FC2ブログ

サマーソニック2018

平成最後のサマソニはワンオクファンへの苦手意識から、オーシャンステージ近寄るべからずということで、初めてメインステージに一度も訪れないサマソニとなりました。
いやまさかワンオクが出ようとは。
あの枠、発表前から日本の有名どころが出ると睨んでいて、その予想は見事に的中したんだけど、個人的希望としては椎名林檎か三浦大知だったので、希望は見事に外しました。


さて、今更ながら簡単に当日の感想をば。

迷ったら外タレ優先が私のサマソニの基本理念なんだけど、今年はそれにジャニタレ優先も追加!笑
マウンテンステージにて、一度は生で聴いてみたかった堂本剛くんのパフォーマンスから私のサマソニ本編はスタート!(それまではソニックステージで体力温存していた)

去年の出演キャンセルで悔しい思いをしたので、リベンジを果たせて良かったよね、堂本剛も私も(何様)。
ENDRECHERI名義での出演だった剛くんのステージは、ムッシュかまやつの『grooveとは快楽である』という言葉を思い出す、ホーンセクションやパーカッションも巻き込んだ巨大grooveがうねる最高のパフォーマンスでした。
ちなみに後ろで竹ちゃんがギターしてたんだけど、よく考えたらバタ犬といい、マボロシといい、ウェッサイカルテットといい、浮雲さんらと林檎さんのバック務めたりといい、竹内朋康の音楽人生、嫉妬しかないな…とぼんやり思いながら、相変わらずイキった表情でギター掻き鳴らす竹ちゃんを見守っていた(何様)。

剛くん終わりは、拠点のソニックステージに戻って、Rex Orange County➝Tom Mischの流れ。
可愛い男の子に『僕と一緒に楽しまない?』と誘われたあと素敵な大人の男性に『俺にしとけよ』と抱き寄せられる…まさにそんな流れでした。ご馳走さまでした。

そこからホワイトマッシブでモンキーマジック!
割と序盤に超超大好きな『fly』をやってくれたので、そこまで観てソニックステージに引き返しました。
『fly』は今サマソニ一、エモかったな。

ソニックステージ戻るとモンキーマジック被りで諦めていたJorja Smith!
TLCの『No Scrubs』をムーディーなアレンジでカバーしていたんだけど、これが原曲とはまた違った魅力で素晴らしかった。
メロウな気持ちが止まらなくなった。

お次はマウンテンステージに繰り出しての、Alessia Cara。
ちっこい!かわゆい!
ビール持参で踊って飲んでゆるっと楽しむという、フェスの一番正しい振る舞いができたいい時間だった。

そしていよいよ我々のサマソニ…いや、夏もクライマックスに差し掛かる。

夜ご飯食べつつ、舞台のホワイトマッシブで待機!

うどんだけで充分腹は満たされたので、唐揚げ購入は完全にやり過ぎた。反省。

Rather BeとReal loveが2回聴けるかもしれないという、控え目に言って神並びだったJess Glynne→Clean Banditという、おいおいホワイトマッシブで正気の沙汰か!?となるタイムテーブルだったのですが、Jessがまさかの一切Clean Banditの曲をやらずという事態にええー!?となり、お次のClean Banditも皆が一番期待している曲は終盤のコール&レスポンスでちらっとフレーズをやったくらいで本編では演奏せずという、いつぞやの悪夢、そう、レディオヘッドCREEP事件を思い出す展開に。(まだまだ根に持っている)

痺れを切らしたオーディエンスのアンコールが『ラザビー!ラザビー!』になるほど、その場にいた全員が待ちわびたあの曲は、Jessも呼び込んでアンコールにての披露でホッと安堵すると共にくそ盛り上がり!
私はこれを焦らしラザービー事件と名付けましたとも。

そのあとは駆け込みでソニックステージのパラモア。
実は知ってる曲は限られてるんだけど、数少ない知ってる曲がナイスタイミングで聴けたので、それで大満足して撤収。

観たいアクトは全部観れた、花丸のサマーソニックであった。
来年も行けますように。

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: