシが終わると同時に3分の1くらい(いや、もっとかも)の人が去って行き、
次のアクトが大変不憫なことになっておった。レキシすげえわ。
まぁ前方がだいぶ空いて、ステージはかなり見やすくなったんだけどね。

しかし、わたしもトイレタイムへ。
で、一番げっそりの事態発生。
トイレに1時間も並ぶ。
ディズニーのアトラクションじゃあるまいし!
トイレに1時間って何!?
幸い、行きたくて行きたくて仕方無い!っていう切羽詰まった状態じゃなかったから
耐えれたものの、状態が状態なら大惨事になりかねなかったよ。
まぁお手洗いはいくつかあって、
わたしが並んだトイレが相当回転悪かったってもあるんだけどね。
(入ってみたら個室1個!こりゃあ時間かかるはずだ!と思った)
簡易トイレとかもできてたので(そっちも長蛇だったが個数は多かった)、
そっち並べばよかったです。

で、戻ってみると、ちょっと見てみたかったYOUR SONG IS GOOD
まで終わっていたという悲しい事態に。

ステージは本日一回目のネタブロックへ。
正直、ネタブロックは一回目と二回目でそれぞれ誰が出てたか失念してしまった。笑
台風の影響でアンガールズとハリセンボンの春菜ちゃんが来れなくなったとかで、
予定より少ないラインアップにはなっていましたが。
お笑いのシークレットゲストは、吉本新喜劇!
実はコヤブソニック史上初めてのことだったらしい。
普段よりちょっとコンパクトな台本で、新喜劇を披露してくれました。
内場さんとやすえちゃんが恋人役で、会場からは何度も「ひゅ~♡」という
冷やかしの声が上がって、内場さんがテレまくってるのが面白かったです。
そしたら、ここぞとばかりにやすえちゃんが夫婦ネタを盛り込んで、
ますます盛り上がりました。面白かったです。
実は立ち稽古をせず、車の中で台本読み合わせただけ・・・ということで、
ちょっと戸惑いつつの劇だったらしーんだけど、
そもそも培ってるモノが違うというか、
そんなハンデを感じさせないさすがのチームワークでした。

ネタブロック1明けは、スチャダラパー!
オープニングは♪パーッパラッパッパッパラーパー パーパーパッパッパラ
と、懐かしのポンキッキーオープニングのメロディーで登場。
スチャは客演としての曲は結構好きな曲多いのだけれど、
単体の曲はあまり知らないので、「ライツカメラアクション」
くらいしか分からなかったけど、本編終了後にアンコール的な感じで
「今夜はブギーバック」をやってくれた。しかも、ロバートのお面ネタとのコラボで。笑
あくまでもオザケンの曲なのでやってくれるとは思わず、儲けもんでした。

お次は2番目のお目当て。
ハナレグミ!
今までのラインナップがほぼやんちゃだったのに対して、
180度違うタイプのステージ。
オーディエンスは皆、ただただ佇んで彼の歌声に聴き惚れる。
あの聴かせる魔法のような歌声は何なんでしょうね。
でもわたしが行くライブって、わいわい盛りあがってなんぼ!
みたいなタイプが基本なので、こうゆうライブは新鮮でした。
雰囲気はとても良かったけど、こーゆーところじゃなくて、
野外で椅子がある会場で聴くのが一番ベターなアーティストな気がする。
夜の野外音楽堂で聴くハナレグミとか、至福ではないだろうか。

その後ネタブロック2を堪能し、結構な時間になってしまったので、ここでタイムアップ。
カジくんとサニーデイサービスは残念ながら見ずして撤収致しました。
なんせ神戸からインテックス大阪は遠いのです。仕方あるまい。

さてさて。
初のコヤブソニック参戦の感想としては。
すんげーいいフェスでした。
感心すべきは小藪座長の頑張り。
アクトとアクトの合間にMCとして出てきて、ライブを終えたばかりのアーティストをインタビュー。これは他のフェスじゃまず無いのではないだろーか。
ぼーっと待てない関西人にとても配慮されたおもてなし。
それを終えても、セットチェンジが続いてる間は次のアクトが出てくるギリギリまでお客さんを飽きさせぬよう出ずっぱり。
アーティストのステージが始まれば、今度は会場の外に設けられているミニステージに登場して、スポンサーの商品の宣伝。
もうずっと働きっぱなし!一番大変!
何つーか、実に関西人による関西人のためのフェスだなーと思った。
お笑いと音楽の融合っていう発想からしてそうなんだけどね。
その特質もあって、家族連れも多かった。
あとは、小藪座長の芸人たちへの愛もすごく感じた。
特に新喜劇後は、出演者全員紹介して、相変わらずの毒舌ながらも、それぞれを引き上げようとしている姿に感動。

こんな大型フェスを毎回毎回一人で仕切って相当大変だと思うけど、来年も楽しみにしているので、ギブアップせずに頑張って企画してほしいなぁ・・・と思いました。
ついでに来年もインテックス大阪希望♡(屋内快適!最高!)

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: