FC2ブログ

貯金と経験

最近ネットで見かけて凄く唸った考え方があった。

「お金は余計なことをしなければ貯まっていく。
仕事終わって、まっすぐ帰って寝るだけの生活なら、自然と支出より収入が上回って貯まっていく。
でもそうすると、未来の広がりは出ない。
逆に、お金をどんどん使えば広がりが出て、結果的に自分に返ってくる」

「若いうちから貯金するな。貯金する分を経験に使え。」

うおおおお!と思いました。
特に大した貯蓄のない身としては、素晴らしい考え方だなと思いました。

そうなんだよ。
そのとおりなんだよ。
ま、私の場合、貯蓄のない言い訳にもなるけどさ。笑

周囲は割と保守派が多いので、こうゆう考え方する人があまりいなくて。
でも、今死んだらその貯金、意味ないよ?って思うわけなのよ。
楽しいこと我慢して作ったその貯金、結局使い道ないかもよ?って思うわけなのよ。

でも同時に矛盾してるんだけど、安心を貯めておきたいという気持ちもすっげー分かるのよ。
だって今働けなくなったら、経験とかどーでもよくて今日明日食ってく銭が必要になるのに、それがないとか不安しかない。

じゃあどうすればよいのか。

私はついに編み出しました。

経験に繋がらない余分なお金は貯金しろ。ですね。

例えば食事。

人と食べる食事。
これはお金かけていいと思うんです。
誰かと何か美味しいものを食べに行くとか、惜しみなくつぎ込んでいいと思うんです。

家で一人で食べる飯。
これは質素にしてよいと思うんです。
今日は頑張ったからご褒美のスイーツ買って帰るか!みたいなプチ贅沢は一番無駄。
だったらプチ贅沢を5回我慢して、誰かと1回贅沢会を開けばいい。

記憶と同時にスケジュール帳や写真に残る思い出には、お金使いましょう。
日々のルーティンに組み込まれるような、明日になったら忘れちゃうような、ちょっとした無駄遣いは極力控えましょう。
ちょっとしたお菓子とか、電車やバスで賄えるちょっとした距離のタクシーとか、あと世界で一番無駄なものはタバコね。

嗜好品による、日々のちょっとした喜びが人生を潤すという考え方もあるかと思いますが、そんなちょっとした喜びなんて、3年後記憶にも残りませんからね!ええ。

思い出として残るものにお金を落としましょう。
そう、ライブとかライブとか旅行とか。
つまりは自分の金の使い道の肯定である。(1月にライブ遠征した人)


comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: