イキトン

8月28日。
遊気舎第38回公演『イキトン』のお昼公演を観てきました。

@神戸アートヴィレッジセンター

何年か前にnatsukiと一緒にチェコ映画祭か何かで行った以来のKAVC。
相変わらず、独特の町に佇む独特の空間ですね。
好っきゃわー。

前来たときは湊川公園かどっかから歩いたから時間かかったけど、
今回は新開地駅からアクセスしたので、あっちゅー間に着いた。

それにしても、まさか遊気舎を神戸で観れるとはね~!
むちゃくちゃ嬉しい。まさかまさか。
しかも、タイトル「イキトン」の神戸弁の響きでわかるとーり、今公演の舞台は神戸。
まさに、神戸尽くし!
神戸市民として、それだけで大満足な公演でした。
公演チラシの裏面にも、神戸の簡単な案内が載ってた。

「イキトン」は、前公演の「ソ・ソ・ソ・ソ」に通じる、
大いに笑って最後にホロリな内容で、非常に素敵な作品。

前作では大いに「All You Need Is Love」がフィーチャーされてましたが、
今作では「テネシーワルツ」が大きく使われてました。エーデルワイスじゃなくてね(笑)

最後のホロリな部分は、「ソ・ソ・ソ・ソ」の方が大きかったけど
(クライマックスにAll You Need Is Loveが流れた瞬間、鳥肌立ったもん!)
会話劇への親しみは今回のが大きかった。

舞台が新開地の中の一角ということで、
「兵庫駅より神戸駅の方が近いよ」とか「メトロ神戸に卓球しに行こう」とか
「湊川公園に昼間からワンカップやってるおっさんがいる」とか。
神戸ならではのキーワードに、耳がやたら反応(笑)
思わずクスっと笑ってしまったわ。
そしてやはり大いに笑わせてくれたのは、座長演じる羽曳野の伊藤の存在。
出演者の一覧に久保田座長の名ではなく、羽曳野の伊藤の名で載ってたのには参ったわ(笑)
ええキャラや。

「イキトン」を観終わったあとは、無性にたこ焼きが食べたくなり。
2010082818230000.jpg
夢の楽園・・・・もとい、たこパラダイスの「たこの壺」へ!

本当は劇中に出てきた神戸のたこ焼き(ダシ&ソース)が食べたかったんだけど、
ダシのみの明石焼きになってもーた(笑)
まぁうまかったけど(笑)
しっかし、美味しい神戸のたこ焼きの店って意外と知らないなぁ。
どっか一個くらい脳内にメモしておきたいものだ。
やっぱたこ焼きは、ダシ&ソースよね!

comment

管理者にだけ表示を許可する

ダシ&ソースて神戸の食べ方なんや!
おいしーよなー、軽くソースつけて、んでダシにちゃぽんしてから食べるのん。

あー。
今、口が、たこ焼きになってもたわ。
夜中に食べ物のブログ見るもんじゃない。

そうみたい!
あたしは、ダシに漬かってるたこやきの上からガッツリとソースかけて食うのが好きー!
ダシorソースじゃなくて、ダシ&ソースやんな!

たこやきはお菓子と違って手軽じゃないぶん、夜中に欲したら危険やな(笑)
今度、神戸たこ焼き会しよかー!(笑)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: