ギア

京都に行くと、和装して、人力車乗ったり、寺社巡りしたり…という遊び方が、ここ数年で個人的に定番化してきているのですが。
何もそれだけが、京都の楽しみ方じゃない!
新しい京都の楽しみ方として是非ともオススメしたいのが、今じわじわと人気が高まっている「ギア」。

大人から子供まで、日本語がわからない外国の人でも楽しめる非言語エンターテインメントショー!
以前、探偵ナイトスクープでその存在を知って以来、ずっと観に行きたい!と思っていたのですが、先日縁あって、ようやく観に行くことができました。

パントマイムにブレイクダンスにマジックにジャグリングにプロジェクションマッピングまで盛り込んだ楽しいパフォーマンスで、70分があっという間!
特に終盤の、ゴーグルが必要なあの演出は圧巻!たのしかったー
終演後の場内では「面白かった!」「想像以上!」「これは人気出るはずや!」と、満足度高い感想が大いに飛び交っていた。
同じ非言語エンターテインメント舞台なら、ブロードウェイの「ブルーマン」や、韓国の「ナンタ」の方が知名度は高いけど、「ギア」の方がストーリーにちょっぴり切なさがある分、ドラマ性は高い気がする!
もちろん笑いや興奮どころがメインではあるのだけど、最終的に本筋のストーリーとしては、ああいう終着にしたのが日本らしくていい。
侘び寂びを美徳とする文化だからこそ…なんて言うと大袈裟かもしれないけど、ただただ可笑しいだけで終わらないところが、個人的には凄く好感が持てました。
サービス精神旺盛なカーテンコールも嬉しかった!

尚、個人的には、子どもの観劇デビュー作品として、かなり推薦したい。
定番の四季やディズニー系に連れて行きたい気持ちもわかるけど、個人的には俄然こっちがおススメ。
子どもでも理解しやすい内容っていうのもあるけど、何より劇場のキャパがいい。
とってもコンパクトなハコで見切れ席以外ならどこ座っても見やすいし、どこに座っても距離感が近いので、生ならではの臨場感や迫力がより大きく感じられて、子どもが集中して見やすい舞台。
更に大きいのは、未就学児でも十分に楽しめる内容なのに、未就学児は席を用意してくれて無料という太っ腹さ!
膝上鑑賞なら無料って公演ならたまにあるが、席有りで無料って公演は、なかなか無い。
勿論ちゃんとキッズクッションも用意してくれます!
連れて行くなら、小学校上がる前の5~6歳が一番ベストかな~!とは思うけど、キッズデーは3歳未満でも入場できるし、実際1歳くらいの子でも楽しんでいたという報告はあるので、「おかあさんといっしょ」とか「いないいないばぁ」とかの番組を見て、一緒に踊ったり歌ったりするような子だったら何歳でも問題ない気はする。
ちなみに我が姪(5歳)と甥(3歳)も楽しんで観劇してくれました。

詳しくは、HPをどうぞ!
http://www.gear.ac

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: