シーサイドモーテル

この夏は映画館行きます!!
の、誓いの下、「シーサイドモーテル」観てきました。
ちなみに「告白」から間髪入れずの@シネ・リーブル神戸。

山の中にあるのにシーサイドと名付けられたモーテル、
「シーサイドモーテル」の4つの客室が舞台。

売れない美容クリームを売るセールスマン(生田斗真)と
そこに部屋を間違ってやってきたコールガールのキャンディ(麻生久美子)

借金を踏み倒して逃げていたチンピラ(山田孝之)とその彼女(成海璃子)と
借金取りのヤクザ(玉山鉄二)とその子分(柄本時生)と伝説の拷問職人ぺぺ(温水洋一)

激安スーパー社長(古田新太)とその嫁(小島聖)

キャバ嬢のマリン(山崎真実)と、マリンを旅行に誘った客の男(池田鉄洋)

それぞれの部屋で繰り広げられるそれぞれの人間模様。
というか、騙し合い劇。
たまに他の部屋と少し絡み合ったり影響しあったりもするけど、
最後に全部繋がってゆく・・・という展開ではありません。

伝説の拷問職人のペペの肩書を持って温水さんが登場したときをはじめ、
思わずクスっと笑ってしまうところはちらほらり。
ま、概ね古田新太氏だな(笑)

でも喜劇どっぷりってわけではなく、
生田斗真と麻生久美子の部屋の結末なんて、
個人的には結構切なく感じました。

で、玉山鉄二だよね。
何を隠そう彼の演技をちゃんと認識して観たのが
こないだやってた「素直になれなくて」なんですが。
大人っぽい雰囲気ながらもちょっと繊細な役どころで、
それが見事にマッチしてたのに。

登場するなり趣味の悪い服装に身を包んだガラの悪すぎるヤクザ・・・!
しょーげき!(笑)
口も悪いし、素振りも悪いし。
しかも、それはそれでしっかりハマっててさぁ。
いやー・・・演技上手なんだね~
山田くんも色んな役やるよね。
2人が共演している映画「手紙」
仕事がらみで公開当時はむっちゃ資料集めまくったくせに
映画はとうとう観ず仕舞だったので、今更ながら観たいかも・・・と思った。
あと、成海璃子ちゃん。
なんとなく上野樹里に似てない?


内容としては、まぁ思ってた通りの雰囲気で。
決して絶賛されるような映画でないし、
期待して観ると馬鹿をみる映画でもありますが。
ま、軽いノリが嫌いじゃなければ、そこそこ楽しめるんじゃないかしら。

ただ個人的には、もういっちょ何か捻りがあれば、
もっと面白くなった気がするけども。
どの部屋でも騙すやりとりが核となってるんだけど、
なんか最後に1個どかーんと作品を総括するような、
それこそ観客ごと巻き込むような大きな騙しがあれば
ぐっと引き締まった気がするよ。

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: