FC2ブログ

2007マイランクTOP5【映画編】

2007年ランキングシリーズラストは映画編。
いちおーDVDとかじゃなくて、ちゃんと劇場に観に行った中からチョイスしました。



2007年QMIランクTOP5【映画編】

映画
1ホリデイ
2キサラギ
3ラッキーナンバー7
4リトルミスサンシャイン
5オーシャンズ13

次点
さくらん

んー結構悩んだけど。こんな感じに落ち着くかなー


「ホリデイ」
この映画の主要メンバーのひとり、
ケイト・ウィンスレットが大好きなんです。私。
なんつーか、作品選びに女優魂を感じる。
「タイタニック」のあとの作品選びがよかった。
あれ以降、大作系女優になってたら興ざめだったけど。
本人もそこんとこ意識したのかもしれないけど、
相当変わった作品選び。そんでもって、演技も巧し。
大好き!!
で、そんな彼女が出演したラブコメもの。
こんだけ必須条件そろってて、観ないわけにはいきません。
なんて、使命に近しものを感じて劇場に足を運びましたが、
予想してたよか遥かに面白かった!
これまで「200本のたばこ」が君臨し続けた
「年越し前に見たい映画」というポジションに見事収まる、
年末が舞台のハッピー映画でした。
ロマンチックかつ、ほくほく。そんな作品。


「キサラギ」
笑いました。
かなり、笑いました。
今年、劇場で一番笑ったのがコレかな。
途中から先の展開がかなり読めてしまって、
で、予想を裏切ることなくその通り進むんだけども。
それでも、相当笑えます。
出演者は小栗旬、 ユースケ・サンタマリア、小出恵介、
塚地武雅、香川照之のほぼ5人。
舞台も一室の中でほぼ全編展開されるという、
かなりお金のかかってない感丸出しにもかかわらず。
謎を解き明かしていくという明確な基盤に
個性豊かなアイドルオタク5人のキャラと、
作品全体のテンポの良さも加わって、あっゆうまに観終わっちゃいました。
何回も繰り返してみるようなものではないけど、1回は観といても損はない。
ちなみにこの映画で初めて、巷で女子市民らがキャーキャー騒いでる
小栗旬クンの演技を見ました。(女の子市民失格)
その日、奇しくも帰ってからたまたまドラマ「花ざかりの君たちへ」もとい
「イケメンパラダイス」を目にしたのですが、それの小栗クンを見てぶったまげました。
全っ然ちゃうやないかー!(驚)
思ってたよか、役幅あるんですね。


「ラッキーナンバー7」
メンツがかなり豪華。
ゆえ、キャストばっかにお金はたいた系かな?と思ったら、その割に面白かった!
なかなかスタイリッシュ系なアクション映画です。
迫力だけを重視した、いかにもハリウッド的な超アクション大作よりも数倍楽しめた。
二転三転する巧みなストーリー展開・・・なんて言うと大袈裟な気もするけど。
(そこまで全く展開が読めないワケではない)
まぁとにかく一番言いたいのは、ルーシーリューの可愛さに参った!
彼女のことは「アリーマイラブ」の時からちょー好きで、
アリーシリーズは、ルーシーが出てたセカンドシーズンのみ制覇してます。
普段は結構ちょっとツンとしたクールなイメージで。
それはそれで好きだったけど、
こんなにチャーミングな役もできるのね!と、感嘆。
でも、彼女はワガママだとか色々言われてたりするけど、
チャリエンなんかでもキャストチェンジの原因が彼女だとか言われてるけど。
そんなことないんです!とってもとってもイイ人なんです!
私は知っている。
なので、断然支持派。


「リトルミスサンシャイン」
いやいや。
この作品がラッキーナンバー7に劣るってどゆこと!?
と、どっちも観た人がいたらバッシング食らいそうだけども(笑)
英語がわかれば、もっと役者たちの本来の会話のやり取りで
楽しめた気がするなぁって惜しい気持ちが残ったもので。
そんでもって実は、ミュージカル映画と並んで
ロード・ムービーって得意じゃないのよ、私。
でも、これはそんなロード・ムービーが苦手な私でも
最後まで投げずに観れる秀作でした。
描かれるのは、家族の絆。
加えて、前評判が異常に良い。
ってことで、「どーせお涙頂戴なコッテコテなんじゃないのー!?」
と、斜に構えて観たけど意外にそうでもなくて、逆にそれが好感。
押し付けがましくない!←ここポイント。
そして、オリーブちゃんの愛くるしさったらありません。
最後の彼女のセクシーじゃないセクシーダンスシーンは必見(笑)
「シーズ・ア・ベリー・キンキーガール!」
なんてとんでもない歌詞から始めるあの曲のチョイスには
だいぶ笑いを貰ったけど、実は結構好きだったり(笑)
superfreak!あ、ちなみにMCハマーのバージョンも好き(笑)


「オーシャンズ13」
この位置にこんな超大作がランクイン!
だって面白かったです。
ジュリアロバーツには不憫な結果に終わってしまったけど。
3は作って正解だったかな。
つーか、まぁそもそもを辿ると2を作ったのが間違えだったんだけども。
でも、今回3作目を作ったことで、シリーズの集大成みたいな感じにはなったので、
結局オーシャンズシリーズ全体の印象としては、好印象で終えた感じ。
スパイダーマンやターミーネーターといった、3でコケたシリーズに比べたら
よっぽど良いシメだったと思います。
(まぁスパイディもターミーネーターも
続編ができたらまた立ち直す・・・ことはないな。)
シリーズ続編って「作れば作るほど蟻地獄に陥る」イメージがどうしても強かったので、
それを考慮してトップ5にランクイン。


次点は「さくらん」
正直、アンナちゃん以外は最高でした。
原作が好きなので、それのイメージとはちょっと違うんだよね・・・アンナちゃん。
まず、あの顔が西洋すぎる!
そして金髪のイメージが強すぎる!
もうちょっと、和ビューティーな人希望でした。
逆に私の中で株が相当上がったのが木村佳乃!
元々は大嫌いだったけど、あんな女優魂見せ付けられたら支持せずにはいられない。
菅野ちゃんと共に、この作品への貢献度はかなり高めかと。
あと、安藤クンも良かったねー!
最初、安藤クンが成宮がやってた役かと思って
ちょっとショック受けてたんだけど、安心した(笑)
おいらんと同じ境遇(定められた場所でしか生きてけない)の金魚が、
意味的にも彩り的にもとっても効果的に使われててカンシンしました。



何気にこのカテゴリー、初エントリーじゃん!
2008年はもっと映画観ますー!

theme : ★おすすめ映画★
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: