ラブソングセンス

数週間かけて久々にがっつりラブソング聴き漁りました。

テーマを持って曲を聴き漁るのって、やる前は億劫なんだけど、
はまってしまうと止まらなくなるんだよね。何だろう、あの感覚。
うまく言えないけど、好きか嫌いかと問われたら好きな感覚だわ。

しっかしラブソングがっつりは、よくよく考えたら何年ぶり!?みたいな。
実はこのテーマは結構トラウマで、昔一度ちょー不評だった経験あり(笑)あははー
以来ずっと避け気味だったんだがね。ラブソングセンスねーわ!と。
今年は曜日てきにねー、やっぱやるっきゃないでしょう!と思い、自分自身を奮起させた。
「ラブソング特集しますから!」逃げれないよう宣言もした。

ラブソングチョイスのセンスが昔より成長したのかどうか。
腕組しながら積み上げたCDとにらめっこしてみたが、たぶん大して変わってないとみた。

果ては「究極のラブソングって一体なんなんだろう・・・」みたいな、
深い悟りに達する手前みたいなすげー境地にまでなってたもん(笑)

いやでもまじで、世界一のラブソングって何だろうね。
あと日本一のラブソングも知りたい。

大体あたしがさっと浮かぶのなんて、
洋楽だと
i will always love you/ホイットニーヒューストン
love is all around/wet wet wet
loving you/ミニーリパートン
邦楽だと
love love love/ドリカム
lalala love song/久保田利伸
バンザイ/ウルフルズ

とか?
・・・うんやっぱセンスはイマイチぽいな。

まぁラブソングはともかく。
日本一のバレンタインソングならやっぱコレだよね。

バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ

これ厳密にゆうと前日の13日に聴くべき曲だけどね。
えーけーびーの派生グループがカバーとかしてるから最近やたら聴くね。
でもあのバージョンは個人的には「曲の良さ、台無しやん。」の一言に限る。
やぱさゆりちゃんバージョンやわー
ここ数日、リアルに口ずさみまくり。

でも今回強く思ったのは、やっぱバレンタインは可愛いラブソングに尽きる。
濃厚にラブユーラブユーと熱唱されても、萎える。チョコレート溶けてしまうがな。
moreライト!moreポップ!moreキュート!と叫びたくなる。

そこであたしが行きついた究極のバレンタインソング。

洋楽代表!
kiss me/シックスペンスノンザリッチャー
邦楽代表!
やさしい気持ち/チャラ

この2曲が流れた瞬間。
「そうそうコレ!あたしがバレンタインに求めてるのは、こーゆーことなのよ!」
と、ひとり唸っておりました。

やっぱバレンタインはチャーミングにゆきたいよね!

ってことで年齢省みず、髪に赤いハートのピン付けてご出勤。
「バレンタインデイですから!」といえば許されるだろうと信じてやったけど、
果たして本当に許されていたのかどうかは謎。
そして昼はDEMELのチョコレートとリッチフィールドのブラウニーを美味しくいただいて、
夜は居酒屋のカウンターで平均年齢40歳の集いが始まり、
飲んだくれのおっちゃんらと競馬話で盛り上がりました。なんてチャーミング。

それにしても、とんだホワイトバレンタインやったわー。
ちょー雪国なってたしー。
ブーツに雪が染み込んできて、つま先まじで凍傷するかおもうた。

comment

管理者にだけ表示を許可する

居酒屋で競馬話しながらのバレンタインデーは決してチャーミングでは無いと、ここで言うておく!笑
おっさんや、それはおっさんと言うのだ!

にしても「やさしい気持ち」いいねぇ。
しかし究極のラブソングってなんだろな。
考えがいがある。

最近すげー万馬券でたんだってさ!
しかもその人立て続けに当てたんだってさ!
三連単はロマンやな!チャーミングやで!笑

究極のラブソングな。
ぜひ考えて!そして、意見をよろしく!!
いつでもお待ちしてますぜーい!
(笑)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: