day trip~篠山市~

JR住吉で待ち合わせた仲良し姉さんの車に乗り込み、
三田の仕事場経由で、そのまま更に北上。篠山市へ。

ウェッジウッド展@兵庫陶芸美術館

ずっと行ってみたかった兵庫陶芸美術館。
ついに足を運ぶことができましたー。
すっごいイイ場所にあるから!という評判通り、素晴らしきロケーション。
土地が有り余っているぶん(?)、展望スペースも広く設けられて、
とにかくめちゃめちゃ贅沢な造りでした。申し分なし。
DSC01387_convert_20081209222710.jpg
360度山・山・山!
DSC01389_convert_20081209222319.jpg
さすが、森の中の美術館。

そして、見渡す限りの「秋」。
住吉から六甲山を越えて三田・篠山エリアにやってきたので、
その紅葉っぷりに「綺麗ー!!」と、行きの車内でも相当テンションあがってたのですが、
これはもうトドメでした。

360度見渡す限りの紅葉!で、もー大満足。
心ゆくまで秋を堪能できました。(既に12月っていう事実は置いておく。)
この日は運よくイイ天気だったんだけど、
翌日は雨だったから、もしかしたら結構貴重な図だったかも?

DSC01384_convert_20081209223419.jpg
駐車場から館内へと続く道のりも、秋色。
DSC01383_convert_20081209222910.jpg
ゆえにワザとまわり道。

DSC01385_convert_20081209222559.jpg
これは玄関口から振り返った図。
道の脇に陶器が並べられててかわゆい。

肝心のウェッジウッド展は、まぁ案の定私のキャラではない作品展だったけども(笑)、
想像してたよかは、作品種の幅が広くて楽しめる展示でした。
つまり、皿とか壺とかばっかじゃなかったってこと。
香水入れとか、オペラグラスとか、ヒール(!)とか。
小物類は普通に楽しめた。

あと、割と近年の作品はモダンアートな趣向もあってりして、
およそウェッジウッドからはかけ離れた作品たちなんだけど、
個人的には好みだったし、けっこー興味深く観れました。
「コレ、保守派は絶対反対したんじゃないかしらー?」みたいなことを、
勝手に色々想像したりして。

17時からイルミネーション点灯という情報は事前に得ていたので、
それを見てから、次の目的地へ。

兵庫陶芸美術館から車で5分ほどの場所にある、
こんだ薬師温泉「ぬくもりの郷」。
DSC00268.jpg
DSC00267.jpg
いーお湯でした。
何てったって、100%かけ流し!効能たっぷり!

月を見ながらの露天風呂。最高。
ついつい話にも花咲いて、
気がついたら結構な長時間入浴。

温泉に入ったときだけ「日本に生まれて本当に良かった!!」と、
現金な愛国精神を抱く奴は少なくはないはずだが。(あと、コタツと。)
私も例外なく、そーゆー現金な日本人なので、
極楽気分の中、日本万歳と心底思ったよ。

そして、お風呂に入るとお約束のようにバッチリ空腹。
本当はココに辿り着くまでに目星をつけていたお店があったんだけど、
空腹に負けて、施設内のセルフスタイルの軽食コーナーで
うどん・きのこご飯・野菜天ぷらを食う。最高のコンビネーション。

しかも、これがまたべらぼーに美味くて幸せ。
セルフとは思えぬ味でした。
特に野菜天ぷら。
地元野菜を使った自家製天ぷら。
地産地消ってやつですね。
茄子と南瓜を食ったんだけど、どっちも劇的にうまかったー
しかも1つ¥50。安くてうまい。感動。

体あったまって、美味しいもの食って。
ついでにお土産コーナーも物色して、ほくほく気分。

「ぬくもりの郷」には決して宿泊施設はないはずなのですが、
まるで旅館に来たような錯覚を起こす温泉施設でした。
いー感じに古めかしい和スタイルなのよ。

帰りは三田駅前で仲良し兄さんがやってるお店に突撃し、
ソフトドリンク一杯で大いに盛り上がったのち帰路へ。

そんなつもりは微塵もなかったけど、
いざ振り返ってみると、立派に日帰り旅行。
楽しい休日でした。

comment

管理者にだけ表示を許可する

久し振り登場ー!
温泉いいな!あんまり長風呂できないタイプやけど。すべすべになってた?!

おー!ネットでは久しぶりー!
私も長風呂無理やけど、
寒い土地の寒い季節の露天風呂なら、
結構行けることが判明したよ。試してみ。
すべすべーぽっかぽか★
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: