クリープハイプ

そろそろクリープハイプについての一連の事態を綴っておこうかしらね。
今現在、わたしが世界で一番ハマっている曲がクリープハイプのイトなんだけども。
今日はついに彼らの曲をひたすらミュージックアプリにダウンロードするという行為に至りました。

クリープハイプは自分の中ではずっと、名前は知ってるけど曲は全く知らないという、よくあるパターンのバンドの1つで。
正直、そんなに好みのラインのバンドではないし、そもそもハイトーンボイスってどっちかというと苦手なんだけど。
そこを乗り越えてハマってしまったことに、自分でも凄く驚いている。
まぁ日本語ラップは苦手なのにライムスター大好きとか、矛盾は今に始まったことじゃないんだけどね。

最初にクリープハイプを意識したのが、昨年リリースのアルバム「世界観」を、かなり信頼してる音楽通のお姉さんが絶賛してて、是非!と、薦められた時。
でも、どれちょっとチェックしてみるか!とその時は思ったものの、そっから行動に移らないという、わたしのお決まりのあるあるパターンで、そのまま月日は流れる。

そして今年になって、ボーカルの尾崎世界観がピックアップされているのをテレビで見かける。
そこでちゃんと尾崎世界観の存在を認識した結果、才能も容姿も含め総合的にこの人、好きだわ!となる。
ただ、それでも、クリープハイプを腰据えて聴くには至らず。
ここまで来たらもう、このままちゃんと向かい合うことは一生ないのかもしれないパターンかと思われた。

しかし、その時は突然やってきた。
そう、ラブストーリーは突然に。イトは突然に。
わたしの生活の一部となりました。

ちょうど先週のこと。
現在ヒット中の映画「帝一の國」を観に行った際。
映画自体ちょー面白くて、ただのイケメン映画で終わらない秀逸な出来に大満足で迎えたエンドロール。
あのイントロが流れるわけですね。
ヒロイン演じた永野芽郁の永遠に観ていられる可愛いダンスも相まって、もう釘付け。
音に映像に釘付け。
その後、トドメを刺すようにラジオからも流れてきて、気がついたらダウンロードしてた。

そっから一週間聴き続けた結果、それまで死ぬほどハマっていたカルヴィンハリスのheatstroke及びslideと肩を並べて毎日聴かないと禁断症状になってしまう楽曲となる。
と同時に、ナルバリッチとかking gnuとか、それまで気になっていた他の邦楽アーティストを軽く押しのけて、今一番観たいアーティストに。
とりあえず手始めにフェスとかで観たいなーと思って調べたら、現時点で行けそうなやつがなくて、今結構ショックを受けてたり。
しかし、来週なんばハッチで公演やってるらしく、こんな即席ファンには敷居高いなぁと思いつつも、この情熱が高まりきったら一人乗り込みかねないな!とも自己分析している。
今はまさかね~、と思っているけど。
たまに自分で自分の暴走が止められないこともあるからね。
来週のわたしの理性にエールを送りたい。

そしてそろそろ、「芸能人で言ったら誰がタイプ?」的な質問に、マミーD改め、尾崎世界観!と答える日も近いなと感じている。

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: