弾丸バカンス!~グアム~③

3日目の朝はホテルから歩いて3分ほどの距離にある人気の卵料理専門店「Kracked Egg」でモーニング!
の予定が、オープンして程のない時間だったのに、店外には既に4~5組程並んでいたので、ホテルの下のカフェでモーニングに変更。

まぁコーヒー美味しかったしソファ席だったし不満はないけど、次回は「Kracked Egg」でリベンジしたい!

モーニングのあとは、シャトルバスに乗ってマイクロネシアモール。

ちょっと早く着いたので、モール内の開放されてたエリアに入ってウロついていると、いつの間にか浸入してはいけないエリアに入ってて、警備員に怒られた。笑


食べたいとは思わないが、写真には収めたくなるヴィジュアル。


ランチはケンタッキーでチャモロプレート。
普通のランチセットにすれば良かった!と後悔しましたが、まぁ好みの問題ではあると思うので、せっかくグアムに来たなら、一度は経験しといても良いとは思う。
ただ、わたしの舌には合わなかった。


続いて、グアムプレミアムアウトレット。
ここにいる間に、外では豪雨&雷!
ショッピングデイでまじ良かった。
これがマリンアクティビティの日だったら泣いてた。
ただ、予定ではナイトマーケットに行く予定だったけど、断念する羽目にはなりました。
まぁわたしは行ったことあるから良かったけど、同行人は初のグアムだったので連れてってあげたかったな~。
残念だった。

しかし、雨なもんはしゃーない。
気持ちを切り替えて、わたしの海外旅行のお約束的この場所へ。

ハードロックカフェ!
もしナイトマーケット行ってたら来る時間なかったので、まぁ個人的には雨で良かったカモ…なんて。笑

懐かしのパーティー一直線にテンションはぶち上がる!

海外に来たらやたらハンバーガー食うけど、今旅はこの一回きりだったな…

弾丸バカンスのシメはここ!

アンダーウォーターワールド!
グアム唯一の水族館にして、夜はバー営業になる素晴らしき施設!
アルコールはIDチェック厳しいので、要注意。





以前来た時はお酒だけ飲んで帰った記憶だったけど、トンネルを抜けたら普通の水槽とかもあって、夜でも観賞できるので、ちゃんと水族館としても楽しめました。

ちなみにショッピングデイの自分への戦利品は…

スターウォーズのブレスレット
N.Y.Cのグロス
カルバンクラインのパンプス
ニットカーディガン
マークジェイコブスのショルダーバッグ

です。

あー!楽しかった!グアム!
また行きたい!いや、行く!!!

弾丸バカンス!~グアム~②

着いて早々チェックインに一時間近く待たされるというハプニングによって幕開けたグアム旅行。
しかし、今回は弾丸。何せ、時間は限られておる。
つーわけで、睡眠時間2時間足らずで、朝からビーチへ繰り出す!



青空、白い砂浜、遠浅の透き通るような海、椰子の木。
バカンスモード高まる光景に、一気にテンションはぶち上がる。

そして、テンション高まったまま、フライバナナ!


バナナボートなら知ってるけど、フライバナナは初めて。
バナナボートをよりハイスピードで引っ張ることによって、その勢いでフライするやつでした。
すろーだうんーー!と絶叫しながら、必死でボートにしがみついて耐えた結果、何とか海に落ちずに済みました。
女子2人だったので多少スピード手加減してくれてはいたけどね。
先に乗ってた男の子たちはもっと容赦なく引っ張られてた。
スリルを求める人にはもってこいかもですが、わたしは充分堪能したのでもういいかな(笑)

続いて、ジェットスキー!


実は初体験だったんだけど、なかなかコツがいるもんですね。
真っ直ぐ走る分には問題ないけど、カーブが難しい!
曲がれなくはないが、曲がったあとが半端なく揺れて、バランス保てなくなるー
さすがに落ちることはなかったけど、いまいちコツが掴みきれず、運転センスのなさが出たわ。涙

そのほか。

浮き輪でぷかぷかしてみたり。

カヌーしてみたり。
正直、むちゃくちゃ楽しかった。
今までグアム以外にも、ハワイやらサイパンやらバリとか、ビーチリゾートはそれなりに行ってるんだけど、こんなにがっつりマリンアクティビティを楽しんだのは実は初めて。
ビーチリゾートに行こうとも、水着すら持っていかないレベルであまのじゃくだったわたしが、こんなに海をエンジョイする日がやって来ようとはな!
でも今まで体験してこなかったのが悔やまれるほどに、むちゃくちゃ楽しかった。
次回からは必ずビーチリゾート旅行ではマリンアクティビティも盛り込むことにする。
一番やりたいのは、パラセーリング!

お昼ご飯食べて、ビーチ撤収。

午前中はがっつりマリンアクティビティを楽しんで、午後の予定はずばり、だらだらする!

やってきたのはウエスティンホテル内のカフェ、プレゴ。

窓から青い海を眺めつつ…

アフタヌーンティー!
贅沢なひととき。これぞバカンス。
いやほんと、バカンスでのアフタヌーンティーは個人的にちょーオススメ!
まったりできるし、贅沢気分味わえるし、手っ取り早くリゾート感が高まる。

夕方はサンセットビーチへ。

マンゴービールを飲みながら、だらだら。


パッケージが可愛い♡


今日の日はさようなら。また会う日まで。
と、思わず歌いたくなった。
毎日こんな風に夕陽が落ちるのを眺めながら生きれたらいいのに。

弾丸バカンス!~グアム~①

人生4回目にして、このブログを始めてから数えても3回目となる、グアムに行って参りました。
今回の同行者が初グアムの子だったので、自ずとリードして旅計画をし、張り切ってしおりまで作った訳ですが、せっかくブログやってるのにこれまでのグアムへの情熱が今ひとつで、過去のグアム録が殆ど参考にならなかったのを反省し、今回は細かく残そうと思います。
久しぶりにグアムに行ってみて、グアムに対する価値観が良い方に変わった故、今後もまた行くつもりなので、殆ど未来の自分の為の記録になるかもですが。
今までは、買い物するならハワイのが店多いし、海ならサイパンの方が人少なくて良いし、グアムは中途半端な存在だなぁと思ってたんだけど、いやいやいや。
料金は安いし、飛行機時間は短いし、買い物もサイパンより全然店あるし、海もハワイより人少ないし、いいことずくめじゃね!?と、すごくポジティブに捉えると、むちゃくちゃええ旅行先やん!と、思い直したわけです。

ボーナス入ったし、グアムでも行くかー!なノリで行って来たわけだけど、今回なんと旅費が29800円!
空港税含めても、35000円くらい。
ちなみに年に一回は行くことにしているディズニーリゾートでも、交通費、宿、パークチケットでそれくらいはするので、金銭感覚的には完全に国内旅行。
フライトも3~4時間くらいだし、このへんも車や新幹線やバスなんかの国内旅行で費やす移動時間と何ら変わらない。
国内旅行ばりの気軽さで楽しめるバカンス。
よく考えたら、素晴らしすぎる!
旅費的には韓国や台湾も同じくらいで行けるけど、残念ながらバカンス感はないから、個人的には断然グアムのがグレードが高い。
よく考えたら、毎年行ってもいい!
というワケで、今年わたしの中で、俄然好感度が上がった旅先となりました。

今回、旅行自体は3泊4日でしたが、実質は2日しかないという正に弾丸の旅行だったけど、時間がない中でも割と充実した内容で、満足度はなかなか高い旅でした。
1日目は海&のんびり、2日目はショッピングと、メリハリ効いたプランだったのが功を奏した気がする。弾丸は効率良く潔く、が賢いね。
海なら海、買い物なら買い物ってしとかないと、欲張って詰め込んでも中途半端になったりするし。

反省はフライトの便選択。
行きは仕事帰りにそのまま関空直行で夜中グアム着っていう、弾丸格安ツアー定番のフライトで、まぁそれは別に個人的にはオッケーだったけど。
帰りがね~、これまた弾丸格安ツアー定番の夜中発、関空朝着の便だったんだけど、ここはケチらず追加払って午前出発便に変えるべきだったなと思ってる。
申し込み時に迷いはしたけど、同行者の懐事情もあってそのままにしたんだよね。
頑張って説得するべきでした。夜中チェックアウトはまぁまぁ辛い。

宿泊先は、ちょーエコノミーの、グランドプラザ。
最初、プラザホテルと勘違いして喜んでたから、違うと知ってちょっと残念でしたが。
わたしは割と国内外問わず安宿は泊まり慣れているので、29800円の格安ツアーならまぁこんなもんかな!妥当!って感じの宿でした。
というか、格安ツアーで宿が最悪だったって口コミサイトで文句たれてる人たまにいるけど、格安ツアー利用したらそりゃ当然だろうって思います。
いい宿泊まりたいなら、それなりに払わないと。
風呂入れて寝れたらいいくらいのスタンスが格安への正しい心構え。
勿論、お風呂のお湯が出なかったとか、ベッドに死骸があったとか、トイレが流れなかったとか、風呂入って寝るという宿の基本すらもままならない宿なら文句書いてもいいと思うけど、音が響くとか掃除が行き届いていないとか照明が暗いとか従業員の態度とか、それを安宿に求めるのは酷ってもんよ。
その観点からいくと、グランドプラザは問題なし。
お湯もでるし、布団カバーの毛羽立ち半端なかったけど(笑)死骸はなかったし、トイレも問題なく流れたしな。
その他、期待してなかったけど良かった点としては、シャワーが固定じゃなかった!水圧充分!お湯の切り替わりも申し分なし!無料Wi-Fiあり!
期待してなかったけどやっぱり残念だった点としては、歯ブラシがない!セキュリティボックスが有料!エレベーターが呼んでも来ないことがある!チェックイン時に部屋の用意が間に合わず、一時間近く待たされてグッタリ(わたしらだけじゃなく、その日の宿泊客全員…)!ってとこかしらね。
個人的にはアジア圏とかはケチると痛い目みるイメージがあるので、格安エコノミーはペイしてでも避けるようにしてるけど、国内と欧米系の格安エコノミーはそこまで酷くない印象ではある。
でも、人によっては、グアムの思い出が残念なことになりかねないので、一生に一度の海外とか、何かの記念による特別なグアムだったり、彼氏彼女との初の海外旅行だったりには完全に不向きなので、追加料金払ってでもグレード上のホテルに泊まるべし。

そんなに贅沢はできないけど、エコノミー過ぎる宿は嫌だ!という人には、フィエスタ・リゾート・グアムかホリデイリゾートあたりがオススメかなぁ。
海も近いし、お手頃バカンスにはちょうどいい。
DFSからちょっと離れてるのが難だけど、シャトルバスあるし、最悪歩けなくもないし。
ショッピング派だったら、前述のプラザホテルが個人的には一押し。
JPストア直結という買い物にはもってこいの立地なのにスタンダード価格ということで、気に入ってる。ただし、オーシャンビューは諦めてください。

天気と宿は旅の思い出に大いに作用するというのが持論なので、わたしのようにちょくちょくグアム行くとかなら全然いいけど、特別なグアム旅行だったら、せめてスタンダードクラスにするべきだと忠告しておきます。
ちなみにこの天気と宿の思い出作用論ですが、わたしの場合、天気が良かったら思い出3割増し、宿が良かったら5割増しになる感覚。
で、天気は悪かったら3割マイナスになるけど、宿は悪くても別にマイナスにはならない。
なので個人的には、天気は重要だけど、宿はそこまで重要じゃないんだよね。
良かったらプラスになるけど、悪くてもマイナスにはならん。
この価値観でホテルの所感語ってるので、そもそも感覚が違う人はアテにならない感想なので、ご注意くださいませ。

さて、今回はここまで。
次回は海&のんびりプランで過ごした1日を綴ります!

Autumn in NZ③~ロード・オブ・ザ・ホビットン~

さてさて。
大好きなクイーンズタウン編を綴り終えて満足したので、そのまま放置してたけど、ここはやはりA型。
やっぱりこのまま完結せずにフェードアウトさせるなんて嫌だ!と思い、腹を括りました。
オークランド編行ってみよー!

ついた途端…

あ…暑い。
秋じゃねーよ、夏だよ。
雰囲気もクイーンズタウンとはえらい違いで、もう既にクイーンズタウンが恋しくなっている。
しかも空港からホテルへのバスがよく分からずに、不安いっぱいに移動。
合ってるのかどうか確信を持てないまま路線バスに乗り込むも、何とか無事にホテル到着!
ホテルからオークランド名物にして、南半球一の高さを誇る、スカイタワーがバッチリ見える!


荷物を置いて、街へ繰り出すことに。
しかし、都会なことは都会だが、えらいゴミゴミしてて「ああクイーンズタウンに戻りたい…」と嘆きの言葉しか出てこない。
わたし田舎より都会が好きだったはずなのに、いつの間にか嗜好が変わったのかもしれない。
なーんて思いながら歩いていたら、街中に突然現れたこのアトラクション。

さすがスリルもんはオークランドでも健在。

どうなるかは大体想像つくけども。

案の定でした。

そして、スカイタワー!


もちろんやってないけど、こんなのもある。

正気の沙汰とは思えない。


エレベーターに要らない窓。

オークランドを一望。

海の街という時点で愛着湧きそうなもんなのに、クイーンズタウンを好きになり過ぎて今ひとつ馴染めない。

謎の模様がいっぱい。

ラグビー場みっけ!


このタワーが他のタワーと違うのが、この飛び降り表示があること。

これがカウントダウンに切り替わって時間がやってくると、窓の外を人が落ちて行きます。シュール。

タワーの後は、港へ。

オークランドでの滞在は特に予定を組んでなかったので、何をしてよいやら…参った。
とりあえず、港まわりをぶらぶら。

カンタベリー!
本場の割に意外とそんなに店舗は見かけなかった。

ヨットがいっぱい並んでるー!と思って近づいたら、全部売り物でした。

お洒落コンテナ。

ラグビーだけじゃないんだね。(そりゃそうだ)

姪のここなが大喜びしそうな楽しげな公園が。

ビッグチェス!

鳩も多いけど、カモメも多い。
すなわち、糞だらけである。

跳ね橋!

港ぶらりにもついに限界がやって来たので、フェリーに乗って対岸のDevonportまで行くことに。

フェリー案、計画してなかった割には、ええプランではなかろーか。

10~15分で、到着!

さっきまで居た都会。

Devonportの地図。なんかこじんまりしてそうで好感!

街並みも可愛くて素敵!と思っていたら、アンザックデーという祝日だったせいで殆どの店が休み。残念過ぎた…
それでもポツポツとは営業している店もあったので、夜ごはん食べれる店探しつつぷらぷら。

果物屋さん。

レトロさが素敵な映画館。

空いている店が限られている故に無駄にスーパーマーケットとかにも立ち寄ってみたり。

夜ごはんはカレー!
10ドルという破格のディナー価格だったので、即決。
お腹も満たされ、都会に戻るべく、フェリー乗り場へ。

景色がすっかり夜景!

フェリーポートにサテライトスタジオ!

そこはラグビーボールにするべきじゃ…?笑

フェリーに乗り込んで、ずんずん夜の都会が近づいてくる。

夜の都会到着!



さてさて。
オークランド編に突入して、ここまでで既にもうかなりのボリュームになっているけども、実はここまでは序章でして(笑)
実は、本編はここからだったりする。
本来ならもっとクイーンズタウンに滞在したかったところを、わざわざオークランドに移動してきたその理由。
それは、ホビット庄観光のプランがあったため!
そう、かのロードオブザリングのホビット村が撮影されたロケ地でございます。
オークランドに宿泊したのは本当にこれだけの為!
つまりここまでの投稿もホビット庄へ道のりに過ぎない。
まさに副題の通りのロード・オブ・ザ・ホビットン!

やっぱニュージーランドに来たからには行っておかなくてはね!
というわけで、素敵なホビット庄の景観を存分に楽しんでおくれ。


いきなりの写真がインパクトあり過ぎるけど。いとしいしと。

ガンダルフであり、マグニートーであり。
イアンマッケランは偉大です!

ガンダルフハット!ほ…ほしい。

お土産も色々充実しておりました。

ホビット庄へは専用バスで向かいます。
そして、バスが来た途端に雨が強まるといふ…

やってきましたよーう!

ビルボが走り抜けた道!
しかし、こんなにぬかるんではいなかったけどね…(笑)

黄色いということは!早速サムの家⁉︎と思ったら、早とちりでした。
黄色い扉はいっぱいあったー


人間サイズに造られている扉とその半分くらいのサイズで造られていると、ランダムに建ち並んでいるんだけど、人間サイズはホビットの撮影用で、半分サイズはガンダルフを大きく見せる為のガンダルフ撮影用だそう。凝ってるー!

畑!ホンモノの野菜も育てているそう。

この苔も人工なんだって。細部まで徹底してて恐れ入ります。

門の外も細かい造り。

門の代わりにお花。

可愛い薪が積んである。

ここで薪割りしてたのかー!

養蜂家のお家。

家の前では沢山蜂蜜が売られてました。かわいい。そして、細かい。

こちらはパン屋さん。
ホビット庄に引っ越した折にはお世話になることだろう!

一軒一軒寄りで撮っても可愛いけど、引きで全体的に撮っても可愛い。
ホビットン最高。

雨が降ってても、洗濯物は干しっぱなしである。

ホビット庄で唯一、お邪魔できるお家。もちろん人間サイズです。

ビルボが駆け下りた野道。

お待たせしましたー!やってきましたー!フロドとビルボのお家!

出ましたー!
パーティーと仕事以外の用事、お断り!
後ろには、ビルボが座ってパイプふかしてたベンチ。

目印は、家の上の大きな木!

例えホビット関連の映画を一切観ていなかったとしても、このドールハウスの様な可愛らしさだけで、女子は漏れなく楽しめるだろう!

こちらがサムの家でしたー!
ちなみに、ロードオブザリングシリーズが終わって一旦取り壊して、ホビットシリーズでまた建てたらしく、よく見ると扉の形が変わっているそうです。


ホビットンから、グリーンドラゴンへ。

グリーンドラゴン到着!


広い店内。暖炉も完備。

ホビットコスプレコーナー!
勿論、着た。笑

お手洗いの文字も、ホビット仕様。

ちなみにホビットンにも羊はこの通り溢れかえっておる。

グリーンドラゴンを出たら、少し晴れ間が…!

最後の最後にようやく傘なしで楽しめました。
よかったけど、もうちょい早く止んでくれたらなー

ついさっきまで、絶対ここにホビットが居たはず…!

自分が住むなら、ここにする!
赤の扉も庭先のお花も可愛い♡


あー、楽しかった!
もしも機会があれば、晴れた日にまた来たい!


そしてホビットンを楽しんだ翌日、名残惜しくもNZにさよならを告げ、無事日本へ帰って参りましたー!


Autumn in NZ おしまい。

Autumn in NZ②~わたしのログポースは秋島を指している!~

春島・日本から、秋島・ニュージーランドにやって来て3日目。
お天気も最高だったこの日は、朝から四駆でドライブ!


川だって、四駆でGO GO!


崖のそばだって、四駆でGO GO!


こっちが英語を殆ど聞き取れていなくてもお構いなしに喋り続ける、ガイドのDEVANS氏。


車からだとなかなかベストショットは撮れないけど、とにかくひつじはよくいる。

白いの全部、ひつじ。

動きが鈍いので、置き物に見えることもしばしば…


驚いたのが、こうゆう山の斜面でもひつじは普通に草食って生息している。
あいつら意外とタフ!


秋色。

黄色い秋も雰囲気あっていいなぁ。


アロータウンで砂金採りにチャレンジ!


雄大。クイーンズタウンに来て以来、視力が若干回復した気がする。

四駆ドライブを終え、今旅一のスリリングアクティビティー、ジェットボード!

入口の受付カウンターが、ジェットボード型。

クイーンズタウンはバンジージャンプ発祥の地なだけあって、こうゆうスリリング系アクティビティーは実に充実している。

猛スピードで川を駆け抜けて、時々360度回転スピンが入るだけだよ。あははー。

ジョージルーカスも乗った!(スターウォーズ、楽しみすぎるううう!)

ヒュージャックマンも乗った!(ウルヴァリン降板宣言、悲しすぎるううう!)

受付を抜けて、現場へ。

颯爽と川を走っておる!

救命胴衣で更に着ぶくれて、いざ出陣!

・・・・・。
・・・・・。
・・・・・。
まさにエキサイティング!

とりあえず水しぶきが凄い。
水が「かかる」なんて、生ぬるい。
もはや、水が「刺さる」。
ばちーんって音がして、すんげえ痛いの。涙

ジェットボード体験後は、クイーンズタウンに戻ってプラプラ。

店が立ち並ぶストリートに突然出現するお化け屋敷。
さすがというか、なんというか。

湖畔ではマーケットが開催されていました。

美味しそうな形した石鹸。

カラフル!

歌うたいも。

まるで休日のような、和やかでゆったりとした昼下がりだったけど、普通に平日。

スタバでランチ。

ニューヨークではクミをsumに聞き間違えられるという前代未聞の屈辱を味わったけど、ニュージーランドでは無事、聞き取って貰えた!笑

ランチの後は、クイーンズタウン名物、skyline!



近くには、ニュージーランドの国鳥kiwiと触れ合える施設もあった。


かわいい入口。



赤ちゃんでも触れる気しないので、入園は断念。

気を取り直して、skylineでゴンドラ。

自転車も積める!

超急斜面をかなり長い距離のぼるので、それなりにスリリング。

クイーンズタウンの風景がどんどん下がってく。

たまーにALLBLACKS仕様の黒のかっこいい車体もあったけど、概ね白。


登った先には、カラフルな世界地図。

近づいてみると…ジェリービーンズ!


「ロードオブザビーンズ」

手元には指輪じゃなくて、ビーンズ!


昔のゴンドラ。アップル型でラブリー!

展望エリア、見晴らし最高!

パノラマじゃないから収まりきらない雄大な風景。


そりゃ飛びたくもなるよね。

次から次へと飛行者が。この世で一番、爽快そう。

一人くらい湖に着地してるんじゃなかろーか。


skyline名物の、LUGE!

入り口には専用のメット置き場。

いざ、エントリー!

専用のリフト。

人も運ぶし、LUGEも運ぶ、働き者リフト。

リフトでのぼって、LUGEで滑っておりてくる。要はゲレンデの要領。

コースが見えてきたー!

たのしそー!

ようは、手動ゴーカートのような感じで、ちょっとコツがいるけど、それさえ掴めたら何度も乗りたくなるくらい、めっちゃ楽しー。

先程の展望スペースよりも更なる高みにあるコース。もちのろんで、見晴らし絶好。

一回乗ると、ハンコを押される。
これがあると、上級コースにも行ける権限が与えられます。

LUGEも景色も大いに堪能し、再び下界。

まだ飛んでらー。


星型の看板がかわゆい。


ついつい忘れそうなるけど、ここは秋島。


ロードオブザリングショップ。
ちょっと分かり辛い場所にあったけど、見つけ出したぜ。

クイーンズタウンに来たら、ここに行け!的、人気ショップ「ファグバーガー」

このおっさんが目印。

16時台だというのに、この並びぶり。

ちなみに営業時間は朝8時~早朝5時という、なかなかの頑張り屋。

調べでは日本語メニューも用意してくれてるとのことで安心しきってたのに、日本語メニューが紛失していたようで、店員さんが一生懸命探してくれたけど見つからず。
具材もソースも種類が豊富なのに、日本語メニューがなくてどーする!?と困っていたら、調理場から日本人スタッフ召喚。
助かったー!

オーダーしてからも、噂どーりだいぶ待ったけど、どうにか無事ありつけた、ちょっぴり早い晩御飯。

白身魚のバーガーにしました。
覚悟はしてたけど、やはりボリューミー!
半分にしてようやく普通のハンバーガー1個分でした。

4日目の朝。
人気のカフェでモーニングにトライするも、なかなか配膳されず、予定の時間もあって断念し、コンビニでマフィン調達。

チョコバナナマフィンのバナナ部分がまさかのバナナ型砂糖菓子という斬新さ。

4日目は安心の日本人ガイドさんのツアー。

ニュージーランドは右ハンドルなので、日本人的には運転しやすい。
海外のライセンスある方はレンタカーで旅するのもアリですね。

日本ではお目にかかれない系の自然風景が続く。

ポプラ並木。すてき。

フルーツの街、クロムウェル!

フルーツのオブジェがかわいい。


ガイドさんが教えてくれた、毛刈りが嫌で逃げ出して、6年間山を彷徨い続けたひつじ、シュレックくん。
その豊満なボディにやられ、思わず画像漁っちゃったわよう!

念願のテカポ湖ー!


星空観測でも有名なテカポ。

今回はスケジュールの都合で無理でしたが、いつかはテカポで星空観てみたい。
ちなみに、この一週間前はオーロラが観測されたらしい。
そーか!オーロラはニュージーランドで観るという手もあるのかー!

街は星空に配慮して、街灯のカサは全部下向き。


テカポでのランチは、名物サーモン丼。

アボカドも付けちゃいました♡

レストランから臨む、善き羊飼いの教会とテカポ湖。


ヨーロッパで色んな教会に行ったけど、ここの教会の雰囲気は良い意味でかなり異色。


この光景。恍惚のため息しか出ない。


裏からみると、こんな感じでした。この窓の存在がこの教会のすべて。


湖のそばまで行ってみたら、強風すぎて飛ばされるかと思った。


ニュージーランドに来てから、置き物みたいなひつじは腐る程見たが、置き物のひつじは初めまして。


青いのは、テカポだけじゃなかったという事実。

テカポで散々「青っ!」って言ってたら、プカキ湖もしっかり青かった。
なにもテカポだけが特別じゃない。
これはもう完全にガイドブック情報の陰謀だー。

夏色と秋色のコラボレーションやー。


サーモンの養殖場に立ち寄って、サーモンに餌やり。


この洗面台、戸惑った!
流し台部分が平面で、最初は洗面台と思わなかった(笑)

クイーンズタウンに再び戻るとすっかり夜。
駆け込みで、クイーンズタウンに来たら、ここに行け!的人気ショップその2のパタゴニアチョコレートへ。

湖畔にあるので、明るい時間にテラス席に座るのが湖が臨めておすすめ!
しかしもうスケジュール的にそんなことは言ってられなかった。
チョコレート屋さんですが、アイスクリームが人気!

ハニーポーキー味。くそ甘、くそ旨!

クイーンズタウンに来たら、ここに行け!的人気ショップその3も紹介しておく。

ニュージーランドの老舗クッキーメーカー、cookietimeの直営ショップ。
昨年、日本にも初上陸したそうで、この赤いキャラクターがインパクトあって可愛い。
無添加・無着色のオーガニッククッキーということで、お土産にもオススメ!

クイーンズタウン最後の朝食は、ゴールデンキウイ!

劇的美味。
ジューシー過ぎて、びっくりした。
今まで食べたキウイの中で断トツに美味かった。
なんつーか、キウイの概念が完全に変わってしまったくらい、美味かった。
もう、たぶん日本でキウイ食べれないわ、これ。

お世話になりました!ハカロッジのroom12!


名残惜しさいっぱいで、さらばクイーンズタウン!

きっとまた来るよ。

(つづく)














08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: