カラムLIVE!

総合運動公園の花見を楽しんだあとは。
その足で一人なんばへ赴き。

Jamie Cullum@なんばHATCH
2010040521140000.jpg
これまで何度も「死ぬまでに絶対ライブに行きたいアーティストランキング」の第1位!
と、綴ってきましたが。ついに・・・ついにっ・・・

念願の!
生カラムー!

今回、初めてだったのは生カラムくんだけでなく。
初のなんばハッチ2階席。
思ってたよりだいぶ距離感近くて。
前の人の頭に苦しむこともなく、きちっと確保された座席で楽しむことができました。
ギリギリで駆け込んだのに、ちょー快適。
2階席にして大正解!
今後も積極的に2階席攻めてこうと思います(笑)いや、逃げか(笑)

さて、初の生ジェイミーカラムくん。
小さくて、笑顔がかわいくて、思ってたよか、華奢でした。
黒の細身のパンツに、ジャケットにシャツにネクタイ締めて出てきたんだけど。
すごーくよく似合ってて、暑くなってジャケットやシャツを脱ぎ捨てると、
おされなグラフィックTシャツに。これまた似合ってました。

期待のパフォーマンスはやはり素晴らしく。

ステージ上をぐるぐると動きまわったり、
ピアノの上にのぼったり、
そこからジャンプしたりピアノ叩いてリズムとったり、
鍵盤を弾くだけでなく、中の弦を直接いじって音を響かせたり、
マイクスタンドを低く設置して立膝で歌ったり、
わざとファニーな声で歌ったり、
ギターまで飛び出したり(新鮮な図だった!)、
パワフルな声量で、nonマイクで歌ったり。

楽しくて元気いっぱいのパフォーマンスが惜しみなく繰り広げられました。
i love musicーーーー!!!!!!!という思いが、全身全霊で表現されてた。
ジャンルはジャズだが、パフォーミングはロック。

かと思えば、聴かせるピアノで会場中をうっとりさせたり。
ほんと芸達者なピアノマンだこと。
横に座ってた人が思わず「すげーな~」と、独り言呟いてた(笑)

バックには4人、ギターにドラムにキーボードにパーカッションに。
ひとりの人がいくつか担当してたりして、曲によって持ち楽器変えてたんだけど。
キーボード弾いてる人に曲中とつぜんジェイミーがサックスを要求して、
慌てて後ろから取り出してる様とか笑ってしまったよ(笑)

もうノってしまったら、思いつくままのアドリブが歯止めきかない感じ。
ほんとーに期待どーり楽しいライブでした。
至福の時でした。

まぁ唯一の残念だったのはニューアルバムからのお気に入りの一曲となっていた
「Music Is Through」がなかったこと(涙)
あの長丁場の曲、生で聴きたかった!

comment

管理者にだけ表示を許可する

あー。
デートやと思ってたわ(笑)
カラム君のとこに行ってたんだね(笑)

2階席なぁ、うん、逃げやなぁ(笑)
でも座ってみたい気持ちもある。
あたしも逃げの年頃かもやわ(笑)

そう思われてたという話は聞きました(笑)

思ってた以上に快適やったよ。
駆け込んでもゆったり観れる!
しかも、段差のおかげで視界ノン・ストレス!笑
あと、上から見たら1階のぎゅうぎゅう感が哀れに思えてくるで(笑)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: