十二人の刺客2011~小山宙哉編~

3月は時間がなくってさぁ。
とりあえず、てっとり早く!ってのをテーマにした結果。
小山宙哉氏に大決定。
(こんな時のために、サクっと極められる人を調査しといてよかった)

「宇宙兄弟」の存在を知ったのはいつだったでしょーね。
覚えてないけど、いつのまにか本屋の棚にえらい目立つ並べ方されてて。
絶賛されててるのを目にしたり。
人気あるし、まぁきっと読んだら面白いのだろう・・・とは思っていたけど、
本屋にて大々的に並べられている作品を手に取りつつ、
あらすじとか推薦メッセージとか読むだけ読んで
「ふーん」と言いながら、そのまま棚に作品を戻す・・・みたいな。
だってあたし別に宇宙飛行士に憧れたことないし~・・・みたいな。

まぁそんな扱いで今回みたいな機会を自分自身で設けない限り、
もしかしたらこのまま頁を開くことなんて一生なかったかもしんない。
特に周囲に大きく薦められたこともないしな。
「面白いから、読め!」とか「読まないと、殺す!」とかさ。

そんなわけで、極めましたので、感想を簡単に。

「宇宙兄弟」
むーちゃくちゃ面白いじゃん!
「なんでもっと早く読まなかったんだ!」と某本屋のポップに書いてあったけど、
まさに!みたいな。
まだ13巻まで出てないからサクっと追いついちゃったものの、
これから先が長いのう・・・
1巻1巻でるたび次を待ちわびるモードだね。
でも、おすすめ。
キャラもしっかりしてるし、笑える要素もたっぷりで、話の筋もしっかりしてるし、
ちゃんとドラマもあるし、なんか、万人に安心して薦められる。
しかもこのタイミングで映画化も決定。
お兄ちゃんが小栗旬、弟が岡田将生とゆー、豪勢なキャスティング。
来春公開となるそうなので、これからますます「宇宙兄弟」の注目度が上がってゆきそうだね。
でも、映画は今からかなり楽しみにしてます。
あと、ヒロインせりはちゃんのキャスティングね(笑)あたしに選ばせてほしいくらいだ(笑)


「ジジジイ」
これまた面白い!
すんごい超人なおじーちゃん(泥棒)が活躍する話なんですが、
かなりかっこいーじーちゃんです。惚れる。
1冊にいくつかの話が収録されてたんだけど、特に最後の話がヨカッタ。
今は一応「宇宙兄弟」で手いっぱいなので、続編描けてないようなのですが、
作者の展望としてはまだまだ続きを描く手筈のようで、気長に待とうと思います。
確かにまだまだいくらでも続きは描けそうな話です。
随所でてきた優秀な刑事さんとの絡みももっと深く描いてったら面白くなりそー。


「ハルジャン」
小山氏デビュー作。
まぁいわゆるスポーツものなんですが。
素質はあるけど実力はなくて自信だけはやたら大きい主人公、
才能の塊のクールな同世代ライバル、
というスラムダンクに代表される図式で成り立つスキージャンプもの。
面白くないわけじゃないんだけど、題材的にもっともっと深く描けそうなのに、
1冊ものだからどーしてもそのへんの物足りなさが・・・そのへんが凄く惜しく感じた。
伝説のジャンパーと主人公の意外な関係っつーのも明確には書かれないまま終わっちゃったし。
つーか、気になるし。
まぁかといってダラダラ描かれるスポ根ものも辛いので、難しいところではあるけどもね。
(しかもスポーツものって何かパターン決まってくるし、それが飽和しきってる感もあるしね)
でも、1冊のボリュームで描く内容じゃあないなぁ。
魅力ある主人公だけに、もうちょっと成長していく姿をみたかったなぁ。

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: