FC2ブログ

Little Annie

リトルアニーは小さなくるくる赤毛の女の子。
鏡と自分が大好きで、いつもいつも鏡をのぞいては、自分のお人形のような目にウットリ。
周りには目にもくれず、ますます自分のことだけが大好きになるのでした。

ところがある日、リトルアニーは大事な大事な鏡を失くしてしまいます。
最初はしょんぼりしていたリトルアニーですが、鏡が無いので周りを見てみると、
周りにも素敵なものが沢山あることに気づきます。

晴れわたる空、まっしろな雲、きらめく星、きれいな花、かわいい小鳥。
いつも鏡ばかり見て気づかなかった、この世界の素晴らしい彩りに初めて気づいたのでした。

すると周りのみんなも、今までと違う表情を見せるリトルアニーに、
自然と声をかけるようになりました。
小さくてくるくる赤毛でお人形のような目をしたリトルアニー。
いつもは鏡ばかり見て話しかけづらかったけれども、実はみんな彼女とお話しをしてみたかったのです。

鏡を失くして自分の顔を見なくなったリトルアニーは、
その代わりに周りの人たちの顔をよく見るようになりました。

自分よりも鼻の高い人。
自分よりも色の白い人。
自分よりも目が大きい人。
自分よりも唇がきれいな人。

しかし、リトルアニーは誰と比べても、
やはり自分のことが一番好きでした。世界で一番好きでした。
だから、そんな大好きな自分に対して、
怒ったり、邪魔したり、傷つけたり、馬鹿にしたりする人たちは大嫌いでした。

リトルアニーが歌っているのをうるさいと叱ったおじさん。
リトルアニーが手を伸ばしても届かない高い戸棚にお菓子をしまったお母さん。
リトルアニーの描いた絵に落書きをした男の子。
リトルアニーの下手なダンスを見て笑った女の子。

おじさんの変な顔。
お母さんの変な顔。
男の子の変な顔。
女の子の変な顔。
リトルアニーは、みんな変な顔だと思いました。
自分以外のみんなは、変な顔だと思いました。

そして、自分の周りの人たちがみんな嫌になったリトルアニーは、
とうとう泣き出してしまいました。

しかし、誰もリトルアニーのことを慰めてくれません。
リトルアニーはますます涙が止まりません。

でもどうでしょう?
本当にリトルアニーだけが可哀想なのでしょうか?

おばさんから届いた大事な手紙を読んでいる横で大声で歌っていたリトルアニー。
嫌いな野菜を一口も食べずに捨てて、お菓子ばっかり食べていたリトルアニー。
男の子のおもちゃを壊したのに謝らなかったリトルアニー。
女の子との約束をやぶって女の子の誕生日パーティーに行かなかったリトルアニー。

自分のことが大好きなリトルアニーは、思い通りに、わがままに、
ほかの人の気持ちを考えることなく周りの人たちに接してきたことに気づいていません。

リトルアニーは3日間泣き続けました。
その間、誰もリトルアニーに話しかけてくれませんでした。

とうとう涙が枯れて、もう泣くことができなくなった頃、
誰かがリトルアニーの肩をトントンと叩きました。

振り返ると、そこにはみんながいました。
リトルアニーが知っている人がみんないました。
その中には、おじさんもお母さんも男の子も女の子もいました。

そしておじさんが、リボンのかけられた一つの小さな箱をリトルアニーに渡しました。
お母さんが「あけてごらん」と言いました。
リトルアニーは不思議に思いながら、リボンをほどいて、恐る恐る箱を開けてみました。

すると、そこにはリトルアニーが失くした、大事な大事な鏡が入っていました。
「この鏡、どうしたの?」とみんなに尋ねました。
「この3日間、リトルアニーの為に探したんだよ」と、男の子は言いました。
「泣いているリトルアニーが喜んでくれると思って」と、女の子が言いました。

リトルアニーはみんなの顔を見ました。
みんな変な顔だと思っていたリトルアニーは驚きました。
みんなとても優しい顔をしています。
しかし、一人だけ変な顔をしている人がいました。
よく見るとそれは、鏡に映った自分の顔でした。
泣き腫らした目は、とてもお人形のようには見えません。
リトルアニーは言いました。
「ああ、一番変なのは、わたしの顔だったのね。」

縁と死

今朝、衝撃のニュースを聞いた。
3年半くらい前に一緒に働いていた方が、昨年亡くなっていたらしい。
まだ三十代後半か、いってても四十代そこそこ。
いくら何でも早すぎる死。
にわかには信じがたい訃報に、しばらく頭が真っ白。
何て言っていいのかわからない、言葉が浮かばない状態に。
悲しいとか、ショックとか、いろんな気持ちが入り混じってるのだけど、 端的には表せない思いがふつふつと湧いてきた。
しかも、その事実を何も知らずに今日までのうのうと生きていたことを悔しく思う。
彼女の人生は、わたしの知らないところで幕を閉じていた。
その事実が、わたしの心をどうしようもなくやるせない思いでいっぱいにさせる。
すぐに訃報を受けていたところで、彼女の死は免れない事実ではあったのだけれど。

わたしは無宗教ではあるけれど、「袖触れ合うも他生の縁」という諺には割と
信仰心めいたものを抱いたりしているくらいに、人の縁というものを崇めているので、
その価値観で生きているわたしにとっては、死そのものに対しても勿論だけど、
それを知らなかったという事実が、結構ダメージ。
人と人の縁って意外と脆いものだなぁと。
せっかく1年ちょっとくらい隣の席でお仕事をした仲なのに、
その職場という括りがなくなれば、訃報すらオンタイムで届かないのか。
しかも一年遅れで届いた訃報でさえ、間に三人もの人を介してようやく耳に届いたというね。
「職場だけで十分!」だとこっちが思ってる人ならこんなにショックではなかったと思うけど、
一緒に働いていた当時は、優しいお姉さんとして慕っていた人だったのが余計にツライところ。
何を隠そうこの女の子ブログでもちょっとその人の話に触れたことあるのよ!
だから、本当にびっくりで悲しくて悔しい。
地元が同じだったので、 そうゆう部分でも縁を感じてたし(何せ、大阪の職場で神戸出身の人と出会うだけでも テンションあがるのに、神戸の中でもピンポイントで地元が一緒!)
「一緒にお茶しましょう!」とか話してたし、
彼女が辞めたあとも何回かメール貰ったので、
徹底して職場だけの仲!と囲ってた人ではなかった。
ついこの間もアドレス変わった連絡と共にやり取りがあった記憶だったんだけど、
あれは自分が思っている以上に昔のことだったんだなぁ。


とゆうことで、さっきから人の縁について、人の死について、色々悶々と考えている。

偶然か必然か、先日、いつかまた会えるだろうと思っていた人と、もう連絡を取る手立てが無くなっているという事実を知った。
あまり詳しく綴るつもりはないけれど、彼女は今まで出会った人の中で、一・二を争うほど近い価値観を持っている人だし、勝手に大きな縁を感じてもいた。
だから、またそのうち会えるだろうと呑気に思っていた。
でももう生きてるのか死んでいるのかさえ、知る由もない。
既にもう交わることのない道筋を歩んでいたんだなぁと思うと、とても切ない気持ちになりました。
縁というものは、与えられた後の舵取りは、己次第なんだなぁと思い知った。
「今度飲みにいこう!」とか「また遊ぼう!」とか、ぼんやりした約束をしている人が何人いるだろう。
そのうち一体何人の人と、本当にまた会う機会が用意されているのだろう。
今、携帯の電話帳にある名前だって、一年以上も会っていない人なんてザラにいるし、
もう今生で会うことのない人だって沢山いるのかもしれない。
「人生なんて、所詮そんなもんよ!」
と割り切れたら楽なんだろうけど、わたしの心はそんなにオトナじゃないし、そんな風に割り切れるオトナになりたくない。

ここ最近も自ら反古にした約束もあれば、反古にされた約束もあって、
もしかしたら近い将来、前者はわたしが、後者は相手が、
すごい後悔をする可能性だってあるかもしれない。

随分と昔に、幹事が「会える時に会っておかないと!次が必ずあるとは限らない!」
みたいなことを言って、ほぼ流れかけた会が無事に催行されたことがあったのだけど、
今となっては、その後も幾度となくその会のメンバーとは集まってるし、
結果としては、あの時流れても後悔することはなかったけれど、
当時はその言葉に結構感銘を受けたというか、まさに一期一会な考え方だな!素敵だな!
と思った覚えがある。
だからわたしは、100%とは言わないが、プライベートでも仕事でもわりかし
会合の出席率はいい方だと思うし、 一期一会を大切にする精神は持っているつもり。
そうゆう気持ちは、対ヒトだけじゃなくて、対場所もそうかもしれない。
行ける時に行っておかないと!
また今度行こうと思っても行けない環境になっているかもしれない。
いつミサイルや隕石が降ってくるか分からないし、いつ行きたい国が戦争を始めるか分からない!
行けるタイミングがあれば、行っておかないと!
・・・と、さりげなくここ数年の旅まみれの言い訳を盛り込んでみる(笑)

まぁ何せ、死というものは誰のそばにも佇んでいるもので、遅かれ早かれ誰もに平等に訪れるもので。
次の機会の前に死が訪れないなんて保証は何処にもない。
だからこそ一期一会を大切に生きたいと思う。
わたしは、明日死んだら後悔だらけだ。

「Age Ain't Nothing But A Number」


アリーヤのアルバムタイトルが妙に心に響く、三十路三日目。
普段は概ねネガティブなのですが、
10代より20代の方が断然に楽しかったので、
20代より30代の方がもーーっと楽しくなる!って信じてる★

FBやLINEやメールでお祝いメッセージをくださった皆様、
どうもありがとうございました♡
最近同じく誕生日を迎えた友人も似たようなことを言っていたのですが、
いくつになってもお誕生日を祝って貰うのって嬉しいものですね。
なんつーか、自分の存在を肯定して貰えた気になる(こうゆう思考の根底に、
ネガティブの片鱗が見えるよね・・・笑)。

「年齢なんてただの数字じゃない」
そう自分に言い聞かせ、楽しく、屈さず、時に自覚を持って、でも気負い過ぎず、
30代をサヴァイヴして行きます!
・・・お!ポジティブ!笑

遠い遠い未来を生きる学生のための素材日記(2012年研究用)

もしもあたしの命がなくなっても、この記録だけはネットワークの宇宙を漂い続けてほしい。
この世界からあたし自身はおろか、あたしを知る人でさえ誰もいなくなった時、
あたしの存在を示すものがこの世界から何もかも姿を消した時、あたしの存在は全て無になる。
でも、ココで綴られた言葉を時の系譜の先にいるどこかの誰かが探り当てて、
その人の欲しかった情報として提供できたとき。
その瞬間、きっとあたしは無の存在から復活できるんじゃないかと思う。

何かね、案外未来の学生の授業とか課題であるんじゃないかと思うのよ(笑)
ネットワークから、昔の人のログを読み取って、その人を研究する・・みたいな授業が。
で、その研究でその時代の背景を勉強する・・みたいな。
今もしそんな未来の学生さんの研究候補にあたしの文章が挙がっているならば。
(・・・と仮定して、もうここまで来たら妄想が止まらないので、このままぶち進む!)
あたしの文章に辿り着いた特異な学生さんにラブメッセージ!

よく探り当ててくれました!ありがとう!!

今はね、花粉症が少しマシになってきました。こないだは黄砂がすごかったけどー。
きっとこんな問題未来にはない気がするけど、花粉の時期は鼻水ずるずるでホントに辛いんだぜー。
乳酸菌とか甜茶とか色んなサプリメント飲んだり、漢方飲んだり、苦労も絶えません。
今年はまだ飛散量はマシらしく、あたし自身も今月入ってだいぶ楽になってきてますが、
「ノーティッシュ、ノーライフ!
鼻水は人体の最大の謎です!」
例年ならば、まだまだそんな状態です。

あとはねー
この十年ちょっとくらいで日本を代表するバンドとなったMr.Childrenが今年で20周年を迎えるんだけど、
まぁMr.Childrenについてはきっと文献なり音源なり残ってるだろーから
別途で調べてもらうとして(イノセントワールドがおすすめ)、
そのライブに再来月いってきます。
言っとくけど、チケットGETめちゃくちゃ困難な道でした。
ファンクラブでも取れないから、エセファンのあたしが当然取れるわけなかったんだけど、
予想どうり追加公演が決まり、何とか滑り込めた!
(つっても、あたしはことごとく玉砕で友人が頑張ってくれたんだけどもね。)
ライブネタとしてはあと、外せないのがサマーソニック!まさかのジャミロクワイ!ぜってー観たい!!
ライブという形態が未来の世界でどういう位置付けとなっているのかはわからないけど、
衰退していたらとっても悲しいなぁ。
音楽自体はきっと残っているだろうけど、ライブというものの価値がどうなってるかがわからない。
もしかしたらものすげえ進化を遂げているかもしれないけど(笑)
あたしが尊敬する人がゆっていたのですが、ライブは生モノですからね。
データで味わうものとは全く別物。
ライブのデータでさえ、そう。
ライブというものは、その場の空気感を味わうことに最も意義があるのですよ。

話は変わって、今一番観たい映画はなんつってもspecです!
宇宙兄弟やライアーゲームも観たいっちゃあ観たいけど、やっぱ一番はダントツspecという映像作品。
もし知らないなら、今からでも間に合う!
2012年の研究の一環としてドラマシリーズから試してみることをオススメします。
未来の技術からすると、どんくらいアナログに映るんだろう。
あと、超能力という題材はどう捉えられるんだろう。
面白く思ってもらえればいいけど、想像もつかないハイテクな世界を生きていたら
つまらなく感じるかもしれないな。その人の感性や価値観にもよるか。

そんなわけで、このログが果たしてどの程度研究に貢献できるかは謎だけど、
書いてる当人が全く実りなさそうだなと想定してますが、想定外が起こってくれればこれ幸い。
また気が向いたら、あなたの研究に貢献できるログを残したいと思います。

あ、そうそう明日は今年のお花見第一弾です。
お花見という習慣は果たして未来の世界にも受け継がれているんだろうか。
春になったら咲き乱れる桜の花を愛でつつ、飲んで食ってワイワイする会です。
日本人が楽しみにしている年間行事のひとつ。
毎年儚い命ながらめいいっぱい美しく咲く桜。
お花見はともかく(笑)、この桜という存在は、未来にも残っているといいな。
残っていてほしいな。

おそろしくおもうこと

人は何かを崇めなくては生きていけない心弱き生き物だ。
畏怖する気持ちに平伏し、神を創り出し、信仰心が暴走し、命を奪いあう。
何て愚かな生き物なんだろう。

時々おそろしくおもうこと。

独裁者。
ファシズム。
陶酔。
スター。
熱狂。
アイドル。
宗教。
カリスマ。
全体主義。
ブランド。
信仰心。

ほら、狂気はきみのすぐ隣。
油断してたら飲み込まれるよ。

10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文: