ジェス・グリン

最近なに聴いてるー?と聞かれたら用意している答えは唯一つ。
「Jess Glynne」

出会いは多分世間…いや、世界一般的なClean BanditのRather Be。
そう、冒頭に「清潔な盗賊」というテロップが堂々と現れ日本が舞台ながらその奇妙なストーリー性に突っ込まずにはいられないPVでお馴染みのあの曲。
わたしも大いにハマったけど、世界的に大ヒットしたあの曲でフィーチャーされていたのが彼女でした。
その他、同じくClean BanditのReal LoveやRoute 94とのMy Loveなどを経て一躍有名になった彼女が満を持してデビューアルバムをリリース。
その名も「I Cry When I Laugh」
先行シングルの「Hold My Hand」は、各ラジオ局や音楽チャンネルでパワープレイされてるので 、ここで紹介するまでも無く自然と耳にしてる人も多いと思う。

ただ、デビューアルバムに関しては何故か日本盤は16曲くらいの収録で、輸入盤のデラックス盤は20曲収録という、納得のいかない仕様になっている。
でも近年はお馴染みのとなった後発で出る豪華盤の可能性に期待してしまって、とりあえずCDそのものの購入は今のところ見送ってて、何曲かダウンロードしただけに留まっている。

ところで、Jess Glynneの響きに最初は名前がなんか聞いたことある感じだなぁ…
と思ってたら、最近答えに辿り着いた。
Seth Greenだった。
いや、似てないやろ!と突っ込まれてもしゃーないとは思うけど、もう一度「Seth Greenに響きが似てる!」と思ってしまうと、その概念に囚われすぎて、Jess GlynneをSeth Greenと言いそうになる。
ちなみにSeth Greenとは、映画好きな人なら分かると思うけど、映画俳優です。
オースティンパワーズシリーズでDr.イーブルの息子役やってた彼。いえす、男だよ。
昔結構好きだったんだよねー
そういや最近見てないかも…。

さて、セス…じゃないや、Jess Glynne。
個人的にはその声がとても魅力的だと思ってる。
ハスキーなんだけど透明感もあって、低音と高音で相反する魅力がグッと詰まってるという不思議なボーカル。

伸びやか。
ソウルフル。

ほかにも形容する言葉はあるけれど、一番しっくりくるのは「スタイリッシュ」!
これ、歌声に対して使うには抽象的すぎる単語だけど、曲の印象ともあいまって、一番相応しい表現だと思ってる。
おしゃれな秋のBGMにいかがでしょうか。
わたしが勝手に気に入っているのは、秋晴れの朝に聴く「Hold My Hand」
清々しくって、ちょー気持ちいい!



comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: