FC2ブログ

いくつかの点が繋がる瞬間。

それは確か、昨年の春とか初夏とかの時期だったと思う。

何の味気も無い倉庫みたいなとこで、
ヘンテコな創作ダンスを踊り狂う人々。
その集団の中心で、青のギラギラのスパンコールという
センスを疑うド派手な衣装を身に纏い、
ゆるいボーカルで歌う女性が1人。
その様子を全体の踊りにあわせて
上から横からといったカメラワークの妙で撮影し、
何とも摩訶不思議に仕上がったPV。
画質もお粗末な物でやけに古臭い。

休日の午後、ご飯を食べながら何気なく見ていたMTVで、
突如、放映されたそのPV。
その時はただただ呆然と見入るしかできなくて。
決して「わぁ!」とか「ステキ!」とか歓喜な感情はないんだけども、
奇怪なその映像に食べることも忘れて自然と釘付け。

「・・・・・何じゃ、この人!?」
そうつぶやきながら。

しかし。
その映像を目にしたのは本当にたったの一度きりで。
アーティスト名も曲名もチェックしてなかったので、
誰の何て曲で、いつの時代の音楽なのかもわからぬまま。
その物凄いヴィジュアル・インパクトだけが脳裏に焼きついたまま。

数ヶ月ほど過ぎ去った頃。

新しいipod nanoのテレビコマーシャルで一瞬だけ映ったその映像。
それは紛れも無く、あの日たまたま目撃したあのPV。

見間違えるものか。
忘れるものか。
あの独特の踊り・衣装・古臭さ!

ipodに使用されるなんて!
かなりトレンディな人だったんだ!
つーか、一体何者なのよー!?

ますます惹かれている自分が確かにいた。


一方。

時は昨秋。
その頃から私の洋楽ロックの師匠と勝手に崇めることにした
音楽通のアメリカンに、とある女性アーティストを薦められる。
「面白いニューアーティストを見つけたよ!」と。

名前は「Feist」
シングル曲は「1、2、3、4」
単純でシンプルなそのアーティスト名と曲名は
すぐに私の脳内データにインプット。

程なくしてこのFeistはグラミー賞新人賞にノミネート。
ますます興味深い対象に。


そして、昨夜。

ロック色の強い音楽フリーペーパー
「Hard to explain」を、何気なくペラペラ。
レディオヘッドの特集から始まって。
師匠オススメのSPOONの記事があり。
MINKの記事はサっと目を通し、
AC/DCは完全にスルー。
2007年のBESTアルバムTOP20の特集を熟読したのち、
辿り着いたは「BEST PV」のページ。

そこには。
最近かなり見覚えのある文字。
「1、2、3、4/Feist」

そして、挿入されていたのは。
半年以上忘れることの出来なかった例の映像の写真。

いくつかの「点」が「線」で繋がる瞬間。

「!」

つーわけで。
繋がるべくして繋がった事項ではありますが。
逆に、なぜ昨日まで全く繋がっていなかったのか、
そっちのが不思議だったりもしますが。

もう気がついたときにはすっかり彼女の虜。

何だか、長期的な展望の、かなり練られた罠に
まんまとハマッた感もあるぜー。

↓未見な方はどうぞ。おもしろいよ。
「1、2、3、4/Feist」

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

comment

管理者にだけ表示を許可する

このPV大好きー!!!
ipodのCMが初見やってんけど、衝撃は未だ健在だもの。

彼女の名前も曲名も知らんかったから、QMIナイス!
ソー ナイス!

ホンマすごいよな!
チープ感満点やのに、この衝撃!
中高生時代に体育の時間でやった創作ダンス、コレしたかったし(笑)
それにしてもipodCMのセンスには毎回感服です。

じゃ、今年のクリパはこれで出場しとこか(笑)

絶対嫌!

ほんま、アップル社のすることったら、お洒落すぎて半端ないねー。
ナイスセンス溢れすぎ。

せやな、今年こそチャレンジやな!(笑)頑張れ!(笑)

そうゆうナイスセンスに長けた人たちのようなアンテナが欲しい。
10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: