FC2ブログ

ミニチュアの世界-小林礫斎と手のひらの宇宙-

姫路城のそばにある兵庫県立歴史博物館。

こちらで現在開催中の作品展
「ミニチュアの世界-小林礫斎と手のひらの宇宙-」に行ってきました。
2010022315080000.jpg
実はこの作品展の存在を知ったのが名古屋(笑)
やっぱいつでもどこでもアンテナ張りは大事っすね!

明治から昭和にかけて小林礫斎と一流の職人たちによって作られたミニチュア作品。
「ちいさきもの」を愛でるというのは日本国に根付いた美意識のひとつらしいです。

小さい物を愛でるのって、ままごとが一番最初にピンときたので、
勝手に少女っぽいイメージを抱いてたんだけど。

老若男女。
今も昔も。

日本人に共通して根付いている感情なんだなぁ。
確かにフィギュアとかトイとか好きな人結構いるもんね。大人でも男の人でも。

さてさて。
平日ということもあって、そんなに混んではいなかったのですが、
老夫婦がやたらめったら多かった!

四方八方から「ほーう!ようできとる!」「はぁ~!すごいのう~!」
と、感嘆の声をあげるお爺ちゃんお婆ちゃんの声。

でも確かに、感嘆の声を上げらずにはいられない職人技が炸裂しまくっておりました。
どーやって作ったのか・・・
気の遠くなるような細やかな作業に違いない。
想像するだけで、発狂する。
普通に器用なだけじゃ無理な気がする。
次元の超えた器用さがいるよ、絶対。

特に「ぎょえええええ!」と思ったのが、
ゴマに描かれた文字作品と絵画作品。
文字っつても一文字とかでなく、ちゃんと文章でさらさらと。
隣には米粒に描かれた、これまた文字作品と絵画作品が。
もーどんだけー!ですよ。

そのほか、豆粒サイズの小物達がたっくさーん展示されてました。
本当に思った以上の作品の数の多さに圧倒されました。

習字セット、カルタ、印籠、人形、掛け軸、すごろく、印鑑・・・エトセトラエトセトラ。
有り得ないサイズの作品たちに、観れば観るほど浮かんでくる一つの疑惑。
そう、スモールライト疑惑。

きっとどらえもんが行く時代を間違って小林氏のもとに現れ、
スモールライトを置いてったんだよ!
うん、そうだ。
そうに違いない。
だったら全部納得いくもの。

本当にそれくらい精密なミニチュア作品たちばかりでした。
その芸の細かさに必ずや溜息がでます。

2010022316370000.jpg
ついでに姫路城も登る予定だったのだが。
歴史博物館の常設展も思いのほかエンジョイしてしまって、時間的に無理でした~

ちょーど城のそばに来る頃には蛍の光が流れ出してさぁ。
あの曲の放つ早く帰れオーラは凄まじいものがあるよね。
発信側の悪意に近い感情を感じてならないわ。

ちなみにこの天守閣の横の見切れちゃってる部分には、クレーンが(笑)
完全に幕が覆われるのは来年だそうです。


それはそうと、「ミニチュアの世界-小林礫斎と手のひらの宇宙-」は
3月28日まで開催中でございます。
このあたしが珍しく開催中の作品展を紹介したよ!(いつも事後紹介ですんません)
老若男女楽しめる展示になっているので、
行けそうな人は是非是非~!オススメです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

登らんかったんかーい!!!
あの急勾配、登って欲しかった。。。

時間切れた(笑)
まぁまた改装が終わったら行ってくるよ!
10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: