新長田アートプロジェクト

神戸ビエンナーレのプレイベント「新長田アートプロジェクト」に行ってきました。
西宮船坂ビエンナーレとか、丹波篠山・まちなみアートフェスティバルとか、前々から気になっていたアートフェスたちがこぞって名を連なっていたのに惹かれた。

新長田駒ヶ林の物干し竿が立ち並ぶザ・下町!な、細い路地のモノホシザオギャラリーという名の一画にて。

カラフル蜘蛛の巣。

ポップな水場。
普段は絶対に住んでいる人しか通らないだろうなぁ~というような、生活感溢れるプライベートな空間(なんせ普通に洗濯物とか干している家もあって、そのすぐ横を通るような造りになっている)で、ギャラリーとされていなかったら中々踏み入るのに勇気のいる路地でしたが、それが何だか探検っぽくて楽しかった。

アスタの商店街の空き店舗にて。



古着などの衣類で紡がれ、お洒落なインテリアが配置されたアーティスティックな部屋。
神戸ビエンナーレの元町商店街に点在したギャラリーの時も思ったけど、空き店舗を利用するのは、そのままシャッター閉めとくより見栄えもいいし、その地の集客にも繋がるし、いいアイデアだよね。
会期が終わってもこのまま置いといたら絵になるのに…なんて。

童心をくすぐられるカラフルな小屋のような一画。


Love Stone Project

世界各地の街や公園で集う人々とともに、ハートの形に彫刻をした石を手で磨く、参加型の制作活動だそうで、わたしも磨いてきた。

自由にメッセージを書けるコーナーも用意されてたので、自分の壁紙用にこんな写真も撮りおさめてみた♡


スタンプラリーに参加しつつ、何だか久しぶりにじっくり新長田のまちを練り歩いた気がする。
かなり楽しかった。かなり魅せられた。
で、三国志が無性に読みたくなった(笑)
あと、駒ヶ林駅から通じる地下道にあるやたら広くて小綺麗な洋食にて、今まで口にした中で一番美味しいオムライスに出会う。
あれはぶったまげた。
運命の出会いでした。
絶対にまた行く!また食う!

そんでもって。
あの日から20年を迎え、例年に以上にメディアに取り上げられてる新長田のまちを見て、次に長田に出た時はしっかりお金を落とそう!と思っていたので、ここぞとばかりに鰻屋さんや豆腐屋さんや八百屋さんや和菓子屋さんに立ち寄って、買いまくってきたよ。
現神戸市民の4割以上が阪神淡路大震災を経験していないという事実に、20年という年月の長さが身に染みたけど、閑散とした商店街の様子を見ると、20年経っても正しい復興は成されていない気がするね。
まだまだ多額の借金を抱えながら商いをしているお店もある中、いち神戸市民であり、いち消費者のわたしにできることは、ただただ買い物をすること。
長田に行く機会を作りやすくする為にも、今後もこういったイベントを積極的に開催してもらえると、大変ありがたいんだけどな。

さて。新長田アートフェスティバルは2月11日まで開催中です。
是非ぶらり歩きしつつ、新長田でお買い物を!

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: