FC2ブログ

R-1ぐらんぷり

中山功太、優勝オメデトー!

今回のラインナップ的に中山功太かバカリズム以外には
絶対に1位を獲ってほしくなかったので、良かった・良かった。

中山功太はトークとか聞いててもよく思うんだけど、
着眼点というか、言葉選びのセンスはいいのに、
焦りからなのか(もっと笑いを!という)欲からなのかはわからんが、
プラスしてどんどん言葉(説明)を重ねてしまって、
逆に笑いの純度が落ちるというか。
自ら面白さの質を落してしまっているフシをよく感じてたんだけど、

今回のネタは淡々と簡潔に述べていくことで、
よくない癖が完全に封じ込まれ、
本来持ってる良さが最大限に出ていて良かったと思います。
あれにプラスして、1つ1つの小ネタに、もっと色々言い加えてたら
全然おもんなくなってたと思うから、本当に紙一重やなーと思った。

ちなみに私の中での2位は、バカリズムなんですけども。
絶対2位の人より面白かったってー!
清水ミチコ(好き!)は間違ってない。

そのほか。

カウカウの多田じゃない方の人。
去年より良かった。キャラがオリジナルなのが好感持てた。
でも、喋り出した瞬間に予想した面白さよりは、
全部観終わった時にやや期待外れな印象が残った(笑)
テンポの問題なのかなー?どうも私のツボにはフィットしなかった。
まぁテンポに関しては、カウカウが最近よくやってる
「知りませーん?」のネタにも言えることなんだけど。カウカウはやっぱ漫才が面白い。

ウザいキャラの人。
マイク1本しゃべくりのスタイルという点で、
絶対に桂三枝が高得点つけるだろうと思ったら、予想通りで笑えた(笑)
でもまぁ、こーゆースタイルこそ本来の「R-1」にあるべきスタイルでないかと思う。

鳥居さん。
何でこの人が出てるのに友近が出てないのかー!??
と、確か去年も嘆いた気がする。
友近。
この大会で一番優勝してほしー芸人です。(・・・鳥居みゆきの話じゃねー。笑)


それにしても、どうもこの大会は持ちキャラの斗出性が物を言うイメージがあったので、
今回は純粋にピン芸が評価された感じで満足な結果でした。

つっても、去年のなだぎのキャラは好きだったけど。ややこしやーのやつ。
ディランより全然おもろいやん!って思った。
(まぁそもそも本来のビバヒルのディランが嫌いなんだよな。)
ディランの年は徳井のが面白かったと思う。
・・・うーん、やっぱインパクトキャラがぶいぶい言わせてる大会よな(苦笑)


comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: