FC2ブログ

グラスホッパー

陽気なギャングが地球を回す
ラッシュライフ
陽気なギャングの日常と襲撃
アヒルと鴨のコインロッカー

に続き。
今回、5冊目になる伊坂作品「グラスホッパー」を本日、読了。

生活の中に読書むきな環境を、図らずとも築き上げてしまったもので。
文庫本を持ち歩く毎日が続いています。

伊坂幸太郎はこれまで読んだどの作品(つっても上記4つだけだけど)も、
非常によくできた構成で。
見事までの展開に毎回、舌を巻くばかりでしたが、
今回は、展開という一点に注目を置くと、少し物足りない感はあったかな。

そして各作品で何度もやられた、
伏線と言うと大層な気もするんだけど、暗示というか、キーワードというか。
後になって「あーなるほど!」と繋がる
何気ない単語や表現が何気なく出てきたりするんだけど。
それが少なく感じたせいかな?

そして、今までで一番殺人が多かったような気が。
まぁ「人を自殺させる自殺屋」とか
「ナイフ使いの殺し屋」とか
「交通事故に見せかけて人を殺す押し屋」とか。
物騒な稼業の人たちが主軸なので致し方ないのかもしれないが。
リアルに惨殺シーンがつらつら描かれておりました。

しかしながら。
決して面白くないわけではありません。
疾走感あふれる内容に、読めば必ず引き込まれます。

伊坂先生お得意の時間軸操作もそんなに多用されてなかったので、
出勤・帰宅時間を利用というブツ切れ読書でも、非常に読みやすかったし。
時間軸のズレがややこしすぎるラッシュライフでは絶対やっちゃいけない
タブー行為ですけどね。>ブツ切れ読み

鈴木と鯨と蝉。
最初はバラバラのこの3人が、ある事件をキッカケに
それぞれの目的や事情や思惑が重なり、少しずつ手繰り寄せられていくその様子を、
それぞれの視点から順番に語られていく手法もなかなか面白かった。

特に鈴木の場面では、彼自身の心の中のつぶやきで締められる回が多くて。
登場人物の中で一番まともな人物・鈴木が、
普通に生きていればおよそ縁のなかった世界にズルズルと引き摺りこまれる中で
発せられるそのつぶやき(心情)が可愛くて好きでした。


さて。
そんなグラスホッパーを読み終えたので。
明日からいよいよコイツに手を出すことを決心しました。

「帰ってきたアルバイト探偵」!

アルバイト「たんてい」ではなく、アルバイト「あい」と読んでネ。

大沢在昌の代表シリーズのひとつであり、
私の読書における元祖的な作品シリーズです。

文庫化されてから、すぐに母親が買ってきたのに。
あまりにものブ厚さに武者震い!
ってのは嘘で、そのブ厚さに読むのが非常に億劫になりまして(笑)
何せ文庫本のクセに、この厚さ!
20080916232454.jpg
左がアルバイト探偵。
右の比較対象が先ほど紹介したグラスホッパー。
写真ではわかりにくいですが、ちょうどグラスホッパーくらいが厚すぎず薄すぎず、
文庫本の平均的なボリューム感です。

どーよ?この厚さの違い!
アルバイト探偵ってば、約2冊分ねー?
こりゃ萎えても仕方ない。

おかげで、本棚で本を物色する度いつも見ないフリをし、
もっと薄めの読む気が起こる本をセレクトしてきたんだけど。
いよいよ読むネタがなくなってきたので、ついに着手しますー!

念願のリュウくんとの再会。
何年ぶり!?

こーんなに触手が伸びなかったのに、
読み始めたら驚くくらい没頭してしまうってことは、読む前からあたし、わかってる。

まぁもっぱら出勤・帰宅時間しか使えない上、読書スピードはかなり遅いので、
この厚さを読み終えるにはかーなーりー時間がかかりそーだが。

「やるしかないじゃない。」
君の言うとおり。

comment

管理者にだけ表示を許可する

アルバイト探偵話わすれてもた!!でもすごいきにいってたはずなんやけど・・・。
最初からまたよまなあかんわ☆

読書タイムってのみにポイントを置くならば、出勤や帰宅に1時間くらい電車に乗る人が羨ましい時がある。
1分では読めねー!!!
ま、無いものねだりよ。

ラッシュライフ、ブツ切りしてもて結局2回読むはめになったよ、あたし(泣)
伊坂時間をあなどったらあかんよな。
時間軸で言うと、20世紀少年しかりやね。
伊坂さんも浦沢さんも、その辺ほんま天才やと思う!!!

なんせ、QMIママにまた本貸してーて言うといて♪

★eri
いや、たぶん読み返さんくてもサクっと「帰ってきた~」は入っていける思うで!
今読んでる最中やけど、相変わらずおもしろい!!

★natsuki
ただし、出勤時間が早いか遅いかにもよるで!同じ1時間でも!
毎週経験してる私がゆうんだから間違えない。
月曜は読書欲より睡魔が圧勝。
本を手に取ることもなく、爆睡です。
長くても時間が早すぎるのは考えもんよね。

ラッシュライフのタブーを犯したのね(笑)
ほんまタランティーノ映画なんかもそうやけど、
ああゆう時間軸いじる構成考えれるのはホンマすごいよな。
こっちは物語についていくので精いっぱいやのに、それを生み出すなんて!どんな脳回路!!

昨日我が家に重力ピエロがやってきたよ。
また貸します。
07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: