セレブ列車に乗って

兵庫県の片田舎をマイペースに走る鉄道「神戸電鉄」。
どっかの鉄道のおさがり車両を使ってるのではないかと
疑わずにはいられないボロい車両が定番なのですが。

いつからだったかはハッキリしないのですが、
えらくメタリックな外装の車両が走り出した。
あたしは、その車両の内装を見て勝手に「セレブ列車」と名付けた。

普段の神鉄電車をスーパーに例えたら。
セレブ列車は百貨店。

実際、電気とか床とか百貨店っぽいしな。

しかし、これがまー出会わない!
(まぁあたしが週一でしか乗らないのも大きな原因だと思うけど。)
たぶん今年の頭か去年くらいに初めて乗ったとは思うんだけど、
それ以降、まーったく出会わなくて。
「はて?あれはマボロシだったのか・・・?」
と、思いかけたころ。

出会いました、セレブ列車!
2009112307220000.jpg
写真になると、なんの変哲もない気もするが(笑)
まずね、車窓が普通の列車より大きい。
下部に窓枠がないのよ。
椅子の背もたれから窓までの長さがない分、窓がずいぶん上下に大きく感じる。
ゆえに、普通の車両より、心なしかスタイリッシュに感じる。
そして、これまた写真では全くわからんが(笑)、椅子が少し高くて、背もたれは低い。
あと、荷物棚もデザイン性高し。

2009112307230000.jpg
こちらがドア。
どこか違和感ありません?
そう!手すりがない!
どこの鉄道でもドアもとにシルバーの手すりがあるけど、これが設置されてない。
代わりにドアと同じ長さの茶色のバーみたいなのがあるんだけど、
これがちょっと手を引っ掛けられるようなデザインになってて、手すりの役割を。

そして、ドアの上に液晶画面。
JRに乗り慣れてたらさして珍しいもんでもないが、2つも付けたのは頑張ったよね。
でも東京とかの電車だとさ、企業のCMとか、
ちょっとしたクイズとか流れてて、思わず見てしまうけど。
神鉄では、それとは全く相反する趣向を凝らした映像が流れるため、
それはそれで特に電車の液晶画面を物珍しく思わない人たちでも
思わず見入ってしまうのではないかと。

あたしが観た時はちょうど「志染」の特集だったんだけども。
どーやら神鉄沿線の地域をピックアップして紹介している映像が流されている模様。
都会の電車の液晶では決して見ることのできない、
のどかな田園風景や、神社やお寺、地域の祭りの様子など、
まーローカル感いっぱい!(笑)
田舎のドキュメンタリー特集を見ているかのようです。
ご丁寧に地域名はちゃああんと紹介してくれます。

神鉄らしいその映像に可笑しくて思わず見入ってしまいましたが、
そのすぐ下の車窓から見える風景も同じような田畑とゆーのが、
これまた更に笑いをくすぐります。

田舎の線路にそぐわぬセレブ列車。
そのアンバランスさに、会えば必ずちょっぴりテンション上がってしまうこと間違いなし。
初めて乗ったら、絶対見渡してしまうことでしょう。
次はいつ乗れるかなー

comment

管理者にだけ表示を許可する

シジミ特集ってとこで、わろてもーた(笑)
ばり見たいし!!!

素晴らしいよ、神鉄。
大好きだよ、神鉄。
値段だけだよ、問題は。

ザ・ローカル!やろ?笑
テンション上がる人はだいぶ上がると思う(笑)

神鉄の値段はねー
本気でどうにかならぬものか・・・
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: